ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 877736 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

花三昧の八紘嶺(大谷崩れから周回)登山者の温かさに感謝

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー fujiyoshi
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間37分
休憩
1時間10分
合計
7時間47分
S大谷嶺駐車場07:2007:26大谷嶺登山道入口07:2807:40扇の要09:02新窪乗越09:3810:22大谷嶺10:3210:47アザミ次郎の頭11:04五色の頭12:13八紘嶺12:2712:41八紘沢の頭13:27富士見台13:3013:43八紘嶺登山道入口13:4414:29八紘嶺安倍峠登山口14:3214:39梅ヶ島温泉14:4014:51新田バス停15:05大谷嶺駐車場15:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

先行者がチャリデポしていました。
山伏からの周回なんだろうなと思いながらスタートです。
2016年05月21日 07:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者がチャリデポしていました。
山伏からの周回なんだろうなと思いながらスタートです。
あれ、トイレが無くなってる。
2016年05月21日 07:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ、トイレが無くなってる。
1
こんなのが設置されていました。
2016年05月21日 07:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなのが設置されていました。
2
真っ正面に今から向かう新窪乗越が新緑の先に確認できます。
2016年05月21日 07:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ正面に今から向かう新窪乗越が新緑の先に確認できます。
4
昨年よりかなりルート整備がされてました。
2016年05月21日 07:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年よりかなりルート整備がされてました。
このフェンスは去年もあったかな??
2016年05月21日 07:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このフェンスは去年もあったかな??
ここからは炎天下、真夏の時期は早朝スタートがよいです。
2016年05月21日 08:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは炎天下、真夏の時期は早朝スタートがよいです。
2
登山道わきにミツバツツジが咲いていましたのでちょっと寄り道。
2016年05月21日 08:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道わきにミツバツツジが咲いていましたのでちょっと寄り道。
5
新窪乗越です。スタートしてから約二時間は上出来です。
ジギタリスが生えていたら少し退治しようと意気込んできたが、まったくありません!!
きっとあの方だろうと思いますがご苦労様です。
2016年05月21日 09:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新窪乗越です。スタートしてから約二時間は上出来です。
ジギタリスが生えていたら少し退治しようと意気込んできたが、まったくありません!!
きっとあの方だろうと思いますがご苦労様です。
3
カニぱんがパンパン(笑)
何だろう・・・最近このパン気に入っています。
2016年05月21日 09:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニぱんがパンパン(笑)
何だろう・・・最近このパン気に入っています。
3
安倍の景色は霞んでいます。
2016年05月21日 09:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安倍の景色は霞んでいます。
1
オオカメノキとガレ
2016年05月21日 09:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキとガレ
3
イワカガミ
2016年05月21日 09:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ
6
今朝登った大谷崩れルートと山伏への稜線。
2016年05月21日 10:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今朝登った大谷崩れルートと山伏への稜線。
4
大谷崩れの頭に到着。
早川町の山頂標識にもたれ掛かっている方と会話しました。氏は八紘嶺からピストン、私は八紘嶺にピストン。
道中どこかで会いますね〜と言って先に向かった。
この方が下山後感謝の方となります。
2016年05月21日 10:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷崩れの頭に到着。
早川町の山頂標識にもたれ掛かっている方と会話しました。氏は八紘嶺からピストン、私は八紘嶺にピストン。
道中どこかで会いますね〜と言って先に向かった。
この方が下山後感謝の方となります。
4
南方向は相変わらず霞んでいます。
2016年05月21日 10:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南方向は相変わらず霞んでいます。
2
八紘嶺方面。
2016年05月21日 10:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八紘嶺方面。
3
お決まりの撮影
(羽虫が多い)
2016年05月21日 10:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お決まりの撮影
(羽虫が多い)
4
お決まりの撮影
(羽虫が多い)
2016年05月21日 10:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お決まりの撮影
(羽虫が多い)
4
お決まりの撮影
(羽虫が多い)
2016年05月21日 10:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お決まりの撮影
(羽虫が多い)
4
五色の頭。
2016年05月21日 11:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色の頭。
2
シロヤシオ〜
2016年05月21日 11:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオ〜
6
葉っぱもきれいです。
2016年05月21日 11:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉っぱもきれいです。
3
歩いてきた稜線。
この辺りで八紘嶺から梅ヶ島に降りてテクシーで大谷崩れに行こうと考えだす。
2016年05月21日 11:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線。
この辺りで八紘嶺から梅ヶ島に降りてテクシーで大谷崩れに行こうと考えだす。
2
ミヤマカタバミ
2016年05月21日 11:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマカタバミ
2
大谷崩れの頭で教えていただいたイワカガミの群生地に到着。
2016年05月21日 11:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷崩れの頭で教えていただいたイワカガミの群生地に到着。
4
満開!!
2016年05月21日 11:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満開!!
5
オヤジが言うのも何ですが(笑)
かわいい。
2016年05月21日 11:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤジが言うのも何ですが(笑)
かわいい。
8
シロヤシオも満開。
2016年05月21日 11:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオも満開。
3
先が楽しみなツツジもいっぱいあります。
2016年05月21日 11:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先が楽しみなツツジもいっぱいあります。
2
大谷嶺到着。
たくさんの方が休憩していました。近くのご夫婦さんにシャッターをお願いしました。奥さんがピースピースと言うもんだからついピース(笑)
2016年05月21日 12:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷嶺到着。
たくさんの方が休憩していました。近くのご夫婦さんにシャッターをお願いしました。奥さんがピースピースと言うもんだからついピース(笑)
11
にぎやかな山頂。
八紘嶺のシロヤシオは満開で花の付がいいからぜひ見てと
背中を押されました。梅ヶ島に降ることに舵を切る。
2016年05月21日 12:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
にぎやかな山頂。
八紘嶺のシロヤシオは満開で花の付がいいからぜひ見てと
背中を押されました。梅ヶ島に降ることに舵を切る。
6
霞んでいるがここからの眺めはいつ見てもいいなと思う。
2016年05月21日 12:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞んでいるがここからの眺めはいつ見てもいいなと思う。
2
ここからはミツバツツジや
2016年05月21日 12:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはミツバツツジや
2
シロヤシオのオンパレード。
来てよかった〜。
2016年05月21日 12:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオのオンパレード。
来てよかった〜。
3
新緑も最高です。
2016年05月21日 13:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑も最高です。
2
登山道わきのこのシロヤシオは花の数がハンパない。
2016年05月21日 13:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道わきのこのシロヤシオは花の数がハンパない。
3
下を見ればスミレ
2016年05月21日 13:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を見ればスミレ
1
上を見ればシロヤシオ。
2016年05月21日 13:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上を見ればシロヤシオ。
共演。
2016年05月21日 13:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
共演。
2
林道に降りてきました。今日はたくさんの方が入山しているようです。
また登山道に戻り梅ヶ島温泉にむかいます。
2016年05月21日 13:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に降りてきました。今日はたくさんの方が入山しているようです。
また登山道に戻り梅ヶ島温泉にむかいます。
1
温泉に降りる途中にあった深山ツツジ。
温泉地に降り立ちその後はテクテク、テクシーで新田を目指す。
温泉街を抜けたとき「乗っていかないか」と大谷崩れの頭で出会った登山者が声をかけてくれた・・・。
ありがたく乗せていただき感謝感謝です。
2016年05月21日 14:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉に降りる途中にあった深山ツツジ。
温泉地に降り立ちその後はテクテク、テクシーで新田を目指す。
温泉街を抜けたとき「乗っていかないか」と大谷崩れの頭で出会った登山者が声をかけてくれた・・・。
ありがたく乗せていただき感謝感謝です。
3

感想/記録

 今日は久しぶりに安倍奥に行こうと迷わず行き先が決まった。
それは大谷崩れの頭(大谷嶺、行田山)と八紘嶺の間が線切れしているのでそれを繋げに行きました。
 大谷崩れから登り八紘嶺をピストンする予定であったが、八紘嶺に向かっている途中で道中のアップダウンをまた往復する気がだんだん無くなってきた。八紘嶺の登山者から今年のシロヤシオは最高だ!!
なんて言われたので梅ヶ島に下るよう背中を押された。
 期待を裏切らない咲きっぷりで何回も足が止まり感動しまくっていました。

梅ヶ島に近づくにしたがってこれから向かう、大谷崩れの駐車場までのルートを頭の中でトレースしていくと・・・長いな〜、10kmあるな〜、またヘッデンか、最後はズ〜と登りだな〜と悩みが尽きない。

実際、客載せたタクシーが温泉に降ろしたあとのタクシーを拾うように期待しながら歩いていた。

 そこにシルバーのフィットから「乗せてあげるよ」と声をかけていただきました。
大谷崩れの頭で会話した登山者でした。その方も過去に2〜3回乗せていただいて助かった体験談を話されていました。本当に助かりました。
静岡の演歌好きのフィットさんありがとうございました。

 帰り支度して車を走らせていたら林道を歩いている単独行さん発見。先ほどの経験からその方に声掛けすると赤水のバス停に行くとのこと。
その方を乗せてバス停に行き、今日は貸し借りなしになりました(笑)。
東京からわざわざ山伏一本登りに来られたようで安倍奥側から見た富士山が好きだとか、今日は富士山出ていなかったから残念だったでしよう。

八紘嶺一円のイワカガミ、シロヤシオ、ミツバツツジの花三昧で、さらには登山者の気持ち温かい行為を受け目も、心も癒された最高の一日となりました。

山に感謝。


訪問者数:322人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/5/5
投稿数: 1764
2016/5/22 21:00
 大谷嶺までの林道登りは・・・
fujiyoshiさん、こんばんは!
助かりましたね あの林道を上り返すのはなかなかしんどいですよね!
さすがfujiyoshiさんの人徳ですね!
それにしてもシロヤシオは見事ですね!今年はどこも当たり年のようですね
明日の晩には檜洞丸のシロヤシオレコアップします。
登録日: 2013/11/20
投稿数: 170
2016/5/22 21:58
 Re: 大谷嶺までの林道登りは・・・
daishohさんこんばんは!
いや〜ほんとに助かりました
今回の周回ルートは車2台でやるのが正解でした
ってことは檜洞丸のシロヤシオも大当たりなようですね〜。
レコ楽しみにしてますよ
登録日: 2015/5/27
投稿数: 178
2016/5/23 23:27
 良かったですね!
fujiyoshiさん こんばんわ(^^)/
八紘嶺のシロヤシオ、見られて良かったですね! 私達が行った時はまだまだ蕾も多かったですが、今まさに満開!!写真拝見してたら、また見に行きたくなっちゃいましたょ〜!(^^)!
山の出会いっていいもんですよね  fujiyoshiさんのレコ読んで、なんだかとっても温かい気持ちになりました。。私も癒されましたょ〜(#^.^#)
登録日: 2013/11/20
投稿数: 170
2016/5/23 23:51
 Re: 良かったですね!
haiziさんこんばんは!

 八紘嶺のシロヤシオは見ごたえあると再認識しました
いままで秋がベストと思いこんでいたのですが春もいいもんですね。

ほんと、山の出会いはいいもんです
南アの山域を好まれる多くのハイカーには優しさとか感じます。(偏見かもしれませんが)
 今週末はhaiziさんが歩かれた大無間山のルートをトレースしてきます
急用が入らなければ行きますのでこうご期待ください
登録日: 2015/5/27
投稿数: 178
2016/5/24 8:23
 Re[2]: 良かったですね!
いよいよ今週末 大無間山ですね!! お天気良いといいですね〜
レコ楽しみにしています!(^^)!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ