ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 878169 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

釈迦ヶ岳・御坂黒岳(すずらん群生地駐車場から周回)

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー maychan2
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
すずらん群生地駐車場 6:30
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間6分
休憩
1時間21分
合計
5時間27分
Sすずらん群生地駐車場06:4206:43すずらん群生地06:5807:24釈迦ヶ岳登山口07:2807:44林道終点07:4808:32釈迦ヶ岳08:4609:07府駒山09:25日向坂峠(どんべえ峠)09:3010:23黒岳10:2510:27黒岳展望台10:5210:54黒岳10:5611:09すずらん峠11:21破風山11:2811:37すずらん峠11:4012:09すずらん群生地駐車場ゴール!G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な箇所、道迷いし易い箇所は特に無し。
その他周辺情報日帰り温泉:上九の湯 720円

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ

写真

すずらん群生地駐車場出発。車は5〜6台あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらん群生地駐車場出発。車は5〜6台あり。
駐車場にあるハイキングコース案内図。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場にあるハイキングコース案内図。
駐車場から、まずはすずらん群生地へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から、まずはすずらん群生地へ。
すずらん群生地の売店。すずらんの花が咲く時期なので、今日は営業するようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらん群生地の売店。すずらんの花が咲く時期なので、今日は営業するようだ。
ニホンスズラン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニホンスズラン
2
ニホンスズラン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニホンスズラン
4
すずらん群生地の外れに公衆トイレあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらん群生地の外れに公衆トイレあり。
すずらん群生地から、釈迦ヶ岳登山口に向かって舗装路を下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらん群生地から、釈迦ヶ岳登山口に向かって舗装路を下る。
道路沿いの街灯はすずらん!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路沿いの街灯はすずらん!
1
釈迦ヶ岳登山口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳登山口。
登山口からは暫く林道の急登。結構つらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口からは暫く林道の急登。結構つらい。
林道終点。この手前に駐車スペースが何箇所かあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点。この手前に駐車スペースが何箇所かあり。
1
登山ポストの中には、回収されていない登山計画書がいっぱい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポストの中には、回収されていない登山計画書がいっぱい。
1
急登だが歩き易い登山路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登だが歩き易い登山路。
1
稜線にたどり着く。釈迦ヶ岳方面、神座山方面への分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線にたどり着く。釈迦ヶ岳方面、神座山方面への分岐点
ミツバツツジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ
1
釈迦ヶ岳直下は岩場の急登が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳直下は岩場の急登が続く。
十二ヶ岳(左)と節刀ヶ岳(右)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十二ヶ岳(左)と節刀ヶ岳(右)
1
釈迦ヶ岳の急斜面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳の急斜面。
1
岩場が続くが、ロープに頼らなくても十分に登れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場が続くが、ロープに頼らなくても十分に登れる。
ミツバツツジとムラサキヤシオツツジの蕾。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジとムラサキヤシオツツジの蕾。
ミツバツツジの花を眺めながら、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジの花を眺めながら、
1
最後のひと登りで、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のひと登りで、
釈迦ヶ岳山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳山頂。
3
山梨百名山。新しい標識と古い標識??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨百名山。新しい標識と古い標識??
4
山頂には2組4人の登山者が休憩中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には2組4人の登山者が休憩中。
1
釈迦ヶ岳から、これから行く御坂黒岳・破風山を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳から、これから行く御坂黒岳・破風山を望む。
2
十二ヶ岳と節刀ヶ岳。鬼ヶ岳は少しだけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十二ヶ岳と節刀ヶ岳。鬼ヶ岳は少しだけ。
山頂のお地蔵さんの横に、ミツバツツジとムラサキヤシオツツジ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のお地蔵さんの横に、ミツバツツジとムラサキヤシオツツジ。
1
そして、霞んではいるが富士山!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、霞んではいるが富士山!
2
釈迦ヶ岳を後にして、急な下りを府駒山に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳を後にして、急な下りを府駒山に向かう。
ハルリンドウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハルリンドウ。
1
イワカガミ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ。
1
岩混じりの道を下って、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩混じりの道を下って、
小ピークを越えた後に、府駒山山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ピークを越えた後に、府駒山山頂。
1
府駒山からは、快適な稜線の道を、新緑の光を浴びながら歩く。ハルゼミの鳴き声が賑やかだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
府駒山からは、快適な稜線の道を、新緑の光を浴びながら歩く。ハルゼミの鳴き声が賑やかだ。
1
すずらん群生地への分岐を過ぎ、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらん群生地への分岐を過ぎ、
黒岳を正面に眺めながら歩くと、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳を正面に眺めながら歩くと、
登山路に平行して林道が見えてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山路に平行して林道が見えてくる。
日向坂峠(どんべえ峠)には車が数台。登山者だろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向坂峠(どんべえ峠)には車が数台。登山者だろうか。
日向坂峠(どんべえ峠)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向坂峠(どんべえ峠)。
林道を横切り、黒岳へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横切り、黒岳へ向かう。
小さなピークを一つ越えたあと、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さなピークを一つ越えたあと、
黒岳への登りとなる。釈迦ヶ岳に比べると緩やかな登りだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳への登りとなる。釈迦ヶ岳に比べると緩やかな登りだ。
1
ヤブレガサが群生している中を只管登り、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブレガサが群生している中を只管登り、
御坂黒岳山頂。展望は無く、静かな雰囲気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御坂黒岳山頂。展望は無く、静かな雰囲気。
山梨百名山!ここには新しい標識はなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨百名山!ここには新しい標識はなし。
3
広々とした山頂から、100m程先の展望台に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々とした山頂から、100m程先の展望台に向かう。
展望台。岩場に腰を下ろし休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台。岩場に腰を下ろし休憩。
左から毛無山、十二ヶ岳、奥に鬼ヶ岳、右に節刀ヶ岳の山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から毛無山、十二ヶ岳、奥に鬼ヶ岳、右に節刀ヶ岳の山々。
2
河口湖と足和田山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河口湖と足和田山。
富士山!今日は一日霞んだ富士山であった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山!今日は一日霞んだ富士山であった。
1
右手前に、これから向かう破風山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手前に、これから向かう破風山。
1
黒岳を後にして、すずらん峠へ下って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳を後にして、すずらん峠へ下って行く。
ヤブレガサ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブレガサ。
1
ツルキンバイ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルキンバイ?
1
すずらん峠は通過し、破風山へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらん峠は通過し、破風山へ。
稜線の道をひと登りし、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の道をひと登りし、
カラマツ林を抜けると、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツ林を抜けると、
破風山山頂。富士山の山頂付近がかすかに見えるだけで、展望はなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山山頂。富士山の山頂付近がかすかに見えるだけで、展望はなし。
2
シロバナノヘビイチゴ 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロバナノヘビイチゴ 
シロバナノヘビイチゴ◆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロバナノヘビイチゴ◆
1
破風山からすずらん峠に戻って来る。ここからすずらん群生地に向けて下山する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山からすずらん峠に戻って来る。ここからすずらん群生地に向けて下山する。
快適な下山路をどんどん下り、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な下山路をどんどん下り、
舗装路の林道に出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路の林道に出る。
林道は横切って、さらに下って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は横切って、さらに下って行く。
杉林の中を抜け、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林の中を抜け、
未舗装の林道に出ると、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
未舗装の林道に出ると、
すずらん群生地に到着。群生地の中を通って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらん群生地に到着。群生地の中を通って行く。
すずらん群生地駐車場ゴール!すずらん目当ての観光客の車が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらん群生地駐車場ゴール!すずらん目当ての観光客の車が多い。

感想/記録

今日は、すずらんの群生を見る事を目的に笛吹市芦川へ。
ついでに釈迦ヶ岳、黒岳に登って来ようという予定である。 
芦川のすずらん群生地は、来週末(5/27〜28)が、すずらん祭りとのことで、混雑が予想されるので、1週早い今回に行こうと、以前より計画していた。

朝、広々としたすずらん群生地駐車場から、まずはすずらんの花を見ようと、群生地に向かう。
群生地は散策コーズが設けられており、コースの所々に写真を撮っている方がみられる。
可憐で小型のニホンスズランと、少し大きめのドイツスズラン。
小さな花が下を向いて咲いているので、群生地自体に華やかさは無いが、一つ一つの花の可憐さに、つい見入ってしまう。
すずらんというと毒草としても有名だが、やっぱりイノシシや鹿も食べないのかな。

すずらん群生地を一周した後、帰途にまた寄ることとして、釈迦ヶ岳登山口に向かう。
今回は、釈迦ヶ岳から日向坂峠(どんべえ峠)を経由して、黒岳を廻ってくるコース。
この時期の登山路は、新緑が鮮やかでひじょうに清々しい。
ハルゼミの鳴き声が賑やかで、静かな雰囲気は無いが、予想していたより暑くもなく、快適な山歩きとなった。
まあ、蜂や蝿類の虫が鬱陶しいのは仕方ないが。。

釈迦ヶ岳の登りは急登が続き、結構大変であったが、山頂からの展望は良かった。
霞がかって、遠望は望めなかったが、霞んで見える富士山も、またなかなかいいものであった。

釈迦ヶ岳からは、日向坂峠を経由して黒岳へ。
小さな花や、木によって違う新緑の緑色を楽しみながらの歩きは、心を穏やかに楽しませてくれる。
花や木、草類にあまり詳しくないし、それ程強い興味がある訳でもないのだが、立ち止まってじっくりと見てしまう事が幾度もあった。

黒岳の山頂は、展望が無い為か休んでいる人は居ない。
展望台に行ってみると、何人かの登山者が食事休憩をとっていた。
私は、昼食用のおにぎりを車の中に忘れてしまったので(下山後高温の車内に忘れられたおにぎりは、廃棄処分に・・)、コーヒータイムのみとして、予定より少し早めに下山開始。

帰途は、すずらん峠からすずらん群生地の中を通るコース。
観光客で賑やかな群生地を抜けて、すずらん群生地駐車場にゴール!!

今日も、安全で楽しい山行を無事終えることが出来た。
ありがとうございました!

訪問者数:509人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ