ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 872882 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

雲取山荘にてテント泊 三峰神社より鴨沢へ

日程 2016年05月14日(土) 〜 2016年05月15日(日)
メンバー tentomori(記録), その他メンバー1人
天候4/14 晴れ 4/15晴れ 七ツ石小屋巻き道以降中腹でガス のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:西武秩父駅より三峰神社行きバス0910乗車、終点で1030頃下車。
スイカ・パスモ利用OK。
帰り:(鴨沢バス停での待ち時間が長かったため)留浦バス停1150始発のバス乗車、奥多摩駅で下車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間57分
休憩
8分
合計
4時間5分
S三峯神社バス停10:3411:48霧藻ヶ峰11:5612:07お清平12:41前白岩山の肩12:55前白岩山13:12白岩小屋13:34白岩山13:39芋ノ木ドッケ山頂分岐14:14大ダワ14:39雲取山荘
2日目
山行
3時間47分
休憩
5分
合計
3時間52分
雲取山荘06:5207:19雲取山07:2407:56ヨモギノ頭08:02奥多摩小屋08:25ブナ坂09:21堂所10:23丹波山村村営駐車場10:44鴨沢バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
カメラが新しくなり、撮影時刻がそのまま正しいタイムです。
雲取山〜ブナ坂間は、雲海をしばしば立ち止まって眺めました。
コース状況/
危険箇所等
(三峰側より)前白岩への上りは、ちょっと岩がちな急登あり。一ヶ所トラバース的な箇所で鎖があったが、使用せず通過。
芋ノ木ドッケを巻く道は、大ダワまでけっこう下ります。小石や段差、木の根に足をとられないように。
雲取山荘→雲取山山頂は、東京都側と違って、樹林帯で苔むした奥秩父的な雰囲気と岩がちな急登。
※ブナ坂から七ツ石小屋巻き道を20mくらい下った辺りで熊を目撃したと、他の方から情報を頂きました。その方たちは5/14に鴨沢から登られ、ブナ坂の辺りから熊の黒い後ろ姿が見えたと仰っていました。
その他周辺情報もえぎの湯を利用。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

バスは2台出ました。
2016年05月14日 10:32撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスは2台出ました。
出発。
2016年05月14日 10:34撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発。
緑が目に優しい。
2016年05月14日 10:59撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑が目に優しい。
色の濃いミツバツツジ。
2016年05月14日 11:33撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色の濃いミツバツツジ。
1
後ろの建物は霧藻ヶ峰のトイレ。
2016年05月14日 11:47撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろの建物は霧藻ヶ峰のトイレ。
1
両神山、また行きたい。
2016年05月14日 11:50撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山、また行きたい。
1
ツツジの道が続く。
2016年05月14日 11:58撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジの道が続く。
ここからの登り返しがつらい。
2016年05月14日 12:07撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの登り返しがつらい。
1
マイヅルソウの葉でしょうか?
2016年05月14日 12:45撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイヅルソウの葉でしょうか?
1
カタバミが多く見られました。
2016年05月14日 12:54撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタバミが多く見られました。
古い白岩小屋。
2016年05月14日 13:12撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い白岩小屋。
1
白岩山山頂手前で。鹿が林の中からこちらを見ていました。
2016年05月14日 13:31撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岩山山頂手前で。鹿が林の中からこちらを見ていました。
1
芋ノ木ドッケは巻き道を進みます。
2016年05月14日 13:39撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芋ノ木ドッケは巻き道を進みます。
1
ネコノメが咲いていた。
2016年05月14日 13:47撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネコノメが咲いていた。
1
大きなイワウチワ。
2016年05月14日 13:50撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなイワウチワ。
1
並んで仲良く。
2016年05月14日 13:50撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
並んで仲良く。
1
大ダワからは女坂を選ぶ。
2016年05月14日 14:14撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワからは女坂を選ぶ。
1
見上げた先は、旧雲取ヒュッテ。
2016年05月14日 14:26撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げた先は、旧雲取ヒュッテ。
この道標の所で、行き先を思案している若者たちを見かけました。
2016年05月14日 14:31撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標の所で、行き先を思案している若者たちを見かけました。
山荘でテントの受付をします。
2016年05月14日 14:39撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘でテントの受付をします。
完成後。
2016年05月14日 14:59撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完成後。
3
水場も近くて便利。
2016年05月14日 15:37撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場も近くて便利。
夜中は声がよく響いた…
2016年05月14日 15:40撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜中は声がよく響いた…
夕食開始。アルミホイルで蓋をして…
2016年05月14日 16:15撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食開始。アルミホイルで蓋をして…
塩をふった焼きアスパラ。柔らかくておいしい!
2016年05月14日 16:16撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩をふった焼きアスパラ。柔らかくておいしい!
1
見かけがよくないが、醤油風味の焼きネギ。これもほどよい甘味。
2016年05月14日 16:24撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見かけがよくないが、醤油風味の焼きネギ。これもほどよい甘味。
2
豚肉の味噌漬け。おいしく頂きました。
2016年05月14日 16:30撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豚肉の味噌漬け。おいしく頂きました。
3
全然曇らない、すてきな晴れ空。
2016年05月14日 16:52撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全然曇らない、すてきな晴れ空。
キャベツ・マイタケ・ベーコンのスープにうどんを投入。
2016年05月14日 17:14撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャベツ・マイタケ・ベーコンのスープにうどんを投入。
締めはアルファ米で雑炊に。
2016年05月14日 17:31撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
締めはアルファ米で雑炊に。
お腹いっぱいになりました。
2016年05月14日 17:32撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お腹いっぱいになりました。
1
暮れてゆく和名倉山?
2016年05月14日 18:28撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暮れてゆく和名倉山?
1
雲海です。
2016年05月14日 18:38撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海です。
カメラが変わったので、月をとってみました。
2016年05月14日 18:56撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラが変わったので、月をとってみました。
1
就寝前に。テントに夜露がかぶっています。
2016年05月14日 19:02撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
就寝前に。テントに夜露がかぶっています。
翌朝。朝焼けと雲海。
2016年05月15日 04:19撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。朝焼けと雲海。
2
日の出。
2016年05月15日 04:40撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出。
4
美しい。
2016年05月15日 04:41撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい。
4
ネギの残りとチョリソーで、カレー風味のスープ。
2016年05月15日 05:10撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネギの残りとチョリソーで、カレー風味のスープ。
丸パンも温めて。
2016年05月15日 05:10撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸パンも温めて。
1
立派な山容です。
2016年05月15日 05:12撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な山容です。
暖まりました。
2016年05月15日 05:18撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暖まりました。
雲取山を目指します。
2016年05月15日 06:52撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山を目指します。
急登。
2016年05月15日 06:58撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登。
苔むしています。
2016年05月15日 07:00撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むしています。
飛龍が見えます。
2016年05月15日 07:05撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍が見えます。
見慣れた山頂へ。
2016年05月15日 07:19撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見慣れた山頂へ。
1
今回はここから登ってきた。
2016年05月15日 07:19撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はここから登ってきた。
しばらく、雲海の写真が続きます。
2016年05月15日 07:20撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく、雲海の写真が続きます。
3
富士山も何とか見えた。
2016年05月15日 07:23撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も何とか見えた。
3
鴨沢へ下ります。
2016年05月15日 07:24撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鴨沢へ下ります。
足をつい止めてしまいます。
2016年05月15日 07:27撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足をつい止めてしまいます。
1
カラマツの芽吹きが青い。
2016年05月15日 07:34撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツの芽吹きが青い。
奥多摩小屋も、たくさんテント泊の方がみえたそうです。
2016年05月15日 08:02撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋も、たくさんテント泊の方がみえたそうです。
ここの少し下で、前日にクマが出たとのこと。
2016年05月15日 08:25撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの少し下で、前日にクマが出たとのこと。
七ツ石小屋巻き道にて。ワチガイソウが点々と咲いていました。
2016年05月15日 08:37撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋巻き道にて。ワチガイソウが点々と咲いていました。
1
晴れ間がだんだん、
2016年05月15日 08:51撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れ間がだんだん、
霧の中へ。
2016年05月15日 08:54撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧の中へ。
1
しだれのようなツツジ。霧の中で幻想的です。
2016年05月15日 09:12撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しだれのようなツツジ。霧の中で幻想的です。
1
鴨沢ではバスの待ち時間が長く、この後留浦に移動して折り返し始発のバスを待ちました。
2016年05月15日 10:44撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鴨沢ではバスの待ち時間が長く、この後留浦に移動して折り返し始発のバスを待ちました。
1
留浦バス停に咲いていたオダマキ。
2016年05月15日 11:07撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
留浦バス停に咲いていたオダマキ。
1
撮影機材:

感想/記録

三峯神社より雲取山を越えて鴨沢へ。雲取山荘でのテント泊を楽しむことにする。
芋ノ木ドッケまでは、(初めてヤマレコに書いた)長沢背稜縦走以来の再訪。

新緑を眺めながら歩き始め、腹が減って霧藻ヶ峰の休憩所でひと休み。
ミツバツツジが鮮やかに咲く道。下ってはピークを登り返してゆくごとに、苔むす道や樹木の雰囲気の感じが、奥秩父のそれと感じられるようになる。
下りて来られた方の話では、この日雲取山荘は200名泊まるとのこと!
白岩山の手前では鹿が二匹ほど見られた。

大ダワまで一気に下り、登り返しは女坂へ。雲取ヒュッテを頭上右側にやり過ごして進むと、程なく稜線の上にテントが現れ始める。ここで、登山のガイドブックを片手に3人の軽装備の若者が何やら思案しているのを見かける。
師匠が話しかけた所、鴨沢から雲取山に上がり、お祭方面に下ろうとしてここまで来たとのこと。バス運行等時間的な問題から、三峯方面に下るのは止めて山頂に引き返し、鴨沢へ下山するよう師匠から助言。外国人の方を含む?パーティーのようだったが、無事に下山出来たろうか。

雲取山荘のテント場は、すでにテントが多く並んでいた。少し傾いでいたが、水場トイレに近い平らな場所を無事確保。テント受付時に、今日は200名が泊まると聞いたのですが…と話したら本当だった。いやはやすごい。

16時から夕食を開始。ウイスキーの水割りを片手に、アスパラガスの塩焼き、しょうゆ風味の焼きネギから始め、師匠が担いでくれた焼肉2種類、キャベツ・マイタケ・ベーコンのスープ→うどん→締めは雑炊と、満腹になった。
食事中も続々とテント泊やら小屋泊まりのパーティーが到着し、にぎわいを見せる。

食後は、隣のテントのソロ男性と意気投合し?山のお話を色々。師匠が山の蘊蓄を語っている間に、小屋の上に行ってみるとそろそろ夕焼け。雲海も出ている。写真を撮ったり、しばし眺めたのち、19時にはテントに戻った。星空も見え、夜中に雨も降らなかった。いつの間にか眠りにつく。

夜中2時台から、にわかにテント撤収のざわつきが聞こえ始めた。狭い稜線の上のテント場らしく、話し声やラジオ?の音もよく響く。以降、早出の方が3時〜4時にかけて慌ただしく出発していったようだ。

明るくなってから起床し、ご来光を拝んだり、雲海を眺めたり。昨日話したソロの方は、奥多摩方面に下りますと出発して行かれた(無事に下りられましたでしょうか)。
朝食はマーガリン入りレーズンパンをフライパンで温め、うどんのカレー味スープで
ネギの緑の部分とチョリソーをさっと煮たものでホカホカに。

奥秩父らしい苔むした急登を30分で、見慣れた雲取の山頂へ。雲海が見事で、しばし立ち止まりながら歩く。以降は歩き慣れた道を淡々と下った。
鴨沢バス停で出会った山ガールさんたちから、前日にクマを見たという話を伺う(「日程・概要」に詳細あり)。前回奥多摩小屋でテント泊した際もクマの話を聞いたため、七ツ石の巻き道にはクマが住みついているのだろうか…なんて思ってしまう。今後も鴨沢ルートはクマ鈴を鳴らしながら歩くつもりだ。

今回も無事に山行を終えることができ、ほっとしている。奥秩父への憧れが、再び自分の中で高まりつつあるようだと感じた。
訪問者数:363人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/1/8
投稿数: 4
2016/5/18 17:51
 ごちそうさまでした
お話&ウィスキーありがとうございました。
たっぷり睡眠とれたので快調に駅まで下れました。
今度のテント泊は料理真似させてもらいますね。
登録日: 2014/1/23
投稿数: 13
2016/5/18 23:29
 Re: ごちそうさまでした
山行お疲れ様でした。
師匠も自分も、お話させていただいて楽しかったです。
石尾根は通しで歩いたことがまだなく、いつか雲取→奥多摩駅まで挑戦してみたいです。
料理は自分も頑張ってメニューを増やしたいと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ