ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 873170 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳と硫黄岳 本沢温泉ベースで

日程 2016年05月14日(土) 〜 2016年05月15日(日)
メンバー monkichikun, その他メンバー3人
天候14日(土)曇り、15日(日)晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
本沢入口駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
5時間0分
休憩
4時間40分
合計
9時間40分
本沢温泉05:2006:25山びこ荘06:4007:30硫黄岳08:4009:20ヒュッテ夏沢09:3510:10本沢温泉野天風呂10:25本沢温泉13:1513:20本沢温泉方面分岐(みどり池方面分岐)14:10ゲート前登山口(4WD駐車場)14:2015:00本沢入口(本沢温泉登山口)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
いよいよテント泊の本格シーズン到来、ということでいつもの仲間と計画を練る。
最初は北八ヶ岳の双子池が候補に挙がったが大河原峠の開通が不明なのとヒュッテの営業自体6月からなため却下。
次に白駒池と本沢温泉が候補に挙がり天狗岳に登ることを切望するメンバーがいたので本沢温泉に決定。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル テント 寝袋 マット カメラ 簡易アイゼン

写真

体感重量18kgくらい
2016年05月14日 05:18撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体感重量18kgくらい
1
しばらく平坦な道を行く
2016年05月14日 05:41撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく平坦な道を行く
スミレ
2016年05月14日 05:48撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スミレ
1
1時間ちょっとかかりゲート
2016年05月14日 06:28撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ちょっとかかりゲート
富士山は見えない富士見平
2016年05月14日 06:46撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は見えない富士見平
地味に標高を上げていく
2016年05月14日 07:07撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地味に標高を上げていく
2
白樺の森
2016年05月14日 07:13撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺の森
1
水芭蕉の花が咲いていた
2016年05月14日 07:34撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水芭蕉の花が咲いていた
2
本沢温泉キャンプ場に到着
2016年05月14日 07:35撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本沢温泉キャンプ場に到着
幕営の受付をし
2016年05月14日 07:48撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幕営の受付をし
各自テントを設営する
2016年05月14日 08:14撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
各自テントを設営する
2
画伯に似顔絵を描いて頂く
2016年05月14日 08:46撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
画伯に似顔絵を描いて頂く
4
設営が終わって山の準備
2016年05月14日 08:59撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
設営が終わって山の準備
初日の山行スタート
2016年05月14日 09:07撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初日の山行スタート
1
ミドリ池経由で天狗岳へ
2016年05月14日 09:17撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミドリ池経由で天狗岳へ
たまに倒木あり
2016年05月14日 09:40撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに倒木あり
原始の森
2016年05月14日 09:42撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
原始の森
トロッコのレール跡
2016年05月14日 09:58撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トロッコのレール跡
ミドリ池に到着
2016年05月14日 10:01撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミドリ池に到着
スケッチしてみる
2016年05月14日 10:15撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スケッチしてみる
3
半年ぶりのしらびそ小屋
2016年05月14日 10:17撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半年ぶりのしらびそ小屋
2
小屋の前から天狗岳
2016年05月14日 10:17撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の前から天狗岳
1
標高2097m
2016年05月14日 10:19撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2097m
中山峠へ向かう
2016年05月14日 10:26撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠へ向かう
ひたすら登っていくと
2016年05月14日 10:59撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら登っていくと
中山峠に到着
2016年05月14日 11:20撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠に到着
ガスが濃くなってきた
2016年05月14日 11:37撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが濃くなってきた
天狗岳双耳峰
2016年05月14日 11:41撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳双耳峰
東天狗への稜線
2016年05月14日 11:58撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗への稜線
登山道わきには雪が残る
2016年05月14日 12:07撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道わきには雪が残る
山頂と思った天狗の鼻
2016年05月14日 12:17撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂と思った天狗の鼻
2
それなりに険しい
2016年05月14日 12:26撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それなりに険しい
1
東天狗は一旦スルーし
2016年05月14日 12:34撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗は一旦スルーし
西天狗岳へ
2016年05月14日 12:36撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳へ
3
もうすぐ
2016年05月14日 12:48撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ
西天狗岳山頂
2016年05月14日 12:50撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳山頂
7
今度は東天狗岳へ
2016年05月14日 13:09撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は東天狗岳へ
1
もうすぐ
2016年05月14日 13:19撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ
6
東天狗岳山頂
2016年05月14日 13:22撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂
8
最高地点に立ってみる
2016年05月14日 13:25撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高地点に立ってみる
5
さて下山
2016年05月14日 13:28撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて下山
1
硫黄岳の頭は雲隠れ
2016年05月14日 13:33撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳の頭は雲隠れ
1
白砂新道を下る
2016年05月14日 13:43撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂新道を下る
ザレて足場は良くない
2016年05月14日 13:50撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレて足場は良くない
たまに残雪もあり
2016年05月14日 13:52撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに残雪もあり
1
本沢温泉に帰着
2016年05月14日 15:00撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本沢温泉に帰着
お風呂に寄っていく
2016年05月14日 15:06撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お風呂に寄っていく
テン場に戻り宴会スタート
2016年05月14日 16:28撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場に戻り宴会スタート
こんな感じで宴は続く
2016年05月14日 17:50撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで宴は続く
時折空を見上げる
2016年05月14日 18:16撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折空を見上げる
1
そろそろ寝ることに
2016年05月14日 20:15撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ寝ることに
SUNDAY MORNING
2016年05月15日 04:25撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
SUNDAY MORNING
朝ラーメン
2016年05月15日 04:42撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝ラーメン
4
テン場からサンライズ
2016年05月15日 05:20撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場からサンライズ
1
日差しが山を照らしていく
2016年05月15日 05:23撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しが山を照らしていく
1
この日は硫黄岳へ
2016年05月15日 05:41撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は硫黄岳へ
石楠花の道を抜け
2016年05月15日 05:42撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石楠花の道を抜け
九十九折に標高を上げて
2016年05月15日 05:46撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九十九折に標高を上げて
夏沢峠に到着
2016年05月15日 06:25撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢峠に到着
森林限界を越え
2016年05月15日 07:15撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を越え
振り返ると天狗岳の姿
2016年05月15日 07:16撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると天狗岳の姿
2
そして山頂へ
2016年05月15日 07:33撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして山頂へ
1
硫黄岳2760m
2016年05月15日 07:34撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳2760m
3
山頂で記念撮影
2016年05月15日 07:35撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で記念撮影
8
行けるとこまで行ってみる
2016年05月15日 07:41撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行けるとこまで行ってみる
しばらく行くと行止まり
2016年05月15日 07:50撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく行くと行止まり
なので戻る
2016年05月15日 07:54撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なので戻る
横・赤・中・阿弥陀
2016年05月15日 07:59撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横・赤・中・阿弥陀
3
小さな小屋があった
2016年05月15日 08:02撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな小屋があった
雲海越しに日本アルプス
2016年05月15日 08:38撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海越しに日本アルプス
1
十分休んだので下山する
2016年05月15日 08:40撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十分休んだので下山する
崩落個所
2016年05月15日 08:45撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落個所
地獄のぞき
2016年05月15日 08:48撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄のぞき
3
夏沢峠から見た硫黄岳
2016年05月15日 09:27撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢峠から見た硫黄岳
1
雲上の湯に立ち寄る
2016年05月15日 10:12撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲上の湯に立ち寄る
1
入浴してないが眺めは最高
2016年05月15日 10:14撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入浴してないが眺めは最高
本沢温泉に到着
2016年05月15日 10:24撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本沢温泉に到着
1
出発は2時間半後なので
2016年05月15日 10:29撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発は2時間半後なので
1
ゆったりとブランチ
2016年05月15日 10:47撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆったりとブランチ
5
そろそろテントを撤収
2016年05月15日 12:00撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろテントを撤収
いよいよ本当の下山
2016年05月15日 13:42撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ本当の下山
下界が見えてきた
2016年05月15日 13:50撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界が見えてきた
山菜、取ったらダメよ!
2016年05月15日 14:51撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山菜、取ったらダメよ!
2
本沢温泉入口駐車場に到着
2016年05月15日 14:56撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本沢温泉入口駐車場に到着
2
小淵沢の温泉に立ち寄り
2016年05月15日 17:11撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小淵沢の温泉に立ち寄り
2
電車で帰路に着く
2016年05月15日 18:20撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電車で帰路に着く
3

感想/記録

前夜茅ヶ崎駅で乗り合わせ深夜2時すぎに本沢入口駐車場に到着、少し仮眠。
夜が明けた気配に目を覚まし簡単な食事を済ませ5時20分頃本沢温泉に向かう。
1時間ほど歩いた先のゲートまでは車で行けるらしいがかなりの悪路だという噂。
余裕がない行程でもないので今回はおとなしく歩いて行くことにする。

ほぼ予定どおりの時間でゲートに到着、ここからは緩やかに標高を上げていく。
富士見平という場所があったが曇っていて富士山の姿を拝むことはできなかった。
7時半頃に本沢温泉に到着、一番乗りで場所を選び受付を済ませてテントを設営。
今回は4人ともモンベルのテント、そのうち3人はクロノスドームというモデル。
設営を済ませたら、ミドリ池と中山峠を経由するルートで天狗岳を目指すことにする。
ミドリ池へ続く苔の森が屋久島に似ているという話題になるが…自分は行ったことない…
ほどなくしてミドリ池に到着、池と稲子岳をスケッチをしてみるがうまくいかない。
筆ペンに慣れてないせいかもしれないので次回はボールペンを試してみようと思う。
しらびそ小屋の前でこれから登るべく天狗岳の姿を拝んで中山峠を目指す。
中山峠からは尾根歩き、尾根の進行方向左側は抉れる様に切り立っていた。
昨年の同時期には中山峠から天狗岳までそれなりに残雪があり踏み抜きに苦労した。
今回は登山道には全く雪がなく傍らに残っているのを時々見るくらいのもの。
午前中よりガスが濃くなってきて天狗岳の双耳峰も見えたり隠れたりしている。
いよいよ東天狗岳山頂かと思ったら天狗の鼻だったという事実に悪態をつく人が約一名。
今度こそ本当に東天狗岳だったが山頂に行く前に西天狗岳の方に先に行く事にする。
西天狗岳山頂はそこそこ広く悪態をついてた彼はピークらしくないと再び文句をつける。
東天狗岳山頂に着くと、これこそ俺が求めていたピークと言い小高い岩に登っていった。
根石岳には行かずに白砂新道から本沢温泉に下りるのだが道はあんまり良くない。
長い下りを終えて本沢温泉に到着、テン場に戻る前に温泉に入っていくことにする。
さほど熱くない湯に20分間程度の入浴だったが湯船から出たら湯当たりで動けなくなる。
PH6.9の硫黄泉恐るべし、あと5分間浸かってたら本当に倒れていたかもしれない。
テン場に戻り宴会開始、山や海の予定、オヂサンも山ガールを目指したい、など話は尽きず。
深夜目を覚ましたらテントの中で照明を点けたまま寝袋にも入らずに眠っていた。

翌朝4時20分に起こされる、実は4時出発の登山命令を出したのは他ならぬ自分自身。
昨晩ワインを2リットル以上は飲んだのでいささか酒が残っているし兎に角眠い。
それなのに何故かみなさん着々と用意を進めているので渋々準備を始め朝食を頂く。
予定より1時間20分遅れて登山スタート、森林越しに朝陽が差して山を黄色く染める。
樹林帯越しに硫黄岳を眺め九十九折の道沿いに標高を上げていくと夏沢峠に到着。
峠で少しばかり休憩し、硫黄岳に向かうとすぐ森林限界を越え岩の登山道に変わる。
山頂は見えてから長いという法則はここでも当てはまり1時間弱かかって硫黄岳山頂。
記念撮影した後さらに奥の方へ行ってみるが特にこれといったものはないまま行止まり。
過去に4回くらい硫黄岳に訪れたときには常に強風が吹き荒れていたが今回は初の無風。
軽食をとったりスケッチしたり新ネタギャグを披露されたりゆったり休憩して下山開始。
夏沢峠で少し休憩をとり途中の本沢温泉の雲上の湯に立ち寄ってテント場へ戻った。
余った食材とお酒で山の余韻を楽しみつつも徐々に撤収作業をし13時15分頃下山開始。
清々しいが道のりだが特別なイベントもなく駐車場に到着し小淵沢駅まで送ってもらう。
途中スパティオ小淵沢に寄って延命の湯に入浴してから帰った。

エピローグ
皆と別れた後電車の乗り換えのとき足がもつれ停車中の電車車体に頭から激突した。
額にたんこぶを作り眼鏡を紛失、両膝には打撲と擦り傷を負い5/19現在まだ腫れている。
車内で飲んだ3本目のビールのせいとも思われるが因果関係は不明。
訪問者数:502人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ