ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 874175 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

(西上州:パート2)三ツ岩岳

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー nomoshin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口(竜王の里宮)のトイレ脇に3台、そのすぐ手前の駐車場に10台くらい駐車できます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間51分
休憩
10分
合計
2時間1分
S三ッ岩岳登山口10:1710:25竜王大権現分岐10:48南西鞍部10:4910:57第2鞍部11:28三ツ岩岳11:3412:02竜王大権現奥宮12:0312:12竜王大権現分岐12:1412:18三ッ岩岳登山口12:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
竜王の里宮・三ツ岩岳登山口1018―1025尾根コース・竜王大権現コース分岐―1048南西鞍部(林道終点)―1057第二鞍部―1120尾根コース・竜王大権現コース分岐(⇔1125三ツ岩岳1141)1145―1159竜王大権現1200―1213尾根コース・竜王大権現コース分岐―1218竜王の里宮・三ツ岩岳登山口
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

大仁田集落では、まだ鯉のぼりが泳いでいました。左端には先ほどあそこからこちらを見下ろしていた烏帽子岩。
2016年05月15日 10:03撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大仁田集落では、まだ鯉のぼりが泳いでいました。左端には先ほどあそこからこちらを見下ろしていた烏帽子岩。
2
大仁田ダムの真下に位置する「竜王の里宮」が登山口。すぐ向かいにトイレもあります。
2016年05月15日 10:18撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大仁田ダムの真下に位置する「竜王の里宮」が登山口。すぐ向かいにトイレもあります。
二つのコースがあることが案内板に記載されています。
2016年05月15日 10:18撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つのコースがあることが案内板に記載されています。
尾根コースと竜王大権現コースの分岐点。尾根コースを登って、龍王大権現コースを下ることにしました。
2016年05月15日 10:25撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根コースと竜王大権現コースの分岐点。尾根コースを登って、龍王大権現コースを下ることにしました。
植物も昆虫も命を謳歌する季節になりましたね。
2016年05月15日 10:42撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植物も昆虫も命を謳歌する季節になりましたね。
2
三ツ岩岳もアカヤシオ(ひとつばな)の名所だそうです。
2016年05月15日 10:53撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ岩岳もアカヤシオ(ひとつばな)の名所だそうです。
尾根に上がりました。行く手には岩壁が立ちはだかっていますが・・・
2016年05月15日 11:11撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に上がりました。行く手には岩壁が立ちはだかっていますが・・・
良く整備された登山道で岩場も危険を感じることなく、山頂に到着しました。
2016年05月15日 11:25撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良く整備された登山道で岩場も危険を感じることなく、山頂に到着しました。
1
天気が回復してくれて良かったです。
2016年05月15日 11:25撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が回復してくれて良かったです。
2
今朝方に登っていたシラケ山、烏帽子岩、マル方面です。
2016年05月15日 11:27撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今朝方に登っていたシラケ山、烏帽子岩、マル方面です。
東側の展望。遠くは日影山でしょうか?
2016年05月15日 11:27撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の展望。遠くは日影山でしょうか?
北北東の展望。中央奥に鹿岳。一ノ岳のアーモンドを立てたような姿は遠くからでも目立ちますね。右手前は、富士浅間山でしょう。
2016年05月15日 11:28撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北北東の展望。中央奥に鹿岳。一ノ岳のアーモンドを立てたような姿は遠くからでも目立ちますね。右手前は、富士浅間山でしょう。
4
南西側の中央分水嶺。十石峠やぶどう峠の方角です。送電線が目立ちます。
2016年05月15日 11:32撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西側の中央分水嶺。十石峠やぶどう峠の方角です。送電線が目立ちます。
1
(承前)その右手(西側)の展望。中央やや右の目立つピークは、山と高原地図「西上州」によると、ククリ岩(栗木立)だそうです。
2016年05月15日 11:32撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(承前)その右手(西側)の展望。中央やや右の目立つピークは、山と高原地図「西上州」によると、ククリ岩(栗木立)だそうです。
1
(承前)さらにその右手(西北西側)の展望。中央やや左の岩峰は、大岩でしょう。碧岩も左から頭だけを覗かせているように見えます。遠景は中央分水嶺ですね。右手は霊仙峰と思われます。
2016年05月15日 11:32撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(承前)さらにその右手(西北西側)の展望。中央やや左の岩峰は、大岩でしょう。碧岩も左から頭だけを覗かせているように見えます。遠景は中央分水嶺ですね。右手は霊仙峰と思われます。
2
(承前)中央分水嶺の峰々が続きます。遠景左端に霊仙峰。中央やや右に兜岩山、手前に立岩。右の一番高いのが荒船山。一番手前右の岩峰の上には、石仏のようなものも見えますね。
2016年05月15日 11:32撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(承前)中央分水嶺の峰々が続きます。遠景左端に霊仙峰。中央やや右に兜岩山、手前に立岩。右の一番高いのが荒船山。一番手前右の岩峰の上には、石仏のようなものも見えますね。
1
(承前)遠景左端の荒船山から、鋸の歯のような毛無岩やトヤ山に続く山並み。手前は大屋山でしょう。
2016年05月15日 11:33撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(承前)遠景左端の荒船山から、鋸の歯のような毛無岩やトヤ山に続く山並み。手前は大屋山でしょう。
1
愛妻おにぎりと、味噌をのせたキュウリで昼食です。
2016年05月15日 11:35撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛妻おにぎりと、味噌をのせたキュウリで昼食です。
4
山頂から少し竜王大権現に下り始めたところからは、今朝方歩いたばかりのシラケ山・烏帽子岩・マルが良く見えました。
2016年05月15日 11:50撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し竜王大権現に下り始めたところからは、今朝方歩いたばかりのシラケ山・烏帽子岩・マルが良く見えました。
(承前)ズームで烏帽子岩(重なっている手前)をアップにしてみます。
2016年05月15日 11:50撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(承前)ズームで烏帽子岩(重なっている手前)をアップにしてみます。
1
これが竜王大権現。
2016年05月15日 12:00撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが竜王大権現。
(承前)竜王大権現は、オーバーハングした大岩の下にあります。
2016年05月15日 12:00撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(承前)竜王大権現は、オーバーハングした大岩の下にあります。
急坂を下り尾根コースと合流して、登山口がもうすぐ下に見えているところから、なんと烏帽子岩が屹立している姿が見えました。
2016年05月15日 12:16撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂を下り尾根コースと合流して、登山口がもうすぐ下に見えているところから、なんと烏帽子岩が屹立している姿が見えました。
1
登山口は大仁田ダムの真下です。右側がトイレ。
2016年05月15日 12:18撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口は大仁田ダムの真下です。右側がトイレ。
撮影機材:

感想/記録

天狗岩〜シラケ山〜烏帽子岩(パート1)から下山したらお天気が良くなってきたので、烏帽子岩から真下に見えた大仁田集落に回って、三ツ岩岳を登ることにしました(パート2)。登山口について靴を履き替えていたら、ちょうど車が数台上がってきて、どうやら少し大人数のパーティの方々ようでした。(山に入ってからは、誰にも会うことなく、静かな山行になりました。)

コースが良く整備されていて、標識なども要所要所にあり、安全に登れる山でした。もちろん山頂からの見晴らしも二重丸。中央分水嶺の峰々や西上州の山々を同定するのは楽しいですね。また、4月下旬が見ごろという「ひとつばな(アカヤシオ)」にもなんとか間に合ったみたいでした。
訪問者数:220人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

高原 山行 分水嶺 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ