ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 877839 全員に公開 ハイキング関東

15.甲斐大和駅-お坊山-米沢山-笹子雁ヶ腹摺山-笹子駅

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー suwatokotrekk
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
1時間43分
合計
8時間3分
S甲斐大和駅09:1609:47景徳院入口バス停09:4811:26大鹿山11:3411:49大鹿峠11:5512:42お坊山13:4213:51トクモリ13:5214:11米沢山(ヤダイロ)14:1515:19笹子雁ヶ腹摺山15:3215:48標高1188m地点15:5216:40新中橋バス停16:4316:58追分バス停17:16笹子駅17:1917:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
お坊山から笹子雁ヶ腹摺山いくつも山の登り降りを繰り返します。その中に道幅の狭いところや岩場があるので注意が必要です。
その他周辺情報登山中は、トイレはありません、駅もしくは登山口手前のお寺で借りましょう。
標識は、キロ数とか時間が書かれてないので事前にコースをチェックしておきましょう。
頂上は、あまり広くないです。コース中の休憩箇所やベンチもほとんどありませんので椅子など用意してるといいかもしれません。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

今日は、すごい人です。
人気のルートなのかと思ったら、皆さんはバスで大菩薩の方に行かれるようです。
歩き始めたのは、私たち2人だけでした。
ちょっと寂しい
2016年05月21日 09:12撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、すごい人です。
人気のルートなのかと思ったら、皆さんはバスで大菩薩の方に行かれるようです。
歩き始めたのは、私たち2人だけでした。
ちょっと寂しい
1
武田勝則公のゆかりの地らしいです。
2016年05月21日 09:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武田勝則公のゆかりの地らしいです。
20号沿いに歩いて行きます。
2016年05月21日 09:27撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20号沿いに歩いて行きます。
階段の上に古そうなお寺が見えます。
上がりませんでしたがなかなか立派そうです。
2016年05月21日 09:28撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段の上に古そうなお寺が見えます。
上がりませんでしたがなかなか立派そうです。
小さな鳥井と稲荷大明神
2016年05月21日 09:34撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな鳥井と稲荷大明神
20号沿いにの沢の上で、トンビトとカラスがバトルしてました。
執拗にカラスがトンビにちょっかいを出してます。
2016年05月21日 09:43撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20号沿いにの沢の上で、トンビトとカラスがバトルしてました。
執拗にカラスがトンビにちょっかいを出してます。
水がきれいですね。
2016年05月21日 09:49撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水がきれいですね。
1
鳥井畑古戦場近くの勝則公が祭られてるお寺です。
2016年05月21日 09:52撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥井畑古戦場近くの勝則公が祭られてるお寺です。
門には、立派な仁王像があります。
2016年05月21日 09:53撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門には、立派な仁王像があります。
左側の仁王様
2016年05月21日 09:53撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側の仁王様
お寺を出てしばらく行くと民家の壁に登山口への標識がありました。
失礼して、民家の庭を横切って進みます。
2016年05月21日 09:59撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お寺を出てしばらく行くと民家の壁に登山口への標識がありました。
失礼して、民家の庭を横切って進みます。
ここが登山口です。
2016年05月21日 10:01撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが登山口です。
少し、行くと少し怖い感じの神社が、あります。その先は、杉林をひたすら大鹿峠向かって登ります。
尾根に出るまで、結構あるので朝から体力を使います。
2016年05月21日 10:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し、行くと少し怖い感じの神社が、あります。その先は、杉林をひたすら大鹿峠向かって登ります。
尾根に出るまで、結構あるので朝から体力を使います。
途中、鉄塔の下を抜けて進みます。
2016年05月21日 10:43撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、鉄塔の下を抜けて進みます。
やっと、大鹿峠に着きました。
ちょっと寄り道をして大鹿山行きました。
2016年05月21日 11:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、大鹿峠に着きました。
ちょっと寄り道をして大鹿山行きました。
余り見晴らしも良くなくて、道の途中に標識が立ってる感じのところで、余り広くもないです。
2016年05月21日 11:32撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余り見晴らしも良くなくて、道の途中に標識が立ってる感じのところで、余り広くもないです。
先ほど、登ってきた大鹿峠に戻り、先ずはお坊山を目指します。
2016年05月21日 11:51撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほど、登ってきた大鹿峠に戻り、先ずはお坊山を目指します。
一度少し降り、また登って1000mを超えたところです。
2016年05月21日 12:37撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度少し降り、また登って1000mを超えたところです。
お坊山に到着、1421メートル
甲斐大和側の景色はいいのですが、笹子側は林で見えません。
2016年05月21日 12:44撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お坊山に到着、1421メートル
甲斐大和側の景色はいいのですが、笹子側は林で見えません。
1
お昼過ぎてるので、ここで昼食をとりました。
2016年05月21日 13:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼過ぎてるので、ここで昼食をとりました。
もうそろそろ終わりですね。
2016年05月21日 13:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうそろそろ終わりですね。
米沢山、1357m
お坊山から尾根伝いですか何度か登ったり下ったりします。
2016年05月21日 14:12撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米沢山、1357m
お坊山から尾根伝いですか何度か登ったり下ったりします。
この崖は、今回一番の急斜面です。
もう一つ小さな山を越えて最後の山笹子雁ヶ腹摺山を目指します。あと40分くらい
2016年05月21日 14:22撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この崖は、今回一番の急斜面です。
もう一つ小さな山を越えて最後の山笹子雁ヶ腹摺山を目指します。あと40分くらい
1
途中で、少し見晴らしの良いところにボロボロになった気のベンチがありました。
2016年05月21日 14:38撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で、少し見晴らしの良いところにボロボロになった気のベンチがありました。
標識の横の先に明るいところが見えたので寄り道しました。
崖の上に出て、見晴らしがいいです。
崖は、結構高そうなので気をつけてください。柵などはありません。
もしかして、ここがトクモリなのでしょうか
2016年05月21日 14:38撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識の横の先に明るいところが見えたので寄り道しました。
崖の上に出て、見晴らしがいいです。
崖は、結構高そうなので気をつけてください。柵などはありません。
もしかして、ここがトクモリなのでしょうか
今から登る、笹子雁ヶ腹摺山です。
2016年05月21日 14:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今から登る、笹子雁ヶ腹摺山です。
先ほど登った、お坊山、米沢山でしょうか
2016年05月21日 14:57撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほど登った、お坊山、米沢山でしょうか
今日の目的地、笹子雁ヶ腹摺山に着きました。1358m
奥にベンチが1つあります。
2016年05月21日 15:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目的地、笹子雁ヶ腹摺山に着きました。1358m
奥にベンチが1つあります。
下山始めてすぐのところに看板?の鉄塔が立っています。何も書いてないです。看板じゃないのかな
2016年05月21日 15:34撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山始めてすぐのところに看板?の鉄塔が立っています。何も書いてないです。看板じゃないのかな
降りは、とこどころに標識が出てます。
方面しかわかりませんけど
2016年05月21日 15:49撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りは、とこどころに標識が出てます。
方面しかわかりませんけど
20号傍の杉林から出てきました。
林を出るといきなり明るくなります。
2016年05月21日 16:38撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20号傍の杉林から出てきました。
林を出るといきなり明るくなります。
一番左の少しとんがってるのが、笹子雁ヶ腹摺山で右に米沢山、お坊山と続きます。
2016年05月21日 16:45撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番左の少しとんがってるのが、笹子雁ヶ腹摺山で右に米沢山、お坊山と続きます。
20号沿いに歩いて、笹子駅に到着
2016年05月21日 17:25撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20号沿いに歩いて、笹子駅に到着

感想/記録
by trekk

山頂の見晴らしがあまり良くないのが残念です。ハイキングで景色を楽しむにはずっと林の中なのでパッとしませんがトクモリだけは、崖の上でとても良かったです。
訪問者数:131人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ