ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 876119 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳&旭岳の予定がサングラスを落とし、雪目不安で大雪渓半ばで撤退

日程 2016年05月19日(木) [日帰り]
メンバー bumpkin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿倉荘手前の駐車場:5,6台駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間6分
休憩
40分
合計
3時間46分
S猿倉登山口駐車場05:2805:29猿倉荘06:20白馬尻荘06:3206:34白馬尻小屋06:3507:42岩室跡08:0608:29白馬尻小屋08:3009:10猿倉荘09:1209:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<註>()内は予定、登行外、標高、準備タイム
( 4:20(4:30) 自宅 )
5:22-24(5:20-25) 猿倉駐車場(1,220m)
5:26(5:30) 猿倉荘(1,230m) 登山届
6:10-16(6") 1,505mポイント アイゼン装着
6:21 1,540mポイント サングラスを落としたことに気付き戻る
6:24 1,505mポイントまで戻り探すが見つからず
   計11"ロス
6:34(6:20-30) 白馬尻(1,550m) 
7:56-59(3") 2,120mポイント 目が痛く、雪目の危険性があるため撤退を決意
登り:2'32" 延標高差:970m 速度:383m/h 準備:6(10)" 
ロス:11"
( 7:40 岩室跡(2,270(2,020)m) )
( 9:10 頂上宿舎(2,725m) )
( 9:50-10:00 白馬岳(2,932m) )
( 登り:4'25" 延標高差:1,712m 速度:388m/h レスト:10" )
( 10:50 旭岳(2,867m) )
( 11:20 頂上宿舎(2,725m) )
8:01-03(2") 2,090mポイント 尻セードをするためアウター下装着
8:29(12:25) 白馬尻(1,550m)
8:33-41(8") 1,490mポイント アイゼンとアウター下を脱ぐ
9:14(13:10-15) 猿倉駐車場(1,230m)
下り:1'15"(3'10") 延標高差:900(2,126)m 
速度:720(671)m/h 準備:10(0)"
山行:3'50"(7'45") 延標高差:1,870(3,838)m 
速度:488(495)m/h 準備:19(20)"
距離:9.3km 歩行速度:2.43km/h
( 10.26 自宅 )
Door to Door:6'06"
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト:猿倉荘左端にある

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖インナー スマートウール
ミッドウエア(予備) マムート
タイツ(加圧網タイツ) 4DM
ズボン モンベル
靴下(ロング) 1対 スマートウール
グローブ(指なし革) 1対 キャンプ
予備手袋(薄手) 1対 スマートウール
防寒着(ダウン) マムート
アウター上下 1対 上:マムート、下:ヘリテイジ
ネックウォーマー(予備) スクリーマー
バラクラバ(薄手)(予備) ノースフェイス
靴(三季用) 1対 スポルティバ
ザック(30L) グリベル
アイゼン(10本爪) 1対 グリベル
ピッケル グリベル
ビーコン ピープス
昼ご飯 1食分
行動食
非常食
個人装備品
数量
備考
飲料 1本 アクエリアス(0.5L)
地図(地形図) 各種
コンパス シルバ
Fox40
計画書 2通 1通は提出用
ヘッドランプ ブラックダイヤモンド
予備電池 各種
GPS ガーミン
筆記用具 ボールペン
ファーストエイドキット ドイター
針金等修理具 1式
ロールペーパー 1巻
保険証
携帯 au
サングラス レイバン
タオル
ツェルト ヘリテイジ
カメラ ペンタックス
ヘルメット ペツレ

写真

白馬尻手前1,490mPから雪、1,505mP(ここ)からアイゼン装着
2016年05月19日 06:11撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻手前1,490mPから雪、1,505mP(ここ)からアイゼン装着
4
白馬尻横に大きなクラック
2016年05月19日 06:33撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻横に大きなクラック
4
白馬尻小屋はまだ組み立てられていない
2016年05月19日 06:33撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋はまだ組み立てられていない
1
急斜面に入る手前(2,120mP)で撤退を決める
2016年05月19日 07:57撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面に入る手前(2,120mP)で撤退を決める
3
登って来た大雪渓
2016年05月19日 07:57撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って来た大雪渓
4
対面に妙高山から高妻山:真ん中の低い山は堂津岳か、行きたいと思っている
2016年05月19日 07:58撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対面に妙高山から高妻山:真ん中の低い山は堂津岳か、行きたいと思っている
2
白馬岳主稜:行きたいと思っていたが、もう無理かな
2016年05月19日 08:59撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳主稜:行きたいと思っていたが、もう無理かな
3
帰ってきて猿倉荘:昔(古い建物だったが)から前を通っているが、中に入ったことはない
2016年05月19日 09:11撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰ってきて猿倉荘:昔(古い建物だったが)から前を通っているが、中に入ったことはない
1
1960年7月(56年前)の大雪渓:小学校から高校まで一緒だった友人から戴いた写真・・前列真ん中先生の右が私
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1960年7月(56年前)の大雪渓:小学校から高校まで一緒だった友人から戴いた写真・・前列真ん中先生の右が私
6
撮影機材:

感想/記録

白馬尻への登山道で倒木がありそこでヘルメットに刺していたサングラスを落とす(帰りに見つかる)。
雪渓に入りアイゼン装着時に落としたと思い、標高差35m程戻るが見つからず、サングラスなしで向かうが、晴天で陽が高くなるに従って眩しく、目を細めたり、片目をつむったりするも厳しい。
これから益々陽が高くなり光線がきつくなると目がやられそう。
山は逃げない。撤退を決意。
下りはまだ雪が締まっているので、斜度の少ない雪渓でも滑れる。
アウター下を履き、尻セードでストックを調整しながら半分程滑る。
(最と急斜面ならピッケルで制動するが)
サングラスが見つかったので今日はよしとしよう。
雪渓は、上から寒気が流れてきて気持ちがいい。
しかし、雪道は2割増しで時間が掛るし、2割増しで疲れる。
計画時は考慮すべき(今回は忘れていた)。
これからは漫談
最後の写真は56年前の初登山の大雪渓。蓮華温泉から2泊3日の登山だった。
白馬岳はその後5回程登っており、今回は旭岳が目的だった。
2年前に雪倉からみた旭岳を含む清水尾根が気になり、昨年、今年と計画したが実現せず。(来年、山スキーで行こうかな)
行きたい山は沢山ある。しかし、先が短いので一つ一つを印象深いものにしていきたい。
訪問者数:452人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ