ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 873534 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

GW 尾瀬 至仏山

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー youji46
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
2時間30分
合計
6時間0分
S鳩待峠06:0008:30オヤマ沢田代09:0009:00小至仏山10:00至仏山11:0011:00小至仏山12:0011:30オヤマ沢田代11:30鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
CTはアバウトです。
コース状況/
危険箇所等
トレースなし
その他周辺情報帰りのお風呂は、望郷の湯
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

鳩待峠 積雪30cm程度 始発の乗合タクシーで到着しましたが、みんな様子見してます・・・行くか、諦めるか。。そんな中3人組パーティーが先行して歩き出したので、その後をついていきます。
2016年04月30日 05:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠 積雪30cm程度 始発の乗合タクシーで到着しましたが、みんな様子見してます・・・行くか、諦めるか。。そんな中3人組パーティーが先行して歩き出したので、その後をついていきます。
お馴染みの標識にも着雪
2016年04月30日 05:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お馴染みの標識にも着雪
登り始め、前に1パーティーのみ
2016年04月30日 06:29撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始め、前に1パーティーのみ
オヤマ沢田代を抜けた辺りの登り
2016年04月30日 08:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマ沢田代を抜けた辺りの登り
小至仏山のトラバース取り付き
2016年04月30日 09:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小至仏山のトラバース取り付き
何故か、前を行く全員が小至仏山へ登り、夏道を歩くためそれに倣いました^^; トラバースへ行くと自分でラッセルしなきゃいけないので・・・
2016年04月30日 09:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何故か、前を行く全員が小至仏山へ登り、夏道を歩くためそれに倣いました^^; トラバースへ行くと自分でラッセルしなきゃいけないので・・・
夏道で進みます。
2016年04月30日 09:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道で進みます。
CTより1時間オーバーで到着しました。
2016年04月30日 10:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
CTより1時間オーバーで到着しました。
下山はトラバースで行こうと20mほど進みましたが、膝までのラッセルになるので断念してまた夏道へ
2016年04月30日 10:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はトラバースで行こうと20mほど進みましたが、膝までのラッセルになるので断念してまた夏道へ
やはり下山時に登ってくる人も、トレースに導かれて小至仏山目指して登ってきます。
2016年04月30日 11:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり下山時に登ってくる人も、トレースに導かれて小至仏山目指して登ってきます。
少し晴れてきました。
2016年04月30日 11:35撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し晴れてきました。
撮影機材:

感想/記録

前夜入りし、鳩待峠の駐車場まで行く予定で深夜1時頃に峠道を進みましたが、吹雪のような状況で、ノーマルタイヤではゲート付近までしか行くことができませんでした。仕方なく夜中に引き返し、尾瀬戸倉の駐車場で朝まで待ったものの、集まったタクシーの運転手さんも「もしかしたら行かれないかも・・・」と弱腰・・・
それでもスタッドレス装着の4WDタクシーで先陣をきって出発。。
なんとか鳩待峠まで到着するも、横殴りの降雪状態で、皆、行くか諦めるか躊躇する状況。。
ここで10分ほど推敲していたところ、3人組のパーティーが出発したので、その後を追って2番手で出発!膝ほどの積雪で、3人がつけたトレースのみの状況で3人にすぐ追いつきます。。ここからは、3人組と交代でラッセルしながらテープだけ頼りに進みました。
この日は全国的に荒れたようで、北アでは多数の遭難者が出ていたみたいです。
春山とナメずに冬装備をしてきて正解な山行でした。
訪問者数:34人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

山行 吹雪 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ