ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 875293 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

快晴の高原山へ

日程 2016年05月12日(木) [日帰り]
メンバー tonebubu
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小間々台駐車場から周回。
トイレは山の駅たかはら または 大間々台駐車場。 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間0分
休憩
45分
合計
5時間45分
S小間々駐車場06:0006:25大間々駐車場07:10八海山神社07:30剣ヶ峰07:3508:40高原山09:1010:00剣ヶ峰10:0510:55大入道11:0011:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手書きです。
コース状況/
危険箇所等
特に危険なところはありませんが、剣が峰から釈迦ヶ岳に向かう際の北斜面は急峻で、一部木の根の張り出しや滑りやすい場所もあるので注意が必要です。
その他周辺情報矢板温泉 城の湯 http://www.yaita-onsen-shironoyu.jp/
矢板温泉 まことの湯 http://www.yaitaonsen.com/
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

6:00ちょうど、小間々台Pからスタート。
左へ進みます。帰りは正面から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:00ちょうど、小間々台Pからスタート。
左へ進みます。帰りは正面から。
緩やかな斜面を快調快適にすすみます。自然の色ってほんとに調和するね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな斜面を快調快適にすすみます。自然の色ってほんとに調和するね。
心地よい風。空と雲が気持ちいい@大間々台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心地よい風。空と雲が気持ちいい@大間々台。
1
大間々台から見晴らしコースへ林道を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大間々台から見晴らしコースへ林道を進む。
いよいよ登り開始!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ登り開始!
遠くからみる筑波山はお気に入り。
前日までは、この山並みの左端のほうの標高200mくらいの山に散歩に行くつもりでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くからみる筑波山はお気に入り。
前日までは、この山並みの左端のほうの標高200mくらいの山に散歩に行くつもりでした。
富士山もばっちり見えた。写真でわかるかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もばっちり見えた。写真でわかるかな?
1
もういっちょ筑波山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もういっちょ筑波山。
もういっちょ富士山。八海山神社までもうちょっと。
この辺はガレ場です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もういっちょ富士山。八海山神社までもうちょっと。
この辺はガレ場です。
釈迦ヶ岳もみえた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳もみえた。
八海山神社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八海山神社。
2
矢板市最高点なんですね。釈迦ヶ岳は矢板じゃなかったんだ(^^;;;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢板市最高点なんですね。釈迦ヶ岳は矢板じゃなかったんだ(^^;;;
剣が峰(分岐)を過ぎて一つ目のピークを過ぎたあとの下り、アカヤシオたくさん咲いてました。この日はここだけだったかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣が峰(分岐)を過ぎて一つ目のピークを過ぎたあとの下り、アカヤシオたくさん咲いてました。この日はここだけだったかな。
1
アカヤシオの奥に釈迦ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオの奥に釈迦ヶ岳。
釈迦ヶ岳が真正面。最後の急登に向けて力をためながら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳が真正面。最後の急登に向けて力をためながら。
最後の急登を終えて、頂上は目の前!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の急登を終えて、頂上は目の前!
会津駒ケ岳のほう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会津駒ケ岳のほう。
1
日光のほう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光のほう。
1
アカヤシオ地帯まで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオ地帯まで戻ってきました。
1
アカヤシオに力をもらって登り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオに力をもらって登り返し。
往路は撮り忘れた、剣が峰の分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路は撮り忘れた、剣が峰の分岐。
剣が峰。眺望はないです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣が峰。眺望はないです。
剣が峰から、こんな道をさくさく進む。明瞭だしとても歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣が峰から、こんな道をさくさく進む。明瞭だしとても歩きやすい。
北斜面はこちらも急峻。時々崩れてるところがあります。
登山道より少し下のほうにシロヤシオがちらほらと見られました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斜面はこちらも急峻。時々崩れてるところがあります。
登山道より少し下のほうにシロヤシオがちらほらと見られました。
これか。すげーでかい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これか。すげーでかい!
1
大入道到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大入道到着。
SENKENDAMA。ロゴをアップで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
SENKENDAMA。ロゴをアップで。
大入道から適度な傾斜の下りをサクサク進みます。すれ違う人もほとんどなく、風にそよぐ笹の音、鳥たちのさえずりが気持ちよく耳に響いてくる。自然は音も調和するね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大入道から適度な傾斜の下りをサクサク進みます。すれ違う人もほとんどなく、風にそよぐ笹の音、鳥たちのさえずりが気持ちよく耳に響いてくる。自然は音も調和するね。
かなり下ってきました。ここからちいさな沢沿いに下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり下ってきました。ここからちいさな沢沿いに下っていきます。
左からの沢と合流。ここからは沢を右に左に何度か変えながら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左からの沢と合流。ここからは沢を右に左に何度か変えながら。
1つ目の沢超え。水がきれい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1つ目の沢超え。水がきれい!
1
沢を超えた先の道がちょっとわかりづらいかも。岩と木の幹に赤字で描かれた地味な矢印と、その先にあるロープも目印に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を超えた先の道がちょっとわかりづらいかも。岩と木の幹に赤字で描かれた地味な矢印と、その先にあるロープも目印に。
ロープ沿いに進み、はしごを超えていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ沿いに進み、はしごを超えていきます。
広い尾根を横切って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い尾根を横切って
2つ目の沢越え。こちらは水が枯れてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の沢越え。こちらは水が枯れてました。
ゴールは目前。もう斜面はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールは目前。もう斜面はありません。
きもちいい〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きもちいい〜
帰ってきました。駐車場に出たとたんの暑さにびっくりしながらのゴールでした(^^;;;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰ってきました。駐車場に出たとたんの暑さにびっくりしながらのゴールでした(^^;;;

感想/記録

父1人だけ休日となったこの日。
近場で軽く足慣らしか高原山か・・・迷った末に、目覚めた時間で決めることに決定(笑)
で、早く目覚めたので高原山に向かうことにしたのでした。

高原山は数年前に一度家族で登った山でしたが、ずっと灰色の中で、しかも自分は下山開始直後に「急で激な」腹痛に見舞われたという、ある意味印象的な山(^^;;;

リベンジっていうのも変ですが、またいつかはと思っていた山です。
とはいえ、それなりの行程の登山としては初のソロ登山になるので、
不安交じりで登山口へと向かいました。

まずは大間々台を目指してスタート。
気持ち良い林の中を緩やかに登っていきます。

大間々台から林間コースを行くか見晴らしコースを行くか迷いましたが、
天気が良かったので見晴らしコースへ。
10分ほどの林道歩きから登山道に入ると、いよいよ本格的に登り開始。

左手の視界が開けると、関東平野の先に富士山が。
あとですれ違った方の話からすると、この後1時間程度でちょうど雲に隠れてしまったみたいです。
早起きが報われた(^^)

剣ヶ峰から先は、北側斜面がかなり急峻。
道幅はしっかりあるけど、根の張り出しに気を付けながら歩く。
前日の雨の影響で少し滑りやすい部分もありました。
最後の急斜面は、登りよりも下りが大変なイメージ。

そして頂上へつくと、まだ誰もいない。
しばし快晴の頂上を独り占め。
早起きが報われた\(^o^)/

帰りは剣ヶ峰を経由して大入道方面へ。
ここからは完全に初めてのルート。
アップダウンも少なくこれまで以上に歩きやすい道を進みます。

北斜面、ルートのやや下のほうにシロヤシオもちらほら見えました。

縄文躑躅を過ぎ、大入道で一服したらあとは下るのみ。
一気に高度を下げ、沢を2本超えたらゴール地点。

花の時期は外したようですが、その分登山者も少なくて、
自然の音と空気と色を十分に感じることができました。

帰りは矢板市の温泉に行こうかとも思いましたが、
帰路の途中にあるこちらにしました。

まほろばの湯 湯親館
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/2586/

訪問者数:106人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 高原 ガレ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ