ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 872607 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

鴨沢からの雲取山。三条の湯で初テン泊

日程 2016年05月14日(土) 〜 2016年05月15日(日)
メンバー mkazu11, その他メンバー4人
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
行きは先輩の車で丹波山駐車場に駐車。自分達の時間でほぼ満車で路肩もうまってました。
帰りはお祭バス停から奥多摩駅までバス。これは満員でした。
奥多摩からは電車で帰りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間31分
休憩
1時間46分
合計
9時間17分
S丹波山村村営駐車場07:1207:16小袖緑道あがり07:1708:35堂所09:33七ツ石小屋09:4210:11ブナ坂10:45奥多摩小屋10:4611:21小雲取山11:38雲取山避難小屋11:44雲取山11:4711:50雲取山避難小屋11:5212:12雲取山13:3913:41雲取山避難小屋13:4214:04三条ダルミ15:25三条の湯15:2716:29宿泊地
2日目
山行
2時間49分
休憩
8分
合計
2時間57分
宿泊地08:1808:56後山川林道終点(青岩谷出会い)09:0209:55塩沢橋09:5610:29片倉橋10:3011:14お祭バス停11:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鴨沢からのルートは登山道も広く整備され全く危険箇所はありません。
山頂から三条の湯へのルートはところどころ崩落しており注意する箇所がありました。
三条の湯からは30分ほどが山道であとは林道歩きです。
その他周辺情報登山後ではありませんが、テント泊した三条の湯では宿泊者は入り放題。石鹸などは使用できませんが、汗を流せますし、溶け込んだ温泉の成分でぬるっとした感じがとても気持ち良かったです。

装備

個人装備 テント シュラフ 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
備考 三条の湯でテン泊する場合はサンダルは無駄でした

写真

赤のオニドームが自分のです。斜めの場所しか空いておらず、快適とは言い難かったです。
2016年05月15日 06:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤のオニドームが自分のです。斜めの場所しか空いておらず、快適とは言い難かったです。
4
撮影機材:

感想/記録

いつかはやらなくては。友達に背中を押してもらい雲取山でテント泊デビューしてきました。
行きは日帰りの先輩の車で一緒に登り、山頂で別の友達たちと三条の湯まで行って、温泉付きのテン泊なのでデビューには優しいプランです。
それにしてもテント泊の装備を持って、雲取を登る事には全く自信が無く、常に撤退の2文字に心惹かれながら踏ん張って山頂到着。この季節やっぱり緑が綺麗。
山頂で別組みを待つこと1時間。現れた3人は色々事情があり2人が日帰りとの事で、先輩の下山仲間ができました。
そこから友達と2人三条の湯まで行きましたがここのルートは何箇所か崩落しており、重い荷物を背負ってるので慎重に行きました。
三条の湯に着いたのは15時過ぎ。受付を済ませ、初テント張りを友達に教わりながら行ってから温泉で汗を流しました。
温泉は石鹸などは使えませんがぬるっとした本格的なもので随分と気持ちが良くなりました。
その後食堂を借りて友達が持ってた生のトマトやキュウリをツマミに焼肉を焼いてもらい充実の山ごはんを頂きました。
凍らせたペットボトルと共に持ってきたそうでこの辺りはとても参考になります。
自分はワインのフルボトルを持参。すっかりご機嫌で20時には寝てしまいました。
しかし、0時に目が覚めてからはなかなか寝付けず、マットの寝心地の悪さが気になりなんども寝返りを打つと、斜めの場所しか空いていないところにテントを張ったものだから、マットから滑り落ちると言うのを繰り返してるうちに外が明るくなり諦めて起きる事にしました。
朝食を食べロイヤルミルクティーを飲みながら大人の休日を実感するまったりとした時間を友達が起きてくるまで過ごしました。
下山はお祭まで下り、バス待ちの間バス停近くの小屋件食堂でビールを飲みながら店主オススメのクレソンとわらびの和え物をつまんだのですが、これが絶品でした。
その後バスの時間になり奥多摩を後にしました。
今回のテン泊デビューは、いつかはやるだろうを友達が背中を押してくれ、勢いやってきました。
ザックの重さや、持っていくべきもの、テント張り、テントの寝心地、食事の楽しみなど良い経験になりました。
また次回、より快適にできるようにしたいと思います。
訪問者数:439人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/16
投稿数: 32
2016/5/16 20:46
 おとなりでした。
こんばんは。写真の青のクロノスドームだったものです。
テン泊デビューおめでとうございます!赤いテントはオニドームでしたか。おおきいなと思ってみてました。寝てるとずり落ちるの、わかります。寝袋だからうまく這い上がれないんですよね。
写真の場所だと一段上のところが平らでしたね、次回は是非平らな所に^−^
登録日: 2015/7/2
投稿数: 5
2016/5/17 7:04
 Re: おとなりでした。
コメントありがとうございます。
三条の湯ピストンだったのですね。イワナパーティ羨ましいです!
そして、帰りの水たまりの恐怖は自分達も発見してウエーってなりましたw
またどこかの山で!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ