ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 872979 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

兀岳〜小黒川より

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー w-charider
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小黒川のミズナラを過ぎて、林道終点の小さな橋の手前まで、車で入れます。
道路脇に2〜3台駐車可。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間26分
休憩
39分
合計
3時間5分
S登山口10:0011:05大平峠分岐11:1011:24兀岳11:5813:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スタート・ゴール共に登山口とは異なっています。
これは単純にGPSの入れ忘れ・切り忘れです。
コース状況/
危険箇所等
何度か沢を渡りますが、まともな橋がほとんどなく、足場を慎重に選ぶ必要があります。また笹薮が多いのでやや歩きにくいです(踏み跡は十分わかる程度)。
その他周辺情報昼神温泉郷まで車で約10分
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 登山靴 防寒着 行動食 非常食 飲料 帽子 地形図or登山地図 シルバコンパス ナイフ 山行記録メモ 時計 携帯電話 カメラ ヘッドランプ 救急医療セット ザックカバー

写真

登山口。
車は2〜3台駐車可。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。
車は2〜3台駐車可。
1
ほとんど管理されていないようで、橋はどこもかしこもこんな感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんど管理されていないようで、橋はどこもかしこもこんな感じです。
1
ここも同じく。
下流側(写真左端)から石を渡ると濡れません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも同じく。
下流側(写真左端)から石を渡ると濡れません。
1
一応、踏み跡はあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応、踏み跡はあります。
1
倒木もほったらかし。
なんとか通れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木もほったらかし。
なんとか通れます。
1
笹の子が伸びてきてやや歩きにくい。
葉の裏に白っぽい粉がついていて、ズボンやらザックやらが汚されます(水で洗えば落ちる)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の子が伸びてきてやや歩きにくい。
葉の裏に白っぽい粉がついていて、ズボンやらザックやらが汚されます(水で洗えば落ちる)。
1
尾根への登りに差し掛かったところでようやく看板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根への登りに差し掛かったところでようやく看板。
1
やや急登です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや急登です。
1
ギンリョウソウの群生。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウの群生。
1
尾根道は歩きやすいですが、笹の子の群生は相変わらず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道は歩きやすいですが、笹の子の群生は相変わらず。
1
大平峠との分岐点。
「兀岳まで0.9km」と書いてあるようですが、判読困難。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平峠との分岐点。
「兀岳まで0.9km」と書いてあるようですが、判読困難。
1
分岐からの尾根道には笹の子はほとんどありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐からの尾根道には笹の子はほとんどありません。
1
山頂。
けっこう地味。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。
けっこう地味。
3
2004年の整備がいちばん最近のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2004年の整備がいちばん最近のようです。
1
一瞬だけ見えた、摺古木山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬だけ見えた、摺古木山方面。
1
帰り道。
ここらへんの沢の水はだいたい飲めます。
サンショウウオらしき影を見つけましたが、詳細不明。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道。
ここらへんの沢の水はだいたい飲めます。
サンショウウオらしき影を見つけましたが、詳細不明。
1
小黒川のミズナラ。
北側は雷を受けたように焦げています。
わざわざ養生してまで、人間の都合で生かされているおじいちゃん・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小黒川のミズナラ。
北側は雷を受けたように焦げています。
わざわざ養生してまで、人間の都合で生かされているおじいちゃん・・・。
1

感想/記録

旧清内路村の里山探検、こんどは兀岳へ。マイナーな小黒川コースから登ってみました。

阿智村の最高峰は恵那山(2,191m)ですが、合併前の旧清内路村の最高峰はこの兀岳(1,636m)になるようです。
2004年に笹刈り等登山道整備、その後2008年頃までは旧清内路村の村民登山があったようですが、最近はこちらのコースから登る人はやや少ないようです。清内路の自治会とかで登山の企画してくれないかな・・・。

登山口を出て40分くらいは、何度も沢を渡り返しながら少しずつ登ります。橋はほとんど流されているため、足場を探しながら歩くことになります。

沢から離れると、尾根へと続く登りにさしかかり、10分ほどで尾根に出ました。

山頂は文字通り笹薮が禿げていて、10人くらいは休めます。
かつてはベンチがあったようですが、その名残かと思われる板が一枚あるだけでした。

山頂から先に、2通りの道が拓かれていたので、機会があればそちらの道も探検したいと思います。
訪問者数:182人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ