ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 874879 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

蝶ヶ岳から残雪の槍穂を観賞

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー yarisan, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三股登山口
6時30分で7割程度
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間27分
休憩
2時間52分
合計
10時間19分
Sスタート地点06:4407:05三股登山口07:29ゴジラの木08:28まめうち平08:3811:12蝶ヶ岳11:16蝶ヶ岳ヒュッテ11:22蝶ヶ岳12:0112:03蝶ヶ岳ヒュッテ13:5814:04蝶ヶ岳14:0515:45まめうち平15:4616:19ゴジラの木16:2516:48三股登山口17:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山頂では蝶槍方面まで散策しています。
コース状況/
危険箇所等
まめうち平以降の標高2,000m標識過ぎた急斜面から残雪
登り:ノーアイゼン。Wストック でOKでした。
下山:念のためチェーンスパイク装着
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

林道を1K程歩き登山口到着。
去年はここから右の急登に取り付きましたが今日は左へ歩を進めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を1K程歩き登山口到着。
去年はここから右の急登に取り付きましたが今日は左へ歩を進めます。
1
力水過ぎでちょっとした急梯子を登ると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
力水過ぎでちょっとした急梯子を登ると
1
ご無沙汰のゴジさん登場。ちょっと老けました??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご無沙汰のゴジさん登場。ちょっと老けました??
1
まめうち平前の開けたところから振り返って常念方面
この青空。テンションMax!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まめうち平前の開けたところから振り返って常念方面
この青空。テンションMax!!
1
まめうちで小休止
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まめうちで小休止
いよいよ残雪が現れ始めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ残雪が現れ始めます。
樹林の中の急斜面続きますが、踏み跡に沿えばアイゼンなしでも大丈V
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林の中の急斜面続きますが、踏み跡に沿えばアイゼンなしでも大丈V
樹林抜けて最大急斜面。結構苦しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林抜けて最大急斜面。結構苦しいです。
もうすぐです。がちょっとガスが上がってきました。
テンション下がり惰性で登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐです。がちょっとガスが上がってきました。
テンション下がり惰性で登ります。
ふと見上げると、な・なんと槍さんが。
下がったテンションが一気に戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと見上げると、な・なんと槍さんが。
下がったテンションが一気に戻ります。
1
そして槍穂がドーン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして槍穂がドーン
2
稜線を境に見事にガスを止めています。
これぞ蝶念パワーの西風
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を境に見事にガスを止めています。
これぞ蝶念パワーの西風
3
全部が1枚に入らないのでパノラマで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全部が1枚に入らないのでパノラマで
2
槍さん中心に左は大キレット、右に大天井
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍さん中心に左は大キレット、右に大天井
2
槍さんアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍さんアップ。
3
奥穂、柄沢、北穂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂、柄沢、北穂
2
穂高の山頂がガスるも、槍さんだけは最後まで穂先をみせてくれていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高の山頂がガスるも、槍さんだけは最後まで穂先をみせてくれていました。
2
随分と下りましたがまだ2Kもあるぜよ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
随分と下りましたがまだ2Kもあるぜよ!
力水から下の登山道ではたくさんの花が迎えてくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
力水から下の登山道ではたくさんの花が迎えてくれました。
1
吊り橋を渡って無事帰ってきましたー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡って無事帰ってきましたー。

感想/記録

【天気と計画。そして実行】
あっという間にGWが過ぎ、次の週末の天気をチェックしていますと、
なっなんと木金に続き土日とも晴れ、指数Aではありませんか!
絶好の残雪北ア観賞Daysが訪れました。
木〜金がお釣がくるぐらいの晴れだったので、週末までもたないかもの懸念はありましたが、迎えて日曜日、朝から抜けるような青空が広がりました。
テンションMaxの中、三股から常念分岐を左折し蝶ヶ岳へと歩を進めます。
力水で力をもらい、ゴジラさんにご無沙汰をして尾根沿いを登り終えるとめうち平に到着。初夏を通り越して夏のような日差しと気温の中、既に汗びしょ、500mlの水分を費やしていました。
【残雪と期待。そしてキタァー】
「まめうち」から平坦な道を進み、標高2000mの看板過ぎから残雪登場です。
が、土交じりの腐り雪でアイゼンつけるまでもなく、やがて樹林帯の急登に差し掛かりますがここもアイゼン無しでステップ通りに歩を進め、ようやく樹林抜けた直登コースに出ました。
このころになると下界からガスが上がり始め、100%の眺望期待は50%ほどにダウン。加えてテンションも下がり気味で、惰性で山頂直下の残雪を進みます。
山頂や槍穂までもがガスっていたら、いの苦行はいったい何?との思い払拭できず、残雪道抜けハエマツ帯を抜け、槍の穂先を目で捉えることができた瞬間、30%ほどに下がった期待感が一気に振り切れんばかりの100%Maxに跳ね上がります。
一歩一歩進むごとに、槍の穂先がだんだん広がり、そしてついには見事な槍〜キレット〜穂高の全景が一気に視界に飛び込んできました。
「キタァー」の俗語はこのためにあるようなもんでしょう。
【1枚に全部入らねぇージャン】
そして目の前の前穂、奥穂、柄沢、北穂の大きさと、キレットに代表される急峻な山容に圧倒され、ちょっと気を抜くと2歩3歩後退りを覚える(ナイナイ)この絶景は蝶ヶ岳ならでは。
他のどの山頂からもそうは望めるものではないのではないでしょうか?
ここから見る北アを代表する槍ヶ岳〜キレット〜穂高連峰は大きすぎて、広すぎて、標準レンズではその全景が一枚に収まらねぇージャン、あっちこっち向けながらのシャッター押しまくりで山頂に辿り着きます。
山頂標識が「蝶ヶ岳山頂」を入れるとバックに穂高が写らず、「標高2,667」を入れると乗鞍方面が写らずでここでもシャッター押しまくりです。もっとも乗鞍方面はガスで眺望はいまひとつでしたが・・・。
【槍さんはガス知らず】
そんな中、単独ハイカーさんとも話が盛り上がり、気が付けば12時を過ぎていましたので早速担ぎあげたBeerと簡単な山飯のあと、ザックをヒュッテ前にデポして、なだらかな登山道を蝶槍方面へ散策です。
風もそれほど強くなく、増して日が照ると暖かさまで覚える中、目の前の穂高連峰は徐々にガスで山頂が隠されていきますが、槍ヶ岳の穂先だけは下山するまで隠れることなく見送ってくれていました。
【そして本日の山行きもチョーラッキー】
一時は諦めかけていたチョウ望期待が見事に復活、増してチョっとガスりかけたおかげで初夏の天気を思わせる中、まだまだ残雪多い雪渓を残した槍穂をはじめとする北ア全容を眺めることができ、蝶ヶ岳だけに「チョウ」ラッケーな岳行きでした。
訪問者数:633人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ