ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 875367 全員に公開 ハイキング奥秩父

水干、笠取

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー motch, その他メンバー1人
天候概ね晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
↓(R410)
作場平橋P
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間18分
休憩
1時間6分
合計
4時間24分
S作場平橋駐車場08:4109:07一休坂分岐09:50笠取小屋09:5110:01雁峠分岐10:0210:12小さな分水嶺10:1310:25水干(多摩川源頭部)10:2610:31水干尾根分岐10:44笠取山10:47笠取山西峰10:4811:09笠取山西11:1011:12小さな分水嶺11:1311:23笠取小屋12:2112:50一休坂分岐12:5113:05作場平橋駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
このルートはGPSロガーでトレースしています。
コース状況/
危険箇所等
特にありません。相変わらず快適なコースです。
その他周辺情報山梨方面に行くと大菩薩登山口の少し下に大菩薩の湯。
奥多摩方面に行くと、丹波山村ののめこい湯。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

作場平橋から2時間足らずでこの景色。もっと人気出てもいいお山だと思いますが、何しろ地味だしアプローチも悪いからなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作場平橋から2時間足らずでこの景色。もっと人気出てもいいお山だと思いますが、何しろ地味だしアプローチも悪いからなあ。
小さな分水嶺。荒川、富士川、多摩川の分水嶺です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺。荒川、富士川、多摩川の分水嶺です。
水干。多摩川の1滴目。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干。多摩川の1滴目。
水神社。この1滴目が昔の人々にとっていかに大事なものかが伝わるでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水神社。この1滴目が昔の人々にとっていかに大事なものかが伝わるでしょうか。
笠取てっぺん。相変わらず素晴らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取てっぺん。相変わらず素晴らしい。
笠取からの下りを振り返って。笠取小屋から直接登る人は、この急登をひーひー言いながら登っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取からの下りを振り返って。笠取小屋から直接登る人は、この急登をひーひー言いながら登っていました。
水干沢。昨年秋に遡上。沢登り初心者向けですが、美渓です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干沢。昨年秋に遡上。沢登り初心者向けですが、美渓です。

感想/記録
by motch

昨夏に同じ山域の飛龍山を一緒に歩いた、
前の会社の元同僚、今はただの友だちになったTくん。
お山に強い興味を抱いているのはいいのだけど、
何しろ仕事が大変忙しく、運動不足。

このほど、やっと少し落ち着いたとかで、
足慣らし程度で、かつ静かなお山に連れて行ってほしい、
ということだったので、しからばこちらはいかが、
ということで、ここ1年で3度目の笠取を選びました。

笠取はアプローチが悪いし、地味だし、
知名度もあまり高くないだけに、
いつ登っても癒されるいいお山です。
Tくんも、大いに満足してくれたようです。

ただ、もう少し身体を作ってくださいな。
もっとあなたの好きそうないいお山に連れていきたいから。

などと思った、のんびりハイキングでした。
訪問者数:109人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アプローチ 急登 分水嶺
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ