ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 876078 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

鳴虫山

日程 2016年05月18日(水) [日帰り]
メンバー akuji
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:東武日光→西参道
帰り:東武日光
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
1時間15分
合計
6時間0分
S銭澤不動入口08:4809:06銭沢不動09:43瑠璃堂尾根合流09:4409:48銭沢不動分岐09:58化星の宿10:1610:32ロープ場10:46合峰10:4911:06鳴虫山11:2411:381058峰11:4013:00尾根終点13:0613:10滝113:1513:26滝213:29林道13:56尾根終点213:5814:06日光宇都宮道路14:2614:41志度淵川14:48天王山14:48鳴虫山登山口(日光駅)14:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
「林道」からは、いろいろと時間をつぶしながら進んでいます。ただ歩けば、もっとずっと早いです。

写真

登山口はここ。含満ヶ淵の手前。 銭澤不動尊までは道が整備されている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口はここ。含満ヶ淵の手前。 銭澤不動尊までは道が整備されている。
発電所の水路を越える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
発電所の水路を越える。
銭澤不動尊。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銭澤不動尊。
この先の登山道はどこ?
一度降りてきたことがあるんだけれど、さっぱり分からない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先の登山道はどこ?
一度降りてきたことがあるんだけれど、さっぱり分からない。
ヤマツツジがきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジがきれい。
緑とオレンジのコントラストがすてき。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑とオレンジのコントラストがすてき。
1
枯れ沢を降りてきた記憶があるので、ここを登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れ沢を降りてきた記憶があるので、ここを登っていく。
通った覚えのない急な斜面を無理矢理登ったら尾根に出た。
尾根伝いに進んだらこんなやせ尾根に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通った覚えのない急な斜面を無理矢理登ったら尾根に出た。
尾根伝いに進んだらこんなやせ尾根に。
この斜面を登ってきたら、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この斜面を登ってきたら、
瑠璃道からのルートに出た。(^^)(^^)
この後は道があるので、楽ちん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑠璃道からのルートに出た。(^^)(^^)
この後は道があるので、楽ちん。
ちょっと行くと銭澤不動への分岐。
本当はここに登ってくる予定だったんだけれど。(^^)ゞ
しかし、超急登だけれどその分距離は短いので楽だった。(^^)(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと行くと銭澤不動への分岐。
本当はここに登ってくる予定だったんだけれど。(^^)ゞ
しかし、超急登だけれどその分距離は短いので楽だった。(^^)(^^)
凄いヤマツツジ。上も下も花盛り。(^^;)(^^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凄いヤマツツジ。上も下も花盛り。(^^;)(^^;)
1
その直ぐ先が化星の宿。
予定より大分早いので、ここでしばらく休憩。
緑とオレンジと木漏れ日と冷風。気分最高。\(^o^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その直ぐ先が化星の宿。
予定より大分早いので、ここでしばらく休憩。
緑とオレンジと木漏れ日と冷風。気分最高。\(^o^)/
やはり道があると楽。急斜面もロープがあるし。
さっきはもっと急な斜面を木の根っこを頼りによじ登った。(^^)(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり道があると楽。急斜面もロープがあるし。
さっきはもっと急な斜面を木の根っこを頼りによじ登った。(^^)(^^)
ロープ場の上はトンネルのような道。
今咲いているのはヤマツツジだけれど、後はアカヤシオ、シロヤシオ、ミツバツツジ。みんなツツジ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ場の上はトンネルのような道。
今咲いているのはヤマツツジだけれど、後はアカヤシオ、シロヤシオ、ミツバツツジ。みんなツツジ。
1
合峰はもう目と鼻の先。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合峰はもう目と鼻の先。
合峰の社。
ここからは、メインルートを通るしかない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合峰の社。
ここからは、メインルートを通るしかない。
至る所にヤマツツジ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至る所にヤマツツジ。
1
鳴虫山山頂への階段。
何回通っただろう?(^^)(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳴虫山山頂への階段。
何回通っただろう?(^^)(^^)
1
さらに階段。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに階段。
1
トウゴクミツバツツジが残っていた。(^^)(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウゴクミツバツツジが残っていた。(^^)(^^)
鳴虫山山頂到着。
右から、丸山、赤薙山、一里ヶ曽根、女峰山、帝釈山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳴虫山山頂到着。
右から、丸山、赤薙山、一里ヶ曽根、女峰山、帝釈山。
山頂には、20人ほどの団体さん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には、20人ほどの団体さん。
男体山。
早々に山頂を撤退。1058m峰を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山。
早々に山頂を撤退。1058m峰を目指す。
1
頭上にシロヤシオ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭上にシロヤシオ。
1
なかなかピントがあってくれない・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかピントがあってくれない・・・
1
1058m峰。ここらら岩屋観音へのルートへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1058m峰。ここらら岩屋観音へのルートへ。
赤の濃いヤマツツジ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤の濃いヤマツツジ。
岩屋ルートへの尾根ではなくその一つ左の尾根を下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋ルートへの尾根ではなくその一つ左の尾根を下る。
もちろん踏み跡一つない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろん踏み跡一つない。
どんどん急降下。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん急降下。
いやはや・・・。
途中、尾根がはっきりしなくなって、急斜面を下りこれでは沢に降りてしまうというので、斜面をトラバースして見えてきた尾根に登り直したりもしたけれど・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやはや・・・。
途中、尾根がはっきりしなくなって、急斜面を下りこれでは沢に降りてしまうというので、斜面をトラバースして見えてきた尾根に登り直したりもしたけれど・・・。
苦労して登り直した尾根。地図上、この尾根は沢にぶつかってなくなる。最後は崖になるかも思っていたけれど、こやはりの通り、前左右すべて崖状態。(^^;)(^^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苦労して登り直した尾根。地図上、この尾根は沢にぶつかってなくなる。最後は崖になるかも思っていたけれど、こやはりの通り、前左右すべて崖状態。(^^;)(^^;)
ちょっと戻って、ここを左に下ることにする。木の葉に隠れてはいるけれど、尾根の左右は沢。凄い水音がしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと戻って、ここを左に下ることにする。木の葉に隠れてはいるけれど、尾根の左右は沢。凄い水音がしている。
左手の沢の直ぐ上まで降りてきたら、右手に滝が見えた。
地図通り、沢の合流点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の沢の直ぐ上まで降りてきたら、右手に滝が見えた。
地図通り、沢の合流点。
左の沢の奥はこんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の沢の奥はこんな感じ。
右の滝のアップ。
この滝を見た人は少ないでしょう。(^^)(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の滝のアップ。
この滝を見た人は少ないでしょう。(^^)(^^)
2
しばらく沢沿いに進み、ここで右岸を進めなくなり左岸に渡る。
写真は渡った後で撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく沢沿いに進み、ここで右岸を進めなくなり左岸に渡る。
写真は渡った後で撮影。
次の滝上に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の滝上に出た。
滝壺は見えるけれど、降りていくのは全く無理。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝壺は見えるけれど、降りていくのは全く無理。
仕方ないので、左側のここを登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仕方ないので、左側のここを登る。
ちょっと登ったら、滝壺の方に降りられそうなところに出た。
でもねぇ・・・。ちょっと怖いっす。(^^;)(^^;)
今日はやめておこう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと登ったら、滝壺の方に降りられそうなところに出た。
でもねぇ・・・。ちょっと怖いっす。(^^;)(^^;)
今日はやめておこう。
で、斜面をさらに無理矢理登っていったら、文字通りの「林道」に出た。
林道から。この斜面を登ってきた。
もう終点が近いのは分かっている。まだ時間が早いので、周囲を探検。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、斜面をさらに無理矢理登っていったら、文字通りの「林道」に出た。
林道から。この斜面を登ってきた。
もう終点が近いのは分かっている。まだ時間が早いので、周囲を探検。
林道は、文字通り昔の(?)伐採用の道のようだ。
直ぐに行き止まりになったが、そこに咲いていた。ニョイスミレかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は、文字通り昔の(?)伐採用の道のようだ。
直ぐに行き止まりになったが、そこに咲いていた。ニョイスミレかな?
こんなすてきな切り株も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなすてきな切り株も。
沢に降りられないかな、と、「林道」を離れて尾根を進んだら、またもや「崖」に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に降りられないかな、と、「林道」を離れて尾根を進んだら、またもや「崖」に。
あきらめて「林道」に戻りしばらく行くと、日光宇都宮道路に突き当たった。(^^)(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あきらめて「林道」に戻りしばらく行くと、日光宇都宮道路に突き当たった。(^^)(^^)
まだ時間が早いのでフデリンドウを見ながら、休憩。
この後はさっきの沢への崖に踏み跡があったので、降りていった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ時間が早いのでフデリンドウを見ながら、休憩。
この後はさっきの沢への崖に踏み跡があったので、降りていった。
1
沢の上流に大きな堰堤がありそこに通じる踏み跡を行くと堰堤の上に立てた。
ここから上流に行けそうだけれど、今日はやめておこう。
この次のお楽しみ。(^^)(^^)

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の上流に大きな堰堤がありそこに通じる踏み跡を行くと堰堤の上に立てた。
ここから上流に行けそうだけれど、今日はやめておこう。
この次のお楽しみ。(^^)(^^)

堰堤を降りて沢の右岸を歩く。
クワガタソウが咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤を降りて沢の右岸を歩く。
クワガタソウが咲いていた。
志度淵川沿いの岩屋観音への登山口に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
志度淵川沿いの岩屋観音への登山口に出た。
天王山神社から鳴虫山への登山道があったので登ってみる。
天王山神社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王山神社から鳴虫山への登山道があったので登ってみる。
天王山神社。
鳴虫山登山口。
後は町中を東武日光駅へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳴虫山登山口。
後は町中を東武日光駅へ。

感想/記録
by akuji

 5/18快晴の天気予報を受けて鳴虫山に登ることにした。もうシロヤシオもほとんど終わりのようだが、天気も良く、気温も低くなく高くなく、絶好の登山日和になりそう。今回は、降りたことはあるけれど、登ったことはない銭澤不動からのルートで登り、下りは1058m峰から岩屋観音へのルートを下り、途中右に折れずに岩屋観音への尾根の一本左の尾根を下ることにした。2年前、初冬、葉がほとんど落ちた頃に岩屋観音に行くつもりが間違えて降りてしまったルートだけれど、当時はGPSを持っていなかったので、ルートは正確には分からない。尾根の途中から沢に降りて澤沿いを進んだのだけれど、今回は尾根をずっと詰めてみようと思う。ただし、尾根は、地図を見ると、最後沢にぶつかって消えているようなので、そこがどの程度の勾配なのか入ってみないと分からない。崖の可能性も十分にありそうだ。また、前回は葉の落ちた後だったので遠くまで見通せたが、今回は葉が生い茂っているので、見通しもなさそう。ただ、GPSがあるので、最悪のケースは免れそうだ。でもできるだけGPSには頼らずに歩きたいなぁ・・・(^^)(^^)
 さて、どうなることやら。(^^)ゞ (続きは、写真のキャプションへ)
訪問者数:290人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

撤退
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ