ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 876211 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

日帰百名山 25 キタダケソウ北岳 26 稜線日本一の間ノ岳(夜叉神〜広河原〜)

日程 2016年05月19日(木) [日帰り]
メンバー karasawa246
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

4日前に塩見岳に登頂して眺めていたら、第二位名峰の北岳に登りたくなりロング山行を計画しました。
昨年は5月26日に行ったのですが、今年は雪が少ないので1週間ほど早めです。夜叉神の森には5台ほど駐車してありました。
北岳から間ノ岳への日本一の稜線です。
きょうも天気が良さそうです。
2016年05月19日 05:03撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4日前に塩見岳に登頂して眺めていたら、第二位名峰の北岳に登りたくなりロング山行を計画しました。
昨年は5月26日に行ったのですが、今年は雪が少ないので1週間ほど早めです。夜叉神の森には5台ほど駐車してありました。
北岳から間ノ岳への日本一の稜線です。
きょうも天気が良さそうです。
3
広河原に到着です。上高地と違いまだこちらは静まりかえっています。
2016年05月19日 06:10撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原に到着です。上高地と違いまだこちらは静まりかえっています。
2
北岳(きただけ)は、山梨県南アルプス市にある標高3,193mの山。日本第二の高峰である。
富士山に次ぐ日本第二の高峰であり、火山でない山としては日本で最も高い。日本百名山、新・花の百名山及び山梨百名山に選定されており、同じく日本百名山の一峰の間ノ岳、日本二百名山の農鳥岳とともに白峰三山を構成する。「南アルプスの盟主」とも呼ばれる。野呂川 (早川の支流) の源流の山であり、山体は他の県と接しておらず山梨県内に含まれる。全山古生層の堆積岩から成る。山体の東側斜面は北岳バットレスと呼ばれる岩壁があり、登攀対象ともなっている。
2016年05月19日 06:15撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳(きただけ)は、山梨県南アルプス市にある標高3,193mの山。日本第二の高峰である。
富士山に次ぐ日本第二の高峰であり、火山でない山としては日本で最も高い。日本百名山、新・花の百名山及び山梨百名山に選定されており、同じく日本百名山の一峰の間ノ岳、日本二百名山の農鳥岳とともに白峰三山を構成する。「南アルプスの盟主」とも呼ばれる。野呂川 (早川の支流) の源流の山であり、山体は他の県と接しておらず山梨県内に含まれる。全山古生層の堆積岩から成る。山体の東側斜面は北岳バットレスと呼ばれる岩壁があり、登攀対象ともなっている。
2
昨年は大樺沢〜日本一の稜線〜草すべりでしたので、今回は逆の反時計回りにしました。白根御池小屋までの尾根は雪もなく夏道そのものでした。小太郎尾根分岐までは、ところどころ雪渓がありましたが、つぼ足でクリアできました。
2016年05月19日 07:46撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年は大樺沢〜日本一の稜線〜草すべりでしたので、今回は逆の反時計回りにしました。白根御池小屋までの尾根は雪もなく夏道そのものでした。小太郎尾根分岐までは、ところどころ雪渓がありましたが、つぼ足でクリアできました。
3
小太郎尾根分岐に到着です。ここまでくればテンションアップ、これからが楽しみにしていた岩稜登山のスタートです。
2016年05月19日 09:06撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小太郎尾根分岐に到着です。ここまでくればテンションアップ、これからが楽しみにしていた岩稜登山のスタートです。
5
日本で二番目に高い北岳(3193m)登頂\(^o^)/
3月29日に登った仙丈ケ岳の雪も残り僅かです。
左に中央アルプスも見えます。
2016年05月19日 09:54撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本で二番目に高い北岳(3193m)登頂\(^o^)/
3月29日に登った仙丈ケ岳の雪も残り僅かです。
左に中央アルプスも見えます。
9
仙丈ケ岳のアップです。左手奥に御岳山と右手奥に乗鞍岳穂高連峰も見えました。
2016年05月19日 09:58撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳のアップです。左手奥に御岳山と右手奥に乗鞍岳穂高連峰も見えました。
3
2月25日に登った甲斐駒ケ岳のアップです。2月11日に縦走した八ヶ岳もバッチリです。奥に浅間山も確認できました。
2016年05月19日 10:00撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2月25日に登った甲斐駒ケ岳のアップです。2月11日に縦走した八ヶ岳もバッチリです。奥に浅間山も確認できました。
2
2月16日に登った鳳凰三山のアップです。オベリスクがかっこいい!奥に2月7日に縦走した瑞牆山と金峰山も確認できました。
2016年05月19日 10:01撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2月16日に登った鳳凰三山のアップです。オベリスクがかっこいい!奥に2月7日に縦走した瑞牆山と金峰山も確認できました。
1
これぞ日本一の稜線!テンションマックスです!!
2016年05月19日 10:05撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これぞ日本一の稜線!テンションマックスです!!
10
昨年は咲いていたキタダケソウでしたが、残念なことに今年は雪が少ないせいか、もしくはまだ早いからか確認ができませんでした。
2016年05月19日 10:40撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年は咲いていたキタダケソウでしたが、残念なことに今年は雪が少ないせいか、もしくはまだ早いからか確認ができませんでした。
3
昨年5月26日の撮影です。
キタダケソウはキンポウゲ科キタダケソウ属の多年草。高山植物。 南アルプス北岳の固有種で、高山帯の草地に生育する。花茎の高さは10-20cmで、先端に直径約2cmの白い花をつける。花期は雪解けの6月中旬から7月上旬と他の高山植物よりも早く、登山最盛期の8月には姿を消してしまう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年5月26日の撮影です。
キタダケソウはキンポウゲ科キタダケソウ属の多年草。高山植物。 南アルプス北岳の固有種で、高山帯の草地に生育する。花茎の高さは10-20cmで、先端に直径約2cmの白い花をつける。花期は雪解けの6月中旬から7月上旬と他の高山植物よりも早く、登山最盛期の8月には姿を消してしまう。
7
日本一高い稜線歩きを堪能して、三番目に高い間ノ岳(3190m)登頂\(^o^)/
2016年05月19日 11:56撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本一高い稜線歩きを堪能して、三番目に高い間ノ岳(3190m)登頂\(^o^)/
3
4日前に登頂したの塩見岳に荒川三山のアップです。
2016年05月19日 11:57撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4日前に登頂したの塩見岳に荒川三山のアップです。
2
振り返って仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳、北岳です。
2016年05月19日 11:59撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳、北岳です。
5
ご褒美のランチタイムです。日本一の富士山を見ながらいただきます。ちょっと不鮮明なのが残念です。(´;Д;`)
2016年05月19日 12:03撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご褒美のランチタイムです。日本一の富士山を見ながらいただきます。ちょっと不鮮明なのが残念です。(´;Д;`)
2
でもテントウ虫さんが慰めてくれました。ヽ(o゜ェ゜o)ノ
2016年05月19日 12:04撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもテントウ虫さんが慰めてくれました。ヽ(o゜ェ゜o)ノ
1
おなかもいっぱい胸もいっぱいで日本一高い稜線歩きを復路スタートです。
2016年05月19日 12:29撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなかもいっぱい胸もいっぱいで日本一高い稜線歩きを復路スタートです。
3
仙丈ヶ岳肩に槍ヶ岳が見えました。北アルプスも天気が良さそうです。
2016年05月19日 12:33撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳肩に槍ヶ岳が見えました。北アルプスも天気が良さそうです。
2
中央アルプスの木曽駒ケ岳に空木岳です。そろそろあっちもいいな〜いきたいな。
2016年05月19日 12:35撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスの木曽駒ケ岳に空木岳です。そろそろあっちもいいな〜いきたいな。
1
八本歯のコルから本日最後の富士山です。結局一日中霞がかっていました。
2016年05月19日 14:01撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯のコルから本日最後の富士山です。結局一日中霞がかっていました。
2
間ノ岳と農鳥岳も本日は見収めです。だんだん雲がわいてきました。
2016年05月19日 14:03撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳と農鳥岳も本日は見収めです。だんだん雲がわいてきました。
6
大樺沢もこんな感じです。取り付きの梯子から標高1750mまでほぼ雪渓がつながっていました。ひざにやさしく早い雪渓下りは楽しいです。
2016年05月19日 14:06撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢もこんな感じです。取り付きの梯子から標高1750mまでほぼ雪渓がつながっていました。ひざにやさしく早い雪渓下りは楽しいです。
2
無事に下山完了です。
やっぱり貸し切りの山行でした。
最後まで御覧頂きありがとうございました。
2016年05月19日 16:03撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山完了です。
やっぱり貸し切りの山行でした。
最後まで御覧頂きありがとうございました。
6
撮影機材:

感想/記録

4日前に塩見岳に登頂して眺めていたら、第二位名峰の北岳に登りたくなりロング山行を計画しました。
昨年は5月26日に行ったのですが、今年は雪が少ないので1週間ほど早めです。夜叉神の森には5台ほど駐車してありました。 北岳から間ノ岳への日本一の稜線です。
きょうも天気が良さそうです。
広河原に到着です。上高地と違いまだこちらは静まりかえっています。
北岳(きただけ)は、山梨県南アルプス市にある標高3,193mの山。日本第二の高峰である。
富士山に次ぐ日本第二の高峰であり、火山でない山としては日本で最も高い。日本百名山、新・花の百名山及び山梨百名山に選定されており、同じく日本百名山の一峰の間ノ岳、日本二百名山の農鳥岳とともに白峰三山を構成する。「南アルプスの盟主」とも呼ばれる。野呂川 (早川の支流) の源流の山であり、山体は他の県と接しておらず山梨県内に含まれる。全山古生層の堆積岩から成る。山体の東側斜面は北岳バットレスと呼ばれる岩壁があり、登攀対象ともなっている。
昨年は大樺沢〜日本一の稜線〜草すべりでしたので、今回は逆の反時計回りにしました。白根御池小屋までの尾根は雪もなく夏道そのものでした。小太郎尾根分岐までは、ところどころ雪渓がありましたが、つぼ足でクリアできました。
小太郎尾根分岐に到着です。ここまでくればテンションアップ、これからが楽しみにしていた岩稜登山のスタートです。
日本で二番目に高い北岳(3193m)登頂\(^o^)/
3月29日に登った仙丈ケ岳の雪も残り僅かです。
左に中央アルプスも見えます。
仙丈ケ岳のアップです。左手奥に御岳山と右手奥に乗鞍岳穂高連峰も見えました。
2月25日に登った甲斐駒ケ岳のアップです。2月11日に縦走した八ヶ岳もバッチリです。奥に浅間山も確認できました。
2月16日に登った鳳凰三山のアップです。オベリスクがかっこいい!奥に2月7日に縦走した瑞牆山と金峰山も確認できました。
これぞ日本一の稜線!テンションマックスです!!
昨年は咲いていたキタダケソウでしたが、残念なことに今年は雪が少ないせいか、もしくはまだ早いからか確認ができませんでした。
昨年5月26日の撮影です。
キタダケソウはキンポウゲ科キタダケソウ属の多年草。高山植物。 南アルプス北岳の固有種で、高山帯の草地に生育する。花茎の高さは10-20cmで、先端に直径約2cmの白い花をつける。花期は雪解けの6月中旬から7月上旬と他の高山植物よりも早く、登山最盛期の8月には姿を消してしまう。
日本一高い稜線歩きを堪能して、三番目に高い間ノ岳(3190m)登頂\(^o^)/
4日前に登頂したの塩見岳に荒川三山のアップです。
振り返って仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳、北岳です。
ご褒美のランチタイムです。日本一の富士山を見ながらいただきます。ちょっと不鮮明なのが残念です。(´;Д;`)
でもテントウ虫さんが慰めてくれました。ヽ(o゜ェ゜o)ノ
おなかもいっぱい胸もいっぱいで日本一高い稜線歩きを復路スタートです。
仙丈ヶ岳肩に槍ヶ岳が見えました。北アルプスも天気が良さそうです。
中央アルプスの木曽駒ケ岳に空木岳です。そろそろあっちもいいな〜いきたいな。
八本歯のコルから本日最後の富士山です。結局一日中霞がかっていました。
間ノ岳と農鳥岳も本日は見収めです。だんだん雲がわいてきました。
大樺沢もこんな感じです。取り付きの梯子から標高1750mまでほぼ雪渓がつながっていました。ひざにやさしく早い雪渓下りは楽しいです。
無事に下山完了です。
やっぱり貸し切りの山行でした。
最後まで御覧頂きありがとうございました。
よろしかったら前回の塩見岳の山行も御覧ください。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-873409.html
アクセスランキングベストスリー
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-840971.html
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-853925.html
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-836978.html
訪問者数:2148人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ