ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 876840 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

ウトウノ頭 →酉谷山→天目山→蕎麦粒山→川乗山→赤杭尾根

日程 2016年05月20日(金) [日帰り]
メンバー okouyama
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:青梅線奥多摩駅からバス終点 東日原BS
帰り:青梅線古里駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
06:34 移動の開始
06:48 一石山神社入口
08:52 ウトウノ頭
09:54 行福ノタオ
10:12 酉谷山 (黒ドッケ)
10:32 酉谷峠
11:59 三ツドッケ(〜12:22)
13:12 蕎麦粒山
13:48 日向沢ノ峰
14:02 踊平
14:36 川苔山 (川乗山)
15:45 赤杭山
16:50 移動の終了
コース状況/
危険箇所等
ウトウノ頭へのルートは、タワ尾根をひたすら尾根を上るので、踏み跡は薄いですが迷うことはないと思います。ウトウノ頭から下る岩場に注意。最後の岩場は、左側を巻いて下ります。酉谷山や天目山へのルートは、案内板を確認して進めば迷うことはありません。ただ、天目山から蕎麦粒山へ向かう途中、分岐がわかりずらいので、誤ると一杯水避難小屋に出ますが、時間をロスします。蕎麦粒山から川乗山へのルートは、アップダウンの繰り返しになり、時間がかかります。川乗山から赤杭尾根の下りの植林地帯は木の根に注意です。ストックがあるほうがバランスを崩さず楽に下れると思います。植林地帯は傾斜が急なので、疲れた足に堪えます。
その他周辺情報古里駅近くに、コンビニと交番があります。

写真

東日原BS。平日の一番バスなので、ガラガラ。トイレがあります。登山届は、すぐ近くの交番に出します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東日原BS。平日の一番バスなので、ガラガラ。トイレがあります。登山届は、すぐ近くの交番に出します。
1
一石山神社の入り口、階段を上って縦走の開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一石山神社の入り口、階段を上って縦走の開始。
1
いきなり急登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり急登。
登りきったところにベンチ、一息入れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りきったところにベンチ、一息入れます。
1
タワ尾根もきつい個所が少しだけあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タワ尾根もきつい個所が少しだけあります。
でべその木? なんでこうなるの?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でべその木? なんでこうなるの?
しばらく上るとミズナラの巨木に出ます。
ウッドサークルに囲まれています。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく上るとミズナラの巨木に出ます。
ウッドサークルに囲まれています。

金袋山。展望はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金袋山。展望はありません。
篶坂ノ丸。ここも樹林帯の中です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
篶坂ノ丸。ここも樹林帯の中です。
珍しいギンリョウソウを発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珍しいギンリョウソウを発見。
2
つつじが見頃。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つつじが見頃。
2
ついに見た。ウトウノ頭にレリーフが2枚、木にかけられています。きれいです。裏には文字が書かれていますが、見に来て確かめては。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに見た。ウトウノ頭にレリーフが2枚、木にかけられています。きれいです。裏には文字が書かれていますが、見に来て確かめては。
3
ウトウノ頭から最後の岩場を降りた所は、大京ノクビレです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウトウノ頭から最後の岩場を降りた所は、大京ノクビレです。
1
大京ノクビレから下っているこの沢に入らないほうがいいです。1年前に雲取山荘からの縦走中ここに迷い込んでしまい、危うく遭難するところでした。その時は、運良く水源巡視路を見つけて孫惣谷林道に出ることができ、難を逃れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大京ノクビレから下っているこの沢に入らないほうがいいです。1年前に雲取山荘からの縦走中ここに迷い込んでしまい、危うく遭難するところでした。その時は、運良く水源巡視路を見つけて孫惣谷林道に出ることができ、難を逃れました。
大京ノクビレから尾根に上がるルートは、このつつじが見える岩場の左側を上ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大京ノクビレから尾根に上がるルートは、このつつじが見える岩場の左側を上ります。
岩の上に出て、下を見たところです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上に出て、下を見たところです。
そしてもう少し上るとモノレールに出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてもう少し上るとモノレールに出ます。
モノレール沿いに道があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレール沿いに道があります。
モノレールの終点から5分ほど歩くと長沢背稜に合流します。
逆に、ここからウトウノ頭への案内は無いので、わかりづらいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレールの終点から5分ほど歩くと長沢背稜に合流します。
逆に、ここからウトウノ頭への案内は無いので、わかりづらいです。
酉谷山方向へトレランを開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酉谷山方向へトレランを開始。
酉谷山山頂からは、大岳山、御前山も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酉谷山山頂からは、大岳山、御前山も見えます。
1
酉谷山から下山すると酉谷山避難小屋の上部にでます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酉谷山から下山すると酉谷山避難小屋の上部にでます。
ツツジ地帯もあります。シロヤシオ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジ地帯もあります。シロヤシオ
2
天目山(三ツドッケ)からの眺望。今回のルートで、一番眺めがよかったです。都心の夜景がきれいだろうな。写真の薄黒い点は、ハエです。顔にまとわりついてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天目山(三ツドッケ)からの眺望。今回のルートで、一番眺めがよかったです。都心の夜景がきれいだろうな。写真の薄黒い点は、ハエです。顔にまとわりついてきます。
2
谷底に吸い込まれそう(蕎麦粒山の手前)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷底に吸い込まれそう(蕎麦粒山の手前)
蕎麦粒山からアップダウンの繰り返しが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山からアップダウンの繰り返しが続きます。
平らな防火帯は、歩きながら休めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平らな防火帯は、歩きながら休めます。
崩れそうな岩石地帯。写真の左端を下りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩れそうな岩石地帯。写真の左端を下りてきました。
川乗山 平日なので、誰もいません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川乗山 平日なので、誰もいません。
2
ただ通過しただけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ通過しただけ。
1
登山道も終わりです。ここからは、5分で古里駅につきます。コンビニに行くなら線路を超え、車道へ出たら左です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道も終わりです。ここからは、5分で古里駅につきます。コンビニに行くなら線路を超え、車道へ出たら左です。

感想/記録

ウトウノ頭にあるレリーフ見たさと、ちょうど1年前にこの付近で遭難しかけたルートの確認をしたかったのでやってきました。そのついでに長沢背稜のピークに立ち寄り、少しトレランしながら平日の静かな山をゆっくり楽しんできました。山は、涼しくて風もなく良かったです。奥多摩は、いつ来ても何度来ても飽きないなあ。奥が深いぞ。
訪問者数:293人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ