ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 873071 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

バリゴヤの頭(観音峰登山口~洞川温泉)

日程 2016年05月14日(土) 〜 2016年05月15日(日)
メンバー kickey
天候14,15:晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
阿倍野橋6:50-(近鉄)-8:01下市口8:20-(バス)-9:10観音峰登山口
洞川温泉12:25-(バス)-13:36下市口13:54-(近鉄)-15:12阿倍野橋

※みたらい渓谷切符利用 3780円
(電車(往復):大阪阿部野橋~下市口、 バス(往復):下市口~洞川温泉、 洞川温泉入浴料200円割引)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間24分
休憩
2時間59分
合計
7時間23分
S観音峰山登山口09:3210:38観音峰展望台11:1911:42観音峰山12:41法力峠13:46山上辻13:46稲村小屋14:2014:49稲村ヶ岳16:0916:19大日山16:4316:55稲村小屋
2日目
山行
4時間55分
休憩
2時間35分
合計
7時間30分
稲村小屋04:5305:06大日山05:13稲村ヶ岳05:2006:07ドンブリ辻06:1106:46バリゴヤノ頭07:0907:44ドンブリ辻07:4608:40稲村ヶ岳09:2809:40稲村小屋10:3410:34山上辻11:07法力峠11:45稲村ヶ岳登山口12:00村営 洞川温泉センター12:1712:23洞川温泉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
稲村ヶ岳からバリゴヤノ頭へは、バリエーションルートです。
※ルート確認用に、ヤマレコの先人GPSログ持参をお奨めします。
その他周辺情報稲村ヶ岳小屋 テン泊700円(トイレ・水場の使用料を含む)
       ※水は、小屋裏の蛇口から給水可能
       ※トイレの屋根に太陽電池パネルがあり、
        電気が付きます
洞川温泉600円(営業11:00〜)
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

観音峰登山口バス停。まずは観音峰展望台を目指します。
2016年05月14日 09:12撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音峰登山口バス停。まずは観音峰展望台を目指します。
2
役行者に道中安全をお祈りして、出発!
2016年05月14日 09:15撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
役行者に道中安全をお祈りして、出発!
2
まずは、観音峰へ。
2016年05月14日 09:33撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、観音峰へ。
観音の水。
2016年05月14日 09:40撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音の水。
3
観音の岩屋。
2016年05月14日 10:20撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音の岩屋。
観音様にお参りしました。観音峰の名前の由来は、この観音様だったんですね。
2016年05月14日 10:20撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音様にお参りしました。観音峰の名前の由来は、この観音様だったんですね。
5
スパっと切れた天然の岩。カニ歩きで通り抜けられます。
2016年05月14日 10:17撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スパっと切れた天然の岩。カニ歩きで通り抜けられます。
6
観音峰展望台。
2016年05月14日 10:42撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音峰展望台。
7
コーヒーブレイクを取りました。
2016年05月14日 10:50撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コーヒーブレイクを取りました。
5
左から、大日山、稲村ヶ岳、そして、バリゴヤノ頭。(バリゴヤノ頭まで、ギザギザの稜線が続いているのが良く判る)
2016年05月14日 10:40撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から、大日山、稲村ヶ岳、そして、バリゴヤノ頭。(バリゴヤノ頭まで、ギザギザの稜線が続いているのが良く判る)
2
こっちは弥山方面。(双門の滝も見えるようですが、流石に遠すぎてよく判らない)
2016年05月14日 10:41撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは弥山方面。(双門の滝も見えるようですが、流石に遠すぎてよく判らない)
1
観音峰。(展望はありません)
2016年05月14日 11:44撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音峰。(展望はありません)
三ツ塚。
2016年05月14日 12:05撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ塚。
3
大日・稲村ヶ岳が見えていました。
2016年05月14日 12:06撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日・稲村ヶ岳が見えていました。
1
ヤマシャクヤク。登山道脇で思いがけず、出会って、嬉しい。
2016年05月14日 12:26撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマシャクヤク。登山道脇で思いがけず、出会って、嬉しい。
10
もう少しで開花。
2016年05月14日 12:24撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで開花。
4
まだ、つぼみ。
2016年05月14日 12:25撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ、つぼみ。
4
法力峠まで下りてきました。
2016年05月14日 12:43撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
法力峠まで下りてきました。
ツツジが満開で綺麗です。
2016年05月14日 12:56撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジが満開で綺麗です。
2
マンモス君。また会えたね。
2016年05月14日 13:10撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マンモス君。また会えたね。
7
ミヤマシキミ。
2016年05月14日 13:28撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマシキミ。
2
稲村ヶ岳小屋。テントの受付を済ませて、ランチ休憩としました。テント設営は後にして、稲村ヶ岳へ向かいました。
2016年05月14日 13:48撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村ヶ岳小屋。テントの受付を済ませて、ランチ休憩としました。テント設営は後にして、稲村ヶ岳へ向かいました。
1
ミヤマカタバミ。
2016年05月14日 14:24撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマカタバミ。
3
ワチガイソウ。
2016年05月14日 14:27撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワチガイソウ。
3
大日山のゴリさん。凛々しい横顔です。
2016年05月14日 14:31撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日山のゴリさん。凛々しい横顔です。
2
オオカメノキ。
2016年05月14日 14:42撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキ。
1
稲村ヶ岳の三角点をゲット!
2016年05月14日 15:07撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村ヶ岳の三角点をゲット!
5
稲村ヶ岳山頂展望台から山上ケ岳。
2016年05月14日 15:09撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村ヶ岳山頂展望台から山上ケ岳。
1
奥駈の縦走路。
2016年05月14日 15:09撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥駈の縦走路。
1
バリゴヤノ頭越しに、弥山が見えました。
2016年05月14日 15:10撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バリゴヤノ頭越しに、弥山が見えました。
3
今日歩いてきた、観音峰の稜線。
2016年05月14日 15:11撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日歩いてきた、観音峰の稜線。
1
大日山。
2016年05月14日 16:24撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日山。
3
シャクナゲ。
2016年05月14日 16:30撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ。
3
オオミネコザクラ!登山道脇の岩場に、咲いていました。昨年は、時期を逃してお目にかかれず。とっても嬉しいです。
2016年05月14日 16:39撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオミネコザクラ!登山道脇の岩場に、咲いていました。昨年は、時期を逃してお目にかかれず。とっても嬉しいです。
10
2つのお花。
2016年05月14日 16:38撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つのお花。
3
3つのお花。
2016年05月14日 16:40撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つのお花。
4
たくさんのお花。
2016年05月14日 16:43撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たくさんのお花。
12
今日の我が家。
2016年05月14日 17:23撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の我が家。
9
皆さんお食事の準備中。お隣さんと夕食を、ご一緒させて頂きました。
2016年05月14日 17:23撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さんお食事の準備中。お隣さんと夕食を、ご一緒させて頂きました。
6
沈む夕日が綺麗でした。
2016年05月14日 18:52撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沈む夕日が綺麗でした。
9
翌朝。夜明け前の小屋。
2016年05月15日 04:55撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。夜明け前の小屋。
大日山のゴリさん、おはようございます。
2016年05月15日 05:03撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日山のゴリさん、おはようございます。
5
稜線から日が昇る。
2016年05月15日 05:06撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から日が昇る。
4
「バリゴヤノ頭へは2.5時間」との表示有り。結構遠いですね。
2016年05月15日 05:17撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「バリゴヤノ頭へは2.5時間」との表示有り。結構遠いですね。
3
稲村ヶ岳山頂展望台からの展望。(昨日は、大峰のお山から富士山が見えていたらしいが、稲村ヶ岳からも見えるのかな)
2016年05月15日 05:19撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村ヶ岳山頂展望台からの展望。(昨日は、大峰のお山から富士山が見えていたらしいが、稲村ヶ岳からも見えるのかな)
8
目指すバリゴヤノ頭。
2016年05月15日 05:22撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指すバリゴヤノ頭。
4
高度計をセットして、バリゴヤノ頭へ、いざ出発!
2016年05月15日 05:20撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度計をセットして、バリゴヤノ頭へ、いざ出発!
3
天理大ワンゲル部の行き先表示板。
2016年05月15日 05:26撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天理大ワンゲル部の行き先表示板。
1
稜線の踏み跡を辿る。所々にあるピンクテープを見逃さないように進む。
2016年05月15日 05:29撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の踏み跡を辿る。所々にあるピンクテープを見逃さないように進む。
1
笹の稜線。
2016年05月15日 05:37撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の稜線。
ガスってきました。
2016年05月15日 05:54撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってきました。
危険箇所にはロープが用意されていました。
2016年05月15日 06:31撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険箇所にはロープが用意されていました。
2
さあ、バリゴヤノ頭への急登が始まります。
2016年05月15日 06:38撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、バリゴヤノ頭への急登が始まります。
めちゃめちゃ険しい斜面が続きます。(テープがあるのでルートは間違いない)
2016年05月15日 06:48撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
めちゃめちゃ険しい斜面が続きます。(テープがあるのでルートは間違いない)
4
最後は、シャクナゲをかき分けて進む。
2016年05月15日 06:52撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は、シャクナゲをかき分けて進む。
3
バリゴヤノ頭に到着!やった!
2016年05月15日 06:54撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バリゴヤノ頭に到着!やった!
8
周囲はガスガス。;_;
2016年05月15日 06:55撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周囲はガスガス。;_;
シャクナゲのお花が少し咲いていました。
2016年05月15日 06:55撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲのお花が少し咲いていました。
来た道を戻ります。戻るのも大変です。最後まで、慎重に進みます。
2016年05月15日 07:25撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を戻ります。戻るのも大変です。最後まで、慎重に進みます。
2
ドンブリ辻。
2016年05月15日 07:49撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドンブリ辻。
2
最後のシャクナゲブッシュを抜けて。
2016年05月15日 08:39撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のシャクナゲブッシュを抜けて。
稲村ヶ岳山頂に無事戻りました。ホッと一息。大の字になって体力を回復。その後、お一人が到着し、お山の話に花が咲く。
2016年05月15日 08:45撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村ヶ岳山頂に無事戻りました。ホッと一息。大の字になって体力を回復。その後、お一人が到着し、お山の話に花が咲く。
4
今日歩いた、バリゴヤノ頭。めっちゃハードなコースでした。
2016年05月15日 08:43撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日歩いた、バリゴヤノ頭。めっちゃハードなコースでした。
5
昨日歩いた、観音峰の稜線。
2016年05月15日 08:45撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日歩いた、観音峰の稜線。
3
最後にもう一度、オオミネコザクラにご対面。
2016年05月15日 09:35撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にもう一度、オオミネコザクラにご対面。
8
テントを撤収し、小屋のおっちゃんに無事帰還を報告後、下山しました。
2016年05月15日 10:35撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを撤収し、小屋のおっちゃんに無事帰還を報告後、下山しました。
4
五大松鍾乳洞。
2016年05月15日 11:35撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五大松鍾乳洞。
3
五大松鍾乳洞のモノレール。(道を間違って、駐車場に下りてしまった)
2016年05月15日 11:41撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五大松鍾乳洞のモノレール。(道を間違って、駐車場に下りてしまった)
下山後、洞川温泉に直行!お風呂で、さっぱりしました。
2016年05月15日 12:02撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、洞川温泉に直行!お風呂で、さっぱりしました。
5
洞川温泉バス停。お疲れ様でした。
2016年05月15日 12:25撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞川温泉バス停。お疲れ様でした。
5

感想/記録
by kickey

今日は、バリゴヤノ頭に行きました。
昨年、小笹の宿で同宿させて頂いた方から、バリゴヤノ頭という険しいルートがあることを初めて聞いて興味を持ち、いつか歩いてみたいと考えていました。

以下、道中記録です。

◆1日目 観音峰登山口〜稲村ヶ岳~(バリゴヤノ頭下見)~大日岳~稲村ヶ岳小屋(テン泊)
観音峰登山口で、準備を済ませて出発。
観音峰展望台でコーヒを入れて、一息付きます。ここにはベニバナシャクヤクのお花が、どこかにあるはずなのですが、事前の調査不足でどこにあるか判りませんでした。(ここでお花に詳しい登山者とも、出会えず。残念。でもこの後に、登山道脇にヤマシャクヤクを見つけて、嬉しかったです。)
法力峠まで下りて、稲村ヶ岳小屋のある山上辻に向けて、登り返す。
稲村ヶ岳小屋でテン泊の受付後、稲村ヶ岳へ行った後、バリゴヤノ頭の登山道の入口を確認しました。(稲村ヶ岳山頂からすぐ南側に取り付きをを示すテープがありました)。
この後、オオミネコザクラにご対面。とっても可愛いお花でした。
稲村ヶ岳小屋に帰り、テントを設営。(この日は、テント4張)。隣接テントのご夫婦と夕食をご一緒させて頂いた。四日市から車で来られたとのこと。私が経験のない鈴鹿のお山や、八ヶ岳の雪山、熊に対面したお話等、いろいろ教えて頂いた。お奨めの北アの鹿島槍の稜線も、いつか歩いてみたいと思います。この日は、沈む夕陽が綺麗でした。

◆2日目 稲村ヶ岳小屋〜バリゴヤノ頭(ピストン)〜稲村ヶ岳小屋〜洞川温泉
朝起きて、朝食を食べ、日の出と共に出発。稲村ヶ岳山頂で準備を済ませて、いよいよバリゴヤノ頭へ。のっけから急坂を下ります。滑らないように慎重に下りました。基本、稜線を辿るのですが、ときどき少しだけですが、ルートを外して、藪を漕ぐ。その度にコース復帰に、体力を無駄に使います。バリゴヤノ頭までは結構距離がある。要所要所で先人の歩いたGPSログで道を確認しながら、慎重に進みました。
踏み跡は薄いですが、テープが結構有りました。(たまに咲いているシャクナゲのピンクのお花をテープと間違えないように進みました)。
最後は、めっちゃ険しい坂を攀じ登りバリゴヤノ頭へ。周囲はガスガスで展望はありませんでした。(もうココに来ることはないかも、と思うと名残惜しくなりました)。少し休憩して、集中力を取り戻し、来た道を戻りました。険しい道は最後まで、油断禁物です。なんとか稲村ヶ岳に戻り、ホッとして、山頂で大の字に寝っ転がった。青空が心地良かった。
少しして、お一人が到着し、お話させて頂いた。奈良から車で来られており、この後は山上ケ岳に行かれるとのこと。今年は、甲斐駒の黒戸尾根をチャレンジされるとのこと!まだ山の経験は浅いとお聞きしましたが、ガッツ溢れる方でした。
山話に夢中になって、山頂に居る時間がすっかり長くなってしまった。テン場に戻って、テントを撤収し、お腹が空いたのでパンを食べて出発。バスの時間が下山時にピッタリで、今日はお風呂に入る時間がとれそうもなく、そのまま帰るのが良いかと思ったが、「全力で下りたら、お風呂に入る時間ができるかも」と考えて、かっ飛ばして駆け下りた。(ちょっと膝が危なかったが、なんとか持った)
その甲斐あって、なんとか25分前にバス停にたどりつき、おフロでさっぱりして帰路についた。

今日も良い山でした。

(1日の消費量 水1.5L(行動中のみ、食事除く)、燃料100ml(夜30ml+朝30ml+昼20mlx2)
 荷重12.5kg、アルファ米 2食/4食、行動食 500ml×0.2本)
訪問者数:487人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/11
投稿数: 1103
2016/5/15 21:15
 バリゴヤ
kickeyさん、こんばんは!
バリゴヤの頭はこの夏の目標の一つです!やっぱりkickeyさんとはまた面白いところで再会できそうですね!!?藪漕ぎもとっても楽しそうです!とりあえず今週末は普通稲村登山してきます〜。
登録日: 2013/6/16
投稿数: 168
2016/5/16 21:08
 Re: バリゴヤ
akirasさん、こんばんは。

バリゴヤノ頭は、タフなコース。
自分のレコを振り返ってみると、観音峰展望台から眺めた稜線の形を、そのままに歩いたと感じます。取り付きの稲村ヶ岳山頂から、距離はそれほどないのですが、アップダウンがすごいです。バリゴヤノ頭と、その手前のニセピークは、ハードな急坂が待ち構えていますよ。楽しんで来てくださいね。
稲村ヶ岳ではオオミネコザクラの開花が、ちょうどピークを迎えていました。初めは気付かずに通りすぎてしまい、帰りに見つけた時は、感激しました。とっても、かわいいお花ですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ