ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 875531 全員に公開 ハイキング北アメリカ

チリカウワ国定公園 (Chiricahua NP)

日程 2016年05月14日(土) 〜 2016年05月15日(日)
メンバー Keeenji
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 飛行機
テキサスからフェニックス空港まで飛び、そこからレンタカーを使用。I-10を約4時間程度南東に行くとチリカウワ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間10分
休憩
0分
合計
6時間10分
Sチリカウワ Visitor Center08:0014:10Visitor Center
2日目
山行
8時間0分
休憩
0分
合計
8時間0分
サワロ国立公園05:0013:00トント国定公園G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
チリカウワ公園後はアリゾナ州第二の都市ツーソンに宿泊。サワロ国立公園はイーストとウエストとに分かれているが、ウエストは次回ということで今回はイーストのみ。その代わり、フェニックス空港に戻る途中に更に2つの国定公園を回った。
コース状況/
危険箇所等
特に危険な個所はないが、暑さに注意。5月で90degFに到達。
その他周辺情報チリカウワの後、ツーソンに宿泊。その後、サワロ国立公園、カサグランデ遺跡国定公園、トント国定公園を回った。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル
備考 乾燥するので思ったより水を消費してしまった

写真

公園北東の駐車場Massai(標高2094m)からの往復4時間コースが一般的らしいが、今回はVisitor CenterすぐのLower Rhyolite Canyon Trail(標高1646m)から出発。目的地Heat of Rocks。
2016年05月14日 07:58撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園北東の駐車場Massai(標高2094m)からの往復4時間コースが一般的らしいが、今回はVisitor CenterすぐのLower Rhyolite Canyon Trail(標高1646m)から出発。目的地Heat of Rocks。
2
歩きやすい道が続く。この辺りはまだチリカウワらしさを感じない。
2016年05月14日 07:59撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道が続く。この辺りはまだチリカウワらしさを感じない。
1
チリカウワといえば奇岩の宝庫。火山岩が浸食されて出来たらしい。スタート15minくらいで見えてくるがまだ遠い。
2016年05月14日 08:14撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チリカウワといえば奇岩の宝庫。火山岩が浸食されて出来たらしい。スタート15minくらいで見えてくるがまだ遠い。
1
時計回りのUpper Rhyolite Canyon Trailと反時計回りのSarah Deming Trailの分岐点に到着。今回は前者。ここで標高1823m。
2016年05月14日 08:36撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時計回りのUpper Rhyolite Canyon Trailと反時計回りのSarah Deming Trailの分岐点に到着。今回は前者。ここで標高1823m。
1
徐々に近づいてきた。
2016年05月14日 08:53撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に近づいてきた。
1
Echo Canyon Trailに入る。
2016年05月14日 09:14撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Echo Canyon Trailに入る。
1
岩の墓場チリカウワ。ブライスキャニオンとはまた違った趣を感じる。
2016年05月14日 09:16撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の墓場チリカウワ。ブライスキャニオンとはまた違った趣を感じる。
2
最初?のバランスロック。絶妙なバランスで制止している岩。
2016年05月14日 09:28撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初?のバランスロック。絶妙なバランスで制止している岩。
2
真下。
2016年05月14日 09:30撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真下。
2
隙間を抜けていく。ここがEchoと呼ばれるのは、自分の足音すら反響するからなのかもしれない。
2016年05月14日 09:32撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隙間を抜けていく。ここがEchoと呼ばれるのは、自分の足音すら反響するからなのかもしれない。
2
バランスロック。
2016年05月14日 09:34撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バランスロック。
2
岩が生えている感じ。
2016年05月14日 09:44撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が生えている感じ。
2
Massai。ここから出発すると2時間は短縮できる。レンジャーもこっちのトレイルを薦めてくるという記事を見たことがある。
2016年05月14日 10:09撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Massai。ここから出発すると2時間は短縮できる。レンジャーもこっちのトレイルを薦めてくるという記事を見たことがある。
1
トレイルが細分化されていてややこしい。ED Riggs Trailに入る。目的のHeat of Rocksを中心にすると、時計の1時のあたり。
2016年05月14日 10:15撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレイルが細分化されていてややこしい。ED Riggs Trailに入る。目的のHeat of Rocksを中心にすると、時計の1時のあたり。
1
この辺りは特に印象が残らなかった。
2016年05月14日 10:15撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは特に印象が残らなかった。
1
坂道を下ってMushroom Rock Trailに入る。標高1951mにダウン。
2016年05月14日 10:32撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂道を下ってMushroom Rock Trailに入る。標高1951mにダウン。
1
間違っているかもしれないが、これがマッシュルーム岩を指している?
2016年05月14日 10:50撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違っているかもしれないが、これがマッシュルーム岩を指している?
2
再び上り坂となる。
2016年05月14日 11:05撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び上り坂となる。
1
いよいよBalanced Rock Trailに突入。
2016年05月14日 11:19撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよBalanced Rock Trailに突入。
1
始め予想外の景色が続くが、、、
2016年05月14日 11:30撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始め予想外の景色が続くが、、、
1
世界でも有名なバランスロックの1つ、Big Balanced Rock。直径22ft、重さ1000ton。
2016年05月14日 11:52撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
世界でも有名なバランスロックの1つ、Big Balanced Rock。直径22ft、重さ1000ton。
1
Heat of Rocks Loopに入る。トレイルも佳境に。
2016年05月14日 11:54撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Heat of Rocks Loopに入る。トレイルも佳境に。
1
Pinnacle Balanced Rock。個人的にはこれが一番好き。
2016年05月14日 12:01撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Pinnacle Balanced Rock。個人的にはこれが一番好き。
1
奇岩とほぼ同じ高さに到着。絶景。
2016年05月14日 12:11撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奇岩とほぼ同じ高さに到着。絶景。
1
Duck on a Rock。
2016年05月14日 12:18撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Duck on a Rock。
1
Kissing Rocks。
2016年05月14日 12:21撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Kissing Rocks。
1
Sarah Deming Trailを通って帰る。
2016年05月14日 12:32撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Sarah Deming Trailを通って帰る。
1
風が吹き抜けるおかげで暑さを忘れることができ、気持ち良かった。全工程の中でここだけ?
2016年05月14日 13:23撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が吹き抜けるおかげで暑さを忘れることができ、気持ち良かった。全工程の中でここだけ?
1
Upper Rhyolite Canyon Trailとの分岐点に戻ってきた。西に進む。
2016年05月14日 13:29撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Upper Rhyolite Canyon Trailとの分岐点に戻ってきた。西に進む。
1
風は吹かない。
2016年05月14日 13:36撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風は吹かない。
1
Visitor Centerに到着。朝は車1台だけだったが10台くらいになっていた。この公園は冬がオンシーズンらしい。
2016年05月14日 14:14撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Visitor Centerに到着。朝は車1台だけだったが10台くらいになっていた。この公園は冬がオンシーズンらしい。
1
おまけ1:サワロ国立公園。アメリカ最大のハシラサボテン。3階建ての家に匹敵するサボテンダー。
2016年05月15日 07:21撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ1:サワロ国立公園。アメリカ最大のハシラサボテン。3階建ての家に匹敵するサボテンダー。
1
おまけ2:カサグランデ遺跡国定公園。Hohokamとう部族が暮らしていた遺跡。
2016年05月15日 09:58撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ2:カサグランデ遺跡国定公園。Hohokamとう部族が暮らしていた遺跡。
1
おまけ3:トント国定公園のトレイル。ソルト川と大量のサボテン
2016年05月15日 11:56撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ3:トント国定公園のトレイル。ソルト川と大量のサボテン
1
おまけ3:続き。先住民の遺跡 Lower Cliff Dwelling(低層岩窟住居)。
2016年05月15日 12:04撮影 by M01 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ3:続き。先住民の遺跡 Lower Cliff Dwelling(低層岩窟住居)。
2

感想/記録

標高2000mを超えるということで少しは涼しいだろうと期待していたが大間違いであった。また鳥のメッカとのことだったが、よくわからなかった。
しかし岩の面白さは決してブライスキャニオンやパラデュロキャニオンに負けていない。職場のアメリカ人すらチリカウワ?どこ??だった。マイナーなのが勿体ない。
訪問者数:142人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

テン 奇岩 時計回り 反時計回り
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ