ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 878183 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

尾瀬ヶ原(アヤメ平から周回)

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー skrgitav
天候晴れ。少し風あってアヤメ平は薄着では寒かった。
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
5/21から交通規制となりました。戸倉Pに駐車すると鳩待峠まで乗合タクシーが随時運んでくれます。片道930円です。鳩待峠ではバス乗り場(駐車場)の場所が変わって山荘から一段低い場所になりました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間37分
休憩
1時間14分
合計
7時間51分
S鳩待峠05:3906:29中ノ原06:3006:44横田代07:09中原山07:18アヤメ平07:29セン沢田代07:37冨士見小屋07:41富士見峠07:4408:39昼場09:30桧枝岐小屋10:1210:14見晴(下田代十字路)10:43竜宮十字路10:4411:10下ノ大堀川橋11:29牛首分岐11:3011:37上ノ大堀橋12:07山ノ鼻12:3313:30鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆鳩待峠〜アヤメ平〜富士見峠
 山荘裏手から登っていきます。この時期は至仏山への登山道は閉鎖されているのでほとんどの人は山の鼻に下っていきます。アヤメに向かって登り始めたのは一人だけでした。途中の横田代で数人見かけたくらいです。登山道は良く整備されており、アヤメ平まで緩やかに登っていくので以外と楽に登れます。横田代から見る至仏山とアヤメ平から見る燧ケ岳は絵になります。アヤメ平から少し下ると富士見峠の小屋に着きます。
◆富士見峠〜見晴(八木沢新道)
 この登山道はあまり利用されていないのかな。尾瀬らしくない山道です。少し狭くなるところもありますが、踏跡は明瞭で道を外すことはありません。見晴まで500mくらい下るけど距離が長いので急坂ではありません。下っていくとブナの森で新緑の緑が美しかった。また渓流があるので癒されます。富士見峠から見晴のキャンプ場に出るまで誰一人として見かけませんでした。唯一、八木沢橋の手前で笹薮の中をガサガサと音を立てて移動していくモノがありましたが単体だったのでシカではないと思います。クマだったのかな?一人なのに声を出しながら慎重に通過してみました(ここで食われると誰もいないので見つからないかも)。
◆見晴〜山の鼻
 尾瀬ヶ原の木道です。コース状況は書くまでもないでしょう。人もたくさんいました。少し遠望が霞んでしまったのですが、原の中央から見る燧ケ岳と至仏山は絶景です(byきゅうやさん)。楽しみにしていたミズバショウですが、今年はあまりにも早く咲いてしまったのでまだ霜の降りる季節でもあり、数日前の霜でほぼ壊滅したそうです。残念です。無残なミズバショウの中に少し残っているものを見るのが精一杯でした。でも尾瀬ヶ原は花の季節が到来、黄色や青や赤など様々な高山植物が咲き出していました。
◆山の鼻周回
 朝に鳩待峠で尾瀬ガイドの方?が尾瀬ヶ原のミズバショウはもう終わりです。山の鼻にある植物研究見本園の中央の道を経由して周回すると少し残っています。と言っていたので山の鼻に到着後に周回してみました。たしかに少しだけ残っていたけど、もっと咲き乱れるのを想像していたんだけどね。
◆山の鼻〜鳩待峠
 最後は登りです。何回も来ている尾瀬ですがこの道を登ったのは初めて。今回は標高差はないけど距離のあるコースだったので最後の登りは疲れた。
その他周辺情報帰りは”花咲の湯”に行きました。少し沼田側に行くのだけど露天風呂から見える山並みが良く、広くてきれいな温泉施設です。前に来たのは武尊山に登った時なので4年ぶりです。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

鳩待峠からスタート。晴天で至仏山もきれいに見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠からスタート。晴天で至仏山もきれいに見えています。
1
朝日の中を登っていく。気持ちよい登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日の中を登っていく。気持ちよい登山道。
横田代に到着、ここでやっと数人の人を見かけた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横田代に到着、ここでやっと数人の人を見かけた。
2
振り返ると存在感たっぷりの至仏山。良い景色です。上に登ってよかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると存在感たっぷりの至仏山。良い景色です。上に登ってよかった。
4
少し進んでアヤメ平に向かって登っていく道が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進んでアヤメ平に向かって登っていく道が見えます。
おそらく本日の最高点?中原山を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おそらく本日の最高点?中原山を通過。
2
アヤメ平に到着。燧ケ岳が見えます。少し霞んでいるかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ平に到着。燧ケ岳が見えます。少し霞んでいるかな。
3
後ろ側は池塘の先に至仏山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろ側は池塘の先に至仏山。
2
ここで少し休憩。でも冷たい風が吹いているので、一枚着込みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで少し休憩。でも冷たい風が吹いているので、一枚着込みます。
富士見峠に向かって進みます。小屋の屋根が見えている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見峠に向かって進みます。小屋の屋根が見えている。
富士見田代、ここから竜宮に抜けられるけど今日はまっすぐ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見田代、ここから竜宮に抜けられるけど今日はまっすぐ進む。
富士見田代の池塘は大きいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見田代の池塘は大きいです。
4
富士見峠に到着。小屋は今年は閉鎖だそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見峠に到着。小屋は今年は閉鎖だそうです。
2
八木沢新道を下ります。いわゆる山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八木沢新道を下ります。いわゆる山道。
木々の間から見える燧ケ岳が良いですね。見晴はあの麓なので距離あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から見える燧ケ岳が良いですね。見晴はあの麓なので距離あります。
1
ブナの新緑が美しい。淡い緑の森を歩くのは春山の楽しみの一つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの新緑が美しい。淡い緑の森を歩くのは春山の楽しみの一つ。
2
八木沢橋を通過。少し手前で笹藪の中をガサガサと移動する音が聞こえた。クマかな(恐)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八木沢橋を通過。少し手前で笹藪の中をガサガサと移動する音が聞こえた。クマかな(恐)。
2
渓流沿いの登山道。澄んだ水できれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓流沿いの登山道。澄んだ水できれい。
沼尻川を通過。尾瀬沼のほうから流れてきている川。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼尻川を通過。尾瀬沼のほうから流れてきている川。
見晴のキャンプサイトに出たので”ほっと”します。ここ2年連続で夏にテン泊している場所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴のキャンプサイトに出たので”ほっと”します。ここ2年連続で夏にテン泊している場所。
2
見晴で早い昼食休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴で早い昼食休憩。
尾瀬ヶ原に出ました。燧ケ岳の麓からスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原に出ました。燧ケ岳の麓からスタート。
5
至仏山に向かって長い木道を進みます。ちらほら花も咲いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山に向かって長い木道を進みます。ちらほら花も咲いている。
2
あの上の稜線(アヤメ平)を歩いてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの上の稜線(アヤメ平)を歩いてきました。
1
竜宮手前の沼尻川を渡ると福島から群馬に出ます。あれ?この川は見晴に着く前に渡ったよね。あそこも県境だったのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮手前の沼尻川を渡ると福島から群馬に出ます。あれ?この川は見晴に着く前に渡ったよね。あそこも県境だったのかな?
至仏山までまだ距離あります。人も増えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山までまだ距離あります。人も増えてきた。
3
竜宮十字路に出ました。東電小屋のほうにも人が出ている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮十字路に出ました。東電小屋のほうにも人が出ている。
少しだけ咲いているミズバショウと至仏山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ咲いているミズバショウと至仏山
2
尾瀬らしい池塘もたくさんある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬らしい池塘もたくさんある。
有名なミズバショウ群生地。数日前の霜で残念な状態。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名なミズバショウ群生地。数日前の霜で残念な状態。
2
それでも少し咲いている場所はあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも少し咲いている場所はあります。
3
逆さ燧、風があるので波しか見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆さ燧、風があるので波しか見えない。
2
至仏山が池塘に写る場所なんだけど、ここも風がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山が池塘に写る場所なんだけど、ここも風がある。
1
至仏山がだいぶ近くになりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山がだいぶ近くになりました。
3
山の鼻に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の鼻に到着。
山の鼻の植物研究見本園、少しだけミズバショウが咲いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の鼻の植物研究見本園、少しだけミズバショウが咲いている。
同じ場所を燧ケ岳を入れて反対側から見てみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ場所を燧ケ岳を入れて反対側から見てみた。
タテヤマリンドウは沢山咲いていた。青い花はきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウは沢山咲いていた。青い花はきれいです。
2
山の鼻を後にします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の鼻を後にします。
途中にミズバショウが咲いていた。ここが一番きれいかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にミズバショウが咲いていた。ここが一番きれいかも。
2
シラネアオイの株が保護されています。シカに食べられるからね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイの株が保護されています。シカに食べられるからね。
最後は登っていきます。距離歩いたので疲れた。周りの人もみんなバテていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は登っていきます。距離歩いたので疲れた。周りの人もみんなバテていた。
鳩待峠に帰還。お疲れ様でした。ここまでバス・タクシーが来なくなったので広々としている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠に帰還。お疲れ様でした。ここまでバス・タクシーが来なくなったので広々としている。
花豆ソフトは旨いんだよね。バス券販売の真横で売っているので手が出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花豆ソフトは旨いんだよね。バス券販売の真横で売っているので手が出ます。
3
帰りはほっこりの湯よりは少し遠いけど”花咲の湯”へ。良い温泉です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはほっこりの湯よりは少し遠いけど”花咲の湯”へ。良い温泉です。
2

感想/記録

先週、日光白根山からみた尾瀬方面が気になったので行って見ました。まだミズバショウは大丈夫かな。と心配しながら出かけたけど、結果は”残念”。数日前の霜にやられたそうです。しかたないので来年の楽しみにします。今回は尾瀬ヶ原は歩きたかったのだけど往復ではつまらないのでアヤメ平からの周回としました。途中は新緑も美しく変化があって楽しかった。また尾瀬ヶ原の木道は何回歩いても良いですね。燧ケ岳と至仏山を前後にして気持ちよいハイキングが楽しめました。


訪問者数:332人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ