ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 874182 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

(西上州:パート3)桧沢岳

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー nomoshin
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桧沢岳の登山口は、塩ノ沢峠を越える旧道沿いの大森橋です。4〜5台ほど車を停めることができる(路肩)と思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間17分
休憩
32分
合計
2時間49分
Sスタート地点12:4614:11桧沢岳14:4315:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
大森橋・桧沢岳登山口1248―(道が不明瞭で引き返す)―最終民家1316―1359展望台―西のコル―1411桧沢岳(⇔1420西側の展望の良い地点に戻って休憩1440)1444―1449桧沢岳神社―1456東のコル―1420渡渉―1533大森橋・桧沢岳登山口
コース状況/
危険箇所等
登山口と山頂以外には道標がまったく無いので要注意。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

桧沢岳の登山口(大森橋)から舗装された道を進みます。お天気は完全に回復し、日差しが強くなってきました。
2016年05月15日 12:48撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桧沢岳の登山口(大森橋)から舗装された道を進みます。お天気は完全に回復し、日差しが強くなってきました。
お天気が良いとお花も元気に見えますね。
2016年05月15日 12:53撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お天気が良いとお花も元気に見えますね。
こちらは藤。
2016年05月15日 12:56撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは藤。
沢沿いから取付くコースを登ろうと思っていたのですが、コースが良く分からずに引き返して、南側からの尾根コースを登ることに変更しました。こちらも道標などは一切なく、最終民家を抜けたところにこんな手製の案内板が一つあっただけです。あとは、ピンクテープが頼り。
2016年05月15日 13:16撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いから取付くコースを登ろうと思っていたのですが、コースが良く分からずに引き返して、南側からの尾根コースを登ることに変更しました。こちらも道標などは一切なく、最終民家を抜けたところにこんな手製の案内板が一つあっただけです。あとは、ピンクテープが頼り。
ここが展望台だと思われます。
2016年05月15日 13:59撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが展望台だと思われます。
1
展望台からは(今朝登った)シラケ山方面が良く見渡せます。
2016年05月15日 13:59撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からは(今朝登った)シラケ山方面が良く見渡せます。
3
しかし、山頂までまだまだ急登が待っています。
2016年05月15日 13:59撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、山頂までまだまだ急登が待っています。
3
岩場を回り込んだりして、なんとか山頂に到着しました。
2016年05月15日 14:11撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を回り込んだりして、なんとか山頂に到着しました。
2
山頂からは展望が得られませんでしたので、少し戻った南東斜面側の場所で休憩しました。シラケ山から、烏帽子岩もなんとか視認できます。
2016年05月15日 14:20撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは展望が得られませんでしたので、少し戻った南東斜面側の場所で休憩しました。シラケ山から、烏帽子岩もなんとか視認できます。
1
(承前)少し左に目を移すと、中央やや左の鞍部が塩ノ沢峠。
2016年05月15日 14:20撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(承前)少し左に目を移すと、中央やや左の鞍部が塩ノ沢峠。
1
(承前)さらに左には、日影山に続く稜線。
2016年05月15日 14:20撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(承前)さらに左には、日影山に続く稜線。
1
青空にアカヤシオ(ひとつばな)。
2016年05月15日 14:43撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空にアカヤシオ(ひとつばな)。
1
もう一度山頂に登り返してから、北へ下ります。
2016年05月15日 14:44撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度山頂に登り返してから、北へ下ります。
山頂東側の岩場の下にある人工物。
2016年05月15日 14:49撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂東側の岩場の下にある人工物。
桧沢岳神社とありました。
2016年05月15日 14:49撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桧沢岳神社とありました。
東のコル付近からの小沢岳。また別の機会にでも登りましょう。
2016年05月15日 14:56撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東のコル付近からの小沢岳。また別の機会にでも登りましょう。
3
下山の最後は渡渉。靴を濡らす心配はありません。
2016年05月15日 15:20撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山の最後は渡渉。靴を濡らす心配はありません。
登りの時にはここまでは来ませんでしたが、来ていたとしても道標もないので、コースにきちんと乗れたかどうか分かりませんね。
2016年05月15日 15:23撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りの時にはここまでは来ませんでしたが、来ていたとしても道標もないので、コースにきちんと乗れたかどうか分かりませんね。
下山後は、道の駅「オアシスなんもく」で開催されていた打田0貉瓠併格發ライター)の写真展「ミニ岩峰の宝庫南牧村」を覗いてみました。
2016年05月15日 15:54撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は、道の駅「オアシスなんもく」で開催されていた打田0貉瓠併格發ライター)の写真展「ミニ岩峰の宝庫南牧村」を覗いてみました。
1
光が反射してしまっていて上手く撮れていませんが、こんな感じの写真が30枚くらい展示されていました。これは、今朝、天気が悪い時間帯にあるいたシラケ山〜烏帽子岩間ですね。
2016年05月15日 15:58撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光が反射してしまっていて上手く撮れていませんが、こんな感じの写真が30枚くらい展示されていました。これは、今朝、天気が悪い時間帯にあるいたシラケ山〜烏帽子岩間ですね。
1
撮影機材:

感想/記録

今日は家を3時過ぎに早立ちしたので、パート1(天狗岩〜シラケ山〜烏帽子岩)の下山が9:21、パート2(三ツ岩岳)の下山が12:18、これならもう一つ行けそうだ、ということで、パート3。もともとパート2としようかと思っていましたが、桧沢岳の登山口である大森橋にマイクロバスが停車していたので、団体さんが下山したころを見計らって登ろうと思い、後回しにしたのでした。実際、歩きはじめてすぐ、まだ舗装道路のところで下山してくる11名パーティとすれ違いました。(その後は、山を一人占め)

パート2ではパート1のコースを西側から眺めることになりましたが、パート3では、それを東側から眺めるということになりました。

桧沢岳は、大森橋の標識と、山頂の標識以外、途中には道標がまったくないのはちょっと意外でした。直前の三ツ岩岳が大変良く整備されていただけにギャップが大きかったようです。でもって、ピンクテープを頼りにしないとならないところがいくつかあります(登山口・下山口に近い標高の低いところ)。

きちんと下調べをしていなかったので、西峰の方を割愛してしまったのがちょっと惜しまれます。というのも、下山後に立寄った道の駅「オアシスなんもく」では、打田0貉瓩亮命薪犬鬚笋辰討い泙靴燭、「なんもくトレッキングガイド」という地図とミニガイドがセットになったものが無料で手に入れることができたのです。下山後に入手しましたが、「西峰からは西上州の山々の展望が素晴らしいです」とありました。次回、西上州の山に行くときには役立つでしょう。

GPSのログでは、パート1, 2, 3を合せると、
5.8km + 2.5km + 3.9km = 12.2km
となり、ちょうどよい運動でした。
訪問者数:235人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 急登 GPS 渡渉 コル 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ