ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 877547 全員に公開 ハイキング奥武蔵

大黒尾根から酉谷山(→牛首→天目山林道→赤岩の頭東尾根)

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー Takeshi1108
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:三峰口から西武バス、大陽寺入口7:23着
復路:茶平入口16:08発(秩父市営ぬくもり号)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間12分
休憩
1時間11分
合計
8時間23分
S大血川観光釣り場07:4208:19吊り橋08:43P91209:171165m圏(休憩)09:2310:25長沢背稜出合10:35酉谷山山頂11:0611:33矢岳尾根分岐11:54牛首11:5512:38天目山林道出合13:02林道終点(赤岩の頭東尾根)13:0613:53大久保林道出合14:52大久保林道終点15:0315:27大久保大橋15:4516:05茶平入口BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
‖膵尾根は取り付きまでのルーファイが勝負です。尾根に乗ってしまえば危険箇所は無いです。体力勝負の尾根ですね。クイナ沢からの破線ルート(今は崩落により通行不可らしいです)よりも、難易度は低いと思います。但し、こちらは指導標の類は皆無です。
牛首から天目山林道に下りるのは、もう一度やれと言われたら嫌です。運良く降りられただけだと思います。素直に矢岳経由がオススメです。
赤岩の頭東尾根(仮称)は、踏み跡は薄いです。下りで使う際には、コンパス、地形図、GPS必須です。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

おはようございます。武甲サン、今日も奥武蔵で遊ばせて貰いますね!(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようございます。武甲サン、今日も奥武蔵で遊ばせて貰いますね!(^^)
8
三峰口駅でバス待ち20分です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰口駅でバス待ち20分です。
3
大陽寺入口で下車しました。さてさて長い車道歩きのスタートですよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大陽寺入口で下車しました。さてさて長い車道歩きのスタートですよ。
5
自宅でドンブリ飯を食べてきたのですが、もうお腹が空いたので、本日の行動食のアンパンを食べながら…。と思ったら、観光釣り場で働く人の車が止まり、乗せて行って貰える事に!ラッキー!\(^o^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自宅でドンブリ飯を食べてきたのですが、もうお腹が空いたので、本日の行動食のアンパンを食べながら…。と思ったら、観光釣り場で働く人の車が止まり、乗せて行って貰える事に!ラッキー!\(^o^)/
8
指導員らしき人達(2名)が話し掛けて来ました。酉谷山へのルートは崩落により歩けないとのこと。別ルートで登る旨を説明し、何かあれば引き返すとの約束をして入山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
指導員らしき人達(2名)が話し掛けて来ました。酉谷山へのルートは崩落により歩けないとのこと。別ルートで登る旨を説明し、何かあれば引き返すとの約束をして入山。
7
左手に潰れ小屋と東大丸看板を目印に、林道から離れて右に下りていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に潰れ小屋と東大丸看板を目印に、林道から離れて右に下りていきます。
4
分岐から1分でこんな光景が。ナルホド、対岸に渡るんだな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から1分でこんな光景が。ナルホド、対岸に渡るんだな。
4
たかだか1m50cm弱を飛ぶのですが、ザックを背負っているし、日常では無い動きなので、遠く感じますよ。小学生の頃ならば楽勝だったハズ。助走をつけて飛びました。左手から安全に渡渉も出来ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たかだか1m50cm弱を飛ぶのですが、ザックを背負っているし、日常では無い動きなので、遠く感じますよ。小学生の頃ならば楽勝だったハズ。助走をつけて飛びました。左手から安全に渡渉も出来ます。
14
この綺麗な水!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この綺麗な水!
10
黒ドッケ沢の滝が見えます。山奥感満載ですね〜!(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒ドッケ沢の滝が見えます。山奥感満載ですね〜!(^^)
9
オット〜!地図には記載が無い吊り橋を渡りますよ。ワクワクですね〜!揺れるゾ〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オット〜!地図には記載が無い吊り橋を渡りますよ。ワクワクですね〜!揺れるゾ〜!
10
吊り橋を渡って5分ほど歩くと、東大丸看板。ここで踏み跡は2つに。目指す尾根に乗るには、左に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡って5分ほど歩くと、東大丸看板。ここで踏み跡は2つに。目指す尾根に乗るには、左に進みます。
5
東大丸看板から更に5分ほどで、倒木が道を遮ります。何とか通過出来たよ!(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東大丸看板から更に5分ほどで、倒木が道を遮ります。何とか通過出来たよ!(^^)
4
先ほどの倒木から15m先が、本日登る大黒尾根の先端部になります。ここから尾根を登りましょうか!踏み跡は無いですね。P912までは急登ですよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの倒木から15m先が、本日登る大黒尾根の先端部になります。ここから尾根を登りましょうか!踏み跡は無いですね。P912までは急登ですよ。
3
今日のお守りは君に決めたよ!ヨロシクお願いしますね!(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のお守りは君に決めたよ!ヨロシクお願いしますね!(^^)
6
この尾根、何となく踏み跡はあるのですが、どうやら動物の足跡みたいなんだよね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根、何となく踏み跡はあるのですが、どうやら動物の足跡みたいなんだよね。
2
尾根らしくなってキタぞ〜!楽しいなぁ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根らしくなってキタぞ〜!楽しいなぁ!
5
ミツバツツジが急登の疲れを癒してくれますよ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジが急登の疲れを癒してくれますよ!
5
あ!長沢背稜の稜線が見えてきたゾ!あと少しだねー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ!長沢背稜の稜線が見えてきたゾ!あと少しだねー。
6
長沢背稜に乗りました。風が抜けて気持ちいいね!流石に一般道は歩き易い事この上なし!新緑がとても鮮やかです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長沢背稜に乗りました。風が抜けて気持ちいいね!流石に一般道は歩き易い事この上なし!新緑がとても鮮やかです。
6
酉谷山山頂到着です。日原方面から歩いてこられた先客と沢山お話ししました。今、10時半過ぎですが酉谷山避難小屋には既に宿泊予定者が2名居られるとのことでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酉谷山山頂到着です。日原方面から歩いてこられた先客と沢山お話ししました。今、10時半過ぎですが酉谷山避難小屋には既に宿泊予定者が2名居られるとのことでした。
16
さてと、ランチにしますかね。お腹が空きましたよ〜!しかし、ハエと羽虫の数が凄いなぁ。マイッタ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてと、ランチにしますかね。お腹が空きましたよ〜!しかし、ハエと羽虫の数が凄いなぁ。マイッタ!
8
水も沢山持参しているから、避難小屋は通過でいいでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水も沢山持参しているから、避難小屋は通過でいいでしょう。
2
快適な長沢背稜縦走路です!完璧な整備ですよね。トレランの人達も楽しそうです!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な長沢背稜縦走路です!完璧な整備ですよね。トレランの人達も楽しそうです!
3
こんな部分は慎重に行きましょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな部分は慎重に行きましょうね。
4
長沢背稜から矢岳尾根に乗り換えて、岩場を下って牛首に来ました。ここから矢岳尾根のアップダウンを楽しむのもいいのですが、今日は別の楽しみ方で行きましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長沢背稜から矢岳尾根に乗り換えて、岩場を下って牛首に来ました。ここから矢岳尾根のアップダウンを楽しむのもいいのですが、今日は別の楽しみ方で行きましょう。
5
牛首から見た西方向(川浦谷方向)です。難易度高そうですね。止めときます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首から見た西方向(川浦谷方向)です。難易度高そうですね。止めときます。
5
東方面です。薄い踏み跡は川浦谷林道の名残ですかね。今日はこちらへ下りてみました。が、直ぐに踏み跡は消えてしまいました。傾斜は急で谷筋の崩れ易いガレ場なので苦労します。所々で踏み跡は部分的に復活します。これが続いてくれれば楽勝なんですが、そうは問屋が卸しません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東方面です。薄い踏み跡は川浦谷林道の名残ですかね。今日はこちらへ下りてみました。が、直ぐに踏み跡は消えてしまいました。傾斜は急で谷筋の崩れ易いガレ場なので苦労します。所々で踏み跡は部分的に復活します。これが続いてくれれば楽勝なんですが、そうは問屋が卸しません。
7
いきなり視界が開けました。武甲山、小持山、大持山が正面に見えます!が、しかし……。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり視界が開けました。武甲山、小持山、大持山が正面に見えます!が、しかし……。
9
足元は完全な崩落地。万事休すですよ。これでは落石と一緒に転がり落ちるしかありませんね。別ルートを探しましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元は完全な崩落地。万事休すですよ。これでは落石と一緒に転がり落ちるしかありませんね。別ルートを探しましょう。
5
最終的にはここを降りてきて天目山林道に到達しました。持参していたロープは未使用で何とかなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終的にはここを降りてきて天目山林道に到達しました。持参していたロープは未使用で何とかなりました。
8
先ほどの崩落地を下から見上げるとこんな感じ。堰が切ってあるので、降りなくて良かった!無理して降りてたら、ズルズル滑って、最後は垂直に5m墜落して重傷以上だったよ〜!^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの崩落地を下から見上げるとこんな感じ。堰が切ってあるので、降りなくて良かった!無理して降りてたら、ズルズル滑って、最後は垂直に5m墜落して重傷以上だったよ〜!^^;
6
という事で、30分ほど天目山林道を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
という事で、30分ほど天目山林道を歩きます。
3
所々崩落していて、車両通行は無理ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々崩落していて、車両通行は無理ですね。
4
へえ、昭和63年か。バブル絶頂期の林道か。ディスコで踊りまくっていたなぁ〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へえ、昭和63年か。バブル絶頂期の林道か。ディスコで踊りまくっていたなぁ〜!
8
この黒いのオタマジャクシだよ〜〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この黒いのオタマジャクシだよ〜〜!
7
この林道、予想通りに眺めがいいです。奥武蔵アルプスや大平山、七跳山が一望できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この林道、予想通りに眺めがいいです。奥武蔵アルプスや大平山、七跳山が一望できます。
12
林道終点です。ここは赤岩の頭東尾根(仮称)です。ここからはその尾根を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点です。ここは赤岩の頭東尾根(仮称)です。ここからはその尾根を下ります。
5
片方が伐採地の明るい尾根です。踏み跡は薄いですがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片方が伐採地の明るい尾根です。踏み跡は薄いですがあります。
4
低木が煩いですね。枝尾根に行かないように、頻繁に地図を見ながら進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
低木が煩いですね。枝尾根に行かないように、頻繁に地図を見ながら進みます。
5
途中からは植林帯を下ります。ここまで来ると、踏み跡は分かり易いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中からは植林帯を下ります。ここまで来ると、踏み跡は分かり易いですね。
3
大久保林道に出ました。予定通り『浦山国有林』の錆びた看板の地点です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大久保林道に出ました。予定通り『浦山国有林』の錆びた看板の地点です。
3
大久保林道を歩きます。林道と言っても作業道ですね。ここまで奥地だと荒れています。途中で魚釣りのオジサンと15分ぐらい雑談しながら歩きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大久保林道を歩きます。林道と言っても作業道ですね。ここまで奥地だと荒れています。途中で魚釣りのオジサンと15分ぐらい雑談しながら歩きました。
5
大久保林道を1時間歩くと車道に出ました。さてさて、待ちに待ったお約束のコレ!今日もお疲れチャン!カンパーイ!冷え冷えでウマ〜〜!\(^o^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大久保林道を1時間歩くと車道に出ました。さてさて、待ちに待ったお約束のコレ!今日もお疲れチャン!カンパーイ!冷え冷えでウマ〜〜!\(^o^)/
9
ツマミはコレ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツマミはコレ!
4
ネイチャーランドが眼下に広がります。イマイチよく分からない施設です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネイチャーランドが眼下に広がります。イマイチよく分からない施設です。
4
出た!250mの長いトンネル。中でカーブしているんダヨ。ヘッデン出すまでも無いけど、足元は完全に闇…。トンネルの中で歌?モチロン歌ったさぁ。エコー効き過ぎだけど気持ちいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出た!250mの長いトンネル。中でカーブしているんダヨ。ヘッデン出すまでも無いけど、足元は完全に闇…。トンネルの中で歌?モチロン歌ったさぁ。エコー効き過ぎだけど気持ちいい!
8
あとから渡る大久保橋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとから渡る大久保橋。
10
大久保橋で一休み。今日は何処にいてもハエと羽虫が煩かったけど、この橋の上だけは居ないので快適。橋から見たダム方面です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大久保橋で一休み。今日は何処にいてもハエと羽虫が煩かったけど、この橋の上だけは居ないので快適。橋から見たダム方面です。
4
同じく、橋から見た上流方面。水の色がステキ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく、橋から見た上流方面。水の色がステキ!
7
浦山大橋を越えて、間も無くでバス停だった筈。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浦山大橋を越えて、間も無くでバス停だった筈。
3
茶平入口のバス停到着です。あ、ぬくもり号、やっとピンク色のいつもの車に戻りましたよ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶平入口のバス停到着です。あ、ぬくもり号、やっとピンク色のいつもの車に戻りましたよ!
3
直ぐ横にはトンネルの入口。このキャラ、浦山大日堂の獅子舞が描いてあるんだね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐ横にはトンネルの入口。このキャラ、浦山大日堂の獅子舞が描いてあるんだね。
2
武甲サン、今日も無事に戻れました。有り難う御座います!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲サン、今日も無事に戻れました。有り難う御座います!
7
軽く呑み鉄!直ぐに爆睡…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽く呑み鉄!直ぐに爆睡…。
8
地元駅に到着。神の声が聞こえたヨ。『タケシ!オマエ、マダノムノカ?』だってさ!^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地元駅に到着。神の声が聞こえたヨ。『タケシ!オマエ、マダノムノカ?』だってさ!^^;
9
〆は豚骨ラーメンで。いやあ楽しい1日でしたね〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
〆は豚骨ラーメンで。いやあ楽しい1日でしたね〜!
7

感想/記録

東京都の最北端に位置する酉谷山に登ってきました。今回は大黒尾根(酉谷山から北西方向に延びる尾根)を初めて歩いてきました。

秩父鉄道三峰口から西武バスに乗車し大陽寺入口で下車し、そこで歩く準備をしていたら、車が止まって、『大血川観光釣り場まで乗って行くかい?』と、予期せぬオッファー!有り難く乗せて頂き、1時間弱のセーブとなりました!ラッキーです!\(^o^)/

観光釣り場では、指導員らしき人達2名が私の所に来て、『酉谷山は登山道崩落で登頂不可能。ここから酉谷山への登山者を入山させるなと指導されている』との事。

崩落と関係無い大黒尾根を行くと言って、何とか理解して貰い、『何かあれば直ぐに引き返す』との約束で登山開始出来ました。4月30日の遭難事故が影響しているかも知れませんね。(登山届の有無に関しても聞かれました。自分はweb版で提出した旨をお話ししました。)

大黒尾根は最初の取り付きで少し分かりにくいですが、尾根に乗ってしまえば迷うことはありません。但し、標高差900mの本格的な尾根なので体力勝負ですね。自然林が綺麗で楽しめましたよ。やっぱり初めて登る尾根はワクワクしますね!

下山は長沢背稜を離れて矢岳尾根方面に向かい、先ずは牛首まで下り、牛首からは破線ルートから外れて東方面、天目山林道に下ってみました。標高差200m程度と短いですが、実はここが今回のハイライトでした。苦労しましたが何とか無事に天目山林道に降り立つことが出来てホッとしましたよ。

天目山林道は再整備が進んだとの情報が有りましたが、土砂崩れなどで車両は入れませんね。歩くのには支障はありません。この林道は予想通り抜群の景観で、大平山や武甲山方面が大迫力で見られました。気持ちいいんですよ!

林道終点からは昨年10月に歩いた赤岩の頭東尾根(仮称)を下ります。この尾根は踏み跡は薄いですね。南側が伐採地なので眺望は良いのですが、尾根歩きの爽快感が少し弱めですかね。

大久保林道(林道と云っても原付バイクが通れる程度の作業道)では、魚釣りのオジサンとお話ししながらトボトボと歩きました。こう言うの好きですね!

何だか以前から少し気になっていた部分を、無理矢理繋いで歩いた様なコースになりました。後半は少しダレてノンビリペースとなりましたが、こんなユルハイクも良いですね!山のパワーを存分に貰いましたよ〜〜!(^^)
訪問者数:420人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/3/27
投稿数: 882
2016/5/22 7:47
 道…
Takeshi1108様

 おはようございます。

 昨日も私のような凡人には全く考えも及ばない”謎だらけ”のルートでの登山、大変お疲れ様でした。回を増すごとに謎めきが深まるTakeshi1108様のルート、やはり前世が「ム・月・ヒ・ヒ・てんてんてんてん」という私の憶測はあながち間違ってはいなかったのかもしれませんね。”山の中”でのご自身の方が、街の中のでのご自身よりもず〜っと”生き生き”と感じられていらっしゃるのではないでしょうか!?

 さてそんなTakeshi1108様ですが20番目の写真のコメント、「…流石に一般道は歩き易い…」と書かれていらっしゃいましたが、あれ”一般道”ではありませぬ。もしあれが”一般道”なのなら、私の自宅前の幅5mにも満たない細いアスファルト道は『高速道路』です。”一般”は”一般”であっても”正しくは一般登山道”だと思います。あの道が”一般道”と感じてしまう時点で既にTakeshi1108様は通常一般の人類が所有する常識的な感覚から遥か彼方まで転移されてしまったことと思います。(←大変失礼しましたっ!)
 でもご安心ください!Takeshi1108様にとっては大変苦痛に感じられるかもしれませんが、毎日毎日ご自宅前の”道路”を(今回と同じく)15km程も歩けば”通常!?”の感覚に戻ることは十分可能だと思いますよ!

 今回も大変お疲れ様でした。たまには”ラ〜メン”ではなく、”チャ〜ハン”でも召し上がられてはいかがでしょう!?
登録日: 2015/1/12
投稿数: 553
2016/5/22 9:44
 Re: 道…
aochanman777様
おはようございます。いつもながらの早速のコメント、有り難う御座います!

ルートは違いますが、酉谷山って3週間前に登ったばかりなんですが、何だかまた登りたくなってしまいました。で、以前から計画を温めたいた大黒尾根を歩きました。この尾根、獣の気配が濃厚で、ホントにム月ヒヒ、、、、が出そうでしたので、ヤツと戦う心の準備をしていたんですよ。どうせ負けるにせよ、戦わずして負けるのもシャクなので!(^^)

酉谷山の後は、以前から何となく気になっていた牛首→天目山林道を強引に下ってみました。もっと簡単に降りられると思っていたのですが、結構苦労しました。ワザワザここを歩く理由が分からないでしょうね。地形図を見てピンと来たとしか言い様が無いのですが、昔の作業道の川浦谷林道の名残があるかどうか確かめてみたかったというのもありました。

一般登山道でも奥多摩側と秩父側では整備状況が違って面白いです。東京都側の方が良く整備されていますね。aochanmanさんのご自宅前の一般道、整備状況は如何ですか?やはり都内だから良好ですかね〜!(^^)

飲んだアトはやっぱり麺類がいいんです。職場のみんなで飲んだアト、『〆のラーメン行こうか!』とよくなりますが、『チャーハン行こうか!』とはなった事がありません。お昼はホントは麺類よりも御飯モノがいいんですが、山では手軽なカップ麺になりますね!まあ山で食べると10倍美味しいので、何でもオッケーなんですが!\(^o^)/
登録日: 2012/4/2
投稿数: 822
2016/5/22 10:46
 また好奇心の沸くコースを!
いいですネェ

朝の釣堀までのドライブはラッキーでしたね
きっとタケシさんは友好的で清潔感があるんでしょう

でも計算をして歩いたんだろうけど時間的にはぬくもり号にちょうどでしたね
パクリたいけどルートを再考しないと それにレベルも高いルートだしね
ワルさんレコにもあったけど大血川のゲートに指導員がずっと常駐してくれて
いるんですねぇ。たまに来る変態ハイカーのために申し訳ないほどですネ!

あ〜〜〜今日は天気最高なのに昨日甥の結婚式でその流れで
子供達がウチに泊まっていって・・・山を中止に
さぁこれから何しよう
登録日: 2015/1/12
投稿数: 553
2016/5/22 11:35
 Re: また好奇心の沸くコースを!
ビギさん、こんにちは。
コメント有り難う御座います!

当初計画ではもっと遅くなる予定でしたので、浦山口駅まで歩く計画だったのです。(モチロン、飲みながらですが…!)車に乗せて貰ったのと、大黒尾根が思ったよりも早く登れたので、酉谷山山頂で予定よりも2時間も早く到着しました。山頂でノンビリしようかと思いましたが、ハエと羽虫にまとわりつかれて、早々に退散した次第です。^^;

観光釣り場の指導員さん、登山者全員に声掛けをしている様ですね。それだけの為に常駐しているのでは無いでしょうが、大切な事ですね。

天気がいい週末に山行きが出来ないと、ストレス溜まりますよね。パーっと、昼酒なんて如何ですか?\(^o^)/
登録日: 2010/6/6
投稿数: 251
2016/5/22 17:08
 羽虫がねぇ。。
タケシさん、こんにちは。
この週末、ちょっと暑いくらいでしたが良い天気でしたね。
それと。。大黒尾根。。いいですなぁ~
地形図みてても尾根筋しっかりしてそうだし、変態ハイカーの方々のレコで酉谷へ近いルートかも。。と勝手に思ってました。でも結構厳しそうですねぇ。。
それと堰堤のジャンプって、チビッ子の相方は絶対拒否られる
ゲートまで金にモノを言わせてタクシーで、来年辺り  情報ありがとうございます。引き出しに是非入れさせてください。

山頂の羽虫、先週も酷かったけど。。気持ちがめげるんですよねぇ。
今週は安息日でお山に行けませんが、日が長く、くそ暑くなる前の時期。。もう終わっちゃう。でも虫もヤダ。どうすっかなぁ~

ガッツリな変態道と地元の方とのふれあい山行、お疲れさまでした〜
登録日: 2015/1/12
投稿数: 553
2016/5/22 17:54
 Re: 羽虫がねぇ。。
セキミさん、こんばんは。
コメント有り難う御座います!

大黒尾根は観光釣り場から酉谷山への最短コースだと思います。堰堤越え、黒ドッケ沢の滝、吊り橋等、尾根に乗る前にも楽しめます。あ、堰堤は飛ばなくても渡渉できますから、心配ナシですよ!(^^)

大黒尾根自体は難しい部分は全く無く、傾斜も適度でしたので、予想よりも短時間で登る事が出来ました。

こんなに羽虫が煩かったのは初めてです。登っている最中もまとわりつかれて、口を開けて息をしていると、虫が口に何度か入って来たほどでした。(-_-)

次回からは虫除けを持参しないとですね!
登録日: 2012/5/26
投稿数: 955
2016/5/22 22:11
 指導員
崩落した登山道はダメだけど、VRの大黒尾根ならOKって、よくわかりませんね。私が行ったらややこしくなりそう。。。
堰堤のジャンプは私も躊躇しました。普段滅多に飛ぶことなんてないので、昔の感覚で飛べるか不安なんですよね。よくわかります。
牛首峠からの下降はチャレンジでしたね。谷筋を行くなんて私の選択肢にはありません。 赤岩ノ頭からの尾根筋の方が安全だったんでしょうけど、でも天目山林道からの景観が得られたので+−ゼロですね。
晴天の中、お疲れ様でした。
登録日: 2015/1/12
投稿数: 553
2016/5/22 22:43
 Re: 指導員
kinoeさん、こんばんは。
コメント有り難う御座います!

先週はワルさんが指導員さんに話し掛けられ、今週は私と言う訳です。kinoeさんが行かれると、確かに話しがややこしくなりそうですね!あはは!(^^)

吊り橋のアト、東大丸看板地点を左に行きましたが、実は少しだけ右方向にも偵察に行ってみたんです。他にも長沢背稜に至る尾根がありそうですね!要研究です。

牛首からは旧川浦谷林道の痕跡があるかと思いましたが、風化が激しいですね。ホンの少しだけでもチャレンジがあると、充実感が違います!初めて歩くVRってやっぱり楽しいですね!(^^)
登録日: 2015/4/30
投稿数: 276
2016/5/23 0:36
 また凄いルート歩かれているんですね!
こんばんはTakeshi1108さん

前回の、日原界隈からグミの滝から、また、秩父、奥多摩界隈で、マニアックなルートを歩かれていますね!流石です!
わたくしの力量では、とても歩けないコースですが、レコ、毎回、楽しく読ませていただいております。
奥多摩と、秩父の、整備の違いによる、コントラスト、わたくしも何だか好きですね〜こういうの。
山行後の呑み鉄レコも、楽しそう!
次回は、どこをあるかれるのでしょうか?レコ、楽しみです!
登録日: 2015/1/12
投稿数: 553
2016/5/23 7:06
 Re: また凄いルート歩かれているんですね!
machagonさん、おはようございます。
コメント、有り難う御座います!

今回登った大黒尾根は、それ自体はとても簡単な尾根で、酉谷山には一番短時間で登れる事が分かりました。尾根に出るまでに堰堤や滝や吊り橋があって、ワクワクするようなルートだったんですよ。以前から計画を温めてきたルートだったので、今回歩けて良かったです!

来週はどこを歩こうかと、この1週間楽しく悩みましょうかね!天気はまずまずの様ですから。

machagonさん、これだけ好天が続くと山に行きたいですよね。お怪我の方はどうですか。早く治るといいですね!(^^)
登録日: 2011/4/20
投稿数: 568
2016/5/23 10:57
 牛首から川浦谷林道
こんにちは

うらやましいです。バス停から車に乗せてもらったんですね。
コワモテの自分にはまず無理な話です
約1時間時間を短縮できましたね。

自分も昨日また観光釣場に行きましたが、タケシさんの時と同じであろう2人が
でてきましたが「榊山」と答えたらあとは会話が続きませんでした。
どうも変態ビームを浴びせてしまったようです

牛首〜川浦谷林道はないと思った方がいいです。地形を見て判断しながら歩くしかないようです。一回P1183経由で林道を歩いてみては?
ただし、これからの暑い時期はかなり地獄です
沢の水はいくらでもあるルートなので、それを飲めるか否かによって
行動範囲も変わってきます。
登録日: 2015/1/12
投稿数: 553
2016/5/23 12:37
 Re: 牛首から川浦谷林道
ワルさん、こんにちは。
コメント有り難う御座います。

荒川三山馬蹄形の内側の探索、やはり立橋尾根のP1183から入るのが最初の一歩なのでしょうね。牛首から下ったら、それこそ遭難の可能性がかなり高いかと思いました。

P1183からのルートで川浦谷林道を歩いても、ピストンで引き返すだけだとツマラナイので、支尾根を使って檜尾根を登るとか、何かと組み合わせたいなぁと思います。小黒北尾根は自分の場合は時間が足らなさそうです。

沢の水ですか?自分も全然平気ですよ〜!\(^o^)/

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ