ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 874647 全員に公開 ハイキング甲信越

バリ・ハイク 中津森でSOTA運用

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー saeki
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道・荒川支線入口付近にスペースを探して路駐
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間12分
休憩
2時間5分
合計
6時間17分
S林道・荒川支線入口07:5310:05中津森12:0013:00コル13:1014:10林道・荒川支線入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
予想以上に踏む跡が薄い。下りの際は、ルートファインディングが少し必要。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ 無線機
備考 赤布テープが役に立った

写真

水ヶ森林道入り口の太良峠
2016年05月15日 07:10撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水ヶ森林道入り口の太良峠
途中、帯那山登山口も
2016年05月15日 07:22撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、帯那山登山口も
水ヶ森に最も近い弓張峠。今度行く。
2016年05月15日 07:33撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水ヶ森に最も近い弓張峠。今度行く。
林道・荒川支線入口。事前に林道管理事務所に電話したところ、ゲートは壊れているけれど一般車両通行止めとのこと。ここから林道歩き3キロくらい。
2016年05月15日 08:04撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道・荒川支線入口。事前に林道管理事務所に電話したところ、ゲートは壊れているけれど一般車両通行止めとのこと。ここから林道歩き3キロくらい。
2.5万図に無い新しい林道。
2016年05月15日 08:27撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2.5万図に無い新しい林道。
登山口に使った最低コルにも林道ができていた。
2016年05月15日 08:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に使った最低コルにも林道ができていた。
このあたりからショートカットでコルへ。
2016年05月15日 08:46撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりからショートカットでコルへ。
ゆったりした尾根なので、縦走路のはずが踏み跡が薄い。
2016年05月15日 09:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆったりした尾根なので、縦走路のはずが踏み跡が薄い。
1344mピーク。この瓶の散乱が目印になっている。この山をめぐる歴史があるのだろう。
2016年05月15日 09:21撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1344mピーク。この瓶の散乱が目印になっている。この山をめぐる歴史があるのだろう。
偽ピークとのコル。赤布テープが無くなったので、枯れ木でマーキング。
2016年05月15日 10:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
偽ピークとのコル。赤布テープが無くなったので、枯れ木でマーキング。
頂上の標識。
2016年05月15日 10:17撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の標識。
頂上はこんな感じで展望もない。
2016年05月15日 12:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上はこんな感じで展望もない。
撮影機材:

感想/記録
by saeki

中津森でSOTA(Summits On The Air)運用。5QSO。430MHz。
主に甲府、静岡方面と交信できた。各局ありがとうございました。三重からバイクで山梨、長野とツーリングするハム局ともQSOできた。

御巣鷹山からの縦走記録があるので、少しは踏み跡があるかと思ったがかなり薄い。距離は短いがバリエーションハイクになった。
特に、ピストンしたので下りで二か所ほどわかりにくいところがあった。念のためと赤布テープ(下山時に回収)が役に立った。
登り口のコルからつめると、右からの尾根に登りつめる感じ。下りには、きっとこの尾根に引っ張られるだろうと、赤布テープ。
1344ピークとのコルから登りつめると、やはり右に延びる尾根の途中に、斜面から出る感じがした。ここも下りの時は、この尾根を直進してしまう恐れがあるので赤布テープ。
偽ピークとのコルに登りつめたが、ここも下山の際には、わかりにくい。かすかに踏み跡があるが、見過ごしてしまいそう。ところが赤布テープが無くなったので、枯れ木で目印。

誰もいないピークで過ごしたのち、下山にかかるが、高低差30mから40mくらいルートミス。南側に延びる明瞭な尾根に気持ちが引っ張られてしまった。トラックログに記録されている。
樹林にさえぎられて展望はないので、偽ピークが見えない。ちょっと下って、コルから1344ピークへ向かう尾根に乗る。しかし、その「ちょっと下る」というのが、漫然として歩いたので、この南尾根に行ってしまった原因だろう。さすがにこれはおかしいと気がつき、登り返して再度、コンパスで方向を確かめたつもりで歩きだしたが、やっぱり南尾根に行ってしまった。
枯れ木で目印をつけたはずだがと、見渡すが見通しがきかずわからない。
まわりをぐるっと見渡してみると、ゆったりとした特徴の乏しい起伏が現在地をわかりにくくしている。尾根も幅広いので、歩きやすそうなところを選んでいると、景色がまったく違う。ここで道迷いしたら、えらいことになるなと思った。二度も間違ったことが、不安を増した。
で、奥の手。トラックログを見て、ルートミスを確認し、枯れ木の目印を発見。
東に行かねばならないのに、南に下っているとわかっているつもりだったが、特徴の乏しい斜面ばかりのようで、その判断もぼんやりしたものだったのがいけない。
トラックログを見たのは何かカンニングしたようで自信喪失。
バリエーションだという自覚が不足していたのだろうと思う。

後は、赤布テープを見て迷いなく下る。確かに、これが無ければちょっとわかりずらいルート取りだった。二か所のテープは、正解。赤布テープの威力は素晴らしい。
今度は足りなくならないように多めに持って行こう。
訪問者数:103人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ