ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 877651 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

遥かな尾瀬〜水芭蕉〜燧ヶ岳へ

日程 2016年05月19日(木) 〜 2016年05月21日(土)
メンバー yoshio-k
天候主に晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
戸倉に駐車し乗り合いバスで鳩待峠へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間30分
休憩
18分
合計
2時間48分
S鳩待峠11:2912:11山ノ鼻12:1212:52上ノ大堀橋12:5313:00牛首分岐13:1513:25下ノ大堀川橋13:48竜宮十字路14:12見晴(下田代十字路)14:1314:17桧枝岐小屋
2日目
山行
14時間5分
休憩
1時間48分
合計
15時間53分
桧枝岐小屋04:2704:36見晴新道分岐04:46イヨドマリ沢05:14白砂峠05:32沼尻平05:59長英新道分岐07:40ミノブチ岳07:4107:5708:2208:36燧ヶ岳08:5109:1009:1509:30ミノブチ岳09:3210:40長英新道分岐10:47三本唐松11:0511:11長蔵小屋11:4512:09三平下(尾瀬沼山荘)12:1112:29南岸分岐(冨士見峠方面分岐)12:58沼尻平13:0113:15白砂峠13:1613:41イヨドマリ沢13:4213:51見晴新道分岐13:5213:59桧枝岐小屋20:20見晴(下田代十字路)
3日目
山行
6時間48分
休憩
26分
合計
7時間14分
宿泊地06:5107:04赤田代07:10温泉小屋07:12元湯山荘07:14温泉小屋・三条ノ滝・御池方面分岐07:1507:35温泉小屋・三条ノ滝・御池方面分岐07:41温泉小屋07:46赤田代07:58東電尾瀬橋08:0008:09東電小屋08:1108:22ヨシッ堀田代08:27ヨッピ吊橋08:3909:02竜宮十字路12:11竜宮十字路12:1212:28下ノ大堀川橋12:2912:38牛首分岐12:4112:47上ノ大堀橋13:12山ノ鼻13:1614:05鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
見晴のテント場に連泊
その他周辺情報戸倉の駐車場近くに温泉あり。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック サブザック 食糧 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 軽アイゼン テント シュラフ ジェットボイル コンパクトカメラ スパッツ

感想/記録

水芭蕉が見たくて尾瀬まで。
例年なら木道が雪に埋もれているハズなのに、今年は三週間も早いとのこと。尾瀬ヶ原はほぼ咲き終えてました。それでも鳩待峠から山の鼻までや尾瀬沼の一部ではもう少しの間だけ観られそうです。今はタテヤマリンドウやリュウキンカなどが観られます。
燧ヶ岳の頂上直下の雪渓も雪は少なく、軽アイゼンでもキックステップで上がれました。アイゼン無しでも行けるかもしれませんが、有った方が安心です。
ニッコウキスゲが咲くと一面が黄色に色づき美しくなるそうですが、近年は尾瀬ヶ原は少ない様で、尾瀬沼の方が多いそうです。
木道を歩きながら、何度も何度も振り返る。その度に見える至仏山や燧ヶ岳の顔が変わり、その都度写真を撮ってしまいました。
尾瀬は見所が多く、一週間くらいのんびりと散策したいものです。
訪問者数:183人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ