ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 874325 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

釈迦ヶ岳〜雨乞岳

日程 2016年05月14日(土) 〜 2016年05月15日(日)
メンバー midori28(食事), その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明渓谷駐車場:500円
三休の湯:600円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

1日目>朝明駐車場・中尾根登山口8:05−釈迦ヶ岳10:40〜50−ハト峰峠12:15−中峠13:10−根の平峠13:50−御池鉱山跡16:10
2日目>テンバ5:30−杉峠5:50−雨乞岳6:20〜30−東雨乞岳6:50−沢谷8:15−コクイ谷8:35−9:20コクイ谷出合−根の平峠10:10−朝明駐車場11:20

写真

朝明渓谷駐車場の中尾根登山口から入山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝明渓谷駐車場の中尾根登山口から入山。
1
庵座谷を渡り中尾根にとりつく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
庵座谷を渡り中尾根にとりつく。
1
シロヤシオと猫岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオと猫岳
3
急登を喘ぎ喘ぎ登ると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を喘ぎ喘ぎ登ると…
2
釈迦ヶ岳に着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳に着いた。
2
山頂で出会った男性に頂いた「釈迦ヶ岳 三等三角点の記」初めて見ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で出会った男性に頂いた「釈迦ヶ岳 三等三角点の記」初めて見ました。
1
気持ちの良い道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い道。
2
根の平峠から上水晶谷に下り、杉峠を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根の平峠から上水晶谷に下り、杉峠を目指す。
1
杉峠の手前に良いテンバを発見。御池鉱山の集落跡だろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉峠の手前に良いテンバを発見。御池鉱山の集落跡だろうか?
3
コイワカガミ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミ
1
かんぱーい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かんぱーい!
1
2日目。未明はガスっていたが出発する頃には晴れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目。未明はガスっていたが出発する頃には晴れてきた。
東雨乞岳からクラ谷を下り…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳からクラ谷を下り…
1
コクイ谷に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コクイ谷に入る。
2
コクイ谷は真新しいピンクリボンが沢山あり、巻き道や徒渉点が分かりやすかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コクイ谷は真新しいピンクリボンが沢山あり、巻き道や徒渉点が分かりやすかった。
1
よっこらしょ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よっこらしょ!
2
コクイ谷出合に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コクイ谷出合に到着
1
根の平峠に戻り、朝明渓谷に下った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根の平峠に戻り、朝明渓谷に下った。
2
朝明渓谷駐車場から少し下ったところにある三休の湯で2日間の汗を流し、帰途についた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝明渓谷駐車場から少し下ったところにある三休の湯で2日間の汗を流し、帰途についた。
1

感想/記録

歩荷トレ第2弾は鈴鹿周遊。
選んだのは朝明渓谷の駐車場に車を置き、釈迦ヶ岳〜雨乞岳〜御在所山を経て、朝明渓谷に戻る周回コース。『山と高原地図』を見ると杉峠手前にテントサイトマークがある。ここまで行けたら…と思うが、多分無理だろう。そう思ってテントサイトを探しながら歩いていたら、途中で出会った方から「杉峠手前に信じられないような快適なテンバがあるからガンバレ!」と励まされ、頑張って行ってみると、正にその通り、登山道の左に水場がある格好の平坦地を見つけた。鈴鹿の歴史に詳しくないが、ここは御池鉱山に携わる人たちの集落跡のようだ。
2日目は雨乞岳から御在所山を越えて根の平峠に戻る予定だったが、1日目に頑張りすぎて疲れてしまったので、御在所山はカットしていただき、コクイ谷を下って根の平峠に戻った。コクイ谷は5年ほど前に歩いたことがあったが、その時はテープも少なく、薄暗い陰鬱な谷だったのに、今回は真新しいピンクのリボンが沢山あり、巻き道や徒渉点が分かりやすく、随分変わったものだと思った。
シロヤシオがまだ見られ、シャクナゲやコイワカガミも咲いていて、鈴鹿の魅力を十二分に堪能できた2日間だった。
訪問者数:302人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ