ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 876470 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大台ケ原・大杉谷・高見山

台高山脈(赤倉山〜池木屋山〜弥次平峰手前)

日程 2016年05月19日(木) [日帰り]
メンバー cicsyamaotoco
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
北股林道終点前の狭い空き地(1台可)に駐車
路肩崩壊の手前で車を駐車しました。Uターンするのも大変な場所でした。

三之公林道分岐を過ぎてしばらくすると北股林道は廃道。「この先自己責任で・・」の看板を通過すると林道には落石散乱、凸凹水たまり多数で登山開始は計画より1時間以上遅くなりました。 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間39分
休憩
1時間11分
合計
9時間50分
Sスタート地点09:2312:27赤倉山12:4112:58千里峰13:09奥ノ平峰13:1213:17霧降山13:3314:01池木屋山14:3415:06ホウキガ峰15:1117:29きつつき平19:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
池木屋山〜弥次平峰手前の状況、その他

/稽弌△い燭襪箸海嚢高ほどのヤブ+ヒメシャラ幼木が尾根ルートそのものを我がもの顔で覆っており進むのを阻んでいます、腕など露出していると擦り傷程度は覚悟です。
縦走路上のヤブが地面から10cmくらいで斜めに切ったのがあちこちにあります、つまずきやすいです(整備してくれた方にスミマセン・・)

尾根が広がるヒメシャラ幼木密集地帯では尾根を外さないように注意

P1258を進んだところで方向確認を怠りルートミス(銚子谷東の尾根を200mほど南下)してしまいました。水場に辿り着く予測時間を過ぎても”らしい雰囲気”がしないのでGPS確認後に気づきました。
周囲はヤブで見通しは良くないので適宜GPS等の位置確認は重要です。
 
水場は、残念ながら源頭部はほぼ枯れていました。(ポタポタ程度=正に源流ですね)
沢をさらに数分降りていくと水たまりありました、イザとなれば簡易濾過+煮沸消毒・・・

そ珍路を離脱して出発点へ戻るルートはP1258を弥次平峰方面へ少し進んだところから派生する尾根を計画しました。一見まっすぐで楽勝に見えますが下ってすぐに尾根筋が二手に分かれます。ここをルートミスしました、テープはなく分かりにくいです。(そういえばwingletさんのレコには左へと注意喚起ありましたがここだったんですね(^^ )

尾根の後半は広がっていますので赤テープを忠実に追えば東西の沢(北股川)+南北の支沢(五郎平谷)の合流エリアちょっと東に降り立ちます。
柔らかい腐葉土に枯れ葉がたくさん乗った急坂が沢に降り立つまで延々と続き体力を消耗します。 (個人的にはお勧めしません。)

北股川の沢を越えて北股林道に這い上がる取付きは合流位置関係に注意です。 
■支沢合流エリアのログは荒れてます、無視してください。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

路肩崩壊現場
2016年05月19日 08:59撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
路肩崩壊現場
6
ここを通過する?ここから歩く? (c)
もう無理ww ここから歩きましょう (ya)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを通過する?ここから歩く? (c)
もう無理ww ここから歩きましょう (ya)
14
林道からは赤倉山と千里峰が見えています
2016年05月19日 09:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道からは赤倉山と千里峰が見えています
4
ここは完全に崖くずれで塞がれてます
2016年05月19日 09:44撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは完全に崖くずれで塞がれてます
4
取付きの前にある目印のH鋼ドラム缶
(この後ろの沢は北股川)
2016年05月19日 09:54撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取付きの前にある目印のH鋼ドラム缶
(この後ろの沢は北股川)
6
赤倉平への取り付き
2016年05月19日 09:55撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉平への取り付き
3
急登が続きます
2016年05月19日 10:25撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が続きます
3
赤倉平へ向かう元気印のyamaotocoさん
快晴ですが風がないので苦しそう (c)
cicsさんのペースについていけません (ya)
私すぐにバテますけど・・・(c)
2016年05月19日 10:29撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉平へ向かう元気印のyamaotocoさん
快晴ですが風がないので苦しそう (c)
cicsさんのペースについていけません (ya)
私すぐにバテますけど・・・(c)
9
振り返ると大普賢岳が
2016年05月19日 10:55撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると大普賢岳が
5
赤倉平です
2016年05月19日 10:57撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉平です
10
大普賢岳の奥には弥山〜釈迦ケ岳までの稜線
2016年05月19日 10:57撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大普賢岳の奥には弥山〜釈迦ケ岳までの稜線
8
赤倉平で大普賢をバックに
2016年05月19日 10:58撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉平で大普賢をバックに
11
赤倉平で大普賢をバックに
2016年05月19日 10:58撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉平で大普賢をバックに
12
赤倉山〜千里峰〜奥ノ平峰
この後歩きますよ〜
2016年05月19日 11:05撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉山〜千里峰〜奥ノ平峰
この後歩きますよ〜
6
稜線に乗りました。ザックをデポしてP1221へ向います
2016年05月19日 11:17撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に乗りました。ザックをデポしてP1221へ向います
2
P1221で記念写真
2016年05月19日 11:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1221で記念写真
17
鶴のマネをする亀仙人(笑 (ya)
2016年05月19日 11:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴のマネをする亀仙人(笑 (ya)
22
黒いのが立ってるように見えて熊かと思ったww (ya)
落雷で真っ黒の木でした (c)
2016年05月19日 11:27撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒いのが立ってるように見えて熊かと思ったww (ya)
落雷で真っ黒の木でした (c)
6
気持ちのいい稜線歩きです
2016年05月19日 11:28撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい稜線歩きです
6
ヤマツツジがきれいに咲いていました
2016年05月19日 11:40撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジがきれいに咲いていました
8
赤倉山々頂直下にはもうひとつ草原がありました
2016年05月19日 12:00撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉山々頂直下にはもうひとつ草原がありました
11
右は山上ケ岳から左は釈迦ケ岳までの大峯奥駈道が見渡せます
2016年05月19日 12:09撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は山上ケ岳から左は釈迦ケ岳までの大峯奥駈道が見渡せます
12
青い山脈
2016年05月19日 12:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い山脈
8
シロヤシオが咲いてました
2016年05月19日 12:18撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオが咲いてました
17
赤倉山直下
シャクナゲトンネル
2016年05月19日 12:20撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉山直下
シャクナゲトンネル
6
赤倉山に到着
2016年05月19日 12:24撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉山に到着
9
次に向う千里峰
2016年05月19日 12:41撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次に向う千里峰
4
千里峰に到着
2016年05月19日 12:57撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千里峰に到着
3
先日登った千石山が見えます
2016年05月19日 13:07撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先日登った千石山が見えます
8
赤倉山を振り返って
2016年05月19日 13:09撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉山を振り返って
3
奥平峰
2016年05月19日 13:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥平峰
4
いい眺めです
2016年05月19日 13:11撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい眺めです
4
奥の平谷方面
2016年05月19日 13:12撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の平谷方面
6
霧降山
東に広がる丘陵が青空平・コブシ平なんでしょうか(不明)
2016年05月19日 13:18撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧降山
東に広がる丘陵が青空平・コブシ平なんでしょうか(不明)
3
エネルギー投入
行動食は バナナ・おにぎり・アンパン・チーズ・・・ (c)
2016年05月19日 13:20撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エネルギー投入
行動食は バナナ・おにぎり・アンパン・チーズ・・・ (c)
14
風が心地いいです
2016年05月19日 13:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が心地いいです
4
yamaotocoさんエネルギー投入中 (c)
宮ノ谷へは向かいません (ya)
2016年05月19日 13:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
yamaotocoさんエネルギー投入中 (c)
宮ノ谷へは向かいません (ya)
7
奥の平谷の向こうに奥香肌湖が見えます
2016年05月19日 13:29撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の平谷の向こうに奥香肌湖が見えます
5
北 遠く左側のは鎧岳みたいですね
その手前の東西の山脈は三峰山と稜線でしょうか (c)
ということは右奥に見えるのが倶留尊山と日本ボソですね (ya)
2016年05月19日 13:29撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北 遠く左側のは鎧岳みたいですね
その手前の東西の山脈は三峰山と稜線でしょうか (c)
ということは右奥に見えるのが倶留尊山と日本ボソですね (ya)
7
池木屋山に到着し三角点にタッチ
2016年05月19日 14:00撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池木屋山に到着し三角点にタッチ
9
今日はヒコ&ビコご同伴(c)
2016年05月19日 14:03撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はヒコ&ビコご同伴(c)
18
逆光仮面のオジサン達 (ya)
2016年05月19日 14:06撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆光仮面のオジサン達 (ya)
13
おきまりの不思議な儀式(チームヒコニャン?)(c)
2016年05月19日 14:08撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おきまりの不思議な儀式(チームヒコニャン?)(c)
8
ここで一応メインの食事タイム
2016年05月19日 14:12撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで一応メインの食事タイム
13
山頂からは遠くに国見山が見えます
2016年05月19日 14:17撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは遠くに国見山が見えます
3
カエデの緑がとってもきれいでした
2016年05月19日 14:18撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエデの緑がとってもきれいでした
7
sukanpoさんakirasさん
山名板は無事です、飛んで行ってません
2016年05月19日 14:23撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
sukanpoさんakirasさん
山名板は無事です、飛んで行ってません
11
yamaotocoさん
何を思いふけってんですか・・(c)
ニコチンを補充してるだけだったりします^^ (ya)
2016年05月19日 14:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
yamaotocoさん
何を思いふけってんですか・・(c)
ニコチンを補充してるだけだったりします^^ (ya)
8
北方面には宮ノ谷渓谷へ進む標識あります。
台高縦走は南方面のこっちです
宮ノ谷はいつか行きたいですねyamaotocoさん(c)
ぜひご一緒させてくださいね〜 (ya)
2016年05月19日 14:30撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方面には宮ノ谷渓谷へ進む標識あります。
台高縦走は南方面のこっちです
宮ノ谷はいつか行きたいですねyamaotocoさん(c)
ぜひご一緒させてくださいね〜 (ya)
3
大台ケ原ですね
2016年05月19日 14:32撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台ケ原ですね
7
新緑とヤマツツジ
2016年05月19日 14:40撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑とヤマツツジ
5
シロヤシオ
2016年05月19日 14:42撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオ
8
ホウキガ峰(1346m)
2016年05月19日 15:08撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホウキガ峰(1346m)
3
大黒尾根の痩せ尾根
2016年05月19日 15:32撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒尾根の痩せ尾根
4
P1268を越えて振り向き
(このあと縦走路を外してしまいました)
2016年05月19日 15:52撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1268を越えて振り向き
(このあと縦走路を外してしまいました)
2
コース復帰しました
2016年05月19日 16:06撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース復帰しました
3
yamaotocoさん 
銚子谷源頭部で水補給中 (c)
煮沸すれば利用できそうですがポタポタと水滴が落ちてるだけで補充するには時間がかかります (ya)
2016年05月19日 16:17撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
yamaotocoさん 
銚子谷源頭部で水補給中 (c)
煮沸すれば利用できそうですがポタポタと水滴が落ちてるだけで補充するには時間がかかります (ya)
6
あとは下るだけ〜
弥次平峰に立ち寄るのは中止して下山を急ぎます。
2016年05月19日 16:42撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは下るだけ〜
弥次平峰に立ち寄るのは中止して下山を急ぎます。
2
尾根下りも終盤になりテープを忠実に追って注意深く降りて行きます
2016年05月19日 17:46撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根下りも終盤になりテープを忠実に追って注意深く降りて行きます
4
北股川が見えてきました
渡渉場所を探します
2016年05月19日 18:03撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北股川が見えてきました
渡渉場所を探します
3
登山靴を脱いで渡ります
2016年05月19日 18:10撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山靴を脱いで渡ります
8
この後林道側へ戻るために結局靴を履いたまま何度か渡渉を繰り返しました
2016年05月19日 18:13撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後林道側へ戻るために結局靴を履いたまま何度か渡渉を繰り返しました
8
cics 林道へ上がりました
ズボン濡れて・・・レンズ濡れの原因です (c)
2016年05月19日 18:52撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
cics 林道へ上がりました
ズボン濡れて・・・レンズ濡れの原因です (c)
6
ちょうど赤倉平への取り付の真ん前(H鋼ドラム缶)に出てきました。
2016年05月19日 18:52撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょうど赤倉平への取り付の真ん前(H鋼ドラム缶)に出てきました。
3
無事帰還できましたね yamaotocoさん
お疲れ様でした
レンズが濡れててスミマセン (c)
2016年05月19日 18:53撮影 by 302HW, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事帰還できましたね yamaotocoさん
お疲れ様でした
レンズが濡れててスミマセン (c)
10
駐車地へゴール
クルマでの帰路の途中で初めてニホンカモシカを見ました
2016年05月19日 19:12撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地へゴール
クルマでの帰路の途中で初めてニホンカモシカを見ました
10
撮影機材:

感想/記録
by cics

赤倉山からの「台高つなぎ」続きをyamaotocoさんとご一緒しました。

二人とも初めて歩くルートですので安全確保のためにwingletさんのログをGPSに入れてのトライとなりました。また今春入山されたwingletさん、debianさんのレコを参考にさせていただきました。お礼申し上げます。

池木屋山を越えてからは踏み跡は一気に薄くなり、秘境感たっぷり。
「簡単に立ち入らせないぞ」という台高の雰囲気を全身で感じました。それが台高の魅力なのでしょう。 
今回、北股林道の悪路(小岩がごろごろ散乱)で到着が遅れ、登山開始が計画より1時間遅くなりました。
特筆は、台高縦走路から出発点の北股林道へと戻る下山ルートについての情報が非常に少ないなかで改めて地形図読みの重要性を思い知りました。
ディープな山行、得るものが非常にたくさんで貴重な山行となりました。 
yamaotocoさん ご同行いただきありがとうございました。 単独行だったら私はいまも山中をさまよっていると思います。

感想/記録

台高縦走の第2弾として前回の折り返し地点の赤倉山〜池木屋山をまわって来ました

北股林道はある程度覚悟はしていたものの舗装が残っている箇所はわずかで凹凸や水溜りに多数の落石ありとかなりの悪路でした。途中からは歩いた方が早いのではないかという速度で恐る恐るクルマを歩かせる?感じになりました。

取り付から赤倉平までの急登りは暑さもあって結構キツかったですが、赤倉平の開けた空間から大峯の稜線を見渡すと一機に気分が晴れました。
ここまで来ればもうひと登りで稜線に乗ることができ、P1221に立ち寄ってから前回の折り返し地点の赤倉山へ向いました。

赤倉山〜池木屋山にかけての台高縦走路は眺望も良く心地よい風が吹いていて気持ちよく歩くことができました。

弥次平峰手前からの下山は進むべき尾根を外さないようにヤマナビ2.5にダウンロードしていたwingletさんの軌跡を逐一確認しながら進みました。
地形的に「おやっ」と思う箇所にさしかかった時もwingletさんの軌跡からずれていることを確認して深みにハマる前に修正することができました。

私が”地形”というものを気にしながら歩くようになったのはakirasさんと歩いた飯高から明神平をまわるコースでakirasさんの地形図読みの見事さに感服したこと。
その後、akirasさんが持っているのと同じ地形図読みの本を購入して読み進む中でどんな地形の所が危険なのかを僅かながらも学習していたからです。

今回、無事に下山できたことに関してwingletさんとakirasさん、それに同行頂いたcicsさんに感謝致しております。
訪問者数:612人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/2
投稿数: 1881
2016/5/20 17:43
 山を歩くって…
やまおとごんさん、cicsさん、こんにちは〜。

台高繋ぎ進んでますね〜
お二人のレコで、台高は、やっぱり山奥深く
安易に歩けるところではないのだと思いました。
地図&ナビをセットしてて良かったですね!
深みにハマる前に修正出来てほんと良かった!!
やまおとごん、cicsさん、凄いよ〜!!
山行のありかたを考えさせられたレコだと思いました。

>どんな地形の所が危険なのかを僅かながらも学習していたからです。
この言葉に感銘致しました。山を歩くなら必須ですね。
地図読み難しくて私の場合、理解するのが普通の人より
倍の倍の倍の時間がかかりますがお勉強していきたいと思います
と、カッコよくここでコメント〆たいのですが…

ここで終わりませんよ〜つっこみます〜
写真18、今回は海賊ではなく、酔拳?!いや亀仙人 最高!!
写真38、怪しい人?!いや実はひそかに隠れている猛獣
なんちゃって〜
あっ!cicsさん、ひょっこりひょうたん島知ってますよ〜

台高山脈、ほんと森深く良いところですよね。
歩ける方が羨ましいです(*'ω'*)✨
これからも、気を付けて縦走してくださいね!!
ロングコースおつかれさまでした

※ 気合入りすぎたコメントですみませんでした
登録日: 2013/9/1
投稿数: 1319
2016/5/20 19:19
 お疲れ様でした!
cicsさん yamaotocoさん こんばんは〜
お疲れ様で〜す🎶
見事に繋ぎましたね! 我々なら間違いなく遭難してますね!
尊敬します!どんどんみんな上達してますね〜

我々なんか五番関〜四寸岩山の往復だけでへろへろで〜す。
台高山脈恐ろしいですね、車の移動だけでも怖〜い!
帰ってしまいますね〜 くれぐれもお気をつけて伊勢まで完歩してください。
伊勢まで行かないのかな?
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1763
2016/5/20 19:58
 流行ってるの?
cicsさん、yamaotocoさん、こんにちは。
なんだか、台高の深〜い所のレコ、多いですよねぇ?流行ってるの???
私、御座瑤悗蝋圓辰討澆燭い隼廚辰討い襪里任垢、大台ドライブウェイ「川上辻」からピストンかなぁと思っていますが…。
今回は、例の売人は一緒じゃなかったみたいなのな。
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2016/5/20 21:52
 山名板ワープ!?
cicsさん、 yamaotocoさん、こんばんは。

池木屋山の山名板の近況をお知らせいただきありがとうございます!
(って、私が作ったものではないけど… )
でも、ひこにゃんと写ってるオレンジの山名板は、当初私が取り付けた
とこらから5〜6mほど西へ移動して今の木の右1mくらいの所にワープ
しているのをsamayoiさんのレコで確認しましたが、今回また少し
ワープして田中さんの山名板のとなりに来てますね
ほんで、緑の山名板も私が取り付けた木となんか違うみたい!?
緑の山名板、特徴的に曲ったブナに取り付けられてましたか〜?
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2040
2016/5/20 21:56
 Re: 山を歩くって…
フルゴンヌさんも高島トレイル繋ぎ、お疲れさまでした。
気合の入ったコメントありがとうございます(笑)

台高はやっぱり奥深くてソロではなかなか行こうとは思えない所です。
地形図読みの本のお陰で山には「尾根と谷(沢)しかない」ことが分ったので、登山道もないような山中の下山は尾根から外れれば基本的に全て危険ですね。
その先は沢になるのでその前に崖が待ってることになります

話しは変わって...
先日、台高に現れた海賊は亀仙人が変装した姿だということが判明?しました
写真38は草場の陰が似合う凡人でございます
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2040
2016/5/20 22:14
 Re: お疲れ様でした!
chasseさん、奥様、こんばんは〜

北股林道(廃道)を普通のセダンで通行するのはマジで大変でした
自分一人だったら躊躇なく引き返して大台ケ原でのんびりハインキングに切り替えてます
台高縦走はなにかとキツいです。一筋縄ではいきません。
ちょっと怖気づいてきました

私はとりあえず南は大台ケ原まででいいかなと思ってますが、そこから先に行くなら大杉谷の方へ行ってみたいですね
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2040
2016/5/20 22:25
 Re: 流行ってるの?
DCTさん、こんばんは〜

3日前に近所のモンベルにテントとシュラフを見にいったら偶然cicsさんとお会いしまして。釈迦ケ岳にお誘いしたら「ノー」。。。
北股林道からの台高繋ぎの続きはどうですか?と言ったら「それならOK」とのことでした。
あっ、テントもシュラフも検討中でまだ買ってません。

川上辻から御座瑤悗離團好肇鵝。。
よろしければご一緒させてください
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2040
2016/5/20 22:41
 Re: 山名板ワープ!?
sukanpoさん、こんばんは。

山名板が動いてるんですか!?
緑の山名板が取り付けられてたブナが曲がっていたかどうかは覚えてないです。

台高縦走も次の三之公まで繋ぐ為にもう一度北股林道を進まないといけないのかと思うとゾッとして来てます。クルマ2台で行くとして北股〜三之公間を1日で歩けるかどうか精査する必要もありますね
登録日: 2014/4/29
投稿数: 256
2016/5/20 22:44
 台高イイですね!
cicsさん yamaotocoさん お疲れさまでした。
予定どうり?の赤倉ー池小屋山の縦走路つなぎの周回コースでしたね。
台高の魅力をさらに感じるコースではなかったでしょうか?
特に赤倉山西斜面の草原からの展望はすばらしかったのではと思います。
また行ってみたいと思うのですが、北股林道の悪路には閉口しますよね。
登録日: 2015/3/13
投稿数: 500
2016/5/20 23:08
 お疲れ様〜。
こんばんわ〜cicsさん、yamaotocoさん。

すごいです!!おふたりさん。
大峯を過ぎれば次は台高があるわけですね。
先にお手本を示して歩いて下さるのでありがたいです!
(実際、行動できるかは別としてですが・・(^^;))
車、Uターンできたんですか?すごい道ですね
登録日: 2013/4/20
投稿数: 943
2016/5/20 23:57
 Re: 山を歩くって…
フルフルさん こんばんわ
あれは火の鳥だったんですけど・・・ちゃうか?(笑)
え〜っ! 同じ世代とちがうやろぅ ひょっこりひょうたん島知ってるの?
今度は横縞シャツに片目眼帯コスチュームで登ろかな
熱い暑いコメントありがとうございます。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2040
2016/5/20 23:58
 Re: 台高イイですね!
wingletさん、こんばんは〜

宮ノ谷側からか北股林道側からのどちらから登ろうか検討していましたが、赤倉山にも登るなら北股からの方がいいだろうと思ってwingletさんのレコからGPXデータを拝借して行ってまいりました。

それにしても北股林道(廃道)はえらいことになってますね
自然が復元力を発揮して人工構造物を飲み込んで元の大自然に戻そうとしていってる感じでしょうか!?
クルマでトレッキングしてるような感じでした

でも、山歩きとしては赤倉平や山頂西斜面の展望はおっしゃる通りとても素晴らしく、その後も池木屋山までの縦走路は要所要所で展望が開けていて素晴らしい風景を堪能できました。

wingletさんのGPXデータがないとまず行こうと思うこともなかったと思います。
本当に助かりました。ありがとうございました
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2040
2016/5/21 0:03
 Re: お疲れ様〜。
Yanyan7さん、こんばんは〜

えらいこと(台高縦走)を始めてしまいました
途中で挫折する可能性が大いに秘めていますが、やれるところまで頑張ってみます。

クルマはUターンするのに20分くらいはもがいていたと思います
切り返しが大変でした
登録日: 2013/4/20
投稿数: 943
2016/5/21 0:14
 Re: お疲れ様でした!
chasseさん 奥様 こんばんわ
無事下山できたからこそやったでぇ〜が言えるのでして・・・、その過程にはたぶんヒヤリハットがあったかも・・ですね。 
あえて危険ヶ所や注意喚起を公開してくれるヤマレコは情報は貴重です。うまい焼肉の店も教えてくれるし・・・
伊勢ですか??? 昨年の暮れにサミット前にと旨い魚を食ってきましたよ
登録日: 2013/4/20
投稿数: 943
2016/5/21 0:33
 Re: 流行ってるの?
DCTさん こんばんわ
台高つなぎチャンスは突然やってくる?!(偶然モ○ベ○店でyaさんとバッタリ)
流行ってるんかな〜? 自分的には今年は台高攻めと決めてましたけど・・
三峰山〜高見山とか、弥次平峰付近から南ならどのルートでも空きがタップリ、大歓迎! 危険ルート以外なら機会あればご一緒したいです(^^
そうそう、例のニイハオ売人は海賊キャップを忘れてきたそうです〜
登録日: 2013/4/20
投稿数: 943
2016/5/21 0:45
 Re: 山名板ワープ!?
sukanpoさん こんばんわ
池木屋山の山名板ミッションその後、今もワープしていないか気になってましたが、”緑名板”は特徴的に腰曲げて角を上に出しまくり風のブナに単独で主張していましたよ。 ご安心ください、はいてます チャウ ワープしてませんよ。
登録日: 2013/4/20
投稿数: 943
2016/5/21 0:59
 Re: 台高イイですね!
wingletさん こんばんわ
予定は未定、未定はある日突然に現実となってしまいますね
たまたまyamaotocoさんとばったりで即決、台高つなぎの魅力は多くの人を惹き付けるのでしょうね 私も最近その魅力を知ることになりました。
アクセスがよければ何度でもいきたいスポットです 北股林道の廃道区間はなんとか整備してもらえないのかなぁ・・ 
レコ情報は本当に本当にありがとうございました wingletさんの台高縦走完成ももうすぐですね、応援しています。
登録日: 2013/4/20
投稿数: 943
2016/5/21 1:16
 Re: お疲れ様〜。
Yanyan7さん こんばんわ
この暑い中 で老齢に鞭打ってようやりましたわ・・
yamaotocoさんは若いだけにタフですね 
水計画は迷いました、水場が枯れてるリスク考えて予定の3ℓ予定を→5ℓ強にして背負いましたが結果的には3ℓ強ですみました。 
あの林道は小岩や路肩が○△♂×●〒・・もうたいへん!! 単車で登ったろうかと思うほどでしたよ  DCTさんなら楽々ここ狙えるかも・・かも。。 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ