ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 875670 全員に公開 ハイキング京都・北摂

京都市左京区 区界を歩く その1 左京区北端の三国岳

日程 2016年05月18日(水) [日帰り]
メンバー yjin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間8分
休憩
12分
合計
6時間20分
Sスタート地点07:0608:57三国岳09:0809:03三国の境界合流点09:0409:13左京区界尾根の分岐点09:53p93610:46天狗岳11:27p92111:54p92712:45p82913:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
初めてのコースだったが概ね道ははっきりしていた。それぞれの分岐で見通しは良くないので細心の注意が必要。
Tシャツだけで現地に来たが気温は一桁で寒かった。出発時は長袖を着込み手袋も使用した。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

情報を集めると岩屋谷と滝谷分岐辺りに駐車スペースがあるらしかった。道路脇に駐車してここから出発する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
情報を集めると岩屋谷と滝谷分岐辺りに駐車スペースがあるらしかった。道路脇に駐車してここから出発する。
1
チェーンの掛かった林道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チェーンの掛かった林道に入る。
1
谷沿いには大きめの栃の木がお出迎え。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷沿いには大きめの栃の木がお出迎え。
1
久良谷分岐。向こう岸にテープがありここからも尾根に登れそうだ。p885か経ヶ岳に行けるのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久良谷分岐。向こう岸にテープがありここからも尾根に登れそうだ。p885か経ヶ岳に行けるのだろうか。
先に進むと手の込んだ案内板があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進むと手の込んだ案内板があった。
2
京都府立大学の管理小屋手前で谷を渡る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都府立大学の管理小屋手前で谷を渡る。
木の橋を渡る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の橋を渡る。
二ノ岩屋の案内標識。次に登山道に出会うまで谷沿いを一往復半したが岩屋らしきものは遂に見つけられなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ岩屋の案内標識。次に登山道に出会うまで谷沿いを一往復半したが岩屋らしきものは遂に見つけられなかった。
三の岩屋の案内標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の岩屋の案内標識
岩屋までの途中にあった炭焼き窯跡。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋までの途中にあった炭焼き窯跡。
案内に従って谷を遡ると岩屋があった。その内部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内に従って谷を遡ると岩屋があった。その内部。
岩屋辺りの谷。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋辺りの谷。
1
写真ではわかりにくいが、結構急な登りが続き息が切れる。勿論長袖は脱いでTシャツだけで歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真ではわかりにくいが、結構急な登りが続き息が切れる。勿論長袖は脱いでTシャツだけで歩く。
尾根にはユズリハの木が沢山生えていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根にはユズリハの木が沢山生えていた。
一時間以上掛けて登ってきたのに30分で降りれるらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一時間以上掛けて登ってきたのに30分で降りれるらしい。
枯れた木に生えたらしいこの木は長い根っこを垂らしていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れた木に生えたらしいこの木は長い根っこを垂らしていた。
急な登りが終わり一息つける傾斜になった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な登りが終わり一息つける傾斜になった。
表から見ると。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表から見ると。
裏側から見ると別な木が生えている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏側から見ると別な木が生えている。
もうすぐだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐだ。
三国岳に着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国岳に着いた。
2
地形図的には100m程先が県境の様だが高島市のトレイル標識があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図的には100m程先が県境の様だが高島市のトレイル標識があった。
1
三国(左京区、南丹市、高島市)の境界地はこの辺の様だが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国(左京区、南丹市、高島市)の境界地はこの辺の様だが。
その内に歩くであろう経ヶ岳への尾根道を確認する。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その内に歩くであろう経ヶ岳への尾根道を確認する。。
全体の様子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全体の様子。
行き先の表示。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行き先の表示。
京都府の看板もあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都府の看板もあった。
とって返して西への区界尾根に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とって返して西への区界尾根に入る。
尾根には大きな木が目立つ様になって来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根には大きな木が目立つ様になって来た。
尾根道の標識。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道の標識。
多分p936のピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分p936のピーク。
探すとテープに手書きされていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
探すとテープに手書きされていた。
天気が良いし歩き易い明るい尾根が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良いし歩き易い明るい尾根が続く。
エビネの葉っぱは見るが花は無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビネの葉っぱは見るが花は無い。
結構な岩もあるので迂闊に尾根を降りられないかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な岩もあるので迂闊に尾根を降りられないかも。
巨木が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨木が続く。
天狗岳のプレート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳のプレート。
天狗岳辺りの風景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳辺りの風景。
右側の枯れ木にプレートは付いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側の枯れ木にプレートは付いていた。
雷にやられたのだろうか?内部が焦げていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷にやられたのだろうか?内部が焦げていた。
根っこに近い部分も内側が焦げている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根っこに近い部分も内側が焦げている。
二本の木が合わさって一本になったのだろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本の木が合わさって一本になったのだろうか?
多分p921のピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分p921のピーク。
矢張りそうだった。ここにはプレ−トが付いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢張りそうだった。ここにはプレ−トが付いていた。
2
時々開けた尾根も出てくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々開けた尾根も出てくる。
p927のピーク。表示は見つけられなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
p927のピーク。表示は見つけられなかった。
比良方面を眺める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比良方面を眺める。
駐車地に向かう尾根。小石の多い所も有る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地に向かう尾根。小石の多い所も有る。
概ね開けた歩き易い尾根だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
概ね開けた歩き易い尾根だった。
p829のピークは手書きだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
p829のピークは手書きだった。
3
一部伐採跡だろうか、行く手を遮る灌木部分もあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部伐採跡だろうか、行く手を遮る灌木部分もあった。
尾根道は殆ど花がなかった。長い道中に一つだけ猿面海老根があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道は殆ど花がなかった。長い道中に一つだけ猿面海老根があった。
4

感想/記録
by yjin

京都府の山を標高順に見ていると一番が皆子山であった。これは随分前だが登った事がある。二番目は峰床山だった。ここは鎌倉山と絡めて先日登った。

三番目は三国岳だった。登った事もないし近くまで行った事も無い。地形図で調べると左京区の北の外れにあった。さてどうして行こうかと考えた。そうだ区界の尾根を歩いて行った事の無いめぼしい山を繋げてみよう。先ず手始めに一番北にある山、三国山からスタートだ。

区界から少し外れるが南丹市の山で天狗岳と言う9番目の山も回れそうだし思い切って出かける事にした。しかし行った事の無い山は時間が読めない。少し早めの出発にしようと家を6時に出た。

今日は暑くなるとの天気予報でTシャツだけで駐車地に着いたらとても寒い。そのままでは凍えてしまう。長袖を一枚羽織り手袋もつけて出発した。登り初めて一時間もしない内に急登のせいで長袖は不要になった。

区界の尾根は踏み跡もはっきりして迷う事は無かったが、駐車地に降りる長い尾根は途中の分岐で一度間違えて引き返した。
訪問者数:233人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 三角点 一本
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ