ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 874146 全員に公開 沢登り丹沢

檜洞沢↑-桶棚沢↑-金山谷乗越-神ノ川乗越-ユーシン沢↓-水晶平-朝日向尾根

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー old-diver
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
玄倉林道ゲート前に駐車。朝6:00で10台くらいの先行車あり。(先週、採石場付近の林道での土砂崩落ヶ所はきれいに取り除かれていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 2.5〜2.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間47分
休憩
28分
合計
5時間15分
Sザンザ洞10:0511:58源蔵尾根下降点12:00金山谷乗越12:0212:34神ノ川乗越12:3713:39水晶平13:4713:59コイタゾーリの頭14:0015:05ユーシンロッジ15:1915:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
檜洞沢は有名な沢なので、詳細は他のレコを参照にしてください。
(1)玄倉林道ゲート前〜ユーシンロッジ:林道歩き。素堀トンネル内の落石が怖いです。
(2)ユーシンロッジ〜檜洞沢入渓点:ロッジの裏から山神さんを経て、水道施設を越えて沢におります。危険箇所はありません。
(3)檜洞沢〜桶棚沢〜経角沢分岐:
 (a)最初の淵を持つ滝は右から取り付き、斜めの岩の上にジャンプして降りれば、そのまま越えられます。(以前あったロープはなくなってました。)
 (b)CSの滝は始め下から取り付きましたが、CSの上に登れず、つぎにその上のバンド状に取り付き、2つある残置スリングを使って越えようと試みましたが、落ち口への最後がホールドがなく、危険でしたので、あきらめて左から高巻きました。
 (c)魚止めの滝は左の階段状を登り、落ち口は滑っているので左の木のある所へ移動して越えました。沢への戻りはロープなしでも降りられます。
 (d)経角沢への分岐の手前に、似たような地形の沢の分岐(たぶんゲタゴヤ沢)があり、間違えて左股に入りかけましたが、そこで休憩していた3人グループのリーダーにアドバイスを貰い、間違っていたので、本流を直進してから経角沢へ入りました。(ありがとうございました。)
 (e)左股の経角沢に入ってから、直ぐに右股の金山谷へ入ります。
(4)金山谷〜金山谷乗越:いくつか間違えやすい沢分岐があります。RFを慎重に。これが正解か?と思われるようなガレや倒木の沢です。
(5)金山谷乗越〜神ノ川乗越:登山道です。
(6)神ノ川乗越〜水晶平下:臼ヶ岳への登りが大変そうなので、いろいろ迷ったあげく、神ノ川乗越からユーシン沢を水晶平の下まで降りました。
(7)水晶平〜ユーシン:臼ヶ岳から続く朝日向尾根を下ります。マーキングも沢山あり、また踏み跡も明確なので問題ないです。水晶平の新緑には感動しました。今が良いです。是非見てください。
その他周辺情報一般観光客の方達が、観光案内図にあるユーシンブルーを見に沢山林道を歩いています。夕方の4時過ぎでも登ってきます。(熊木ダムまで行くと往復4時間ですから、結構大変です。)
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 今日は靴はMEGAXでした。ハーネスを一応装着しましたが 難しい滝は巻きなので ロープも不要でした。

写真

林道にあった花。何でしょう?(ヤマゴボウみたいだ。)
2016年05月15日 06:14撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道にあった花。何でしょう?(ヤマゴボウみたいだ。)
1
玄倉ダムのブルー。多くの観光客がこれを見に来ますが、今日はどうだったでしょうか。朝が一番綺麗ですかね。
2016年05月15日 06:49撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉ダムのブルー。多くの観光客がこれを見に来ますが、今日はどうだったでしょうか。朝が一番綺麗ですかね。
18
ユーシンロッジ裏を通って、有名な檜洞沢に入渓しました。初めてです。5月中に来たかったので楽しみです。
2016年05月15日 07:52撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシンロッジ裏を通って、有名な檜洞沢に入渓しました。初めてです。5月中に来たかったので楽しみです。
9
淵を持つ最初の小滝。右から取り付き、斜めった石の上に飛び降りれば(1m弱)簡単に越えられます。以前あったロープは無くなってました。
2016年05月15日 07:53撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淵を持つ最初の小滝。右から取り付き、斜めった石の上に飛び降りれば(1m弱)簡単に越えられます。以前あったロープは無くなってました。
4
次のCS小滝。これは自分には無理でした。最初、下から上がろうとするもCSの上に乗れず。次にその上のバンド状を登るも、2つある残置スリングの先にはホールドがなく、自分には無理なので、戻って左から高巻きました。
2016年05月15日 07:57撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のCS小滝。これは自分には無理でした。最初、下から上がろうとするもCSの上に乗れず。次にその上のバンド状を登るも、2つある残置スリングの先にはホールドがなく、自分には無理なので、戻って左から高巻きました。
4
沢への降り口は問題ないです。
2016年05月15日 08:10撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢への降り口は問題ないです。
今日の目的は滝の写真を撮りながらの沢歩きです。早速、三脚を出してコンデジ+NDで撮ります。以後、この手の写真が沢山出てきますが、ご容赦下さい。
2016年05月15日 08:27撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目的は滝の写真を撮りながらの沢歩きです。早速、三脚を出してコンデジ+NDで撮ります。以後、この手の写真が沢山出てきますが、ご容赦下さい。
18
さすがに綺麗な沢ですね。
2016年05月15日 08:31撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがに綺麗な沢ですね。
8
これが魚止めの滝。左の階段状を登り、落ち口は滑っているので、左の木のある方へ移動して越えました。
2016年05月15日 08:39撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが魚止めの滝。左の階段状を登り、落ち口は滑っているので、左の木のある方へ移動して越えました。
11
沢への復帰は楽に降りられます。この後、後ろからグループの人達が来ました。
2016年05月15日 08:46撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢への復帰は楽に降りられます。この後、後ろからグループの人達が来ました。
綺麗なナメ滝。
2016年05月15日 08:58撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗なナメ滝。
14
これが吹き割りの滝ですか。なるほどね。たしか、右から越えました。
2016年05月15日 09:04撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが吹き割りの滝ですか。なるほどね。たしか、右から越えました。
7
明るくて綺麗ですね。
2016年05月15日 09:08撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくて綺麗ですね。
3
小滝。これは右から巻いたのかな?忘れた。
2016年05月15日 09:11撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝。これは右から巻いたのかな?忘れた。
4
明るい沢です。
2016年05月15日 09:13撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい沢です。
3
これが昼寝石(テーブル石?)ですかね。ここは小休止のみです。
2016年05月15日 09:22撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが昼寝石(テーブル石?)ですかね。ここは小休止のみです。
5
沢の向こうに山が見えますが、私には分かりません。
2016年05月15日 09:25撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の向こうに山が見えますが、私には分かりません。
1
広い河原。ここで一服しました。
2016年05月15日 09:25撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い河原。ここで一服しました。
小滝の連爆。綺麗です。
2016年05月15日 09:40撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝の連爆。綺麗です。
12
大きな石が出てきました。
2016年05月15日 09:53撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな石が出てきました。
2
こんな所も通ってみました。
2016年05月15日 09:54撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所も通ってみました。
2
綺麗な小滝。ザンザ洞分岐を見落としましたか?
2016年05月15日 10:10撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な小滝。ザンザ洞分岐を見落としましたか?
2
ヒョンぐってます。
2016年05月15日 10:15撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒョンぐってます。
1
右から越えます。
2016年05月15日 10:29撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から越えます。
3
綺麗な2条のナメ滝。
2016年05月15日 10:36撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な2条のナメ滝。
10
2条ナメ滝の上の部分。
2016年05月15日 10:40撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2条ナメ滝の上の部分。
4
これは左から越えました。
2016年05月15日 10:46撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは左から越えました。
明るくて綺麗ですね。沢歩きはこういう天気でないとね。
2016年05月15日 10:56撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくて綺麗ですね。沢歩きはこういう天気でないとね。
4
空も青いぞ!
2016年05月15日 10:58撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空も青いぞ!
3
小滝も綺麗。
2016年05月15日 11:11撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝も綺麗。
2
左股は経角沢。この手前に似た様な二股(ゲタゴヤ沢)があり、間違ってそこを左に入りそうになるも、先行のグループの人に教えていただきました。(ありがとうございました。)
2016年05月15日 11:19撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左股は経角沢。この手前に似た様な二股(ゲタゴヤ沢)があり、間違ってそこを左に入りそうになるも、先行のグループの人に教えていただきました。(ありがとうございました。)
4
経角沢に入ってから直ぐ、右の金山谷に入ります。ここでランチ休憩しました。先行のグループは経角沢〜中ノ沢乗越方面みたいです。
2016年05月15日 11:22撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経角沢に入ってから直ぐ、右の金山谷に入ります。ここでランチ休憩しました。先行のグループは経角沢〜中ノ沢乗越方面みたいです。
2
私は金山谷乗越を目指します。ちょっと寂しげな沢です。
2016年05月15日 11:35撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私は金山谷乗越を目指します。ちょっと寂しげな沢です。
おっと、ナメですね。
2016年05月15日 11:38撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっと、ナメですね。
1
ここはわかりにくい!!GPSで右股を確信するも、ガラガラですが?
2016年05月15日 11:41撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはわかりにくい!!GPSで右股を確信するも、ガラガラですが?
2
本当に良いのか?(でもあってますよ。)
2016年05月15日 11:43撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に良いのか?(でもあってますよ。)
1
ナメが出てきました。
2016年05月15日 11:44撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメが出てきました。
1
小滝もありました。
2016年05月15日 11:45撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝もありました。
ウヒャーッ!!倒木地獄。
2016年05月15日 11:47撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウヒャーッ!!倒木地獄。
3
二股。正面に青いビニールのようなものがありました。ここは右股に行きます。
2016年05月15日 11:51撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二股。正面に青いビニールのようなものがありました。ここは右股に行きます。
ようやく詰めが見えてきました。
2016年05月15日 11:58撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく詰めが見えてきました。
そうです!ここに詰め上がってきたかったんです。登山者が上を歩いています。
2016年05月15日 12:01撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうです!ここに詰め上がってきたかったんです。登山者が上を歩いています。
10
シロヤシオ。トウゴクミツバツツジ(たぶん)も綺麗に咲いていました。
2016年05月15日 12:06撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオ。トウゴクミツバツツジ(たぶん)も綺麗に咲いていました。
13
神ノ川乗越の手前。向こうの臼ヶ岳(ウスガタケ)が高いな。ここでどうしようか迷ってます。
2016年05月15日 12:32撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神ノ川乗越の手前。向こうの臼ヶ岳(ウスガタケ)が高いな。ここでどうしようか迷ってます。
2
臼ヶ岳への登坂がいやなので、ここからユーシン沢に降りました。
2016年05月15日 12:38撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
臼ヶ岳への登坂がいやなので、ここからユーシン沢に降りました。
1
ユーシン沢の源流です。突如、水が湧き出してます。左股からはもっと湧き出してました。
2016年05月15日 12:50撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシン沢の源流です。突如、水が湧き出してます。左股からはもっと湧き出してました。
3
大きな倒木。
2016年05月15日 13:03撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな倒木。
ちょうど水晶平の下方に来ました。ここからは水晶平に登り、朝日向尾根を下ります。
2016年05月15日 13:23撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょうど水晶平の下方に来ました。ここからは水晶平に登り、朝日向尾根を下ります。
2
適当に方向を決めて、支沢を越えて広い尾根に取り付きます。
2016年05月15日 13:25撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
適当に方向を決めて、支沢を越えて広い尾根に取り付きます。
3
ワーッ!! 新緑が目にしみーる。
2016年05月15日 13:37撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワーッ!! 新緑が目にしみーる。
13
柵沿いに明瞭な踏み跡があり、わかりやすい経路です。
2016年05月15日 13:55撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柵沿いに明瞭な踏み跡があり、わかりやすい経路です。
1
クワガタソウですね。
2016年05月15日 14:00撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クワガタソウですね。
4
ここは、P1196、コイタドリの頭ですね。
2016年05月15日 14:01撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、P1196、コイタドリの頭ですね。
1
ギンリョウソウもありました。
2016年05月15日 14:13撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウもありました。
4
終わりかけのヤマウツボ。
2016年05月15日 14:20撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終わりかけのヤマウツボ。
3
P1113ですかね。このあとユーシンロッジに降り、林道を歩いてゲートまで帰りました。
2016年05月15日 14:23撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1113ですかね。このあとユーシンロッジに降り、林道を歩いてゲートまで帰りました。
参考:こんな表示がありましたのでご注意を。
2016年05月15日 17:10撮影 by 401PM, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参考:こんな表示がありましたのでご注意を。

感想/記録

どうしても5月中に、かの有名な檜洞沢を歩きたかったので、今日、日曜日に行きました。土曜日には林道で崩落があったとのレコがあり、土曜日の午後に、無事にゲート前までは通れることを実際に確認したので、今日はゲート前に駐車して出発です。ゆっくり歩きたいので、朝6:00出発です。すでにかなりの車がありました。
途中のトンネルではGPSログが飛ぶので、ユーシンロッジからログを開始したつもりが、うまく動作しておらず、途中からになりました。
入渓して、最初の小滝は越えられるか?と思いましたが、右の斜めった石に飛び降りて越えられました。次のCSの小滝が難敵でした。最初、下からアプローチしましたが、CSが大きくてホールドもなく、上がれないので、今度はその上のバンド状をトライしましたが、2本の残置スリングまでは行けますが、最後の落ち口でホールドがなく、危険だったので、あきらめて、左から高巻きました。(ここが一番難しいですが巻けば問題ないです。)
魚止めの滝は左の階段状を登りますが、やはり落ち口は滑っているので、途中から左に移って、木のある所を越えました。
沢は天気も良かったので、明るくて綺麗でした。滝も綺麗で写真も沢山撮れました。
経角沢への分岐の手前に似たような二股があり、先行のグループが休憩してたので、てっきりそこが経角沢分岐だと勘違いし、左股に入りそうになった時、先行グループのリーダーが「そっちは本流ではないですよ!」と声をかけてくださいました。地図を一緒に見て貰い、手前の二股と分かりました。(どうもありがとうございました。)
金山谷乗越は以前から詰めたかったので、今日は満足です。(割石の時もそうですが、どうも峠に来ると詰めたくなりますね。)
水晶平の新緑には感動ものでした。
訪問者数:396人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ