ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 875388 全員に公開 沢登り丹沢

西丹沢ボウズクリの沢 わらじはじめ

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー ryuji1115(CL), YAMA555indigoXXX, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
仲間と合流するために朝霞へ。圏央道経由で東名へ出て大井松田ICで下りる。その後した道。駐車場はないので、路肩スペースへ駐車。不老山に登る車が1台先行で停まっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間18分
休憩
35分
合計
7時間53分
S棚沢キャンプ場前08:5211:58ボウズクリ沢12:3214:56栗ノ木日蔭山14:5716:39火打沢(ヒイチ沢)16:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートはEtrex20xのGPSデータです。
コース状況/
危険箇所等
●参考資料
東京起点 沢登りルート120
山と高原地図「丹沢」

●ボウズクリの沢
出だしでいきなり20mのボウズクリの沢を巻くところから始まります。
途中、ほぼ滝を巻き巻きで沢登りというか土壁登りという印象でした。
YAMAとしては、いざという時のロープ無しだとちょっと嫌な登りでしたが、仲間は無くても行けちゃう感じでした。
最後の方まで藪漕ぎがなく尾根につきあがったので、藪漕ぎの苦戦が無いのは楽だったかも。

●稜線出てから
一度登りあげ稜線に出たら西側の不老山のハイキング道に出るまでは比較的なだらか。若干笹っぽいところもありますが、樹林帯歩きできついところはなし。登山道に出たら、その後も1箇所崩落地があるものの比較的整備されて歩き易い登山道を下れました。
その他周辺情報●温泉
山北駅の隣にある「さくらの湯」にて汗を流しました。400円也。
100円返却式下駄箱、100円返却式ロッカー有小銭用意すべし。
風呂は露天もあります。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

不老山ハイキングコースから入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不老山ハイキングコースから入ります。
つり橋を渡って茶畑を右方向へ沢にぶつかるまで少し歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つり橋を渡って茶畑を右方向へ沢にぶつかるまで少し歩く。
堰堤が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤が見えてきた。
いきなり美滝、ボウズクリの滝。
下段5m上段20m。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり美滝、ボウズクリの滝。
下段5m上段20m。
2
下段、左側から登る。3人はノーロープ。自分含む3人は念のため出してもらう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下段、左側から登る。3人はノーロープ。自分含む3人は念のため出してもらう。
2
下段を登ったところからボウズクリの滝を眺める。
滝の美しさが沢登りにきたって感じるひととき。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下段を登ったところからボウズクリの滝を眺める。
滝の美しさが沢登りにきたって感じるひととき。
1
上段は登れないので左側を巻く。結構斜度があるのでロープ出してもらう。indgoさんは寒さに待ちきれず確保無しで登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段は登れないので左側を巻く。結構斜度があるのでロープ出してもらう。indgoさんは寒さに待ちきれず確保無しで登る。
ボウズクリを巻くと見えてくる滝。これも一気に巻く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボウズクリを巻くと見えてくる滝。これも一気に巻く。
結構斜度あるが、木があるので自分も確保無しで登ります。ただ近くにロープがあると安心なので出してもらった後に登り始めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構斜度あるが、木があるので自分も確保無しで登ります。ただ近くにロープがあると安心なので出してもらった後に登り始めました。
1
ボウズクリの滝の次の3段の巻き中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボウズクリの滝の次の3段の巻き中。
次に見えてきた滝。3m,5m,5m。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次に見えてきた滝。3m,5m,5m。
1
これも右側から巻く。最初は比較的緩い巻き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも右側から巻く。最初は比較的緩い巻き。
途中トラバースするような箇所もある。トラロープが張ってあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中トラバースするような箇所もある。トラロープが張ってあった。
8m、堰堤とそのまま巻いてしまった。
これで前半が終了。わらじはじめとはいえ、巻き巻きですね。
11:00なので一旦休憩する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8m、堰堤とそのまま巻いてしまった。
これで前半が終了。わらじはじめとはいえ、巻き巻きですね。
11:00なので一旦休憩する。
1
後半スタート。細かい沢を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半スタート。細かい沢を登る。
1
沢の景色きれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の景色きれいです。
1
6m、8mの沢か。
これも登れずに右側から巻く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6m、8mの沢か。
これも登れずに右側から巻く。
ここはフィックスを張って登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはフィックスを張って登る。
12:07
落ち口で第2の休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:07
落ち口で第2の休憩。
これが逆くの字かな?トップがいきます。
スタンス乏しいがさくっと登ってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが逆くの字かな?トップがいきます。
スタンス乏しいがさくっと登ってました。
2
仲間はみんな右を行く。
自分は左側水流沿いをシャワークライムして久々の沢を堪能。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仲間はみんな右を行く。
自分は左側水流沿いをシャワークライムして久々の沢を堪能。
2
だいぶ水流は少なくなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ水流は少なくなってきた。
光と影の陰影がきれいなんですよね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光と影の陰影がきれいなんですよね。
2
しばらくは細かい滝を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは細かい滝を行く。
この滝も巻く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝も巻く。
巻いているとなんと登山道っぽい道が出てきて、とりあえずたどっていくと沢に下りてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻いているとなんと登山道っぽい道が出てきて、とりあえずたどっていくと沢に下りてきた。
さらに登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに登る。
細かい滝を登りながら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細かい滝を登りながら。
簡単な滝。このくらいが続くと楽しいのに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
簡単な滝。このくらいが続くと楽しいのに。
2
苔がキレイだったのでアップで撮ってみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔がキレイだったのでアップで撮ってみた。
1
だいぶ沢スジが細くなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ沢スジが細くなってきた。
二股を2度通り進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二股を2度通り進む。
1
分岐を過ぎると登り先が明るくなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を過ぎると登り先が明るくなってきた。
1
沢が涸れたので左の尾根に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が涸れたので左の尾根に向かう。
尾根に乗り上げるとフェンスがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗り上げるとフェンスがありました。
ピークから番ヶ平に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークから番ヶ平に向かう。
無事に不老山ハイキングコースにぶつかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に不老山ハイキングコースにぶつかった。
1
靴を履き替えて下山開始。途中崩落箇所があり、登山道は迂回していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
靴を履き替えて下山開始。途中崩落箇所があり、登山道は迂回していました。
道標めっけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標めっけ。
崩落箇所は展望が利いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落箇所は展望が利いた。
無事に下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山。
つり橋を渡って車へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つり橋を渡って車へ向かう。
下山後は山北駅隣のさくらの湯にて汗を流し、反対側にある食事処「しみず」で軽く食べて帰宅。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は山北駅隣のさくらの湯にて汗を流し、反対側にある食事処「しみず」で軽く食べて帰宅。
2

感想/記録

今年は雪解けも随分と早く先週は28℃を記録する異常気象。例年だと6月から動きだしますが、この気象に引きずられ前倒しで「わらじはじめ」となりました。リーダーの決めた遡行地は西丹沢のボウズクリの沢。東京基点沢登りルート120を読むと比較的濡れない巻きが主となる沢ということでした。

号沿いの路肩には既に1台駐車している。おそらく不老山へのハイキングだろう。なんとか車2台のスペースが残っていたので2台駐車して遡行準備を始める。今回は取りつきが近いので最初から沢足袋を履き出発することにした。
吊り橋を渡って、茶畑を過ぎ沢沿いに歩き始めて堰堤を超えたところで入渓する。いきなりの大滝が目の前に現れる、ボウズクリの滝だ。高さもあって美麗な滝であるがいかんせん登れない。最初から高巻きとなるが、斜度もきつく足場が土で悪いのでロープを出してもらっての登り。
結局その後も巻き巻きで進み、途中1箇所沢水を浴びたくて水流を登って頭から水をかぶって登った。この時期にしては想像以上に冷たくない沢水に少々驚きながら、やっぱり濡れてこそ沢登りって改めて思った。

今シーズンも沢仲間にはお世話になりっぱなしだと思いますが、沢ライフ楽しみたいと思います。
訪問者数:249人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

kaz
登録日: 2008/8/24
投稿数: 254
2016/5/17 23:55
 やっぱりYAMAさん、山の楽しみ方が多彩だわ〜(^^)
ガッツリな雪山、すんごいロングな低山ハイク、そしていよいよ沢の季節、きっと夏にはテント岩稜縦走も、そうそう岩登りも、いやはや多彩ですわ、流石です。
少しは私も山のバリエーションを増やしたいけど、これがなかなか...
まずはYAMAさんの様々な山の楽しみ方をレコで楽しみます
登録日: 2009/11/28
投稿数: 257
2016/5/18 21:40
 沢も気持ちいいですよ
kazさんコメントありがとう。
沢はトップやってくれる仲間がいるのでいけるようなもので、本当は自分がトップできる技術ないとイカンのですが、いやはや難しいです。
山歩きの幅を広げるのは自分の目標でもあるので、いろいろ挑戦したいですね!一緒に広げていきましょう。でも、クライミングと山スキー、アイスは無理だろうな〜。
登録日: 2009/9/29
投稿数: 9
2016/5/20 12:01
 お疲れ〜☆
濡れるところ一カ所あったけど、沢のウォーミングアップには良かったね。
前に秋に行ったときより、水量が多くてちょっと驚いた。

高巻きはちょっと悪いところがあったし、良い経験になったでしょう。

暑い夏に滝の登攀やって、
今年の万太郎では、トップ行けるように頑張って!
登録日: 2009/11/28
投稿数: 257
2016/5/23 8:49
 ありがとう
ryuji1115 さん、シーズン初沢登お誘いありがとう。今年もよろしく。
万太郎滝以外はトップで行きたいねー。滝は絶対に1,2,3の滝は無理だけど。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ