ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 877710 全員に公開 雪山ハイキング東海

御嶽山

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー ytomei, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
濁河温泉の駐車場に自家用車駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間46分
休憩
2時間14分
合計
8時間0分
S御嶽小坂登山口07:2307:37仙人橋07:47七合目07:4808:04湯ノ花峠08:1308:38のぞき岩08:5509:20お助け水〈八合目〉09:3010:52五の池小屋10:5510:56飛騨頂上11:2311:34三ノ池分岐11:56摩利支天乗越12:0412:22摩利支天山12:4112:56摩利支天乗越13:0913:24飛騨頂上13:2713:28五の池小屋13:3914:08お助け水〈八合目〉14:2014:34のぞき岩14:49湯ノ花峠15:04七合目15:10仙人橋15:1115:23御嶽小坂登山口15:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
濁河温泉の登山口に登山ポスト有り。
登山道に残雪あり。雪が緩んでいる部分は踏み抜けるので注意要。
トラバースが、濁河~飛騨頂上まで2箇所、飛騨頂上~摩利支天山で3箇所あり。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 雨具 ゲイター ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ

写真

濁河温泉からスタートです。
2016年05月21日 07:21撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濁河温泉からスタートです。
ジョーズ岩だそうで。
2016年05月21日 07:53撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジョーズ岩だそうで。
湯の花峠到着。
2016年05月21日 08:09撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の花峠到着。
のぞき岩から御嶽山の全容が見え始める。
2016年05月21日 08:37撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のぞき岩から御嶽山の全容が見え始める。
8合目、おたすけ水。
2016年05月21日 09:21撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目、おたすけ水。
八合目を過ぎると少しずつ雪が現れます。
2016年05月21日 09:36撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目を過ぎると少しずつ雪が現れます。
かっこ良く撮影中。
2016年05月21日 09:53撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっこ良く撮影中。
ちいとお疲れモードです。
2016年05月21日 09:53撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちいとお疲れモードです。
飛騨頂上まで2箇所のトラバース。アイゼン無し。ただし、ピッケルは使います。
2016年05月21日 10:11撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上まで2箇所のトラバース。アイゼン無し。ただし、ピッケルは使います。
1
飛騨頂上まであと少し。
2016年05月21日 10:34撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上まであと少し。
五の池小屋に到着。
2016年05月21日 10:53撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五の池小屋に到着。
池の氷が溶け始めて、綺麗なブルーの湖面が見えている。
2016年05月21日 11:06撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の氷が溶け始めて、綺麗なブルーの湖面が見えている。
2
今日の最終目的地、摩利支天山。
2016年05月21日 11:06撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の最終目的地、摩利支天山。
2
装備整えて出発です。
2016年05月21日 11:10撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
装備整えて出発です。
立ち入り規制の看板です。
2016年05月21日 11:19撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち入り規制の看板です。
こちらは諦め。
2016年05月21日 11:20撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは諦め。
摩利支天山へ。
2016年05月21日 11:20撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天山へ。
これが御嶽山だぁ。賽の河原、山頂と噴煙が見える。
2016年05月21日 11:55撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが御嶽山だぁ。賽の河原、山頂と噴煙が見える。
1
摩利支天山山頂に向けて、残雪道をトラバース。
2016年05月21日 12:13撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天山山頂に向けて、残雪道をトラバース。
摩利支天山山頂に到着。
2016年05月21日 12:23撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天山山頂に到着。
1
三角点にタッチ。
2016年05月21日 12:24撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点にタッチ。
蛙岩。無事に帰ってきましたよ。
2016年05月21日 14:40撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛙岩。無事に帰ってきましたよ。
ということで、登山口に到着です。
2016年05月21日 15:23撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ということで、登山口に到着です。

感想/記録
by ytomei

山岳会の会員さんと4名で御嶽山へ。ほとんど雪がなく、夏道でしたが、所々雪が残っており、雪上歩行の技術が必要とされる場面があったため、雪上ハイキングとさせてもらいました。

御嶽山は現在、警戒レベル2で火口から1km以内には入ることができないため、飛騨頂上~摩利支天山での山行となりました。噴煙を上げる御嶽山の姿をみると畏怖の念をいだきますが、その雄大な姿を見ると、賽の河原を超えて山頂まで登りたいという思いもいっぱいになります。早く山行が開始できる日が来ればと思います。

今回はアイゼンは使用しませんでした。トラバース時に滑落の危険があるので、ピッケルのみを使用。後はキックステップとツボ足対応で何となりました。ピッケルは必携です。また雪が締まるようだとアイゼンも必要になります。

御岳山頂は例年に比べると相当雪が少ないとのこと。五の池小屋のまわりは、夏景色でした。今回は積雪量調査と雷鳥調査に赴いた方に随行した登山でしたが、残念ながら雷鳥さんには出会うことができませんでした。

ただ、天気もよく、ペースのよい素晴らしい山行となったと思います。
訪問者数:560人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ