ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 874660 全員に公開 山滑走朝日・出羽三山

月山 BCスキー

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー whitefire
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
駐車料金は500円でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間5分
休憩
53分
合計
6時間58分
S姥沢口06:5907:15月山リフト山麓駅07:4507:55月山リフト山頂駅08:54牛首09:48月山09:5613:20姥ヶ岳13:3513:44月山リフト山麓駅13:55姥沢口13:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
気温が高いせいか、朝から雪は緩んでいました。
おかげでクトーは使わずシールだけで登れました。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

駐車場からモルゲンロートの朝日連峰方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からモルゲンロートの朝日連峰方面。
2
左から小朝日岳、大朝日岳、中岳、西朝日岳だと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から小朝日岳、大朝日岳、中岳、西朝日岳だと思います。
5
駐車場からスタートします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からスタートします。
1
ちょっと歩くとすぐに雪道になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと歩くとすぐに雪道になります。
1
こんな感じの雪道を15分くらい歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの雪道を15分くらい歩きます。
2
リフト乗り場が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト乗り場が見えました。
2
まだ運転開始まで40分くらいあるので空いてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ運転開始まで40分くらいあるので空いてます。
運転開始時にはいっぱい並んでました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
運転開始時にはいっぱい並んでました。
2
今シーズン初のリフト。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今シーズン初のリフト。
1
真っ白い山が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白い山が見えてきました。
2
リフト降り場からもいい景色です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト降り場からもいい景色です。
1
定番の写真。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番の写真。
4
シールを付けて月山を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シールを付けて月山を目指します。
1
稜線には登らず、斜面を巻いて行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線には登らず、斜面を巻いて行きます。
1
トレースがあると助かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースがあると助かります。
2
もうちょっとで雪が切れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょっとで雪が切れます。
ここからは夏道を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは夏道を登ります。
1
振り返って。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。
2
山頂の左側に鳥海山が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の左側に鳥海山が見えました。
4
三角点と存在感ありすぎの鳥海山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点と存在感ありすぎの鳥海山。
4
雪があったらどこまででも滑っていけそう。
奥には日本海も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪があったらどこまででも滑っていけそう。
奥には日本海も見えます。
2
この時は分からなかった蔵王山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時は分からなかった蔵王山。
最初は山頂から東の斜面を滑ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は山頂から東の斜面を滑ります。
3
登り返して次は南側。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返して次は南側。
1
四ツ谷を探して歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四ツ谷を探して歩きます。
2
中央は亀裂ありまくりなので右側を滑ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央は亀裂ありまくりなので右側を滑ります。
1
P1688からの月山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1688からの月山。
1
湯殿山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯殿山方面。
1
すぐ隣の姥ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ隣の姥ヶ岳。
1
人が入ると絵になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が入ると絵になる。
2
ドカンと落ちそうな亀裂。
底が見えないくらい深かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドカンと落ちそうな亀裂。
底が見えないくらい深かったです。
1
いつかは落ちるんでしょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつかは落ちるんでしょうね。
4
雪庇を飛び越して滑って行きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇を飛び越して滑って行きました。
3
姥ヶ岳に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姥ヶ岳に到着。
1
最後に月山全体。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に月山全体。
3
この四ツ谷の雪渓を滑りました。
上が繋がってないのでちょっと難儀。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この四ツ谷の雪渓を滑りました。
上が繋がってないのでちょっと難儀。
2
姥ヶ岳の山頂は広い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姥ヶ岳の山頂は広い。
3
コブ待ちの列。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブ待ちの列。
1
コブだらけの斜面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブだらけの斜面。
2
帰り道、湯殿山かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道、湯殿山かな。
2
同じく帰り道、月山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく帰り道、月山。
1

感想/記録

天気が良さそうなので日帰り強行軍で前から一度は行ってみたかった山形県の月山に行ってきました。
行きは会津、米沢を経由して下道で。
道の駅ごとに休憩してました。。
結局、8時間近くかかりました。

30分ほど仮眠して快晴の中、7時に駐車場を出発。
リフト乗り場に着いた時はまだ空いてました。
その後どんどん並んで100mくらいは並んだんじゃないでしょうか。
いっぱい並んだからか、天気が良かったからか分かりませんが、7:40頃にリフトが動き出しました。
リフト降り場に着くと、ほとんどの人はゲレンデに向かい、月山を目指すリフト組の先行者は2人のみ。
シールを貼って登り始めます。
斜面を巻きながら歩き、雪が切れたところで担ぎます。
荷物は重いし、岩々の登山道で大変でした。
斜度が緩くなると建物が見え出し山頂までもう少し。
三角点は神社の更に北側にありました。
とりあえず目に入った東側の斜面を滑りました。
登り返して今度は南側。
ルートをミスって笹原に当たっちゃいました。
またまた登り返してリフト降り場か見えていて狙っていた四ツ谷の雪渓。
しかし雪が切れていてどこから取り付いていいか分からない。
ちょうど足跡があったので向かってみると雪渓の近くに出られました。
真ん中は亀裂があったのを見ていたのでなるべく右側を滑ります。
斜度といい長さといい大満足でした。
さらに登り返して姥ヶ岳を目指します。
いっぱい滑った後だからひじょーに疲れた。
大休憩をして最後の滑走を始めます。
ちょっと浅めのコブを滑ったけど、やっぱり楽しい。
だけど長続きはしない。。
ちょいちょい休んでコブ斜面終了。
あとは雪が切れるところまで滑って無事下山完了。

本格的にスキーを始めて20年ちょっと。
毎年必ずゲレンデには行ってたけど、今シーズンはこれが初ゲレンデ。
それが滑り収めになりそう。
やっぱりバックカントリーの方が疲れるけど楽しい。
訪問者数:414人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ