ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 876538 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

常念岳、想定外のアルバイト付き

日程 2016年05月17日(火) 〜 2016年05月19日(木)
メンバー hideooto, その他メンバー1人
天候小雨から快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一の沢の駐車場へ駐車、GW後の平日のためガラガラ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間1分
休憩
54分
合計
7時間55分
S常念岳登山者用駐車場09:5710:15一ノ沢登山口10:1910:30山ノ神10:3111:32王滝ベンチ11:57烏帽子沢12:1712:47笠原沢12:5116:31最終水場16:5617:52常念小屋
2日目
山行
8時間11分
休憩
33分
合計
8時間44分
宿泊地06:2910:02横通岳10:0610:45常念小屋12:36常念岳13:0515:13常念小屋
3日目
山行
2時間58分
休憩
48分
合計
3時間46分
常念小屋07:0507:37最終水場07:4908:26笠原沢08:3908:57烏帽子沢08:5909:20王滝ベンチ09:3810:22山ノ神10:31一ノ沢登山口10:3410:51常念岳登山者用駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一の沢はほぼ夏道通り、だんだんコースの整備もされてきましたが第二ベンチあたりから残雪があり、踏み抜きを何度かしました。ほんの少し雪渓も歩きますがアイゼンは要りません。
常念乗越から常念岳は、雪は全くありません。
二日目は、大天井まで往復しようと思いましたが、東天井岳のトラバースは雪があり、他のルートを探そうかと思いましたが、どうしても行きたいわけではないのでノーアイゼンのため断念しました。
常念乗越から樹林帯に少し雪はありますが、横通岳〜東天井岳までは雪はありません。
初日は迷っているし、二日目は雷鳥を探しながらの登山のため、かなりのんびりしています。
コースタイムはあまり参考にしないでください。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

笠原沢、行きは丸太が2本置いてあるだけでしたが、帰りは、しっかりした橋が掛けてありました。
2016年05月17日 12:42撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠原沢、行きは丸太が2本置いてあるだけでしたが、帰りは、しっかりした橋が掛けてありました。
2
笠原沢を渡ってすぐに一の沢を渡り右に行きます。
間違えた雪渓より戻って振り返った所。
2016年05月17日 15:00撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠原沢を渡ってすぐに一の沢を渡り右に行きます。
間違えた雪渓より戻って振り返った所。
1
一の沢を渡って、すぐに目の前の赤布を見てしまい、直進、(本来は右に行く)雪渓を歩く場所があると山レコで見ていたので、そのまま雪渓に入り登って行ってしまいました。おかしいなと思いながら登って2時間ほどして間違いに気ずきもどる。
2016年05月17日 15:00撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の沢を渡って、すぐに目の前の赤布を見てしまい、直進、(本来は右に行く)雪渓を歩く場所があると山レコで見ていたので、そのまま雪渓に入り登って行ってしまいました。おかしいなと思いながら登って2時間ほどして間違いに気ずきもどる。
1
本来い行くべき雪渓に戻り、夏道への取り付き点、雪渓はこの先行けない様に、ロープが張ってありました。
2016年05月17日 16:07撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本来い行くべき雪渓に戻り、夏道への取り付き点、雪渓はこの先行けない様に、ロープが張ってありました。
2
夏道への階段。
2016年05月17日 16:07撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道への階段。
2
第二ベンチ付近より登山道に雪が、足跡を忠実にたどっても、2・3度腿まで踏み抜きました。
2016年05月17日 17:29撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二ベンチ付近より登山道に雪が、足跡を忠実にたどっても、2・3度腿まで踏み抜きました。
1
常念乗越手前で撮影。
2016年05月17日 17:47撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念乗越手前で撮影。
1
テント場から夕陽
2016年05月17日 19:03撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場から夕陽
6
常念方面。月明かりで星はあまり見れませんでした。
2016年05月18日 00:56撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念方面。月明かりで星はあまり見れませんでした。
3
ご来光
2016年05月18日 04:37撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光
10
いまいち赤くならず
2016年05月18日 04:40撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いまいち赤くならず
8
大天井へ向かいます。
最初の樹林帯は多少の雪が。アイゼン要りません。
2016年05月18日 06:41撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井へ向かいます。
最初の樹林帯は多少の雪が。アイゼン要りません。
1
横通し岳付近
2016年05月18日 07:15撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横通し岳付近
槍ヶ岳をバックに
2016年05月18日 07:38撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳をバックに
5
東天井岳、登山道の先に雪渓が、踏み跡を期待したのですが。
2016年05月18日 09:20撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天井岳、登山道の先に雪渓が、踏み跡を期待したのですが。
2
全く、踏み跡なし。急斜面のトラバースをノーアイゼンで行く度胸はありませんでした。ここから戻る。
2016年05月18日 08:42撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全く、踏み跡なし。急斜面のトラバースをノーアイゼンで行く度胸はありませんでした。ここから戻る。
3
ついでなので、横通岳頂上に、三角点があるのみ。
2016年05月18日 10:05撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでなので、横通岳頂上に、三角点があるのみ。
1
常念小屋を見下ろす。
2016年05月18日 10:31撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋を見下ろす。
2
天場に戻って、常念岳を目指し、登りの途中。
2016年05月18日 12:28撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天場に戻って、常念岳を目指し、登りの途中。
頂上直下で遭遇。
2016年05月18日 12:38撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下で遭遇。
10
山をバックに雷鳥を撮りたかった。
もう少し雷鳥が大きく写せれば最高でしょうが、何日も狙って取っているわけでないので、槍も入りこれで十分。
2016年05月18日 12:38撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山をバックに雷鳥を撮りたかった。
もう少し雷鳥が大きく写せれば最高でしょうが、何日も狙って取っているわけでないので、槍も入りこれで十分。
13
常念山頂で
2016年05月18日 13:05撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念山頂で
12
手前が、昨日入ってしまった雪渓。アイゼンとピッケルあれば、そのまま詰められたのに。
2016年05月18日 14:29撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前が、昨日入ってしまった雪渓。アイゼンとピッケルあれば、そのまま詰められたのに。
2
星がほしい
2016年05月18日 23:50撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星がほしい
11
次の日の朝
2016年05月19日 04:46撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の日の朝
10
降りながら、最終水場。
2016年05月19日 07:43撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りながら、最終水場。
1
来るときは雨で増水した中、橋も無く渡渉に苦戦しましたが、帰りは橋が架かっていました。
2016年05月19日 08:08撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来るときは雨で増水した中、橋も無く渡渉に苦戦しましたが、帰りは橋が架かっていました。
昨日間違えた所、右方向に赤布もあるんですけどね・・・。最初に正面の赤布を見てしまった。
もしかしたら、登山道が荒れていたので木が倒れて正面側に来てしまっていたのかも?
左の矢印も雪渓側を表しているように感じてしまった。
いい訳ですけど(^^;
2016年05月19日 08:28撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日間違えた所、右方向に赤布もあるんですけどね・・・。最初に正面の赤布を見てしまった。
もしかしたら、登山道が荒れていたので木が倒れて正面側に来てしまっていたのかも?
左の矢印も雪渓側を表しているように感じてしまった。
いい訳ですけど(^^;
本来行く方向、
2016年05月19日 08:28撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本来行く方向、
2
右の雪渓を幅の細くなるあたりまで行きました。
2016年05月19日 08:35撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の雪渓を幅の細くなるあたりまで行きました。
2
まもなくゴール
2016年05月19日 10:18撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなくゴール
1
トイレや給水できます。登山届はここで。
2016年05月19日 10:33撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレや給水できます。登山届はここで。
1
撮影機材:
訪問者数:772人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ