ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 874526 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

竜ヶ岳 (遠足尾根旧道から金山尾根へ)

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー whitewater
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宇賀渓駐車場:約50台。有料(500円)。トイレ有り。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間35分
休憩
13分
合計
5時間48分
S宇賀溪P08:1509:30大日向09:3210:51金山尾根降り口10:5211:21竜ヶ岳11:2911:57金山尾根降り口11:5813:22金山尾根入口13:2314:03宇賀溪PG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・遠足尾根(旧道)
 初め植林地の急登。その後は緩やかな長い尾根歩き。
 新道と合流後、上部で笹原に出ると快適な展望尾根となる。
・金山尾根
 緩急が交互に現れる林の中の尾根道。
 以前に比べ、かなり整備され、歩きやすくなった。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

【遠足尾根旧道】
林の中のなだらかな尾根歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【遠足尾根旧道】
林の中のなだらかな尾根歩き。
【きのこの山】
チョコは無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【きのこの山】
チョコは無い。
2
【ヤマツツジ】
真っ赤。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ヤマツツジ】
真っ赤。
1
【ヤマツツジ】
大人色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ヤマツツジ】
大人色。
【迷い羊】
三匹発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【迷い羊】
三匹発見。
2
【まだ遠い】
ここからは遠足気分で。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【まだ遠い】
ここからは遠足気分で。
1
【シロヤシオ】
竜にかざしてみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【シロヤシオ】
竜にかざしてみる。
1
【ブロッコリー】
冬の羊候補かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ブロッコリー】
冬の羊候補かな。
1
【シロヤシオ通り】
アーケードが低い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【シロヤシオ通り】
アーケードが低い。
1
【赤フチドリ】
葉の赤い縁ドリがオシャレ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【赤フチドリ】
葉の赤い縁ドリがオシャレ。
1
【御池岳】
割と近くに見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【御池岳】
割と近くに見える。
【ホタガ谷】
吸い込まれそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ホタガ谷】
吸い込まれそう。
【藤原岳】
タイラー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【藤原岳】
タイラー。
【寝そべってる竜】
足元には羊が少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【寝そべってる竜】
足元には羊が少し。
1
【羊の目で】
広〜い牧場だなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【羊の目で】
広〜い牧場だなあ。
4
【羊軍団】
雪崩みたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【羊軍団】
雪崩みたい。
1
【羊まつり】
絶賛開催中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【羊まつり】
絶賛開催中
2
【先頭はあそこだな】
今行くから待っとれよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【先頭はあそこだな】
今行くから待っとれよ。
1
【新たな競争相手出現】
何だ、あの軍団は。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【新たな競争相手出現】
何だ、あの軍団は。
1
【中道方面】
羊が数匹。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【中道方面】
羊が数匹。
1
【奥に御池】
手前は銚子岳か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【奥に御池】
手前は銚子岳か。
1
【真っ白羊発見】
真ん中ちょい左に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【真っ白羊発見】
真ん中ちょい左に。
2
【羊予備軍】
これからが楽しみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【羊予備軍】
これからが楽しみ。
4
【こっちにも】
いっぱい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【こっちにも】
いっぱい。
4
【かなり上がってきた】
山頂はもう少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【かなり上がってきた】
山頂はもう少し。
1
【二等三角点】
少し欠けてる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【二等三角点】
少し欠けてる。
4
【成長中】
白いのが目立ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【成長中】
白いのが目立ってきた。
4
【静と御池】
奥には御池がでかい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【静と御池】
奥には御池がでかい。
1
【がんばれ】
つい応援したくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【がんばれ】
つい応援したくなる。
1
【真っ白】
まるまる羊。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【真っ白】
まるまる羊。
1
【木陰から】
木陰は、ちょっと涼しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【木陰から】
木陰は、ちょっと涼しい。
1
【空には白竜】
地上には白いヒツジ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【空には白竜】
地上には白いヒツジ。
1
【大きな竜】
のっそのっそ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【大きな竜】
のっそのっそ。
1
【金山ひつじ】
これも白い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【金山ひつじ】
これも白い。
2
【グリーンシャワー】
ホッとする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【グリーンシャワー】
ホッとする。
1
【涼風の中で】
白滝を見ながら、ほんのりシャーベット。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【涼風の中で】
白滝を見ながら、ほんのりシャーベット。
1

感想/記録

去年が不発だっただけに、いやでも盛り上がる竜の羊祭り。
今年はシロヤシオの花付きがいいと前評判も高く、早々とレポも届き始める。
まだ早いとは知りつつも、好天予報にじっとしていられず竜に向かう。
駐車場に到着すると、予想通りの賑わいだ。
もうほぼ満車だった。
これじゃ、来週の休日はどうなることやら。

コースは、登り遠足尾根、下り金山尾根と、いつもと逆にした。
というのは、一度旧道を末端から登ってみたかったからだ。
何度かこの尾根を下ったが、この末端の処理が毎回違ってしまう。
この末端の急斜面の正解コースが知りたかった。

それにしても、登山者の数がすごかった。
下ってきて、登山届の枚数を見てびっくり。
竜では、下山したら。この中から自分の登山届を探さなければならない。
下山時刻を記入し提出しなければならないからだ。
でも、今回はすぐに探し出すことができた。
それは用紙の端をこっそり折っていたからだ。
あっ、ネタばらししてしまった。
もう、これは通用しないな。
次回まで、また別の手を考えておこう。
 
訪問者数:332人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/12/28
投稿数: 1735
2016/5/16 19:28
 着地は難しいですね。
whitewaterさん 今晩は。

遠足尾根の新道を使って一度登降しましたが、その時の足元が悪く
あまり良い印象が持てなくて、もっぱら大日向から旧道を下っています。
登る場合は最後の小尾根に乗れますが、下りはいつも誤差が生じて、
着地点がずれてしまいます。
方角を維持して下るのも難しいですね。
登録日: 2012/6/28
投稿数: 68
2016/5/17 14:46
 Re: 着地は難しいですね。
onetotaniさん、こんにちは。

やっぱりズレますか?(笑)
新道は無理矢理コースなので、あまり通りたくないですよね。
旧道は、道標の誘導もなく、このまま廃れていくのかと思うと残念です。
いい雰囲気のコースなのにね。
 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 三角点 雪崩
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ