ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 874945 全員に公開 ハイキング甲信越

粟ヶ岳(北五百川)〜二回目のデビュー2周年記念お山歩です。二日遅ですけどネ。〜

日程 2016年05月16日(月) [日帰り]
メンバー k-kantaro
天候晴れ、気温が高く、暑かったです。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三条市のHPの「粟ヶ岳」「山開き」「会場までの地図」を参考に・・・。
http://www.city.sanjo.niigata.jp/eigyo/page00016.html

オイラはGoogleMapの航空写真で、駐車場を確認出来たので、
iPhone6で直接、ピンを打ちました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間0分
休憩
41分
合計
7時間41分
S粟ヶ岳登山口08:1708:37猿飛滝09:40薬師奥の院10:16天狗の水場11:14午の背12:17粟ヶ岳12:5513:28午の背14:46薬師奥の院15:38猿飛滝15:3915:56粟ヶ岳登山口15:5815:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ヤマレコ・デビューから二年と二日、曰因縁の粟ヶ岳に行ってきました。
コシジオウレンに恋い焦がれて、会いに出かけました。
コース状況/
危険箇所等
危険でないところも危険!(hamburg教訓)
気付いていない、油断と慢心が、一番の危険‼(kantaro 経験談)
ただいまと、出かけた姿そのままに、帰って来るのが自己責任‼。
自信満々にウソを書く。間違いが有ったら、是非、ご指摘ください。

駐車場に登山ポスト、トイレが有ります。
その他周辺情報近くにコンビニは有りません。
三条市、加茂市で買出しは、済ませて来るようにして下さい。

日帰り温泉「八木ヶ鼻温泉 いい湯らてい」
http://www.iiyuratei.com/
宿泊、日帰り温泉「越後長野温泉 嵐渓荘」
http://www.rankei.com/index.html
その他、オートキャンプ場やスノーピークの本社などが有ります。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

田植のすんだ田圃の向こう、いつもお世話になっている新津丘陵。そして、その向こう、これから向かう粟ヶ岳。・・・チョッと、遠いですネ。
2016年05月16日 06:44撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田植のすんだ田圃の向こう、いつもお世話になっている新津丘陵。そして、その向こう、これから向かう粟ヶ岳。・・・チョッと、遠いですネ。
1
「いい湯らてい」の側に車を止めて、粟ヶ岳を望みます。真ん中のテッペンに、行くゾ〜‼。
2016年05月16日 07:44撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「いい湯らてい」の側に車を止めて、粟ヶ岳を望みます。真ん中のテッペンに、行くゾ〜‼。
2
景勝「八木ヶ鼻」の壁、ハヤブサ繁殖地です。今年もヒナが巣立つのかナ?。
2016年05月16日 07:44撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景勝「八木ヶ鼻」の壁、ハヤブサ繁殖地です。今年もヒナが巣立つのかナ?。
1
この場所から、守門岳も良く見えます。今日は守門を眺めながらの登山です。
2016年05月16日 07:44撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この場所から、守門岳も良く見えます。今日は守門を眺めながらの登山です。
2
駐車場に着きました。出発前のオヤツは、SAVE-ONで買ったドーナッツ。約200kcal強。この駐車場に簡易トイレ、車道を少し戻った所に、新しい駐車場とバイオトイレが有ります。
2016年05月16日 08:00撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に着きました。出発前のオヤツは、SAVE-ONで買ったドーナッツ。約200kcal強。この駐車場に簡易トイレ、車道を少し戻った所に、新しい駐車場とバイオトイレが有ります。
1
ココから出発します。登山ポストと一合目の標識が見えます。このコースは一合目から始まります。さあ行きましょう。しばらく車道を歩きます。
2016年05月16日 08:15撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココから出発します。登山ポストと一合目の標識が見えます。このコースは一合目から始まります。さあ行きましょう。しばらく車道を歩きます。
2
車道は渓谷の脇を進みます。車道の山側には、農業用水が流れています。
2016年05月16日 08:24撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道は渓谷の脇を進みます。車道の山側には、農業用水が流れています。
その農業用水の取り入れ口。車道はココで終わりです。右手前のコンクリを渡って進みます。
2016年05月16日 08:28撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その農業用水の取り入れ口。車道はココで終わりです。右手前のコンクリを渡って進みます。
オヤ、マァ、立派な橋ですネ。(笑)。橋を渡ってしばらく進むと、二合目です。
2016年05月16日 08:33撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤ、マァ、立派な橋ですネ。(笑)。橋を渡ってしばらく進むと、二合目です。
1
こんな標識が道案内をしてくれます。標識には、山頂までの距離、次の合目までの距離、注意事項が書いて有ります。塗料が剥げて読みにくい部分も有りますけど、重宝です。旧下田村の仕事。いい仕事、してますネ〜。
2016年05月16日 08:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな標識が道案内をしてくれます。標識には、山頂までの距離、次の合目までの距離、注意事項が書いて有ります。塗料が剥げて読みにくい部分も有りますけど、重宝です。旧下田村の仕事。いい仕事、してますネ〜。
その標識の「猿飛滝」、上を見上げたけど、有りません。足元でした。滝の落ち口ですネ。標識通り、滑り易い注意です。
2016年05月16日 08:37撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その標識の「猿飛滝」、上を見上げたけど、有りません。足元でした。滝の落ち口ですネ。標識通り、滑り易い注意です。
1
尾根に取り付きました。両脇はイワウチワとイワカガミの葉。両方の花の跡が有ります。葉だけ見ても区別できませんネ。でも、標高が上がれば・・・期待しましょう。
2016年05月16日 08:48撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に取り付きました。両脇はイワウチワとイワカガミの葉。両方の花の跡が有ります。葉だけ見ても区別できませんネ。でも、標高が上がれば・・・期待しましょう。
2
「大ぶなの木」、樹齢推定400年と標識に書いて有りました。
2016年05月16日 08:49撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大ぶなの木」、樹齢推定400年と標識に書いて有りました。
3
ヤマツツジが色を添えてくれますが、足元に花は有りません。時期が変われば、ニガナあたりが咲くのかナ?。
2016年05月16日 09:01撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジが色を添えてくれますが、足元に花は有りません。時期が変われば、ニガナあたりが咲くのかナ?。
5
四合目「粟石跡」。以前、粟石と呼ばれる石が有り、昭和39年の新潟地震で沢まで転げ落ちたそうです。オイラの家は全壊でした。熊本地震に遭われた方々、お見舞い申し上げます。
2016年05月16日 09:12撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合目「粟石跡」。以前、粟石と呼ばれる石が有り、昭和39年の新潟地震で沢まで転げ落ちたそうです。オイラの家は全壊でした。熊本地震に遭われた方々、お見舞い申し上げます。
ココを登り切って振り返ると、目の前に守門岳がド〜ンと見えます。近くてデカい。
2016年05月16日 09:19撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココを登り切って振り返ると、目の前に守門岳がド〜ンと見えます。近くてデカい。
4
視線を変えると袴腰山と、そこから続く八木ヶ鼻が見えます。景色を楽しんだら進みましょう。
2016年05月16日 09:20撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視線を変えると袴腰山と、そこから続く八木ヶ鼻が見えます。景色を楽しんだら進みましょう。
2
「薬師の水場」を過ぎて、急登に喘いで顔を上げると、綺麗なブナ林が広がります。イイネ〜。
2016年05月16日 09:32撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「薬師の水場」を過ぎて、急登に喘いで顔を上げると、綺麗なブナ林が広がります。イイネ〜。
1
五合目の「粟薬師」に着きました。小屋が有りますけど、羽虫がすごいので、素直に通過します。袴腰山から粟ヶ岳に続く尾根までは、もう少しです。
2016年05月16日 09:38撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目の「粟薬師」に着きました。小屋が有りますけど、羽虫がすごいので、素直に通過します。袴腰山から粟ヶ岳に続く尾根までは、もう少しです。
尾根に出ました。ブナの根元で休憩します。ココまで角田一つ登った勘定、この先、あと弥彦一つ。ツラいネ〜。
2016年05月16日 09:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ました。ブナの根元で休憩します。ココまで角田一つ登った勘定、この先、あと弥彦一つ。ツラいネ〜。
さてと、気を取り直して進みましょう。
2016年05月16日 09:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてと、気を取り直して進みましょう。
加茂からのコースの七合目、粟ヶ岳(砥沢)ヒュッテが見えました。加茂からのコースは要所にベンチが有りますが、コッチのコースは一つも無い。
2016年05月16日 09:58撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加茂からのコースの七合目、粟ヶ岳(砥沢)ヒュッテが見えました。加茂からのコースは要所にベンチが有りますが、コッチのコースは一つも無い。
1
オオカメノキを撮ったのではなくて、青空を撮ったのです。足元の花も顔を出してくれて、楽しんでいます、ツラいけど・・・。
2016年05月16日 10:51撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキを撮ったのではなくて、青空を撮ったのです。足元の花も顔を出してくれて、楽しんでいます、ツラいけど・・・。
4
このコースのハイライト、「午の背」です。風もなく、乾いていれば、ただの尾根です。でも油断大敵‼。
2016年05月16日 11:21撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコースのハイライト、「午の背」です。風もなく、乾いていれば、ただの尾根です。でも油断大敵‼。
4
九合目の先から、山頂を望みます。最後はキツかった。足が上がらない。筋力、体力無いネ。
2016年05月16日 11:54撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九合目の先から、山頂を望みます。最後はキツかった。足が上がらない。筋力、体力無いネ。
1
アゴを出して、喘ぎながら、這い上がって来ました。二等三角点、基準点名「粟ケ嶽」標高1,292.57m。ツラい、キツい・・・、でも、楽しい。
2016年05月16日 12:16撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アゴを出して、喘ぎながら、這い上がって来ました。二等三角点、基準点名「粟ケ嶽」標高1,292.57m。ツラい、キツい・・・、でも、楽しい。
4
ランチにします。SAVE-ONのサンドイッチとおにぎり。オヤツラーメンを含めて約550kcal弱。
2016年05月16日 12:25撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチにします。SAVE-ONのサンドイッチとおにぎり。オヤツラーメンを含めて約550kcal弱。
3
霞に浮かぶ、飯豊連峰。
2016年05月16日 12:43撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞に浮かぶ、飯豊連峰。
2
浅草岳の右奥に燧ケ岳の頭が見えます。
2016年05月16日 12:44撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅草岳の右奥に燧ケ岳の頭が見えます。
3
守門岳は近くてデカい。
2016年05月16日 12:44撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
守門岳は近くてデカい。
1
加茂からの登山口方面。遠く霞んで弥彦山、角田山が見えます。いつも向こうから、コチラを眺めている。
2016年05月16日 12:45撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加茂からの登山口方面。遠く霞んで弥彦山、角田山が見えます。いつも向こうから、コチラを眺めている。
下田方面の麓。袴腰山から八木ヶ鼻が見えます。
2016年05月16日 12:45撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下田方面の麓。袴腰山から八木ヶ鼻が見えます。
再び、浅草岳と燧ケ岳のアップ。そろそろ、下山しましょう。
2016年05月16日 12:45撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び、浅草岳と燧ケ岳のアップ。そろそろ、下山しましょう。
1
「午の背」を上から眺めると、こんな感じ。
2016年05月16日 13:15撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「午の背」を上から眺めると、こんな感じ。
4
再び守門岳、浅草岳。今年も、行きたいですネ〜。
2016年05月16日 14:03撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び守門岳、浅草岳。今年も、行きたいですネ〜。
「粟薬師」を過ぎました。下に降りていく道が見えます。素敵なブナ林です。癒されながら、気を緩めないように・・・。
2016年05月16日 14:49撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「粟薬師」を過ぎました。下に降りていく道が見えます。素敵なブナ林です。癒されながら、気を緩めないように・・・。
橋まで下りて来ました。あともう少しです。油断しないように・・・。お疲れ様でした。
2016年05月16日 15:40撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋まで下りて来ました。あともう少しです。油断しないように・・・。お疲れ様でした。
今日はこの娘に会いに来たのダ。ネットで遊んでいた時、この娘の写真が目に留まり、恋い焦がれていました。七合目まで登って、やっと会えたヨ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はこの娘に会いに来たのダ。ネットで遊んでいた時、この娘の写真が目に留まり、恋い焦がれていました。七合目まで登って、やっと会えたヨ。
4
ミツバノバイカオウレン(三葉の梅花黄蓮)。でもね、オイラが惹かれたのは、別名、コシジオウレン(越路黄蓮)の名前だからです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバノバイカオウレン(三葉の梅花黄蓮)。でもね、オイラが惹かれたのは、別名、コシジオウレン(越路黄蓮)の名前だからです。
8
「常緑の多年草。根出葉は3出複葉で、小葉は倒卵状クサビ形になり、上半分に鋸歯があり、質はかたくてやや厚い。花期は5-8月。高さ7-15cmになる褐色を帯びた花茎を出し、ふつう1個の花を上向きにつける。花の径は12-15mm、白い花弁にみえるのは萼片で5枚あり、楕円形。花弁は蜜を分泌し、黄色で萼片より小さい。」(Wiki)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「常緑の多年草。根出葉は3出複葉で、小葉は倒卵状クサビ形になり、上半分に鋸歯があり、質はかたくてやや厚い。花期は5-8月。高さ7-15cmになる褐色を帯びた花茎を出し、ふつう1個の花を上向きにつける。花の径は12-15mm、白い花弁にみえるのは萼片で5枚あり、楕円形。花弁は蜜を分泌し、黄色で萼片より小さい。」(Wiki)。
1
どうです、可愛いでしょう。小さい花の中に、色々な色が入っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうです、可愛いでしょう。小さい花の中に、色々な色が入っています。
4
白い花弁にみえるのは萼片で、中央の緑が雌蕊、その回りに雄蕊、そして、黄色いものが花弁です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い花弁にみえるのは萼片で、中央の緑が雌蕊、その回りに雄蕊、そして、黄色いものが花弁です。
7
右の花が咲いたばかりのようで、これから雄蕊が展開して、葯の色が変わっていくと思われます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の花が咲いたばかりのようで、これから雄蕊が展開して、葯の色が変わっていくと思われます。
3
愕編の数は、変化が多いみたいで、この花は9枚有ります。5枚の物が多いですけど、それ以上の物も沢山有りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愕編の数は、変化が多いみたいで、この花は9枚有ります。5枚の物が多いですけど、それ以上の物も沢山有りました。
1
カタクリと相性が良いのか、一緒に咲いていました。キクバオウレンもカタクリ、雪割草のそばが好きですから・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリと相性が良いのか、一緒に咲いていました。キクバオウレンもカタクリ、雪割草のそばが好きですから・・・。
1
オイラ、初見ですけど、こんなカラフルな花だと、思っていませんでした。雌蕊が膨らんでくると、また表情を変えるのでしょうネ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オイラ、初見ですけど、こんなカラフルな花だと、思っていませんでした。雌蕊が膨らんでくると、また表情を変えるのでしょうネ。
3
カタクリ(片栗)は、多くは有りませんでした。見慣れた弥彦、角田のモノに比べ、小振りです。久々に会ったこともあり、やはり可愛いですネ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリ(片栗)は、多くは有りませんでした。見慣れた弥彦、角田のモノに比べ、小振りです。久々に会ったこともあり、やはり可愛いですネ。
1
違う個体なのですけど、アングルが一緒でスミマセン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
違う個体なのですけど、アングルが一緒でスミマセン。
1
ショウジョウバカマ(猩々袴)の花も久しぶり。頂上付近はまだ蕾でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ(猩々袴)の花も久しぶり。頂上付近はまだ蕾でした。
1
麓はこんな姿でした。(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓はこんな姿でした。(笑)
イワウチワ(岩団扇)の時期は、もう終わりなのでしょうネ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウチワ(岩団扇)の時期は、もう終わりなのでしょうネ。
1
数えるほどしか、見つけることはできませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数えるほどしか、見つけることはできませんでした。
3
オオイワカガミ(大岩鏡)。コチラは少し花期が遅いので、山頂付近では蕾も多くありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオイワカガミ(大岩鏡)。コチラは少し花期が遅いので、山頂付近では蕾も多くありました。
2
こんな感じの、白い花も多かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの、白い花も多かったです。
5
二株、見つけましたが、一株は花が半分落ちていました。この娘も、オイラ、初見です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二株、見つけましたが、一株は花が半分落ちていました。この娘も、オイラ、初見です。
3
ヒメイチゲ(姫一華)です。粟ヶ岳で会えるとは、思ってもいませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメイチゲ(姫一華)です。粟ヶ岳で会えるとは、思ってもいませんでした。
7
山頂直下、最初はスミレサイシンと思っていたけど、どこか雰囲気が違う。花の色、葉の形、わからないので、とりあえず写真を撮ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下、最初はスミレサイシンと思っていたけど、どこか雰囲気が違う。花の色、葉の形、わからないので、とりあえず写真を撮ってきた。
2
調べてみたら、ミヤマスミレ(深山菫)らしい。山頂直下の急登で、なにしろヘロヘロな状態なので、観察と撮影が満足にできない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
調べてみたら、ミヤマスミレ(深山菫)らしい。山頂直下の急登で、なにしろヘロヘロな状態なので、観察と撮影が満足にできない。
2
コチラは葉に斑が入っているので、フイリミヤマスミレ(斑入深山菫)と言う事になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コチラは葉に斑が入っているので、フイリミヤマスミレ(斑入深山菫)と言う事になる。
1
当たるも八卦、当たらぬも八卦。でも艶やかな色をしていますネ。素敵です。ミヤマスミレなら、オイラ、初見になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当たるも八卦、当たらぬも八卦。でも艶やかな色をしていますネ。素敵です。ミヤマスミレなら、オイラ、初見になります。
4
コレはナガハシスミレ(長嘴菫)。その他、アワガタケスミレという名前のスミレが咲くらしく、花はナガハシスミレとそっくりで、葉が三角計・・・知らなかった。知っていれば、探したのに・・・残念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コレはナガハシスミレ(長嘴菫)。その他、アワガタケスミレという名前のスミレが咲くらしく、花はナガハシスミレとそっくりで、葉が三角計・・・知らなかった。知っていれば、探したのに・・・残念。
2
この娘は、オオバキスミレ(大葉黄菫)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この娘は、オオバキスミレ(大葉黄菫)。
4
コチラはニョイスミレ(如意菫)。麓で撮影しました。山頂直下にも咲いるのにビックリ。1,000mの標高差で、同じ花が、同じ日に、咲いている事に違和感を感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コチラはニョイスミレ(如意菫)。麓で撮影しました。山頂直下にも咲いるのにビックリ。1,000mの標高差で、同じ花が、同じ日に、咲いている事に違和感を感じます。
3
コチラは山頂直下のニョイスミレ(如意菫)。ニョイスミレの亜高山型変種でミヤマツボスミレが有ります。でも写真はコレ、一枚・・・。ウ〜〜〜ン、残念。確認できない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コチラは山頂直下のニョイスミレ(如意菫)。ニョイスミレの亜高山型変種でミヤマツボスミレが有ります。でも写真はコレ、一枚・・・。ウ〜〜〜ン、残念。確認できない。
1
コレもビックリ、ヒメサユリ(姫小百合)が咲いていました。・・・期待していなかったので。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コレもビックリ、ヒメサユリ(姫小百合)が咲いていました。・・・期待していなかったので。
7
下山時に二輪、見つけました。今日開いたのかもしれませんネ。と言いつつ、この花は、少し虫食いですか?。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時に二輪、見つけました。今日開いたのかもしれませんネ。と言いつつ、この花は、少し虫食いですか?。
4
ココからは撮影した順番で他の花を。最初はタニウツギ(谷空木)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココからは撮影した順番で他の花を。最初はタニウツギ(谷空木)。
3
コシノチャルメルソウ(越の哨吶草)の果実。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コシノチャルメルソウ(越の哨吶草)の果実。
3
緑のマムシグサ(蝮草)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑のマムシグサ(蝮草)。
1
ヒロハテンナンショウ(広葉天南星)。花はいくつ咲いているでしょうか?。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒロハテンナンショウ(広葉天南星)。花はいくつ咲いているでしょうか?。
ツクバネソウ(衝羽根草 )。思いっ切り地味ですネ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツクバネソウ(衝羽根草 )。思いっ切り地味ですネ。
3
ヤマツツジ(山躑躅)の雄蕊は、5本ですネ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジ(山躑躅)の雄蕊は、5本ですネ。
2
チゴユリ(稚児百合)は多くは有りませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チゴユリ(稚児百合)は多くは有りませんでした。
1
ユキツバキ(雪椿)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユキツバキ(雪椿)。
1
ハウチハカエデ(葉団扇楓)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハウチハカエデ(葉団扇楓)。
1
ウスバサイシン(薄葉細辛)。葉の影を探さないと見つかりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウスバサイシン(薄葉細辛)。葉の影を探さないと見つかりません。
2
ミヤマシキミ(深山樒)。コレは雄花ですネ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマシキミ(深山樒)。コレは雄花ですネ。
1
ココから下山時です。エチゴキジムシロ(越後雉子筵)。一応、葉の数を数えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココから下山時です。エチゴキジムシロ(越後雉子筵)。一応、葉の数を数えました。
1
ユキグニミツバツツジ(雪国三つ葉躑躅)。コチラの雄蕊は10本。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユキグニミツバツツジ(雪国三つ葉躑躅)。コチラの雄蕊は10本。
3
タムシバ(匂辛夷 )。雄蕊、雌蕊の様子が面白いので・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タムシバ(匂辛夷 )。雄蕊、雌蕊の様子が面白いので・・・。
2
タムシバ(匂辛夷 )。休憩のかわりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タムシバ(匂辛夷 )。休憩のかわりです。
タムシバ(匂辛夷 )。・・・(笑)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タムシバ(匂辛夷 )。・・・(笑)。
2
タムシバ(匂辛夷 )。雄蕊が展開しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タムシバ(匂辛夷 )。雄蕊が展開しています。
1
ウラジロヨウラク(裏白瓔珞)。ツツジ科です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク(裏白瓔珞)。ツツジ科です。
4
最後は、生まれたばかりの、ギンリョウソウ(銀竜草)。コレも、ツツジ科なんですネ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は、生まれたばかりの、ギンリョウソウ(銀竜草)。コレも、ツツジ科なんですネ。
3
今日のご褒美、セイヒョーの桃太郎。新潟の人間はみんな知っています。約50kcalです。気を引き締めて、安全運転。ご清聴ありがとうございました。
2016年05月16日 16:39撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のご褒美、セイヒョーの桃太郎。新潟の人間はみんな知っています。約50kcalです。気を引き締めて、安全運転。ご清聴ありがとうございました。
3
撮影機材:

感想/記録

ツラい、キツい、でも、楽しい、お山歩になりました。
粟ヶ岳は、オイラが手首を骨折した山です
いつも、ゲンを担ぐと言うか、色々な意味で緊張する山です。
トラウマですかネ。・・・でも行く。・・・負けたくない。
子供みたいですネ。・・・笑ってください。

ヤマレコでコース状況、危険個所の欄が有りますけど、
登山コースですし、オイラが判断する事項では無いと、考えています。
状況は刻々と変わるし、個人の技量も、その時の疲労度も違います。
人の判断を当てにせず、自分自身で判断することが大切だと思います。
五分前に安全だった場所が、危険個所に変身する事も有りますし、
ヤーメタと帰ってしまう、余裕みたいな物を、常に持ちたいと思います。
怪我してからでは、遅いですから・・・。

今日は、会いたい娘に会えたし、
考えてもいなかった、出会いも有りました。
チョッと調子に乗って、アブナイ部分も有りましたけど、
今日は、自分で自分を褒めてやりたいと思います。
120点をあげましょう。・・・いかがですか?。
訪問者数:453人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/2/4
投稿数: 8
2016/5/28 21:39
 探していた花の名前がわかりました!
はじめまして、先日私もこのコースを歩いていましたが、ミツバノバイカオウレン
がわからなく色々とネットで検索しておりました。
この花がとっても可愛らしく咲いていましたね。名前がわかり感謝!です。
ありがとうございます
ウスバサイシンの花も見つけられて、うらやましいです。
登録日: 2014/4/27
投稿数: 136
2016/5/29 9:40
 Re: 探していた花の名前がわかりました!・・・bekazuさんへ
こちらこそ、はじめまして。
可愛かったですネ、コシジオウレン(オイラはコッチの名前が好きです)。
ウスバサイシンは弥彦でも咲きますヨ‼・・・来年のお楽しみ。
ヒメイチゲも新潟の里山では見た事なかったので、嬉しかったです。
話は変わりますが、アルビは勝てないネ。
負けなくなったから、まだいいけど・・・。
これからもよろしく‼。(笑)

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ