ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 875739 全員に公開 ハイキング丹沢

ヤビツ峠〜表尾根〜塔ノ岳〜大倉尾根〜大倉

日程 2016年05月16日(月) [日帰り]
メンバー ahava, その他メンバー1人
天候曇、ガス・風ビュンビュン 大倉に降りたら青空
アクセス
利用交通機関
電車バス
小田急秦野駅北口8時18分発のヤビツ峠行きバス。月曜で、天気それ程でもないのに、満員。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
1時間30分
合計
8時間0分
Sヤビツ峠09:2010:40二ノ塔10:5010:50烏尾山荘11:30烏尾山11:30烏尾山荘11:50行者ヶ岳12:0012:20政次郎ノ頭12:40新大日13:30尊仏山荘14:4017:20どんぐり山荘17:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鎖場何カ所か有るが、頼りにするのは一箇所だけかな。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 コンパス ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ
備考 帽子→ガスが木に結露して、風でゆれると、雨のように降ってくる

写真

満員バスにゆられ着いたヤビツはガスの中。トイレの蛇口からは水が出ず、苔で手を拭く。
2016年05月16日 09:16撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満員バスにゆられ着いたヤビツはガスの中。トイレの蛇口からは水が出ず、苔で手を拭く。
車道を歩いて20分、車道に別れを告げ左折、林道に入る。トイレ有り。
2016年05月16日 09:37撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を歩いて20分、車道に別れを告げ左折、林道に入る。トイレ有り。
表尾根登山口。ここから山道、結構急な部分もある。
2016年05月16日 09:48撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表尾根登山口。ここから山道、結構急な部分もある。
登山口から50分で、二ノ塔。やびつから3.2km、塔ノ岳まで4.6km。
2016年05月16日 10:38撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から50分で、二ノ塔。やびつから3.2km、塔ノ岳まで4.6km。
烏尾山荘。三ノ塔から可成り下って登り返したところにある、烏尾山荘、塔ノ岳まで後3.1km。三ノ塔から風がビュウビュウ、ここも長居できず、我々は休憩もそこそこに出発。でも、このガスと強風の中、身を縮め、コンロ使って、昼食摂ってた女子P2人いた、根性有るなぁ!
2016年05月16日 11:28撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏尾山荘。三ノ塔から可成り下って登り返したところにある、烏尾山荘、塔ノ岳まで後3.1km。三ノ塔から風がビュウビュウ、ここも長居できず、我々は休憩もそこそこに出発。でも、このガスと強風の中、身を縮め、コンロ使って、昼食摂ってた女子P2人いた、根性有るなぁ!
烏尾山荘前は、以前3月頃来た時には泥んこ広場だったが、木枠と石で整備され綺麗になっていた。(勿論山荘の周辺だけね)
2016年05月16日 11:29撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏尾山荘前は、以前3月頃来た時には泥んこ広場だったが、木枠と石で整備され綺麗になっていた。(勿論山荘の周辺だけね)
1
行者岳、行程のの3分の2以上は来たかな。あと1時間30分くらいで塔ノ岳の筈。
2016年05月16日 11:51撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者岳、行程のの3分の2以上は来たかな。あと1時間30分くらいで塔ノ岳の筈。
行者岳から少し行ったところに、シロヤシオが綺麗に咲いていた。
2016年05月16日 12:02撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者岳から少し行ったところに、シロヤシオが綺麗に咲いていた。
政次郎の頭。以前、戸沢から政次郎尾根を登った時のきつさが思い出される。
2016年05月16日 12:20撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
政次郎の頭。以前、戸沢から政次郎尾根を登った時のきつさが思い出される。
シロヤシオとトウゴクミツバツツジのデュエット。
2016年05月16日 12:22撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオとトウゴクミツバツツジのデュエット。
新大日、木に囲まれて風もなく、一息つく。おやつ・お弁当に最適な場所。(晴れていても見晴らしはそれ程無いけどね・・)
2016年05月16日 12:45撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大日、木に囲まれて風もなく、一息つく。おやつ・お弁当に最適な場所。(晴れていても見晴らしはそれ程無いけどね・・)
ご親切な方にツーショットを撮って貰う。摂って頂いた方は単独行。この日丹沢山のみやま山荘泊まり、翌日は檜洞丸の青ヶ岳山荘に泊って、最終日に加入道山から西丹沢自然教室へ下りる予定とか。羨ましい!
2016年05月16日 12:56撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご親切な方にツーショットを撮って貰う。摂って頂いた方は単独行。この日丹沢山のみやま山荘泊まり、翌日は檜洞丸の青ヶ岳山荘に泊って、最終日に加入道山から西丹沢自然教室へ下りる予定とか。羨ましい!
強風を避け逃げ込んだ尊仏山荘、カップラーメン(350円也)と持参のおにぎりで遅い昼食。名物の猫ちゃん(丹沢ミー君17才)もお元気。膝の上に乗って落ち着かれそうだったので、可哀相だが、早々にストーブの側に降りて貰う。
2016年05月16日 13:55撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風を避け逃げ込んだ尊仏山荘、カップラーメン(350円也)と持参のおにぎりで遅い昼食。名物の猫ちゃん(丹沢ミー君17才)もお元気。膝の上に乗って落ち着かれそうだったので、可哀相だが、早々にストーブの側に降りて貰う。
嫌々山荘を出て、下山にかかる。風ビュンビュン、記念撮影気もおこらんわ。
2016年05月16日 14:42撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嫌々山荘を出て、下山にかかる。風ビュンビュン、記念撮影気もおこらんわ。
下界(大倉)に着いてみれば穏やかな天気。
2016年05月16日 17:42撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界(大倉)に着いてみれば穏やかな天気。
東には綺麗な青空、山の上下で違いすぎ、どうなってんの??!!
2016年05月16日 17:42撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東には綺麗な青空、山の上下で違いすぎ、どうなってんの??!!

感想/記録
by ahava

事前の天気予報では、お昼過ぎには太陽マークになってた。それがそれが!ヤビツ峠に着いた時嫌な予感、三ノ塔で現実となる。ガスの中、風ビュンビュン、展望??、20m先もみえん。塔ノ岳山頂も然り(当然だが、三ノ塔より風速強し、あ〜あ)。尊仏山荘のラーメンで食ったおにぎりが唯一の癒し・・。ま、体力養成にはなったかな。あとは、お風呂とビールだけが楽しみ。相棒にもお疲れ様としか言いようがなかった!こんどは、ビーカンの日にくるぞぉ、待ってろ塔ノ岳!
訪問者数:249人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 鎖場 林道 ミツバツツジ 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ