ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 873129 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東北

「原生の和賀山塊」 眺望の主稜線『高下岳・根菅岳・大荒沢岳』

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー 750RS
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅―秋田市道―県道秋田御所野雄和線―国道13号―秋田南IC―湯田IC―西和賀町道―県道盛岡横手線―西和賀町道―高畑林道
自宅から駐車地点まで111km 1時間20分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
1時間0分
合計
7時間10分
Sスタート地点07:1507:45高畑登山口09:45高畑分岐09:55高下岳(南峰)10:2010:30高畑分岐10:35高下岳(北峰)11:05根菅岳(ねすがだけ)11:1011:451260ピーク12:10大荒沢岳12:4013:05沢尻岳13:10県境分岐13:40前山分岐14:15沢尻岳登山口14:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
稜線は風があり気持ちいい歩きができた。
沢尻登山口から高畑駐車地点まで7km強の歩きがカット出来た。車に乗せてくださった滝沢市の「KH」さんに心から感謝いたします。
yo-shaさんからご紹介いただいた「キネシオロジーテーピング」右足の症状がたいぶ軽減されたように感じました。この場を借りてお礼いたします。ありがとうございました。今度は両足にテーピングしてみます。
コース状況/
危険箇所等
特に危険個所なし。
雪がところどころ残っている。ピンクマーカーで登山道の位置を確認すること。
その他周辺情報西和賀町には温泉多数あり。
どうぞ、ご利用ください。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ゴアテックスハードシェル ダウンジャケット ピッケル 軽アイゼン 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え ザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール
共同装備 なし
備考 気温が高く飲料の消費量が増えた。(0.6お茶、0.55お茶、0.5スポーツドリンク2)

写真

県道から分岐して高畑林道から仰ぐ高下岳
左奥のピークは和賀岳
2016年05月15日 06:54撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道から分岐して高畑林道から仰ぐ高下岳
左奥のピークは和賀岳
24
林道を快適に歩く
2016年05月15日 07:26撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を快適に歩く
8
高畑登山口に到着
2016年05月15日 07:44撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高畑登山口に到着
5
クマがいます。当然です。彼らの棲家ですから
2016年05月15日 07:45撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマがいます。当然です。彼らの棲家ですから
17
この季節はやはりムラサキヤシオが美しい
2016年05月15日 08:12撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この季節はやはりムラサキヤシオが美しい
23
今日も新緑のブナの森を行く
2016年05月15日 08:31撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も新緑のブナの森を行く
16
今日も登場  真新しいクマさんの足跡
2016年05月15日 08:50撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も登場  真新しいクマさんの足跡
9
雪堤が続く
2016年05月15日 09:14撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪堤が続く
8
ダケカンバの森  高下分岐が近づく
2016年05月15日 09:17撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバの森  高下分岐が近づく
7
高下南峰の南端 ケルンピーク
2016年05月15日 09:56撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高下南峰の南端 ケルンピーク
14
高下南峰から秀峰「和賀岳」
2016年05月15日 09:57撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高下南峰から秀峰「和賀岳」
33
高下南峰から
県境の大甲の先に遠く鳥海山(秋田富士)が浮かぶ
2016年05月15日 09:58撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高下南峰から
県境の大甲の先に遠く鳥海山(秋田富士)が浮かぶ
29
高下南峰から和賀岳がドーンとそびえる
2016年05月15日 09:58撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高下南峰から和賀岳がドーンとそびえる
25
高下南峰から和賀岳から続く県境稜線
鳥海山、真昼岳、女神山など
2016年05月15日 09:58撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高下南峰から和賀岳から続く県境稜線
鳥海山、真昼岳、女神山など
11
高下南峰からこれから歩く稜線
遠景は岩手山、秋田駒ヶ岳
2016年05月15日 09:59撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高下南峰からこれから歩く稜線
遠景は岩手山、秋田駒ヶ岳
10
高下南峰から横手盆地の先に鳥海山(秋田富士)が浮かぶ
2016年05月15日 10:03撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高下南峰から横手盆地の先に鳥海山(秋田富士)が浮かぶ
29
高下南峰から和賀岳と鳥海山
2016年05月15日 10:21撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高下南峰から和賀岳と鳥海山
9
高下南峰から下山中、高下北峰(右)、根菅岳(左)
2016年05月15日 10:31撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高下南峰から下山中、高下北峰(右)、根菅岳(左)
6
高下北峰に到着  眺めが良い
遠景は岩手山、秋田駒ヶ岳
2016年05月15日 10:35撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高下北峰に到着  眺めが良い
遠景は岩手山、秋田駒ヶ岳
17
縦走路   根菅岳(左)
2016年05月15日 10:35撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路   根菅岳(左)
14
和賀岳の肩から秀麗無比なる鳥海山(秋田富士)遠望
2016年05月15日 10:36撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀岳の肩から秀麗無比なる鳥海山(秋田富士)遠望
5
和賀岳の肩から秀麗なる鳥海山(秋田富士)遠望アップ
2016年05月15日 10:41撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀岳の肩から秀麗なる鳥海山(秋田富士)遠望アップ
8
すばらしい眺め 遠景は岩手山、秋田駒ヶ岳
2016年05月15日 10:43撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すばらしい眺め 遠景は岩手山、秋田駒ヶ岳
11
すばらしい眺め 和賀岳
2016年05月15日 10:54撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すばらしい眺め 和賀岳
19
本日の最高峰 根菅岳
2016年05月15日 10:57撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の最高峰 根菅岳
12
根菅岳からすばらしい眺め
近景は沢尻岳(右)大荒沢岳(中)羽後朝日岳(左)
遠景は岩手山、秋田駒ヶ岳
2016年05月15日 11:08撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根菅岳からすばらしい眺め
近景は沢尻岳(右)大荒沢岳(中)羽後朝日岳(左)
遠景は岩手山、秋田駒ヶ岳
12
根菅岳より和賀岳
2016年05月15日 11:09撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根菅岳より和賀岳
11
根菅岳の下りからすばらしい眺め
近景は大荒沢岳(右)羽後朝日岳(左)
2016年05月15日 11:19撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根菅岳の下りからすばらしい眺め
近景は大荒沢岳(右)羽後朝日岳(左)
13
根菅分岐に到着、左は和賀岳方向・・・藪藪
2016年05月15日 11:25撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根菅分岐に到着、左は和賀岳方向・・・藪藪
2
根菅分岐からこれから歩く稜線と大荒沢岳(右)羽後朝日岳(左)
2016年05月15日 11:27撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根菅分岐からこれから歩く稜線と大荒沢岳(右)羽後朝日岳(左)
11
大荒沢岳(右)羽後朝日岳(左)
2016年05月15日 11:32撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大荒沢岳(右)羽後朝日岳(左)
6
沢尻岳(右)モッコ岳(中)
2016年05月15日 11:37撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢尻岳(右)モッコ岳(中)
3
今日のサクラ(ミネザクラ(タカネザクラ))
2016年05月15日 11:44撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のサクラ(ミネザクラ(タカネザクラ))
17
今日のサクラ(ミネザクラ(タカネザクラ))
2016年05月15日 11:45撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のサクラ(ミネザクラ(タカネザクラ))
14
1260ピークから和賀岳
2016年05月15日 11:47撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1260ピークから和賀岳
24
1260ピークから根菅岳
2016年05月15日 11:47撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1260ピークから根菅岳
6
マンダノ沢と白岩岳
2016年05月15日 11:47撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マンダノ沢と白岩岳
4
羽後朝日岳がドーンとそびえる
2016年05月15日 11:50撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽後朝日岳がドーンとそびえる
21
大荒沢岳
遠景は秋田駒ヶ岳
2016年05月15日 11:50撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大荒沢岳
遠景は秋田駒ヶ岳
7
大荒沢岳への登り
2016年05月15日 11:51撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大荒沢岳への登り
6
沢尻岳
遠景は早池峰山
2016年05月15日 11:51撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢尻岳
遠景は早池峰山
4
大荒沢分岐より根菅岳(左)、和賀岳(右)
2016年05月15日 12:08撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大荒沢分岐より根菅岳(左)、和賀岳(右)
5
急登を終えて大荒沢岳に到着
2016年05月15日 12:10撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を終えて大荒沢岳に到着
10
定番のLawsonぼだっこにぎりまま
2016年05月15日 12:30撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番のLawsonぼだっこにぎりまま
13
そして本日もLawsonバナナ
2016年05月15日 12:31撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして本日もLawsonバナナ
12
ご飯も食べたし・・・さぁ下りますか
2016年05月15日 12:39撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご飯も食べたし・・・さぁ下りますか
5
沢尻岳へ下る
2016年05月15日 12:42撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢尻岳へ下る
4
モッコ岳と県境稜線
遠景は岩手山
2016年05月15日 12:42撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モッコ岳と県境稜線
遠景は岩手山
10
大荒沢岳からの下りから沢尻岳を望む
遠景は早池峰山・薬師岳
2016年05月15日 12:43撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大荒沢岳からの下りから沢尻岳を望む
遠景は早池峰山・薬師岳
11
大荒沢岳の下りで冬毛のトウホクノウサギの遺体
食物連鎖の底辺にいるウサギ、捕食者はクマタカか??
イヌワシか?? 頭部が食べられている
2016年05月15日 12:49撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大荒沢岳の下りで冬毛のトウホクノウサギの遺体
食物連鎖の底辺にいるウサギ、捕食者はクマタカか??
イヌワシか?? 頭部が食べられている
10
沢尻岳  本日最後のピーク
2016年05月15日 12:52撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢尻岳  本日最後のピーク
10
生保内川源頭 
遠く秋田駒ヶ岳〜岩手山
2016年05月15日 12:53撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生保内川源頭 
遠く秋田駒ヶ岳〜岩手山
10
沢尻岳より大荒沢岳(左)・羽後朝日岳(右)
2016年05月15日 13:08撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢尻岳より大荒沢岳(左)・羽後朝日岳(右)
9
沢尻岳より根菅岳(左)・和賀岳(右)
2016年05月15日 13:08撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢尻岳より根菅岳(左)・和賀岳(右)
12
モッコ岳、遠く秋田駒ヶ岳〜岩手山
2016年05月15日 13:08撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モッコ岳、遠く秋田駒ヶ岳〜岩手山
5
県境分岐・・とは言ってもモッコ岳方向に道は無い
2016年05月15日 13:09撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境分岐・・とは言ってもモッコ岳方向に道は無い
3
カタクリの道・・・踏まないように気を付けて
2016年05月15日 13:20撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリの道・・・踏まないように気を付けて
9
稜線から盛岡市方向、姫神山が遠くに霞む
2016年05月15日 13:26撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から盛岡市方向、姫神山が遠くに霞む
7
今日の一輪・・・ツバメオモト
2016年05月15日 13:29撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の一輪・・・ツバメオモト
32
雪が続く
2016年05月15日 13:38撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が続く
5
前山分岐に到着
2016年05月15日 13:41撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前山分岐に到着
2
前山分岐から一気に下る(急登)
2016年05月15日 13:43撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前山分岐から一気に下る(急登)
5
ここはムラサキヤシオが満開
2016年05月15日 13:51撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはムラサキヤシオが満開
17
沢尻岳登山口
2016年05月15日 14:16撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢尻岳登山口
5
滝沢市のKHさんの車に到着
2016年05月15日 14:25撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝沢市のKHさんの車に到着
2
自分の車に戻り、靴を脱ぐ。右足のキネシオロジーテーピング、症状が軽減できた(汚い足で・・・)
2016年05月15日 14:49撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分の車に戻り、靴を脱ぐ。右足のキネシオロジーテーピング、症状が軽減できた(汚い足で・・・)
16
県道盛岡横手線 高畑登山口の標柱
2016年05月15日 15:02撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道盛岡横手線 高畑登山口の標柱
5
秋田道走行中・・・秋田駒ヶ岳〜和賀岳〜真昼岳まで
奥羽の主稜線が綺麗だ
2016年05月15日 15:52撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋田道走行中・・・秋田駒ヶ岳〜和賀岳〜真昼岳まで
奥羽の主稜線が綺麗だ
7
おまけ 
5/13 出張で泊まった酒田市のホテルの9階エレベーターホールからガラス越しの鳥海山
2016年05月13日 06:50撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ 
5/13 出張で泊まった酒田市のホテルの9階エレベーターホールからガラス越しの鳥海山
14
おまけ
5/13 秋田市へ帰る途中、R345吹浦の月光川の橋付近から鳥海山を眺める(田植えの終わった水田に影が・・・)
2016年05月13日 09:36撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ
5/13 秋田市へ帰る途中、R345吹浦の月光川の橋付近から鳥海山を眺める(田植えの終わった水田に影が・・・)
36
撮影機材:

感想/記録
by 750RS

 前回5月3日は秋田側から「原生の和賀山塊」薬師岳へ登頂した。その際、和賀岳がとても美しかった。同じ和賀岳を岩手側からも眺めてみたくなった。5月8日に行こうと思ったが・・・3日に痛めた右足を6日に整形で診てもらった。右足アキレス腱周囲炎との診断・・・トホホ。原因は歩きすぎ&加齢・・・そんなわけで8日の山行はちょっと遠慮した。
 あれからずいぶんと安静???にした。きっと大丈夫だろう。お友達のyo-shaさんからテーピングも紹介してもらった。早速試してみようと思った。
 そんなわけで今回は、和賀岳の東側、和賀岳とは和賀川源流部の自然環境保全地域を挟み対峙する稜線、高下岳、根菅岳、大荒沢岳、沢尻岳を周回することにした。周回なので・・・高畑登山口まで車で入らず、集落の端に停車することにした。出来るだけ帰りの車道歩きを低減するためである。
 午前5時起床、5時30分には出発できた。国道13号目長田跨線橋から鳥海山が綺麗に見える。高下の稜線から鳥海山も見えるだろう。楽しみである。そして・・・高速を90〜100舛侶从兮度で南下する。東行にルートを変え県境を越えると湯田インターである。町道でショートカットして「沢内高速」???と言われる岩手県道1号線「盛岡横手線」を北上する。ここも走りやすい道路であるが早朝は高齢者が多いので注意されたい。
 岩手県道1号線「盛岡横手線」の岩手県和賀郡西和賀町(旧沢内村)の大荒沢地区に高畑登山口の小さい案内板がある。案内板は新調された感じがする。(写真参照)登山者があまり増えないように祈りたい。(笑)
 舗装した町道を1楚覆漾停車可能な場所に車を停める。今日はここから高畑登山口まで、約2.5訴發ことにした。
林道は整備されている。特に路肩の枝やササが綺麗に刈られている。西和賀町の皆様に感謝申し上げる。
 登山口は車が3台程度でいっぱいとなる。車道には停めるスペースがない。今日は誰もいないようである。静かな登山が楽しめそうである。
 ブナの登山道を登る、整備された立派な登山道である。ところどころに残雪が残っている。昨年も5月6日に登頂しているが雪の量が全く違う。この山は今年は少雪だったようである。今日もムラサキヤシオが美しい。ツツジの仲間では最も早く開花する美しいツツジである。
 高下山頂から張り出した支尾根に取り付きいい汗をかくと高下分岐である。左は南峰を経て高下登山口へ約5キロ、右は高下岳北峰、根菅岳へと続く稜線である。
 今日はまずは左へ、鳥海山をゆっくりと眺めたい。そして秀峰和賀岳も・・・。南峰への急登を越えると県境の大甲の先に白い鳥海山が浮かぶ。思わず・・・「おぉ」と声を上げてしまった。和賀も県境稜線も綺麗だ。パンを食べて眺望を愉しむ。ゆっくりしていたいがこの先があるのでそろそろ行きましょうか・・・。
 これから進む稜線も実に良い感じだ。高下北峰、根菅岳、大荒沢岳、名峰「羽後朝日岳」が・・・遠景には岩手山、秋田駒ヶ岳・・・実にいい眺めである。
 高下分岐を過ぎて、高下北峰に到着、ここも眺望がすばらしい。すぐに気持ちのいい稜線を心地よい風に吹かれて歩く・・・・ここまでの疲れはすぐに消えたようだ????。(笑)
 少し・・・アップダウンを繰り返し、根菅岳の雪の残る南東斜面を登る。すぐに本日の最高峰「根菅岳」山頂である。ここも素晴らしい眺望である。ゆっくりと楽しみ歩く。
 根菅岳の北側、県境分岐(根菅分岐)までは以前は藪化が進行している腰あたりまでササが成長し、登山道を覆っていたが、綺麗に刈られている。ありがたいことである。登山道は全般的に良好。危険個所は無し。
 1214鞍部付近からマンダノ沢(秋田側)の源頭を眺めてみた。切れたった・・・険しい斜面が続いている。この険しい渓谷にたくさんのイワナが育まれていることだろう。
 振り返ると和賀に続く県境稜線やビラミダルな根菅が見える。1260ピークを越え、いよいよ大荒沢岳の急登にかかる・・・・今日一番の急登かと思うほど息も絶え絶えになった。(笑)
 急登を何とか登り大荒沢岳に到着する。ここで本日初の人間とお会いした。滝沢市から来られた単独行の男性でした。あの山は「鳥海山」ですか???と遠く霞む白い山を指された。「そうですよ」とお答えしてしばらく談笑した。私は昼食タイムとする。滝沢から来られた男性は先に下山された。取り急ぎぼだっこのにぎりままとバナナを食べ、お茶を飲む。そして、本日最後のピーク沢尻岳をめざす。いきなりの急坂を下る。草付の斜面は下りにくい。少し下った先のピークでトウホクノウサギの遺体を発見した。食物連鎖の底辺にいるノウサギ・・・頂点にいる猛禽類(クマタカ・イヌワシ)の仕業か・・・頭部のみ捕食されていた。また食べに来るだろう。かわいそうだが・・・これが自然界の現実である。
 鞍部に下り、沢尻岳への最後の登りを汗だくでクリアし、最後のピーク沢尻岳から展望を楽しむ。高下、根菅、大荒沢をはじめ、和賀岳、羽後朝日、志度内畚、モッコ岳・・・・遠く岩手山、秋田駒ヶ岳も美しい。
 この眺めに別れを告げ・・・・沢尻岳の尾根を下る。カタクリに彩られたブナの登山道をどんどん下る。あっという間に前山分岐に到着した。
 ここからは一気に急坂となる。郡境分岐付近で急坂も緩み、ここから少し南に折れ、貝沢登山口を目指して下る。牧野風の草原に出て、また下る。ここで先に下りられた滝沢市の男性に追いつく。ふきのとうを採られていたようである。少し下るとかなり風化の進んだ木の標識がある貝沢登山口に到着する。ここで男性からクルマへの同乗を進められた。膝や右足の怪我もあり、ありがたく受けることにした。駐車地点は沢を3ヶ所越えた分岐の先である。途中の沢で手ぬぐいを濡らしとりあえずしょっぱい顔を洗う。そして絞ったタオルで冷やす。気持ちいい。
 そして、滝沢市のKHさんのご厚意で車に同乗させてもらう。歩けば・・・7km、1時間30分ぐらいの距離をあっという間に高畑駐車地点に到着する。
 KHさんにお礼を述べて、またどこかの山での再会を誓って・・・お別れした。KHさん、本当にありがとうございました。
 このコースは水場の無いコースであり、今日の気温等から相当の量を摂取する可能性があると判断し、合計3リットルの水分を背負った。今日は2醗幣紊凌緤を摂取したことになる。これから夏場の縦走は熱中症対策からも十分な水分を持参したい。
 今回も実にいい山旅であった。人も少なく(今日は私を含めて2人)眺望も良い・・・・また夏や秋にでも訪れてみたい。
 帰る途中、秋田自動車道の角間川BS手前付近で奥羽山脈が綺麗に見えた。思わず助手席にあったカメラにスイッチを入れ、視線は前を、カメラは右側を写した。秋田駒ヶ岳〜真昼岳に至る奥羽山脈が綺麗に撮影されていた。


訪問者数:905人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/24
投稿数: 580
2016/5/15 21:16
 素晴らしい眺望
の連続に写真を見てても気持ちよくなりました。
実は土曜日、真昼から和賀を眺めてきたばかりなので、
少しだけ身近にイメージを浮かべることができた気がします。
お疲れさまでした。

アキレス腱いたわってくださいね。
登録日: 2010/5/10
投稿数: 2003
2016/5/15 21:54
 「原生の和賀山塊」シリーズ
ロングお疲れ様でした
シリーズ化する? 750RSさんの和賀山塊♡がしみじみと感じられます
根菅岳の近くの分岐から和賀岳に至るルートまた復興して欲しいですね
秋田から眺めても岩手から眺めても
この真昼山地・和賀山塊は秀逸な峰々だと思います
西和賀沢内からの和賀岳&高下岳はまだ未踏なので今年こそ?行きたいと思っています
750RSさんのレコを拝見してからチャレンジしようかな
足を労わって、ゆっくり養生してくださいね
登録日: 2014/6/18
投稿数: 89
2016/5/15 23:26
 最高の山行ですね!
750RSさん
こんばんは。yo-shaです。
いやぁ、めちゃくちゃ素晴らしいルートですね
東北の名峰が全て見えているのではないでしょうか  青空に雪渓が映えた稜線(登山道入り)の写真、ほれぼれしちゃいます。こういうシチュエーション、私大好きなんですよ。あ〜、和賀山塊に行きたいっ
そんな中の「ぼだっこのにぎりまま」もまた最高ですね。
羨ましいなあ、このルート。いつか行かねばなんねっすな
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/16 0:15
 横手盆地
todohLXさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうでした・・・今日は素晴らしい天気に恵まれました。
山登りのための天気でした。

鳥海山も綺麗で・・・横手盆地に浮いている???感じでした。
幻想的で・・・やっぱり鳥海山はすごいなーって感じました。

北側も岩手山から続く稜線が秋田駒ケ岳に続いて見えて・・・
一体の山脈に見えました。

土曜日は真昼でしたか。レコ楽しみにしています。
ありがとうございます。
あまり無理はできません。が・・・何とかお山に行きたいと思っています。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/16 0:22
 マイナー
meikenさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

シリース化ですか??? じゃあǸHK特集で・・・
次は「ニッコウキスゲの和賀岳」ですね。
そうですか・・・ありがとうございます。マイナーですからね。
今日のような登山日和に2人ですから・・・
この山域の人気のなさが・・・だから好きなんですが・・・

沢内から和賀岳へは高下林道からですね。
途中「和賀川」を徒渉します。まだ「雪しろ」水が出ますので・・・
融雪が落ち着いてからが適期かと思います。
私は片道15kmを歩いて、ニッコウキスゲを眺めに行こうと思っています。

ご心配いただき恐縮です。
ありがとうございます。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/16 0:27
 眺望の稜線
yo-sha さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

また、テーピングありがとうございました。
右足はだいぶ負担が軽減されたようです。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

そうでしょう・・・いいルートでしょう。
この稜線・・・お勧めですよ。静かにゆっくり歩くことができます。
この天気なのに・・・たった二人(一人は私ですから)

和賀山塊・・・シリース化に向けて頑張りますので、是非ご実家にお帰りの際は登ってみて、歩いてみてください。
自然の深さが違いますよ。当然「ぼだっこのにぎりまま」ですね。
登録日: 2013/8/1
投稿数: 387
2016/5/16 6:08
 ごくろうさまです
おはようございます。
テーピングをしてですか。
同乗できなかったら24kmも歩く予定だったんですね。
魅力的なルートなんでしょうね。
ご苦労様でした。
登録日: 2011/7/18
投稿数: 786
2016/5/16 7:05
 すばらしい稜線
最高の山登り日和でしたね 鳥海山がくっきり美しいです
人工林がほとんど見えない緑濃い稜線、しかも他にお一人しか会わない静かな山歩き、充実のロング縦走を満喫されましたね

秋田で一番いい季節だと思います。他県の方に秋田来訪をお勧めしたいですね
登録日: 2014/6/4
投稿数: 1110
2016/5/16 7:29
 無理は禁物ですよ(笑)
先日鳥海山の帰りに県道1号を経由して真昼岳:和賀岳:高下岳などの稜線を観ながらカンバックして来ました 素晴らしい稜線と残雪が綺麗で 思わず高畑登山口を探してから 帰路につきました
次回の為に・・・アキレス???周囲炎症ありゃりゃ〜〜〜

ダメですよ無理せずに・・・・周回しないで下さい(笑)
RSさん15kmぐらいにしておいた方が???
これからは気温も上がるので余力を・・・うさぎはRSさんが食べましたか?(笑)
クマタカ?イヌワシいいですね大自然間近で見たいです・・クマは遠慮して
山は最高ですよね・・足が少々痛くても行きたくなります

この周辺に出没今季はアタックします
登録日: 2012/2/19
投稿数: 376
2016/5/16 8:04
 気持ちの良い稜線歩きの雰囲気が伝わってまいります
750RSさん、おはようございます。
美しい和賀山塊の山々、ゆっくりと拝見させていただきました。
樹林帯のブナの新緑も良いですし、稜線からの残雪の山肌もとても美しいです。
12番の圧倒的な存在感の鳥海山、あんなに近くに見えるのですね。
昨年秋に自分が歩いた時はあいにくの天候で見ることができませんでしたが、次に行った時には是非見てみたいものです。
秋の紅葉も良いですがこの残雪の頃もいつかは訪れてみたいです。

あっそれからおまけ画像の水田の水面に映る逆さ鳥海山、良いですね。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/16 19:55
 テーピング
conan さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうなんですよ。yo-shaさんからテーピングの紹介がありまして使ってみました。
普段より良かったです。今回は右足のみでしたが、次は両足してみようかと思っています。

はい、同乗は予定外でしたので・・・・
計画では24km歩く計画でしたよ。

そうですね・・・私は好きなルートです。
湯沢からですと遠くありませんから・・・
一度歩いてみてください。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/16 20:00
 原生の山域
kamadam さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうですね。今年一番でしょうか・・・
いいお天気でした。

高下南峰から眺める鳥海山を期待していましたが・・・
期待以上に良かったです。

はい、原生の山域ですからね。
山も渓も深く、緑が濃く・・・自然が残っていますね。
それ以上に人がいませんし・・・人気が無いようです。

あんまり賑わっては・・・原生の雰囲気が壊れてしまいそうですが・・・
適度に登山者がいてくれたらうれしいですね。

この山容ならもっと登山者がいても良いはずなんですが・・・
みなさんどこへ登られているのでしょうか・・・
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/16 20:07
 弱肉強食
remu77さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうでしたか。鳥海への行き来はこちらを通られましたか。
県道から眺める白い稜線は良かったでしょう。
高畑口からですと・・・今回のような登山が良いですよ。

はい、加齢によるものですが・・・
医者からは歩きすぎと言われました。
そうですね。15kmいないなら大丈夫でしょう。

ウサギは今日あたりに猛禽の餌になっていると思います。
弱肉強食の自然界のサイクルですね。
私は肉食ではありませんので・・・(笑)

はい、この山域のすばらしさをもっとたくさんの皆さんに知ってもらいたいです。
クマも猛禽も・・・みんな仲間ですよ。
是非、アタックしてください。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/16 20:13
 鳥海山
swyn さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

和賀山塊の中でも最も良い景観・山容がこの領域かと思います。
特に根菅〜大荒沢のあいだが核心部ですね。

鳥海山は視界的に和賀岳の影響を受けない高下南峰から眺めるのが良いのですが、今回は予想以上にいい眺めでした。
横手盆地に浮かんでいましたよ。

秋は紅葉がすばらしいです。
これからは花の季節になります。
四季を通じていろいろな眺めが楽しめます。
是非・・・・お越しください。

おまけの鳥海山・・・
山形側からですが・・・いい眺めでしたよ。
秀麗無比なる『鳥海山』です。
登録日: 2012/11/18
投稿数: 230
2016/5/16 20:42
 和賀山塊いいですね
日本の山という感じでとてもいいですね。
今年は絶対、RSさんのレコを参考に行ってみたいと思います。
地元の山にやっとチャレンジできる力が付いたように過信している今日この頃
(笑笑)お疲れさまでした。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/16 22:35
 自然の度合い
marusoraさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうですね・・・日本の・・・東北の山でしょうか。
標高は低くても奥行がある・・・懐の深い山です。
自然の度合いが高く・・・最も原生に近い環境だと思っています。

marusoraさんの地元ですね。
この界隈・・・本当に良い山が多いのですが・・・
メジャーな山以外は人が少なく・・・
私的にはありがたい環境になっています。

地元のお山・・・是非、登ってみてください。
登録日: 2014/2/4
投稿数: 904
2016/5/17 4:48
 お天気いがったすなあ
森吉からも和賀山塊見えていたので、750RSさんいるだろうなあと思ったらほんとに登っていらしたとは!(苦笑)
和賀山塊は難易度でも上位にあたるので、その苦労した分の見返りは十分あるでしょうねえ。トウホクノウサギの真っ白な個体も草色だったら生き延びれたかも。クマタカ、イヌワシが絶滅してしまうだろうし、王者には王者としての苦労があるでしょうねえ。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/17 7:50
 難易度ランク
yousakuさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

そうでしたね・・・「お天気いがったんし」今年最高でしょう。
はい、マジに登っていましたよ。

いえいえ・・・難易度ランクがあるのかどうか(登山レベルはありましたが・・・)
わかりませんが、決して高いランクではないと思いますよ。
登山道もしっかりしています。

このコースの欠点は「水場」が無いこと、「避難小屋」が無いこと、「道標」・「山頂標識」が風化して用をなしていないこと・・・でしょうか。
私的には「味」があり、とてもいいのですが・・・
メジャーな山を登られている方には不満かもしれません。

トウホクノウサギはまだ白い「冬毛」でした。茶褐色(夏毛は茶褐色)の稜線では目立ったと思います。動物でさえ追いつけないスピードで春が通過しているのだと感じました。
弱肉強食の自然の節理・・・仕方ないですね。
登録日: 2012/10/6
投稿数: 95
2016/5/17 20:02
 一日違いで
750RSさんこんばんは
私が行った前日も良い天気でした
本当に気持ちの良いコースでしたね。

今度は私も周遊にチャレンジしてみようかと思いました
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/17 20:47
 周回コース
toppe1969 さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうでしたね。実は前日まで行先を迷っていたんですが・・・
toppe1969 さんのレコを拝見してこちらにした次第です。
参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

はい、このコースは本当に良いコースなんですが・・・
あのお天気でしたが、お山でお会いした方は1名という寂しい結果でした。
人気が無いのでしょうが・・・あまりにぎやかになるよりは私的にはありがたいです。

周回は朝の元気なうちに歩いてしまうのがいいかと思います。
今回、私が車を停めた場所は大丈夫ですが・・・
1台限定でした。
登録日: 2014/2/4
投稿数: 904
2016/5/18 4:31
 Re: 難易度ランク
750RS親分 トウホクノウサギの白いのは冬毛なんですね。勉強なります。
クマタカ等の猛禽類の飛翔はなかなか見ることが出来ませんが翼を広げ悠々と空を飛ぶあたりは圧巻です。約3メーター以上に見えます。
彼らは自然界の王者ではありますが、彼らとて優雅な飛翔の裏側には生き残る為の戦いがあるのでしょう。NHKのドキュメンタリーで見た事があるのですが
生まれた雛が育ち、空を飛ぶ時、既に王者としての風格があるのはDNAなんでしょうねえ。
登録日: 2012/10/6
投稿数: 95
2016/5/18 6:51
 Re: 周回コース
そうでしたか
なるほど、朝の元気なうちですね
どこかでお会いできたら、宜しくお願い致します
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/18 7:59
 クマタカ
yousakuさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
親分ですか・・・過分なお言葉ありがとうございます。(笑)

はい、ノウサギは一般的に毛が替わります。
今が一番、微妙な時期なのだと思います。
白でいく茶褐色でいくか・・・生死の境目ですからね。

クマタカ・・・あこがれの猛禽ですが・・・
実物は動物園と昔(40年以上前)、隣の山形県真室川町におられた鷹匠を見学に行ったときの鷹がクマタカだったと思います。
目つきは鋭く、特に強靱な足と爪の迫力に・・・圧倒されました。
秋田あたりではイヌワシよりもクマタカが猛禽類の頂点かもしれませんね。

頂点とはいえ、生存環境は厳しいでしょう。
人為的開発により生育環境は悪化する一方でしょうし・・・
餌となる動物も個体数が減っているでしょうし・・・

風格・・・体型といい、顔つきといい、DNAでしょうね。
クマタカが優雅に飛び回れる環境・・・
残していきたいですね。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/18 8:04
 皆さんのレコ
toppe1969 さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。


そうでしたよ。
toppe1969 さんのレコを拝見して気持ちが高下・根菅に傾きました。
焼石のツブ沼コースもいいなーって思っていましたが・・・
鳥海もいきたいのですが・・・
皆さんのレコを拝見するととても人が多そうなので・・・
「ひとごび」(はずかしがりや??)なので遠慮しました。(笑)

はい、どこかのお山で・・・・
楽しみにしています。

これから、出張です・・・。
登録日: 2012/10/8
投稿数: 1006
2016/5/19 0:38
 残雪が美しい
この季節は残雪、青空、新緑、花
全てが美しいですね
稜線歩きの気持ちよさをかんじます。

最後、どこのホテルかわかってしまった(^_^;)
遊佐鳥海、いつも私がつい写真撮っちゃう同じ場所ですね、きっと。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/19 23:30
 吹浦から眺める鳥海山
kimberlite さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
出張のため、返信が遅くなりました。

そうですね。
この時期は白、緑、空の青・・・このコントラスト
何とも言えませんね。

特にこの稜線は気持ちがいいです。
人もいなくて静かですし、自然の度合いが違います。

また、ニッコウキスゲの季節になりますよ。
和賀岳に行きませんか・・・
片道15キロですが・・・

そうですか・・・
あのホテルですよ。交差点の角にありますよね。
吹浦から眺める鳥海山・・・
長坂道を登り始めて・・・いい景色に見えてきました。
登録日: 2016/4/29
投稿数: 4
2016/5/22 20:16
 新緑がまぶしいですね。
クマに注意って、北海道だけでないんですね。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/22 21:46
 鳴り物
dotosan504 さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
はい、新緑が美しい時期になりました。

そうなんですよ。
内地でもクマの事故があります。
秋田県内ですが昨日は死亡事故がありました。
山菜採りの男性(70代)がクマに襲われて亡くなったようです。

この時期は子連れの母熊に注意が必要です。
私も5月3日に薬師岳の下りでクマに遭いました。
私より先にクマが回避行動をとってくれました。

やはり、鳴り物は大切です。
クマの責任ではありませんので・・・。
登録日: 2014/6/1
投稿数: 417
2016/5/23 23:30
 はじめまして、750RSさん
750RSさん、いつも拍手していただきありがとうございます。

本当にわかりやすい文章と美しい写真、それに超ロングコースを短時間で歩ける
走力に関心させていだだいていました。

途中足を痛めてから、復活するまでの間はいつ復活するのかなと
レコがアップされるのを長くおまちしていました。

今後ともレコと写真撮影を参考にさせていだきます。
それに、アキレス腱は私も切れる寸前までやったことがあり
1年近く和式トイレで苦労しました。

無理なさらず、「キネシオロジーテーピング」を使用して
レコアップよろしくお願いいたします。
テーピングは即効性があるので間違いなく効きます。
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1812
2016/5/24 21:18
 キネシオロジーテーピング
macky3 さん、こんばんは。
初めまして。そして、コメントありがとうございます。

いつもレコ拝見しております。
よろしくお願いします。

過分なお褒めのお言葉、ありがとうございます。
体力はありませんが持久力で・・・何とか。

ご心配をおかけいたしました。
なんとか復活しましたよ。
私のレコが参考になれば幸いです。

加齢による足腰のトラブルが続いています。
両足のふくらはぎは肉離れですし・・・
今回はアキレス腱の周囲炎ですし・・・
キネシオロジーテーピングで何とか頑張ってみます。

これからもよろしくお願いします。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ