ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 875257 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走屋久島

屋久島 宮之浦岳(淀川登山口→山頂→高塚小屋→白谷雲水峡)

日程 2016年05月13日(金) 〜 2016年05月15日(日)
メンバー muku-muku
天候13日:晴れ 14日:雨 15日:雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 船、 飛行機
12日:富山県 砺波駅前07:40→名古屋駅前11:00(高速バス¥3,500)→名鉄名古屋11:20→中部国際空港11:48(名鉄ミュースカイ¥1,230特急券込み)→中部国際空港12:45→鹿児島空港14:10(ジェットスターGK693便 座席指定料込み¥3,900)→鹿児島空港14:30→鹿児島中央駅前15:10(高速連絡バス¥1,250)→鹿児島中央駅前15:48→谷山港 七つ島16:34(ハイビスカス連絡路線バス¥380)→谷山港18:00→屋久島宮之浦港 13日:翌日07:00(貨物船ハイビスカス¥3,600)→宮之浦港08:40→合庁前09:15(路線バス¥800)→合庁前09:16→ヤクスギランド09:59(路線バス¥760) ヤクスギランド散策 ヤクスギランド14:12→紀元杉14:32(路線バス¥310)→徒歩で淀川登山口へ 登山口まで計¥15,730
15日:白谷雲水峡11:40→宮之浦港12:15(路線バス¥520)→レンタカー受取り
16日:宮之浦港10:00→鹿児島港12:45(ロケット¥8,800 宮之浦港10:00→鹿児島港12:35の便もあり)→鹿児島港12:51→鹿児島空港13:50(高速バス¥1,250)→鹿児島空港16:15→中部国際空港17:35(ジェットスターGK694便 座席指定料込¥7,490)→中部国際空港18:06→名鉄名古屋18:35(名鉄ミュースカイ¥1,230特急券込み)→名古屋駅前19:10→富山県砺波駅前22:25(高速バス¥3,500) 下山口から計¥22,790 往復¥38,520(レンタカー代¥5,000除く)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間30分
休憩
0分
合計
1時間30分
S紀元杉14:3815:14淀川登山口16:08淀川小屋
2日目
山行
9時間21分
休憩
27分
合計
9時間48分
淀川小屋05:2507:07小花之江河07:22花之江河07:43黒味岳分かれ10:03栗生岳10:30宮之浦岳10:4711:05焼野三叉路11:47坊主岩13:30新高塚小屋14:43高塚小屋14:53縄文杉15:0315:13高塚小屋
3日目
山行
5時間38分
休憩
5分
合計
5時間43分
高塚小屋05:4205:54縄文杉07:09ウィルソン株07:1407:34大株歩道入口08:36楠川分れ09:45辻峠10:17白谷山荘11:04さつき吊り橋11:10飛龍おとし11:25白谷広場11:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

中部国際空港を飛び立ち、空路でまずは鹿児島を目指す。 写真は高知県 室戸岬
2016年05月12日 13:21撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中部国際空港を飛び立ち、空路でまずは鹿児島を目指す。 写真は高知県 室戸岬
1
鹿児島空港から鹿児島中央駅前まで高速バス、さらに路線バスを乗り継いで、谷山港(七ッ島)からフェリー(ほぼ貨物船)ハイビスカスに乗船。
2016年05月12日 17:00撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿児島空港から鹿児島中央駅前まで高速バス、さらに路線バスを乗り継いで、谷山港(七ッ島)からフェリー(ほぼ貨物船)ハイビスカスに乗船。
夕暮れの開聞岳。
2016年05月12日 19:29撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れの開聞岳。
一夜明けて種子島を出港、日の出を迎える。
2016年05月13日 05:33撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一夜明けて種子島を出港、日の出を迎える。
屋久島が目前に迫る。
2016年05月13日 06:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屋久島が目前に迫る。
宮之浦港に着岸。 下船したのは今後同じルートを辿るおっさん3人(私を含め)と、異邦人3名。
2016年05月13日 07:06撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮之浦港に着岸。 下船したのは今後同じルートを辿るおっさん3人(私を含め)と、異邦人3名。
宮之浦港からバスに乗車(08:40)し、合庁前にて紀元杉行バスに乗り換えて淀川登山口を目指す。
2016年05月13日 09:46撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮之浦港からバスに乗車(08:40)し、合庁前にて紀元杉行バスに乗り換えて淀川登山口を目指す。
淀川登山口へ向かうにはまだまだ時間が早いので、途中下車して「ヤクスギランド」に立ち寄る。 なんちゃらランドと云う割にはカク安の300円の協力金を納めて入園する。
2016年05月13日 10:12撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淀川登山口へ向かうにはまだまだ時間が早いので、途中下車して「ヤクスギランド」に立ち寄る。 なんちゃらランドと云う割にはカク安の300円の協力金を納めて入園する。
ヤクスギランドには時間と体力に応じて30、50、80、150分コースの周遊散策路が設定されている。 わたしは、次のバス乗車時刻まで4時間ほど有ったので150分コースを選択。
2016年05月13日 10:42撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤクスギランドには時間と体力に応じて30、50、80、150分コースの周遊散策路が設定されている。 わたしは、次のバス乗車時刻まで4時間ほど有ったので150分コースを選択。
??スミレ(種が同定できたら記載変更します。)
2016年05月13日 10:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
??スミレ(種が同定できたら記載変更します。)
迫力の巨木を初めて目の当たりにする。
2016年05月13日 11:25撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力の巨木を初めて目の当たりにする。
倒れてしまった、「蛇紋杉」
2016年05月13日 12:06撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒れてしまった、「蛇紋杉」
天柱杉
2016年05月13日 12:33撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天柱杉
母子杉
2016年05月13日 12:35撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
母子杉
なかなかの迫力。
2016年05月13日 12:37撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの迫力。
ふかふか、もふもふの苔。
2016年05月13日 12:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふかふか、もふもふの苔。
エメラルド色の清流。
2016年05月13日 12:59撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エメラルド色の清流。
どっしりと構える「仏陀杉」。 見た目とは裏腹に、だいぶ弱ってきているとか…
2016年05月13日 13:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どっしりと構える「仏陀杉」。 見た目とは裏腹に、だいぶ弱ってきているとか…
1
自然の造形。
2016年05月13日 13:19撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然の造形。
定番の「くぐり杉」
2016年05月13日 13:19撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番の「くぐり杉」
1
ヤクスギランドを堪能し、改めて淀川登山口を目指す。
2016年05月13日 14:12撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤクスギランドを堪能し、改めて淀川登山口を目指す。
バスの終点「紀元杉」を見学。 紀元杉は終点のバス停から100mほど戻った場所にいらっしゃいます。
2016年05月13日 14:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの終点「紀元杉」を見学。 紀元杉は終点のバス停から100mほど戻った場所にいらっしゃいます。
1
これもなかなかの迫力。
2016年05月13日 14:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもなかなかの迫力。
1
この辺りで多く見かけた、「フタリシズカ」。
2016年05月13日 14:53撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りで多く見かけた、「フタリシズカ」。
1
林道沿いにある「川上杉」。
2016年05月13日 14:55撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道沿いにある「川上杉」。
紀元杉バス停から標高差で100mほど登ると、淀川登山口に到着。
2016年05月13日 15:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀元杉バス停から標高差で100mほど登ると、淀川登山口に到着。
おもしろい枝ぶりの巨木。
2016年05月13日 15:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おもしろい枝ぶりの巨木。
淀川小屋に到着。
2016年05月13日 16:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淀川小屋に到着。
まずは水の確保。 屋久島の登山道ではこうした川や沢の流れから水を確保するのが一般的らしい。
2016年05月13日 16:32撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは水の確保。 屋久島の登山道ではこうした川や沢の流れから水を確保するのが一般的らしい。
小屋の喧騒をさけるために、独りテントを設営する。
2016年05月13日 16:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の喧騒をさけるために、独りテントを設営する。
日没までの時間を利用して付近を散策する。
2016年05月13日 17:22撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日没までの時間を利用して付近を散策する。
抜群の透明度を誇る「淀川」(よどごう)。
2016年05月13日 17:24撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜群の透明度を誇る「淀川」(よどごう)。
だいぶん暗くなってきた。
2016年05月13日 17:28撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶん暗くなってきた。
夜空の「北斗七星」は明日の好天の兆しか?
2016年05月13日 22:15撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜空の「北斗七星」は明日の好天の兆しか?
1
テントを撤収する際、テントには夜露も下りておらず、手早く作業をこなせた。 しかし、すぐになにやら空から落ちて来た。
2016年05月14日 05:24撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを撤収する際、テントには夜露も下りておらず、手早く作業をこなせた。 しかし、すぐになにやら空から落ちて来た。
天気予報や昨晩の星空から、全く雨天を考慮していなかったので、まさかの雨にかなり戸惑う。
2016年05月14日 05:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気予報や昨晩の星空から、全く雨天を考慮していなかったので、まさかの雨にかなり戸惑う。
けっこう本降りになってきて、ようやく事態を認識した。 どうやら、想定外の雨具を装備しなければならないようだ。
2016年05月14日 06:12撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこう本降りになってきて、ようやく事態を認識した。 どうやら、想定外の雨具を装備しなければならないようだ。
淡々と高度を稼ぐ。
2016年05月14日 06:29撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡々と高度を稼ぐ。
時折り現われる奇妙な枝ぶりの樹木。
2016年05月14日 06:35撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折り現われる奇妙な枝ぶりの樹木。
小花之江河に到着。
2016年05月14日 07:07撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小花之江河に到着。
本州で見かける高層湿原とはかなり違った趣。
2016年05月14日 07:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本州で見かける高層湿原とはかなり違った趣。
本当に良く整備された登山道。
2016年05月14日 07:12撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に良く整備された登山道。
少し進んだところで、今度は「花之江河」に到着。
2016年05月14日 07:23撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進んだところで、今度は「花之江河」に到着。
登山道で多く見かける謎の白い花の木。
2016年05月14日 07:36撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道で多く見かける謎の白い花の木。
種が同定できたら、更新します。
2016年05月14日 07:38撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
種が同定できたら、更新します。
新芽がとてもカラフルで美しい。
2016年05月14日 08:16撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新芽がとてもカラフルで美しい。
岩の配置も絶妙。
2016年05月14日 08:22撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の配置も絶妙。
だいぶん標高が上がって来たので、「マムシグサ」も小さくなってきた。 もっとも、本州ではこの標高でマムシグサは存在しない。
2016年05月14日 08:24撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶん標高が上がって来たので、「マムシグサ」も小さくなってきた。 もっとも、本州ではこの標高でマムシグサは存在しない。
花崗岩の岩肌はザラザラしているので、見た目よりもスリップしない。
2016年05月14日 08:36撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花崗岩の岩肌はザラザラしているので、見た目よりもスリップしない。
登山道兼、水路。
2016年05月14日 08:51撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道兼、水路。
「脳岩」?
2016年05月14日 09:13撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「脳岩」?
山頂部でも水がこの透明度。
2016年05月14日 09:20撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部でも水がこの透明度。
やっとこさで、九州最高峰の「宮之浦岳」に登頂。 しかし、視程は数百メートル。
2016年05月14日 10:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさで、九州最高峰の「宮之浦岳」に登頂。 しかし、視程は数百メートル。
1
そのため、どうしても見える範囲の植物に目が行く。
2016年05月14日 11:04撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのため、どうしても見える範囲の植物に目が行く。
祠の有る岩屋で雨を避けて休憩する登山者。
2016年05月14日 11:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠の有る岩屋で雨を避けて休憩する登山者。
少しすすんだら、「ヤクシカ」さんと遭遇。
2016年05月14日 12:01撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しすすんだら、「ヤクシカ」さんと遭遇。
1
芝刈り機の様に笹の新芽をもしゃもしゃ食べていた。
2016年05月14日 12:04撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芝刈り機の様に笹の新芽をもしゃもしゃ食べていた。
シャクナゲも多く見られるようになってきた。
2016年05月14日 12:24撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲも多く見られるようになってきた。
花が開くにつれて、赤色から白色へと変化する。
2016年05月14日 12:24撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花が開くにつれて、赤色から白色へと変化する。
足の置き場所に困る階段。
2016年05月14日 12:48撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足の置き場所に困る階段。
ヒメシャラの大木。
2016年05月14日 12:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメシャラの大木。
花崗岩のゲート。
2016年05月14日 13:00撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花崗岩のゲート。
標高が下がるにつれて、また巨樹が姿を現し始めた。
2016年05月14日 13:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が下がるにつれて、また巨樹が姿を現し始めた。
切り株の上から、さらに樹木が育つ。(切り株更新)
2016年05月14日 13:15撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切り株の上から、さらに樹木が育つ。(切り株更新)
何がどうなっているのか分からないが、自然の躍動を感じる。
2016年05月14日 13:17撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何がどうなっているのか分からないが、自然の躍動を感じる。
もはや、いろいろな植物の集合体。
2016年05月14日 13:21撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もはや、いろいろな植物の集合体。
1
新高塚小屋を通過。
2016年05月14日 13:31撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新高塚小屋を通過。
バオバブ風の巨樹。
2016年05月14日 13:42撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バオバブ風の巨樹。
1
高塚小屋に到着。 時間的に今日はこの小屋で宿泊することとなった。
2016年05月14日 14:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高塚小屋に到着。 時間的に今日はこの小屋で宿泊することとなった。
小屋からさらに10分程先にに居る、「縄文杉」に初のご対面。
2016年05月14日 14:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋からさらに10分程先にに居る、「縄文杉」に初のご対面。
1
一夜明けて山行最終日、「高塚小屋」を出発する。 今のところ雨は降っていないが、曇天模様。
2016年05月15日 05:42撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一夜明けて山行最終日、「高塚小屋」を出発する。 今のところ雨は降っていないが、曇天模様。
この辺りは巨樹の密集地帯。
2016年05月15日 05:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは巨樹の密集地帯。
1
今朝の「縄文杉」は重厚感があり、また違った趣。
2016年05月15日 05:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今朝の「縄文杉」は重厚感があり、また違った趣。
「縄文杉」に別れを告げる。
2016年05月15日 05:56撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「縄文杉」に別れを告げる。
縄文杉直下の水場。
2016年05月15日 06:11撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縄文杉直下の水場。
整備された木道を進む。
2016年05月15日 06:28撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された木道を進む。
あなたはだれ?
2016年05月15日 06:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あなたはだれ?
巨樹を覆う、苔も密になってきた。
2016年05月15日 07:06撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨樹を覆う、苔も密になってきた。
突然、石を敷き詰めれれた広場に出たので辺りを見回すと、「ウィルソン株」が静かに鎮座していた。
2016年05月15日 07:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然、石を敷き詰めれれた広場に出たので辺りを見回すと、「ウィルソン株」が静かに鎮座していた。
中に入ってみると、下調べどおり小さな祠が鎮座し、小さな小川が流れていた。 
2016年05月15日 07:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中に入ってみると、下調べどおり小さな祠が鎮座し、小さな小川が流れていた。 
ウィルソン株を後にして先へ進む。
2016年05月15日 07:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウィルソン株を後にして先へ進む。
トロッコ道の始まる「大株歩道入口」に到着する。 ここで、初めて縄文杉がお目当ての登山者をお見かけする。 このあと、日曜日という事もあり、登山ガイドが引き連れる縄文杉ツアーの団体と多数すれ違う。
2016年05月15日 07:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トロッコ道の始まる「大株歩道入口」に到着する。 ここで、初めて縄文杉がお目当ての登山者をお見かけする。 このあと、日曜日という事もあり、登山ガイドが引き連れる縄文杉ツアーの団体と多数すれ違う。
大株歩道始点の沢。
2016年05月15日 07:35撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大株歩道始点の沢。
トロッコ道を行くと、なんだか列車の運転士の気分になり、歩く速度も速くなる。
2016年05月15日 07:48撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トロッコ道を行くと、なんだか列車の運転士の気分になり、歩く速度も速くなる。
途中で幾つもの沢を渡るが、皆が歩く場所を少しでも外すと(沢の撮影のために橋の欄干に行くとか…)、恐ろしく滑り、沢へ転落する危険あり!
2016年05月15日 08:17撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で幾つもの沢を渡るが、皆が歩く場所を少しでも外すと(沢の撮影のために橋の欄干に行くとか…)、恐ろしく滑り、沢へ転落する危険あり!
楠川別れからトロッコ道と分かれて辻峠へ向かう。
2016年05月15日 09:11撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楠川別れからトロッコ道と分かれて辻峠へ向かう。
峠付近で雨のピークとなったが、今日は午前中で山行を終える予定なので、雨具を着ずに強硬突破することにした。
2016年05月15日 09:42撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠付近で雨のピークとなったが、今日は午前中で山行を終える予定なので、雨具を着ずに強硬突破することにした。
辻峠を越えると、また巨樹が現われ始めた。
2016年05月15日 09:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辻峠を越えると、また巨樹が現われ始めた。
この辺りでさらに雨が強く降ってきたので、苔の水滴を撮影する。
2016年05月15日 09:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りでさらに雨が強く降ってきたので、苔の水滴を撮影する。
白谷雲水峡の名所、「苔むす森」に到着。
2016年05月15日 10:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷雲水峡の名所、「苔むす森」に到着。
この場所に限らないが、カメラの内部レンズが湿気で結露してしまい、ぼやっとした写真しか撮影できない。
2016年05月15日 10:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この場所に限らないが、カメラの内部レンズが湿気で結露してしまい、ぼやっとした写真しか撮影できない。
しかし、これが功を奏して?ソフトな画に仕上がった。
2016年05月15日 10:18撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、これが功を奏して?ソフトな画に仕上がった。
この辺りでは何でも苔むす。 ずぶ濡れの私にも苔が生えてしまうような感覚。
2016年05月15日 10:24撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りでは何でも苔むす。 ずぶ濡れの私にも苔が生えてしまうような感覚。
雲水峡のくぐり杉。(背の大きい方は迂廻路あり)
2016年05月15日 10:24撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲水峡のくぐり杉。(背の大きい方は迂廻路あり)
しっとり、もふもふ。
2016年05月15日 10:29撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっとり、もふもふ。
1
誰かが葉っぱを加工して置いて行ったようだ。
2016年05月15日 10:38撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰かが葉っぱを加工して置いて行ったようだ。
重厚感を醸し出す木目。
2016年05月15日 10:44撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重厚感を醸し出す木目。
木に着生した苔を苗床に、草花が咲く。
2016年05月15日 11:06撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木に着生した苔を苗床に、草花が咲く。
飛流落としの滝
2016年05月15日 11:12撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛流落としの滝
白谷雲水峡入口にようやくたどり着く。 この辺りで好天となり、気温が上昇。 結果、レンズがまたも激しくくもる。
2016年05月15日 11:25撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷雲水峡入口にようやくたどり着く。 この辺りで好天となり、気温が上昇。 結果、レンズがまたも激しくくもる。
ここからは、レンタカーでの島内時計周りの旅に移行。 この滝は「竜神の滝」。
2016年05月15日 15:44撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは、レンタカーでの島内時計周りの旅に移行。 この滝は「竜神の滝」。
次は「千尋(せんぴろ)滝」。
2016年05月15日 15:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は「千尋(せんぴろ)滝」。
アップで… 落差は60m。
2016年05月15日 15:59撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで… 落差は60m。
中間ガジュマル
2016年05月15日 17:15撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間ガジュマル
ヒメルギの木(マングロ−ブの木)
2016年05月15日 17:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメルギの木(マングロ−ブの木)
1
日本の滝・百選 大川の滝(落差88m)
2016年05月15日 17:46撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本の滝・百選 大川の滝(落差88m)
島の南西側の県道沿いに多く見られた謎のイモ科の植物。
2016年05月15日 17:56撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
島の南西側の県道沿いに多く見られた謎のイモ科の植物。
その、県道南西側の道が極端に細くなると、
2016年05月15日 18:01撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その、県道南西側の道が極端に細くなると、
その道はもはや人間のものではなく、ヤクシカとヤクザルの縄張りだった。
2016年05月15日 18:23撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その道はもはや人間のものではなく、ヤクシカとヤクザルの縄張りだった。
1
クルマで進むと、
2016年05月15日 18:28撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマで進むと、
とにかく、
2016年05月15日 18:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく、
そこかしこで猿と鹿に出会う。
2016年05月15日 18:52撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこかしこで猿と鹿に出会う。
ところどころで、以前に噴火騒ぎを起こした「口永良部島」を眺める事ができる。
2016年05月15日 18:56撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころで、以前に噴火騒ぎを起こした「口永良部島」を眺める事ができる。
永田地区からの撮影なので、「永田岳」でしょうか?
2016年05月15日 19:05撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
永田地区からの撮影なので、「永田岳」でしょうか?
いなか浜で日没となった。
2016年05月15日 19:11撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いなか浜で日没となった。
1
浜には産卵を終えたウミガメの足跡が幾筋も残されている。
2016年05月15日 19:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浜には産卵を終えたウミガメの足跡が幾筋も残されている。
屋久島最終日、宮之浦港から高速船で帰途につく。
2016年05月16日 09:49撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屋久島最終日、宮之浦港から高速船で帰途につく。
途中で種子島に寄る便を選択したので、種子島に寄港。 灯台はH2型ロケットがモチーフの様子。
2016年05月16日 10:44撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で種子島に寄る便を選択したので、種子島に寄港。 灯台はH2型ロケットがモチーフの様子。
屋久島上陸の際に利用した「ハイビスカス」が寄港していた。
2016年05月16日 10:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屋久島上陸の際に利用した「ハイビスカス」が寄港していた。
鹿児島空港に到着! ロビーには恐らく実物大であろう、縄文杉のパネルが掲出されていた。
2016年05月16日 15:23撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿児島空港に到着! ロビーには恐らく実物大であろう、縄文杉のパネルが掲出されていた。
一路、名古屋経由で自宅へ向かう。
2016年05月16日 16:52撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一路、名古屋経由で自宅へ向かう。
1
撮影機材:
訪問者数:466人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/29
投稿数: 127
2016/5/19 21:20
 始めまして!
屋久島遠征お疲れ様でした。同じコースを6月3日から山中2泊で予定しています。目的はヤクシマシャクナゲ鑑賞も、、蕾みなど付き始めましたね。後は天気ですが、屋久島は天気は期待できないですね!
登録日: 2013/11/9
投稿数: 12
2016/5/20 12:41
 Re: 始めまして!
ねぎらいのお言葉ありがとうございます! 1月に格安航空会社の飛行機を予約して、今回の山行に臨みました。 屋久島の通年の雨量データを見ると、5月が比較的降水量が少ないことと、暑いのがニガテだった事が決め手となり、今回の日程となりました。 ちなみに、地元富山での予報では出発日から4、5日は晴れが続く予報だったので正直、入山日までの好天もあり、ここまで雨に降られるとは思ってもみませんでした。 そして、この雨ですが、なんと島の周囲(沿岸部)では降ってはいないのです。 どうやら海から吹き付ける湿った風が山腹を駆け上がる際に、標高千メートル以上程の所に雲を作り、終日シトシトと雨を降らせるようなのです。 この状況を回避するには、太平洋高気圧が十分に張り出した状態になるのを待つか(梅雨明け後)、移動性高気圧が島の上空を通過するタイミングで入山する必要があるようです。 もっとも、シャクナゲなどのお花や深い森、苔の鑑賞に直射日光はむしろ邪魔なので天候によって楽しむジャンルを変えてみるのも良いかもしれませんね。 それでは、気を付けて屋久島をお楽しみください!
登録日: 2010/6/13
投稿数: 24
2016/5/22 21:31
 屋久島独行お疲れ様でした
muku-mukuさんこんにちわ
いや〜muku-mukuさんの行動力には、いつも頭が下がります。
私なら屋久島は晩酌付のツアーでなければ行かないかもしれませんよ。
これからも益々のご活動期待しております!
シルバーウルフより
登録日: 2013/11/9
投稿数: 12
2016/5/23 19:36
 Re: 屋久島独行お疲れ様でした
コメントありがとうございます! silverwolfさんも日帰で12時間、標高差1,500mの山行をこなすなど、まだまだバリバリですね。 この屋久島ですが、格安航空会社ジェットスター(成田〜鹿児島なら¥6,000くらいから)が名古屋からでており、島まで富山の自宅から片道1万円未満で行く事ができたので思い切ってトライしました。 当初の計画では最終日に開聞岳に登頂してから帰ろうかと思ったのですが、宮之浦岳山行の行程が押してしまった事と、当日悪天候が予想されたので今回は断念しました。 しかし、今度は霧島山をからめて再挑戦しようかと企んでおります。 お互い、無理をせず安全登山でヤマを楽しみましょう !

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ