ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 874529 全員に公開 雪山ハイキング十勝連峰

十勝岳

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー kurohima, その他メンバー1人
天候晴れのち薄雲り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
望岳台〜
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
1時間20分
合計
7時間30分
S望岳台04:5006:00十勝岳避難小屋07:401675M付近07:5009:101965M付近09:2010:00十勝岳10:2011:10十勝岳避難小屋11:5012:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前回登ったのが6月でそれよりは雪は残っていたがこの1週間でかなり融けたということです。避難小屋から上部の夏道露出度は50%くらいか、
その他周辺情報白銀荘でゆっくり温泉に浸かる
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

今日も天気は良いがもつかな?
2016年05月15日 04:13撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も天気は良いがもつかな?
十勝岳山頂がちょっとだけ見えます
2016年05月15日 04:13撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十勝岳山頂がちょっとだけ見えます
美瑛岳と十勝岳
2016年05月15日 04:13撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛岳と十勝岳
朝5時ころ駐車場
2016年05月15日 04:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝5時ころ駐車場
夕張の方ですね
2016年05月15日 06:03撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕張の方ですね
雪の残り具合は多い?少ない?
2016年05月15日 06:03撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の残り具合は多い?少ない?
朝早いので雪はまだ締まっています
2016年05月15日 06:03撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝早いので雪はまだ締まっています
先行者が一名見えます
2016年05月15日 06:03撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者が一名見えます
避難小屋に到着
2016年05月15日 06:04撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋に到着
駐車場がかなたに・・・
2016年05月15日 06:04撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場がかなたに・・・
左に十勝岳本峰
2016年05月15日 07:44撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に十勝岳本峰
ここから見ると雪はべったりとあります
2016年05月15日 08:23撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから見ると雪はべったりとあります
夏道の方が楽チン
2016年05月15日 08:23撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道の方が楽チン
美瑛岳の西斜面
2016年05月15日 08:23撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛岳の西斜面
大噴火しないでね
2016年05月15日 09:20撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大噴火しないでね
富良野岳とバックに夕張山地
2016年05月15日 09:20撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富良野岳とバックに夕張山地
頂上です
2016年05月15日 09:58撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上です
3
美瑛岳、美瑛富士、奥にトムラウシですね
2016年05月15日 09:58撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛岳、美瑛富士、奥にトムラウシですね
1
日高山系
2016年05月15日 09:58撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日高山系
富良野岳、奥に芦別岳、左に夕張岳だと思います
2016年05月15日 09:59撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富良野岳、奥に芦別岳、左に夕張岳だと思います
1
美瑛岳と大雪山系
2016年05月15日 10:00撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛岳と大雪山系
北大雪?
2016年05月15日 10:01撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北大雪?
正面にうっすらと雌阿寒岳と阿寒富士がみえているようです
2016年05月15日 10:01撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面にうっすらと雌阿寒岳と阿寒富士がみえているようです
再度富良野岳
2016年05月15日 10:02撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度富良野岳
富良野の景色
2016年05月15日 10:02撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富良野の景色
夏道を歩いている人がいます
2016年05月15日 10:02撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道を歩いている人がいます
美瑛岳に行くとするとこの斜面を下るのかな
2016年05月15日 10:03撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛岳に行くとするとこの斜面を下るのかな
道に迷いそうなのでやめ!
2016年05月15日 10:03撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道に迷いそうなのでやめ!
午後からは天気が崩れそうです
2016年05月15日 12:28撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後からは天気が崩れそうです
こんな火傷をするなんて・・・
2016年05月15日 12:29撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな火傷をするなんて・・・
1
白銀荘で購入したバッジです
2016年05月17日 10:11撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白銀荘で購入したバッジです
3
撮影機材:

感想/記録

天気予報で確実に晴れそうだったので土曜日夜札幌発、望岳台車中泊、十勝岳経由余裕があれば美瑛岳を計画。

予報通り朝4時の天気はほぼ快晴。しかしピーカンではなさそうな予感が・・・ヤマレコの今くらいのアップが少ないため雪の状況が分からなかったので一応アイゼン、ピッケルを携えていくことにしました。

避難小屋まではほぼ夏道がでています。その先は雪上を直登できると考えアイゼンを装着しました。最初は軽くクラストした雪面にアイゼンがよく効き快調だったのですが気温が上がってきたこともあり途中から踏み抜きの連続でツボ足だと体力消耗ばかりで前に進めません。仕方ないので夏道にもどりアイゼンをはずします。ここまでくると風が吹き始めており、おそらく普段から風が強いから雪がつかない→早く夏道が露出するのだろうと思いますが、せっかく好天無風の十勝岳から美瑛岳を十分に楽しもうという計画は暗礁に乗り上げたようです。

その後本峰への登りの雪田もツボ足ではごぼごぼ沈み込みペースが上がらないばかりかバテバテになってしまいました。こんなことならおとなしく先行者(2名いらっしゃったのですが、)の足跡を使わせてもらえばよかったと後悔しきりです。結局ここも夏道側にルートをとりますが、ここでもざれた斜面は雪融け直後でずぶずぶ沈み歩きにくかっです。頂上直下だけが雪で覆われており再度アイゼンを付けましたが、なくても問題はありませんでした。

頂上:相変わらず風は強いものの景色は最高です。日高から夕張、大雪、北大雪、暑寒別とあらゆる名だたる山々を見渡せました。で美瑛岳ですが、やはり風が強いのと初めて通るコースなので雲の平に戻るルートファインディングに今一つ自信が持て無かったので諦めることにしました。

10分ほど写真を撮りまくり下山することにします。少し下ったところでアイゼンをはずしお茶を沸かし昼食をとりました。このころには後続の登山者が次から次へと登ってきます。最初は人気ないねと言っていましたがみんなゆっくり出発だっただけのようでした。

さて、楽しい下りの始まりです。雪のあるところを選んで尻セードを試みますが、やはり雪の状態がぐしゃぐしゃなので思ったように滑りません。そういうところでは相変わらず、踏み抜きの繰り返しで、相方などは足が抜けなくなったと大騒ぎの果て靴を脱ごうとまでしていました。結局周りを掘り返し自分で自分の足を救出したそうですが・・・初めてピッケルが役に立ったといえます。

なんだかんだと春スキーヤーのバーンをズボズボ荒らしながら尻セードのベストポジションを選んでいるうちに後続の登山者が夏道を楽々下っていきます。滑った方が早いはずなのにいったい何だったのでしょう。

避難小屋までおりて再び長い休憩をとります。コーヒーを入れ、持ってきた行動食の消化合戦です。このときプリムスのバーナーで火傷をしてしまいました。火を消したつもりでいてそろそろかたずけようとバーナー部分をもったら実は弱火がついていたのでした。ギャー・・・指3本負傷です。

こののち白銀山荘によりお風呂につかり前回購入していなかった登山バッジを購入し帰路に着きました。




訪問者数:359人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ