ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 873355 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走磐梯・吾妻・安達太良

磐梯山(裏磐梯スキー場から)

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー katsuki123
天候快晴、微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
裏磐梯スキー場に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

[8:00]裏磐梯スキー場発
[8:45~9:20]噴火口下台地
[10:15~10:30]弘法清水小屋
[11:00~11:30]peak
[11:45~12:05]弘法清水小屋
[13:20]裏磐梯スキー場 下山
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

スキー場から見える噴火口とその背後にそびえる磐梯山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場から見える噴火口とその背後にそびえる磐梯山。
2
スキーコース屈曲部から噴火口方面の夏道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーコース屈曲部から噴火口方面の夏道に入る。
磐梯山裏の顔。圧倒的な岩壁が磐梯〜櫛ヶ峰とその裾野まで広がる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
磐梯山裏の顔。圧倒的な岩壁が磐梯〜櫛ヶ峰とその裾野まで広がる。
1
噴火口の急登。この先の階段を直登する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴火口の急登。この先の階段を直登する。
1
急登の途中で振り返って。飯豊山が白く浮かんでいる。まだスキーできるのかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登の途中で振り返って。飯豊山が白く浮かんでいる。まだスキーできるのかな。
2
急登が終わると櫛ヶ峰の崖が目の前に迫る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が終わると櫛ヶ峰の崖が目の前に迫る。
2
磐梯山の横顔。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
磐梯山の横顔。
1
peakの磐梯明神。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
peakの磐梯明神。
2
peakから望む猪苗代湖。空も猪苗代湖も青い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
peakから望む猪苗代湖。空も猪苗代湖も青い。
3
下山途中で振り返って。赤沼を超えたあたりに倒木あり。通過するのに特に苦労することはない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中で振り返って。赤沼を超えたあたりに倒木あり。通過するのに特に苦労することはない。
スキー場トップにある磐梯山の歴史を記した看板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場トップにある磐梯山の歴史を記した看板。
湖を眺めてスキー場を下る。夏も冬もスキー場は下るものだ。スキー場の登りは暑いだけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖を眺めてスキー場を下る。夏も冬もスキー場は下るものだ。スキー場の登りは暑いだけ。

感想/記録

 磐梯山には表の顔と裏の顔があるらしい。夏も冬も猪苗代から表の顔は拝見したので、今回は夏山装備の使用確認も兼ねて裏の顔を拝みに行くことにした。

 入山は裏磐梯スキー場から。スキーコースを登り、屈曲部にある噴火口方面への分岐(看板)から夏道に入る。はじめはうっそうとしているが徐々に開けてきて、1159からはドンとそびえる岩壁を正面に見据えたガレた台地に出る。端から端まで大きく崩れた噴火口は圧倒的だ。
 台地の踏み跡は不明瞭だが、東側のロープを伝って歩くと岩に赤ペンキの矢印があり、夏道への復帰口がわかる。これを確認してから、周辺を散策した。意外なところに踏み跡があり、その先がどうなっているか気になったが、深追いはやめた。
 噴火口の登りは磐梯山-丸山のコルに出るまで急な登りで、崖沿いは階段と柵の整備された道を直登する。ここは柵を掴んで上りたくなるが、すっぽ抜けると下まで転げ落ちるだろう。コルに着くと櫛ヶ峰の崖が間直に迫る。各方面への分岐を超えて弘法清水小屋を経由して磐梯山peakへ。この日は快晴で、雪の残る飯豊山が白く浮かんで見えた。
 昼飯を腹に入れて引き返す。帰りは銅沼経由にするつもりだったので、八方台への夏道から分岐して行った。分岐を曲がってすぐの下りは雪解け水が流れるためか、ぬかるんでいた。銅沼はチラ見してスキー場に下山。車は8台くらい停まっていた。他の登山口より少ないのだろう。

 それにしても表磐梯・裏磐梯とはよく言ったものだ。火山の雰囲気をにおわせつつもたおやかな面を見せる表とダイレクトに突き付けてくる裏で様相がだいぶ違う。磐梯山を実感するなら裏が良い。冬の裏磐梯にも期待。
訪問者数:544人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 コル 倒木 直登 ガレ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ