ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 873158 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

甑岳(注意点あり)

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山jolibes
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

頂上より月山方面
2016年05月15日 12:25撮影 by ASUS_T00P, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上より月山方面
1
頂上より船形山
2016年05月15日 12:26撮影 by ASUS_T00P, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上より船形山
2

感想/記録

初めて登る山なので色々下調べはしたつもりが、やはり足りない点が多々あった 思うので反省の意味と、これから登る人への情報提供 の為記録する事とする。以下は あくまで個人の私見である事をお断りします。

幕井貯水池下の右手に車が3台は停められるスペースがあり駐車 。この上の林道を登った所は駐車スペースが2、3台との情報を目にしていたので、今からの時間では無理と思い、ここに停めた。これがまさかの誤算。

林道を入って少しの所に既に何台か駐車してはあったが、まだ停められそうな感じではあった。しかし先を急ぐ。

登山の内容は割愛して下山すると、車に張り紙が❗なんと、私有地につき駐車料金2000円払えと!!そんな表示は来た時気づかなかったが、今見ると奥の方に小さい表示が置いてある、はっきり言って入口になければ誰も気づかないだろう!!

近くにいた草刈している、おそらく所有者に声をかけ事情を話す。彼の言い分は以下の通り。
・ここは自分の土地で普段から無断駐車で迷惑している。
・上の林道に駐車スペースが少ないのも承知している。自分も村山市にもっと駐車場を整備するよう要望している。
・砂防工事の為本来は上の林道の駐車場も停めてはいけないので、みんな東沢公園に停めている。しかしバラまつり期間等はそれもきびしいだろうとは思う。
・2000円は確かに高いとは思うので時間換算して1000円で良い。
こちらにも言い分はあったが面倒になるのも嫌でとりあえず1000円を払い(一時間250円と言うことになる)その場を後にする。

最初から林道を入った所の駐車場に停めれば何も問題なかった。しかし場所が狭いだろうから無理だろうと思っていたのだ。地元の人はこの私有地の事は口コミ等で知っているだろうから、この駐車場詐欺まがいに引っ掛かるのは他県人ぐらいなのだろう。車で行く人は充分注意してほしい。無断駐車禁止の表示は奥のわかりにくい所にあり、まずほとんどの人が気づかない、がこれも所有者の思惑通りなのであろう。

確かに無断駐車自体は問題があると思うので、自治体もきちんと表示をすべきだ 。しかし登山者より砂防工事の方が重要らしく今年も10月から幕井コースは登山禁止となる。登山客よりバラまつりの方が大事なのだろうか。どちらも有用な観光資源ではないのか?関係者各位はご一考願いたく思う。

追記:無断駐車の表示であるが、朝の時点ではなかったと思っている。同時刻に停めた他の男性もいたし、同行者も何人もいて誰一人見たものがいないからだ。つまり後から表示を置いたという疑惑がある。またこの場所がルート案内板のすぐ近くにあり、所有者も熱心に草刈りをしていた様子から、いかにも登山者用駐車場と錯覚させるには充分な条件と言える。とにかく登山者が不愉快な思いをしないよう、自治体はルート案内の他に駐車スペースの明示、コースが登山可能か砂防工事との兼ね合いを分かりやすく掲示するべきだ。東北百名山という事は各地から登山者が来ると言う事なのだから。


訪問者数:417人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ