ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 873739 全員に公開 ハイキング丹沢

新緑とユーシンブルーを観ながら 玄倉→ユーシン渓谷→同角山稜→檜洞丸→西丹沢自然教室

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー satotake
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】
 JR線(中央線・横浜線) 日野駅5:19→八王子5:35→町田駅6:01
 ⊂田急線 町田駅6:06→新松田駅6:51
 I抻竜涵兎逎丱后蔑彁便) 新松田駅6:55→玄倉7:40

※西丹沢行きのバスは、新松田駅北口の1番乗り場から出発します。今日は気候の良い5月の日曜日。北口に到着すると既に臨時便バスが停車していました。始発バス停だからか、「suica、PASMOは乗車時にタッチせず、下りる時だけタッチして。」と案内されます。

※富士急湘南バス(新松田駅時刻表)
 http://www.fujikyu.co.jp/syonan/rosen_time/time01_h.html

【復路】
 西丹沢自然教室から、新松田駅行のバスに乗車しました。時刻表は上記を参照願います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

玄倉7:45→玄倉第一発電所7:55→林道ゲート8:20→境隧道8:35→新青崩隧道8:45→石崩隧道8:55→玄倉ダム9:00→9:40ユーシンロッジ9:50→大石山10:45→石小屋ノ頭11:20→同角ノ頭11:55→13:00檜洞丸13:30→ゴーラ沢出合14:30→ツツジ新道登山口15:00→西丹沢自然教室15:05  【歩行時間:6時間40分】
コース状況/
危険箇所等
【玄倉→ユーシンロッジ】
 玄倉(くろくら)バス停は、丹沢湖畔に建つ玄倉商店の正面にあります。マイカー利用者が玄倉に駐車する場合は、こちらに申し出をしましょう。1日500円で利用が可能です。
 ここからは、丹沢湖沿いに玄倉林道を目指します。左手に玄倉川橋が見えてきますが、ここは渡らずに直進して奥に進みます。間もなく見えてくるのが玄倉第一発電所。この脇を通過して林道を緩やかに登っていきます。
 小川谷出合の分岐を右(川は渡りません)へ進むと、その先に駐車場が見えてきます。ここは正確には広場(私有地)であり駐車場ではないそうですが、本日は20台ほどが駐車していました。所有者のご好意で使用させていただけるようです。広場から先の林道にはゲートが設けられており、一般車両は通行できません。
 この先、隧道(トンネル)が多数現れます。中でも新青崩隧道(しんあおざれずいどう)は300m余と距離が長く、照明設備が無いうえに中で右左と道が曲がっているため、ヘッデンや懐中電灯などが無いと通行できません。
 石崩隧道の先は、玄倉第二発電所があり、ここでは川水がエメラルドグリーンに見える有名な「ユーシンブルー」を眺めることができます。
 雨山峠への登山口が見えると、ユーシンロッジは間もなく。玄倉林道と別れて川を渡り、5分程歩いた場所に休止中のユーシンロッジがあります。

【ユーシンロッジ→同角山稜→檜洞丸】
 同角山稜へは、ユーシンロッジ建物を右手に見ながら脇に抜けると鉄製の橋があるので、ここを渡っていきます。渡り切ると大石山への急登に取り付きます。ここから同角ノ頭までは、急登・痩せ尾根歩き・鎖や梯子の繰り返しになります。
 大石(花崗岩の大岩)は、大石山の直下にあり、上に登ることができます。ここからの眺めは格別でした。大石山山頂にはベンチがあり、丹沢主稜線の眺望も素晴らしいです。
 ここからはアップダウンを経て石小屋ノ頭に至ります。前方には更に大きな同角ノ頭が見えます。足元に注意しながら比較的大きく下り、ザンザ洞キレットの木製橋を越えると、ここからは大きな登り返し。途中にザレ場があり景色を楽しむことができます。同角ノ頭は名前からは鋭い岩峰をイメージしてしまいますが、広い山頂にベンチが設けられています。
 ここからまた大きく下ります。この辺りからは丹沢特有の木道も現れ、気分の良い尾根道が見えるのですが、その先は足場の悪い急降下を経て、再び登り返し。疲れた足にはつらい場所です。
 石棚山方面の分岐を過ぎると、長い木製階段の登りを経て、ようやくツツジ新道分岐が現れます。山頂はすぐ先。緩やかに木道を登ると広い檜洞丸のピークに到着します。

【檜洞丸→ツツジ新道→西丹沢自然教室】
 分岐まで戻ると、右に折れてツツジ新道へと入ります。上部は木製階段や梯子などがあるのですが、間もなく岩ゴロの歩きにくい急坂下りとなります。一部段差の大きな場所などがあり、足元には十分注意したいです。一方、この時季は見上げるとシロヤシオの花が沢山咲いていて、目を楽しませてくれます。皆さん、写真撮影をしていました。
 ゴーラ沢出合で渡渉すると、急斜面の中腹につけられた土のトラバース道を歩いて行きます。沢は遥か下に見えます。右に90度カーブすると沢へと下降し、林道と出合うと左に折れて5分も歩けば西丹沢自然教室に到着します。

【全体的に】
 玄倉林道は、左手の数十m下に渓流を見ながら歩きます。距離は長いのですが、隧道があったりダムがあったりと変化もあり、楽しみながら歩くことができます。あまり路肩に寄りすぎて踏み外ししないよう注意したいです。
 ユーシンロッジから先は、丹沢山塊の一般登山道では「上級」と紹介されることがあるようですが、慎重さは求められても特別な技術等は不要と思われます。登山道は明瞭で迷うことはまず無いでしょう。
 檜洞丸から下山で使ったツツジ新道は、ゴーラ沢出合まで岩ゴロの歩きにくい急坂で足に負担がかかります。段差の大きい箇所もありますので、スリップや転倒に注意したいです。
 水場・トイレは、玄倉、ユーシンロッジ、檜洞丸山頂直下の青ヶ岳山荘、西丹沢自然教室にあります。私のau携帯は、玄倉、石小屋ノ頭周辺、ツツジ新道の一部と西丹沢自然教室で電波が入ったようです。
その他周辺情報●西丹沢自然教室
 http://nishitanzawashizenkyoushitsu.blogspot.jp/

●青ヶ岳山荘(檜洞丸山頂直下の山小屋)
 http://www2.tbb.t-com.ne.jp/aogatake/

●山北町立中川温泉ぶなの湯
 武田信玄の隠し湯といわれる中川温泉にある日帰り温泉入浴施設です。露天風呂あり。
 http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/contents_detail.php?frmId=241
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

臨時便バスに乗れたので、通常より早く、午前7時40分に玄倉バス停に到着しました。これは玄倉商店さんとバス停の様子です。
b(⌒o⌒)d おっ \(*^▽^*)/ はぁー!!
2016年05月15日 07:48撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
臨時便バスに乗れたので、通常より早く、午前7時40分に玄倉バス停に到着しました。これは玄倉商店さんとバス停の様子です。
b(⌒o⌒)d おっ \(*^▽^*)/ はぁー!!
5
玄倉林道は、許可車以外通行禁止との案内。
2016年05月15日 07:48撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉林道は、許可車以外通行禁止との案内。
さて、出発いたしましょう。
2016年05月15日 07:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、出発いたしましょう。
1
バス停脇にトイレがあります。
2016年05月15日 07:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停脇にトイレがあります。
3
丹沢湖畔の道路を東へ。
2016年05月15日 07:51撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢湖畔の道路を東へ。
ここは交差点になっています。
2016年05月15日 07:53撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは交差点になっています。
左手を見ると橋が架かっています。
2016年05月15日 07:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手を見ると橋が架かっています。
この橋は玄倉川橋です。でも、ここは渡りません。
(ી(΄◞ิ౪◟ิ‵)ʃ) 渡っちゃダメ〜
2016年05月15日 07:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋は玄倉川橋です。でも、ここは渡りません。
(ી(΄◞ิ౪◟ิ‵)ʃ) 渡っちゃダメ〜
1
直進します。
2016年05月15日 07:55撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直進します。
すぐに見えてくる建物は…
2016年05月15日 07:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに見えてくる建物は…
1
玄倉第一発電所です。
2016年05月15日 07:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉第一発電所です。
3
渓谷の川沿いに歩きます。雨が降ったら河原に出ないよう注意したいです。
2016年05月15日 07:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓谷の川沿いに歩きます。雨が降ったら河原に出ないよう注意したいです。
立間堰堤です。
2016年05月15日 08:00撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立間堰堤です。
4
堰堤上流の様子。
2016年05月15日 08:02撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤上流の様子。
河原に下りられないよう、ゲートが設けられています。
2016年05月15日 08:03撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原に下りられないよう、ゲートが設けられています。
1
入口は固く閉ざされています。
2016年05月15日 08:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口は固く閉ざされています。
7
「雨の日のキャンプは危険」の案内。
2016年05月15日 08:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「雨の日のキャンプは危険」の案内。
あの衝撃の水難事故から、早くも17年が経過しようとしています。
2016年05月15日 08:05撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの衝撃の水難事故から、早くも17年が経過しようとしています。
5
この辺りの林道は舗装された区間、未舗装の区間が混在しています。
2016年05月15日 08:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの林道は舗装された区間、未舗装の区間が混在しています。
「西丹沢県民の森」と「ユーシン」の分岐標識。
2016年05月15日 08:17撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「西丹沢県民の森」と「ユーシン」の分岐標識。
1
ここは小川谷出合の分岐です。左へ下ると立間大橋を渡り仲ノ沢林道へ。私は右へ上がっていきユーシンを目指します。
2016年05月15日 08:17撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは小川谷出合の分岐です。左へ下ると立間大橋を渡り仲ノ沢林道へ。私は右へ上がっていきユーシンを目指します。
広場が見えてきました。車が多数駐車しています。
|ω・) 今日は20台くらいだね。
2016年05月15日 08:25撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場が見えてきました。車が多数駐車しています。
|ω・) 今日は20台くらいだね。
1
林道のゲート。ここから先は一般車両の通行が物理的にできません。
2016年05月15日 08:26撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道のゲート。ここから先は一般車両の通行が物理的にできません。
2
先行者多数をお見掛けするようになりました。服装等をお見掛けすると、登山をされる方は少ない様子です。
2016年05月15日 08:27撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者多数をお見掛けするようになりました。服装等をお見掛けすると、登山をされる方は少ない様子です。
1
スノーシェルターが見えてきました。
2016年05月15日 08:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーシェルターが見えてきました。
落石除けに心強いですね。
(๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪
2016年05月15日 08:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石除けに心強いですね。
(๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪
付近の様子です。
2016年05月15日 08:33撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
付近の様子です。
ダムの放流等を知らせるサイレンです。
2016年05月15日 08:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムの放流等を知らせるサイレンです。
1
今度は隧道が見えてきました。
2016年05月15日 08:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は隧道が見えてきました。
これは境隧道です。
2016年05月15日 08:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは境隧道です。
1
こんな感じで先が見えています。
2016年05月15日 08:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで先が見えています。
1
渓流がだいぶ下に見えています。
ヽ(‘ ∇‘ )ノ 水が綺麗だなぁ
2016年05月15日 08:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓流がだいぶ下に見えています。
ヽ(‘ ∇‘ )ノ 水が綺麗だなぁ
路面は凹凸が多くなってきました。
2016年05月15日 08:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
路面は凹凸が多くなってきました。
落石がゴロゴロ。
2016年05月15日 08:52撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石がゴロゴロ。
新青崩隧道です。左の迂回路をいくと古い青崩隧道に向かいます。
2016年05月15日 08:53撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新青崩隧道です。左の迂回路をいくと古い青崩隧道に向かいます。
1
まだ真新しい標識。
2016年05月15日 08:53撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ真新しい標識。
全長は327mなり。結構長いですね。
2016年05月15日 08:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全長は327mなり。結構長いですね。
では、入りましょう。
2016年05月15日 08:53撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、入りましょう。
1
入口付近でフラッシュを焚いての一枚。ボケちゃいました。いや、不気味です。漆黒の闇の中で道は右左に曲がり、とても照明が無いと先へ進めません。
◝(๑⁺д⁺๑)◞՞ 灯りプリーズ
2016年05月15日 08:55撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口付近でフラッシュを焚いての一枚。ボケちゃいました。いや、不気味です。漆黒の闇の中で道は右左に曲がり、とても照明が無いと先へ進めません。
◝(๑⁺д⁺๑)◞՞ 灯りプリーズ
1
ヘッデン装着して、やっと出口に辿りつきました。
2016年05月15日 09:02撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘッデン装着して、やっと出口に辿りつきました。
2
振り返っての仏岩。隧道はここの中を通過しています。
2016年05月15日 09:03撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返っての仏岩。隧道はここの中を通過しています。
次の隧道。
2016年05月15日 09:03撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の隧道。
1
これは石崩隧道です。スゴイ名前ですなぁ。
(;´▽`A``
2016年05月15日 09:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは石崩隧道です。スゴイ名前ですなぁ。
(;´▽`A``
2
抜けてすぐ右上には滝。
2016年05月15日 09:06撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜けてすぐ右上には滝。
左下には渓流。
2016年05月15日 09:05撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左下には渓流。
5
やっと構造物が見えてきました。
2016年05月15日 09:06撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと構造物が見えてきました。
これは玄倉ダムです。
2016年05月15日 09:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは玄倉ダムです。
1
そして、これこそがユーシンブルー。川水がエメラルドグリーンに輝いています。
(*'∀'人)♥*+
2016年05月15日 09:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、これこそがユーシンブルー。川水がエメラルドグリーンに輝いています。
(*'∀'人)♥*+
18
玄倉第二発電所です。
2016年05月15日 09:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉第二発電所です。
更に奥へ進みましょう。
2016年05月15日 09:15撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に奥へ進みましょう。
1
右手にこんな滝も見えてきます。
2016年05月15日 09:13撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手にこんな滝も見えてきます。
5
何度も現れる隧道。
2016年05月15日 09:18撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も現れる隧道。
広い河原が見えてきました。ユーシンロッジはこの奥です。
2016年05月15日 09:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い河原が見えてきました。ユーシンロッジはこの奥です。
雨山橋の標識が見えてきました。
2016年05月15日 09:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山橋の標識が見えてきました。
ここからは雨山峠への登山道が分岐しています。
2016年05月15日 09:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは雨山峠への登山道が分岐しています。
1
その標識です。
2016年05月15日 09:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その標識です。
1
分岐から10分も歩くと「ユーシンロッジ」の標識があります。
2016年05月15日 09:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から10分も歩くと「ユーシンロッジ」の標識があります。
1
ここが分岐。直進すると引き続き玄倉林道。左へ折れるとユーシンロッジへ。
2016年05月15日 09:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが分岐。直進すると引き続き玄倉林道。左へ折れるとユーシンロッジへ。
では、ユーシンロッジへ向かいましょう。
2016年05月15日 09:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、ユーシンロッジへ向かいましょう。
1
川へ下ります。
2016年05月15日 09:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川へ下ります。
橋が見えてきました。
2016年05月15日 09:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋が見えてきました。
渡ります。
c(`・ω´・ c)っ≡つ
2016年05月15日 09:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡ります。
c(`・ω´・ c)っ≡つ
橋から5分も歩くと…
2016年05月15日 09:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋から5分も歩くと…
ユーシンロッジに到着です。
ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧
2016年05月15日 09:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシンロッジに到着です。
ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧
1
これは公衆トイレ棟です。
2016年05月15日 09:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは公衆トイレ棟です。
1
それにしても立派な建物です。車両通行止めの影響で営業休止しているようですが、活用方法は無いものでしょうか。
2016年05月15日 09:53撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても立派な建物です。車両通行止めの影響で営業休止しているようですが、活用方法は無いものでしょうか。
5
正面玄関の様子。ここには公衆電話があります。私の携帯は圏外表示になっているのでありがたい。
2016年05月15日 09:56撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面玄関の様子。ここには公衆電話があります。私の携帯は圏外表示になっているのでありがたい。
2
休止のお知らせビラが貼ってあります。
2016年05月15日 09:56撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休止のお知らせビラが貼ってあります。
2
さて、建物に向かって左脇を抜けて、同角山稜を目指します。
2016年05月15日 09:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、建物に向かって左脇を抜けて、同角山稜を目指します。
まずは鉄製の橋を渡ります。
2016年05月15日 09:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは鉄製の橋を渡ります。
この橋はユーシンロッジ建物のすぐ脇に設置されていて、「ユーシン公園橋」という名前が付けられています。
2016年05月15日 09:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋はユーシンロッジ建物のすぐ脇に設置されていて、「ユーシン公園橋」という名前が付けられています。
2
渡り切ると、その先に見える薄い踏み跡。
2016年05月15日 09:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡り切ると、その先に見える薄い踏み跡。
踏み跡を辿り、いよいよ登り始めます。
2016年05月15日 09:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡を辿り、いよいよ登り始めます。
いきなり鎖が現れました。
(ง ´͈౪`͈)ว ウキウキしてきたでやんす
2016年05月15日 10:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり鎖が現れました。
(ง ´͈౪`͈)ว ウキウキしてきたでやんす
3
その先に見える東屋。
2016年05月15日 10:05撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先に見える東屋。
東屋はこんな様子です。
2016年05月15日 10:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋はこんな様子です。
急登の後は細尾根を渡ります。
2016年05月15日 10:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登の後は細尾根を渡ります。
1
傾いた梯子を登ります。
2016年05月15日 10:13撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾いた梯子を登ります。
馬酔木のトンネル。
2016年05月15日 10:19撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬酔木のトンネル。
1
ザレた崩壊地のトラバース。
2016年05月15日 10:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレた崩壊地のトラバース。
1
木の根が張った登山道。
2016年05月15日 10:32撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根が張った登山道。
1
やがて、大きな岩が見えてきます。これが大石です。
2016年05月15日 10:33撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて、大きな岩が見えてきます。これが大石です。
1
先行者が大石に登っています。素晴らしい景色。
₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾ 踊らずにはいられない
2016年05月15日 10:36撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者が大石に登っています。素晴らしい景色。
₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾ 踊らずにはいられない
16
阿部寛似のイケメンハイカーさん。岩の先端までヒョイヒョイと歩いて、度胸ありますです。スゴイなぁ。
2016年05月15日 10:38撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿部寛似のイケメンハイカーさん。岩の先端までヒョイヒョイと歩いて、度胸ありますです。スゴイなぁ。
8
さて先へ。長い梯子が見えてきました。
2016年05月15日 10:48撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて先へ。長い梯子が見えてきました。
2
大石から10分も登ると、大石山山頂に到着です。
2016年05月15日 10:53撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石から10分も登ると、大石山山頂に到着です。
2
山頂標識。
2016年05月15日 10:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識。
1
丹沢主稜が間近に見えます。いや、素晴らしい。
╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
2016年05月15日 10:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢主稜が間近に見えます。いや、素晴らしい。
╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
7
あれは、これから向かう石小屋ノ頭のようです。
2016年05月15日 10:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれは、これから向かう石小屋ノ頭のようです。
1
山頂直下にザレ場が現れました。
2016年05月15日 10:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下にザレ場が現れました。
3
長い鎖がいくつも取り付けられています。
_(°ω°」 ∠)_三_(°ω°」 ∠)_三 ザッザッ
2016年05月15日 11:00撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い鎖がいくつも取り付けられています。
_(°ω°」 ∠)_三_(°ω°」 ∠)_三 ザッザッ
4
ふ〜、下りてきました。振り返っての一枚。
2016年05月15日 11:01撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふ〜、下りてきました。振り返っての一枚。
3
尾根下の斜面を行きます。
2016年05月15日 11:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根下の斜面を行きます。
倒木も少々あり。
2016年05月15日 11:23撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木も少々あり。
1
明るいピークに出ました。標識はありませんが、ここが石小屋ノ頭です。
✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌ イエーイイエーイ(誰もいない)
2016年05月15日 11:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るいピークに出ました。標識はありませんが、ここが石小屋ノ頭です。
✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌ イエーイイエーイ(誰もいない)
4
そして次に見えてくるのが、同角ノ頭。
2016年05月15日 11:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして次に見えてくるのが、同角ノ頭。
2
あれ?変な場所にベンチがあります。
2016年05月15日 11:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?変な場所にベンチがあります。
3
痩せた尾根。ザレ場を下降します。
2016年05月15日 11:35撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せた尾根。ザレ場を下降します。
3
先行者の先に、長い梯子が見えます。
2016年05月15日 11:37撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者の先に、長い梯子が見えます。
2
アカヤシオ、シロヤシオの群生地。そろそろ終わりでしょうか。
2016年05月15日 11:39撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオ、シロヤシオの群生地。そろそろ終わりでしょうか。
4
またまた現れる梯子。
2016年05月15日 11:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた現れる梯子。
3
その先にザンザ洞キレットがあり、木製の橋が架けられています。
2016年05月15日 11:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先にザンザ洞キレットがあり、木製の橋が架けられています。
8
橋から下を覗きこんで。落ちたらケガは免れないでしょうが、大きく切れ落ちている感じではありません。
2016年05月15日 11:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋から下を覗きこんで。落ちたらケガは免れないでしょうが、大きく切れ落ちている感じではありません。
3
足元に注意して、橋から先へ進みます。
2016年05月15日 11:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元に注意して、橋から先へ進みます。
1
同角ノ頭直下のザレ場に差し掛かり、一段と景色が良くなります。
(゜∀三゜三∀゜) ウホー!
2016年05月15日 11:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同角ノ頭直下のザレ場に差し掛かり、一段と景色が良くなります。
(゜∀三゜三∀゜) ウホー!
7
この辺りの様子。
2016年05月15日 11:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの様子。
3
落下防止の鎖が取り付けられた痩せ尾根。先行者が写っています。
2016年05月15日 11:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落下防止の鎖が取り付けられた痩せ尾根。先行者が写っています。
4
今日も段々疲れてまいりました。
2016年05月15日 11:50撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も段々疲れてまいりました。
2
ここは危険だから巻き道へ入れと指導されます。
2016年05月15日 11:51撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは危険だから巻き道へ入れと指導されます。
3
やれやれ、間近にピークが見えています。
2016年05月15日 11:55撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やれやれ、間近にピークが見えています。
ベンチが見えてきました。
2016年05月15日 11:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチが見えてきました。
ここが同角ノ頭です。
2016年05月15日 12:00撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが同角ノ頭です。
5
ベンチが設置されていて、ゆっくり休憩できます。
2016年05月15日 12:00撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチが設置されていて、ゆっくり休憩できます。
5
足元には綺麗な花。
2016年05月15日 12:06撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元には綺麗な花。
4
山頂からは左手の先に登山道が続いています。
2016年05月15日 12:06撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは左手の先に登山道が続いています。
ここを下っていきます。
2016年05月15日 12:06撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを下っていきます。
明るくて広く、気分の良い尾根になりました。
(灬╹ω╹灬)
2016年05月15日 12:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくて広く、気分の良い尾根になりました。
(灬╹ω╹灬)
1
右手には丹沢山塊の盟主・蛭ヶ岳がクッキリと見えます。
2016年05月15日 12:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手には丹沢山塊の盟主・蛭ヶ岳がクッキリと見えます。
10
木道が現れました。
2016年05月15日 12:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道が現れました。
1
どんどん下っていきます。
2016年05月15日 12:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん下っていきます。
2
ありゃりゃ、木道がグズグズになっています。歩きにくいので慎重に下りましょう。
2016年05月15日 12:12撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありゃりゃ、木道がグズグズになっています。歩きにくいので慎重に下りましょう。
2
檜洞丸がすぐ先に見えています。
2016年05月15日 12:17撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜洞丸がすぐ先に見えています。
1
ここの道も崩壊しています。
( ̄_ ̄ i)タラー
2016年05月15日 12:19撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの道も崩壊しています。
( ̄_ ̄ i)タラー
1
中ノ沢乗越を通過。
2016年05月15日 12:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ沢乗越を通過。
新緑が美しい尾根。ここに来て良かったと思う風景。
‹‹\(´ω` )/›› ‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››
2016年05月15日 12:26撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が美しい尾根。ここに来て良かったと思う風景。
‹‹\(´ω` )/›› ‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››
6
鞍部を通過しています。
2016年05月15日 12:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部を通過しています。
登り返しの途中にバイケイソウの草地があり、その先には標識が見えてきます。
2016年05月15日 12:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返しの途中にバイケイソウの草地があり、その先には標識が見えてきます。
左に折れるとテシロノ頭、石棚山稜を経て箒沢へ。私は右に折れて檜洞丸へ。
2016年05月15日 12:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に折れるとテシロノ頭、石棚山稜を経て箒沢へ。私は右に折れて檜洞丸へ。
2
箒沢方面への道。
2016年05月15日 12:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箒沢方面への道。
檜洞丸への道。
2016年05月15日 12:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜洞丸への道。
2
左手に見えるのは畦ヶ丸かな?
2016年05月15日 12:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に見えるのは畦ヶ丸かな?
2
階段が見えてきました。地味に体力が奪われていきます。
(;´༎ຶД༎ຶ`) 爽やかな飲み物(ビール)ください〜
2016年05月15日 12:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が見えてきました。地味に体力が奪われていきます。
(;´༎ຶД༎ຶ`) 爽やかな飲み物(ビール)ください〜
3
崩壊地を見ながらの登り。
2016年05月15日 12:50撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地を見ながらの登り。
ツツジ新道との分岐まで来ました。あと少し、頑張れ俺!
2016年05月15日 12:56撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジ新道との分岐まで来ました。あと少し、頑張れ俺!
2
穏やかな傾斜の木道。バイケイソウが青々として綺麗です。
2016年05月15日 12:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穏やかな傾斜の木道。バイケイソウが青々として綺麗です。
2
やっと檜洞丸に到着です。
マッチョ₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾マッチョ
2016年05月15日 13:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと檜洞丸に到着です。
マッチョ₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾マッチョ
4
ああ、疲れた。
2016年05月15日 13:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ、疲れた。
2
爽やかな飲み物を買いに、空身で青ヶ岳山荘に下ります。
2016年05月15日 13:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爽やかな飲み物を買いに、空身で青ヶ岳山荘に下ります。
1
また来ました。左奥はトイレ棟です。
2016年05月15日 13:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また来ました。左奥はトイレ棟です。
3
おお、正面に蛭ヶ岳が見えています。
2016年05月15日 13:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、正面に蛭ヶ岳が見えています。
5
さて、爽やかな飲み物を買いましょう。350mℓで600円なり。
2016年05月15日 13:12撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、爽やかな飲み物を買いましょう。350mℓで600円なり。
3
山頂に戻ってランチにします。一人で乾杯〜〜(寂しい)。
ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”
2016年05月15日 13:15撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に戻ってランチにします。一人で乾杯〜〜(寂しい)。
ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”
11
ランチを済ませて下山にかかります。
2016年05月15日 13:33撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチを済ませて下山にかかります。
では、ツツジ新道へ。
2016年05月15日 13:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、ツツジ新道へ。
1
最初はこんな感じで歩きやすいです。
2016年05月15日 13:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はこんな感じで歩きやすいです。
この辺りも土道でいいです。
2016年05月15日 13:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りも土道でいいです。
3
見上げるとシロヤシオが沢山咲いていて、とても良いのです。
2016年05月15日 13:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げるとシロヤシオが沢山咲いていて、とても良いのです。
14
皆さん、花の写真を撮っていますね。
(° ꈊ °)✧˖°オホッ!
2016年05月15日 13:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さん、花の写真を撮っていますね。
(° ꈊ °)✧˖°オホッ!
5
この辺りから徐々に石が…
2016年05月15日 13:48撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから徐々に石が…
ゴロゴロと。
2016年05月15日 13:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴロゴロと。
いや、ゴロンゴロンと。鎖も現れます。
2016年05月15日 13:51撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いや、ゴロンゴロンと。鎖も現れます。
段差が大きな箇所もあるので、注意しましょう。
2016年05月15日 13:53撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段差が大きな箇所もあるので、注意しましょう。
1
左に折れると展望園地がありますが、私はそそくさと直進します。
2016年05月15日 14:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に折れると展望園地がありますが、私はそそくさと直進します。
ああ、歩きにくい。
2016年05月15日 14:17撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ、歩きにくい。
沢音が近づいてきます。
2016年05月15日 14:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢音が近づいてきます。
ここはまた、歩きにくい場所。鎖を頼りに下ります。
2016年05月15日 14:37撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはまた、歩きにくい場所。鎖を頼りに下ります。
1
すぐその先は階段。
2016年05月15日 14:38撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐその先は階段。
1
下り切ったここがゴーラ沢出合です。
ヽ(=´▽`=)ノ
2016年05月15日 14:38撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り切ったここがゴーラ沢出合です。
ヽ(=´▽`=)ノ
1
沢はこんな風に渡りましょう。
2016年05月15日 14:38撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢はこんな風に渡りましょう。
ここを渡り…
2016年05月15日 14:39撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを渡り…
堰堤の右へ。
2016年05月15日 14:40撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の右へ。
ここからは勾配の緩い土道となります。
2016年05月15日 14:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは勾配の緩い土道となります。
やっと歩きやすい道になりましたが、踏み外しには要注意。
2016年05月15日 14:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと歩きやすい道になりましたが、踏み外しには要注意。
1
振り返って。
2016年05月15日 14:51撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。
6
先行者が見えてきました。
2016年05月15日 14:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者が見えてきました。
1
ここの標識で直角に右へ折れます。
2016年05月15日 14:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの標識で直角に右へ折れます。
この先は…
2016年05月15日 14:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は…
この斜面を下っていきます。
2016年05月15日 15:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この斜面を下っていきます。
林道が見えてきました。
2016年05月15日 15:06撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が見えてきました。
2
ここはツツジ新道の登山口です。
2016年05月15日 15:06撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはツツジ新道の登山口です。
1
左に折れて林道を歩きます。
2016年05月15日 15:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に折れて林道を歩きます。
間もなく見えてくる建物と橋。
2016年05月15日 15:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく見えてくる建物と橋。
西丹沢自然教室に到着です。
(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡
2016年05月15日 15:12撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西丹沢自然教室に到着です。
(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡
4
今日は大勢の方がバス待ちをしています。バス2台がやってきたので分乗。新松田駅までは1時間余のバス旅になります。お疲れさまでした。
2016年05月15日 15:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は大勢の方がバス待ちをしています。バス2台がやってきたので分乗。新松田駅までは1時間余のバス旅になります。お疲れさまでした。
9
撮影機材:

感想/記録

シロヤシオが美しいこの時季。近場の丹沢山塊で花を楽しもうと考えました。
道志側から、大室山→犬越路→檜洞丸→同角山稜→ユーシン→玄倉とも考えましたが、公共交通機関を使うと歩きだしが遅くなってしまいますし、折角なら日が差すうちにユーシンブルーを見なくてはと考え、ショートバージョンにした今回ルートを歩くことにしました。

玄倉からは、新緑を見ながらの長い長い林道歩き。立間堰堤を見ると、あの衝撃的な水難事故を思い起こさずにはいられません。あれから早くも17年が経とうとしています。

ユーシンブルー。今日の輝きはいま一つのように見えました。
それでも、新緑とエメラルドブルーがとても美しいです。

同角山稜は、急登、痩せ尾根渡り、鎖場や梯子など、変化がありますし、丹沢主稜の眺めが良くて楽しいルートです。
ピンクテープはそれほど多くはありませんが、道は明瞭で迷うような箇所は少ないかと思います。ザレや岩でのスリップや転倒、尾根道の踏み外しには注意したいです。

そういえば、東に多いヒル。
西丹沢だからということもないでしょうが、今回は遭遇しませんでした。従って、忌避剤(昼下がりの…)は必要ありませんでした。もっとも、私は持ってないのですが、ジョニー。。

さて、次回はグループ登山に行く予定です。皆さまもどうぞ安全で楽しい山行を楽しんでくださいませ。
訪問者数:963人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/12/7
投稿数: 247
2016/5/16 23:20
 131枚目の写真は、
こんばんわ。
131枚目の写真の山は大室山ですね。
帰りのバスは同じ時間のバスのようですが、このコースで同じバスとは
・・・健脚ですね、恐れいりました
登録日: 2012/8/27
投稿数: 211
2016/5/16 23:50
 Re: 131枚目の写真は、
juusinn005さん、同じバスを待つ列にいらっしゃったんですね。オオーw(*゚o゚*)w
檜洞丸に登られていたとは、奇遇ですねぇ。

131枚目は大室山でしたか。私、山座同定が苦手なのです。ありがとうございます。
そんなんでよく山登りに行けるものと自分でも思うのですが、登山道整備等にあたる皆さまに支えられて歩けているんですね。confident
感謝いたしますです。

今回は不思議と体調がよくて調子に乗りましたが、私は体調に波がある方ですので、次回は同じルートを歩いても、もっともっと時間がかかることでしょう。
(@Д@; 今回もすっかり疲れました…。

juusinn005さんのレコ、度々拝見しております。
登録日: 2014/5/16
投稿数: 522
2016/5/17 2:27
 ユーシン渓谷 懐かしいです。
菩薩様 真夜中の今晩わ

又もハーフマラソンでございますねW p(*^-^*)q お疲れ様♪
ユウーシンのトンネル新しくなっていた?私達が行った頃は手彫りのようなくの字曲がりで、足元はボコボコのビチャビチャで、ヘッデンで照らすと壁が赤く(鉄分の影響?)まるで血が滴り落ちている?それは恐ろしげで、1人じゃなくて良かったと友とビビりまくりでした。
ユーシンブルーあまりに綺麗で喉き込んだらステッキを片方落としてしまった。今もあのブルーの奥底で眠っているのかなぁ。女神が浮上して「貴方のステッキは金or銀?」ナンチッテ、おババの妄想は天下一w
お喋りが過ぎましたm(__)m
ユウーシンロッジ迄 ママチャリ走行可能でしょうか?
お導き情報ヨロピコピコ p(´▽`o)ノ゙ オシエテ♪
登録日: 2012/8/27
投稿数: 211
2016/5/17 5:18
 Re: ユーシン渓谷 懐かしいです。
obanyanさん ~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

昨夜は、night夜更かしでしたね。
obanyanさんのコメントにユーシンロッジのことが書いてあったので、以前に利用したんだなと思っておりました。

ユーシンブルーの奥底にステッキは見えなかったような…女神が持ってきてくれたらステッキ(素敵)ですよね〜。
なんちゃって。(二人で何言ってるねん?)

血が滴り落ちているような青崩隧道は、2006年〜2007年の安全調査でトンネル内部にひび割れが見つかり、落盤などの危険性があるとされ、玄倉林道は歩行者を含め完全通行止となったそうで、その影響でロッジも閉鎖中。新青崩隧道はその後に開通し2011年11月に歩行者に限り通行止が解除されたようです。

ママチャリ、私には無理っす。すぐ疲れちゃうので…(; ̄ー ̄A
でも、obanyanさんなら軽くロッジまで行けるのでは?
林道は落石が少々あったものの、自転車通行困難という感じではありませんでした。まあ、車両通行止なので、怒られちゃうかと存じますが。ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡☆コラーッ!

先日の高尾山に続き、今回もまたまたobanyanさんの残像探しになりましたね。smile
登録日: 2010/9/28
投稿数: 2488
2016/5/17 12:31
 コース良いですね!
こんにちわ、satotakeさん
わ〜〜!!、まだ歩いたことのないコースで行ってみたいとこだぁ〜〜
ユーシンのエメラルドグリーン、気になってはいるんですが、
なかなかこのコース勇気がいりそうで行けてません
玄倉→ユーシンロッジ→同角山稜→檜洞丸
未踏コースです。

天気も良く、写真もとても綺麗で・・
またまたサクッとロングコースを楽しんで歩かれていますね。
変化に富むコースで見ててワクワクしました

足が治る頃は絶対に蛭もいそうなので、
いなくなった頃か、来年の出る前あたりに是非歩いてみたいです。
今回も詳細に記載してくださっているので、レコ参考にさせていただきますね
登録日: 2012/8/27
投稿数: 211
2016/5/17 19:13
 Re: コース良いですね!
。・∀・)ノ゛ お〜い
充電期間中のpikachanさん、コメントありがとうございます。
気持ちの 充電は、いま何%かな。足のお加減は如何でしょうか?

そうですね、今回のコースは変化に富んだsmile楽しさがあります。
最初の長い長い林道歩きでさえ、周囲の渓流や山の新緑を見ながら進み、やがて真っ暗な隧道を経て、ユーシンブルーへと飽きさせません。

ロッジからは、急登と痩せ尾根とザレ場。鎖や梯子が断続的に現れたり、大岩の上から雄大な景色を眺めたり。キレットを通過したと思えば、林相の美しい稜線歩きへ。
きっと、virgopikachanさんなら、余裕を持ちながら思い切り楽しめると思いますよ。
ヾ( ̄∇ ̄=ノ ワーイ  ←こんな感じで

私なんかより、 花が沢山、美しい景色沢山の楽しいレコを作成してくれるはず。
このコースの魅力を存分に伝えてくれることでしょう。
そのうちに機会をつくって、歩いてみてくださいね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ