ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 873292 全員に公開 ハイキング大峰山脈

オオミネコザクラ咲く稲村ヶ岳

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ごろごろ茶屋有料駐車場を利用(1000円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間50分
休憩
57分
合計
4時間47分
Sごろごろ茶屋09:5109:55母公堂09:5710:39法力峠10:4011:27山上辻11:2811:41大日山12:0312:15稲村ヶ岳12:4212:51大日山12:5413:17稲村小屋13:17山上辻14:03法力峠14:0414:35母公堂14:38ごろごろ茶屋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

オオミネコザクラ目当てに稲村ヶ岳へ。ごろごろ茶屋を出発し、ひと歩きで母公堂に達すると、ここから登山道に入ります。
2016年05月15日 09:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオミネコザクラ目当てに稲村ヶ岳へ。ごろごろ茶屋を出発し、ひと歩きで母公堂に達すると、ここから登山道に入ります。
1
ほどなく五代松鍾乳洞を経て上がってきた道と合流すると、ホウチャクソウや、
2016年05月15日 10:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく五代松鍾乳洞を経て上がってきた道と合流すると、ホウチャクソウや、
2
コアジサイの蕾を見ながら進みます。
2016年05月15日 10:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コアジサイの蕾を見ながら進みます。
ヤマシャクヤクの蕾もありました。
2016年05月15日 10:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマシャクヤクの蕾もありました。
2
観音峯山経由の道が合わさる法力峠を過ぎると、
2016年05月15日 10:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音峯山経由の道が合わさる法力峠を過ぎると、
ほどなく、頭上を紅く彩るのは、
2016年05月15日 10:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく、頭上を紅く彩るのは、
2
ヤマツツジです。
2016年05月15日 10:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジです。
2
桟道をいくつも伝って、尾根の中腹を絡むようにして登ります。
2016年05月15日 10:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桟道をいくつも伝って、尾根の中腹を絡むようにして登ります。
2
何とかスミレや、
2016年05月15日 11:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とかスミレや、
ユキザサを見送り、
2016年05月15日 11:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユキザサを見送り、
カエデ類の新緑の中を通り抜けると、
2016年05月15日 11:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエデ類の新緑の中を通り抜けると、
1
ミヤマシキミの群生に出迎えられます。緩やかな登りをしばらく続け、崩壊した桟道の脇を通過すると、
2016年05月15日 11:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマシキミの群生に出迎えられます。緩やかな登りをしばらく続け、崩壊した桟道の脇を通過すると、
1
稲村小屋が建つ山上辻に達します。 休まずにそのまま先に進むと、
2016年05月15日 11:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村小屋が建つ山上辻に達します。 休まずにそのまま先に進むと、
1
苔むした切り株に咲くのはワチガイソウ。
2016年05月15日 11:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした切り株に咲くのはワチガイソウ。
3
丈の短い笹が敷き詰められた尾根道を進んでいくと、大日山の鋭鋒を視界に捉えます。
2016年05月15日 11:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丈の短い笹が敷き詰められた尾根道を進んでいくと、大日山の鋭鋒を視界に捉えます。
1
大日山の基部では、発色鮮やかなシャクナゲが咲き始めています。
2016年05月15日 11:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日山の基部では、発色鮮やかなシャクナゲが咲き始めています。
2
大日山東面のトラバース路に差し掛かると、
2016年05月15日 11:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日山東面のトラバース路に差し掛かると、
いよいよ、お目当てのオオミネコザクラとのご対面です。
2016年05月15日 11:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ、お目当てのオオミネコザクラとのご対面です。
4
昨年訪れた際には盛りを過ぎ、手の届かない位置に咲く花を遠目に眺めるしかなかっただけに、間近に望むオオミネコザクラに感慨もひとしおです。
2016年05月15日 11:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年訪れた際には盛りを過ぎ、手の届かない位置に咲く花を遠目に眺めるしかなかっただけに、間近に望むオオミネコザクラに感慨もひとしおです。
3
こちらはアップで。
2016年05月15日 11:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはアップで。
2
頭上を仰ぐと、岩壁の至るところに可憐な花を咲かせています。
2016年05月15日 11:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭上を仰ぐと、岩壁の至るところに可憐な花を咲かせています。
4
キレットの分岐から大日山に向かいます。高度感のある岩壁に架けられた桟道や梯子を伝って、
2016年05月15日 11:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットの分岐から大日山に向かいます。高度感のある岩壁に架けられた桟道や梯子を伝って、
1
大日山の頂上に達します。
2016年05月15日 12:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日山の頂上に達します。
3
灌木越しに望む稲村ヶ岳の右奥には、弥山が存在感を見せています。
2016年05月15日 12:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木越しに望む稲村ヶ岳の右奥には、弥山が存在感を見せています。
2
キレットを彩るミツバツツジ。
2016年05月15日 12:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットを彩るミツバツツジ。
ミヤマカタバミを見つけながら、鎖が張られた急坂を登って、
2016年05月15日 12:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマカタバミを見つけながら、鎖が張られた急坂を登って、
1
稜線上の御殿屋敷に達すると、頂上は目と鼻の先です。
2016年05月15日 12:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上の御殿屋敷に達すると、頂上は目と鼻の先です。
1
ひと登りで稲村ヶ岳の頂上に到着。雲が多めで遠望は利きませんが、まずまずの眺め。
2016年05月15日 12:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひと登りで稲村ヶ岳の頂上に到着。雲が多めで遠望は利きませんが、まずまずの眺め。
2
東方には、山上ヶ岳から大普賢岳にかけての稜線を眺め、
2016年05月15日 12:22撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東方には、山上ヶ岳から大普賢岳にかけての稜線を眺め、
1
目を転ずると、南方の弥山から、西方の奥高野の山々を経て、北西の金剛・葛城山系までぐるりと見渡します。
2016年05月15日 12:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目を転ずると、南方の弥山から、西方の奥高野の山々を経て、北西の金剛・葛城山系までぐるりと見渡します。
1
頂上を後にすると来た道を引き返します。ムシカリを眺めながら下り始め、
2016年05月15日 12:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上を後にすると来た道を引き返します。ムシカリを眺めながら下り始め、
1
大日山を眺めながら急坂を下ります。
2016年05月15日 12:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日山を眺めながら急坂を下ります。
1
キレットでは、ミツバツツジが青空とコントラストを見せています。稲村小屋の前でひと息ついてから、
2016年05月15日 12:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットでは、ミツバツツジが青空とコントラストを見せています。稲村小屋の前でひと息ついてから、
1
往路を下っていくと、マンモスの木の手前で見つけたのは、先行者の方に教えていただいたイチョウラン。
2016年05月15日 13:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路を下っていくと、マンモスの木の手前で見つけたのは、先行者の方に教えていただいたイチョウラン。
3
さらに法力峠を過ぎ、往路でヤマシャクヤクの蕾を見かけたあたりで周囲を窺うと、杉林の斜面に咲くクリーム色の花を見つけます。
2016年05月15日 14:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに法力峠を過ぎ、往路でヤマシャクヤクの蕾を見かけたあたりで周囲を窺うと、杉林の斜面に咲くクリーム色の花を見つけます。
2
それはまごうことなきヤマシャクヤクの花。オオミネコザクラだけではなくヤマシャクヤクにも出会えて満足のいく結果となりました。
2016年05月15日 14:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それはまごうことなきヤマシャクヤクの花。オオミネコザクラだけではなくヤマシャクヤクにも出会えて満足のいく結果となりました。
2
撮影機材:

感想/記録

オオミネコザクラを訪ねて稲村ヶ岳へ。寝坊したうえ忘れ物までして出発が遅くなってしまったため、母公堂からの往復コースとしました。見ごろのオオミネコザクラを鑑賞し、まずは目的を達成。その後頂上でお会いした方に聞いた観音峯山のヤマシャクヤクに心惹かれるも、今回は時間的余裕がないのでまたの機会に譲ることとし、大人しく往路を戻ることに。それでも帰路ではイチョウランに続いてヤマシャクヤクの花を見つけることができ、満足のいく結果となりました。
訪問者数:285人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ