ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 877605 全員に公開 ハイキング奥武蔵

初の甲武信ヶ岳は新緑とツツジが綺麗でした

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー mkazu11, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前日夜、須玉ICより道の駅南きよさとで車中泊
帰りも須玉ICから
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間1分
休憩
2時間1分
合計
9時間2分
S毛木平06:3206:57大山衹神社07:08慰霊碑07:1007:54なめ滝09:02千曲川・信濃川水源地標09:1009:49甲武信ヶ岳10:3411:02三宝岩11:09三宝山11:40尻岩11:4312:01武信白岩山12:06武信白岩山(北峰)12:1412:51大山12:5713:26十文字小屋14:1514:30十文字峠15:13水場(五里観音)15:31毛木平15:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
千曲川源流のルートはゆるやかで綺麗な登山道でした。
周回の三宝山、大山、十文字峠のルートはアップダウンを繰り返す中、岩場や鎖場もあり少し注意が必要です
その他周辺情報たかねの湯で汗を流し、平打ち蕎麦 やつこまで上品な蕎麦を食べて帰りました〜
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス ストック カメラ
備考 帽子、ツェルト、グローブ、汗拭きタオル、ウィンドブレーカーなど忘れ物

写真

シャクナゲがきれい!
2016年05月21日 14:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲがきれい!
1
撮影機材:

感想/記録

今回は甲武信ヶ岳。自身百名山9座目。最初は西沢渓谷ピストンを予定してましたが、毛木平からの周回の方が楽しそうなので変更。
そして道の駅南きよさとで車中泊。ですが同行の健脚1号は駐車場テン泊。
車中泊も初体験でしたが、テント以上に運転席倒して寝るのは寝苦しいと分かりました。。。
まんじりとでき無い夜を過ごし翌朝毛木平へ向かい健脚2号と合流。山行開始です。
千曲川源流のコースはゆるやかで新緑もまぶしく高原の避暑地を歩いているようでした。そうして源流に到着して、湧き出ている水を一口頂きます。冷たくてさらっとした水でした。飲んで大丈夫かは各自判断です。
さて、ゆるやかなのはここまでで、山頂までは急坂。頑張って登ると絶景が広がっていました。まだ10時前でしたが昼食用に持ってきた食糧をここで食べ、周回コースへと向かいました。
まずは埼玉最高峰の三宝山、そして武信白岩山(立ち入り禁止ですがこの日はそこに登っている人がいました)、大山を経て十文字峠へ向かいます。
アップダウンがきつく、何度もへこたれそうになりながらなんとかクリアしました。このコースは、切れ落ちた岩場や、鎖場もあり少し危険なところもありますが、奇岩も多く、シャクナゲやツツジも咲いて華やかなところもあし見どころのある山を感じるコースでした。
十文字小屋ではログには無いですがカモシカ展望台まで言って絶叫しておきましたw
そうして無事に下山。温泉や蕎麦を楽しんで帰路につきました。
訪問者数:434人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ