ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 878234 全員に公開 フリークライミング奥秩父

小川山(弟岩・兄岩・おばさん岩)

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー geranium, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

レール・デュ・タン
2016年05月21日 15:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レール・デュ・タン
撮影機材:

感想/記録

NSさんと小川山の弟岩、兄岩とおばさん岩へ。

元々は湯川に行く予定だったが、フィンガークラックは肘によくないということが分かってきたので、しばらく封印しようと思い、小川山への転進を提案。
マルチピッチ講習を受けるためにクラックのオンサイトを狙っているNSさんにとっても、兄岩辺りが手頃なんじゃないかということで合意。
ついでに自分はその近くにある、おばさん岩の宿題を片付けてしまおうという目論見もありつつ…。

まずは定番、弟岩のクラックジョイ(5.8)。
クラック講習生仲間でオンサイトできなかったのは自分だけという簡単なルートなので、NSさんは無事オンサイト成功。
続けて自分も再登。もちろん、かつてのようにそっとテンションをかけることはなかった。

さっさと兄岩に移動して、次は八王子ルート1ピッチ目(5.9)。
上の方に金太郎という簡単なルートがあるのは分かっていたが、自分が登りたかったこちらををオススメする。

ここでちょっとしたハプニング。
弟岩に忘れ物を取りに戻ったNSさんがいつまでたっても戻ってこない。
ひょっとして、小川山のゲレンデで道迷い遭難?
痺れを切らして下まで見に行ったら、やはり道に迷っていたようで、かなり下流まで下ってから戻ってくるところだった。
どんなに近くても、携帯電話ぐらいは持って行った方がよいですね。

余計な労力を使ってしまってどうかしら?と思ったが、NSさんは八王子ルート1ピッチ目も危なげなくオンサイト成功。
自分も再登したけれど、結構たいへんだった。
やはりカサブランカより難しいような気がする。

NSさんはクラックを2本オンサイトしてもう満足ということだったので、おばさん岩へ移動して、ワタクシの数年来の宿題であるレール・デュ・タン(5.10d)をトライすることに。
このルートはクライミングを始めたばかりの頃に背伸びしてトライして、見事に跳ね返されたルート。久し振りのチャンスだ。

まずはオンサイト権のあるNSさんに、先に登るよう勧める。
(もちろんムーブを探るのが面倒なので先にやらせよう、ついでにヌンチャクをかけてきてもらおう…などという魂胆は少ししかない)
で、予定通り?下部で早速テンション。
そこのバランスが悪いんだよね〜。さあムーブを探ってちょーだい…と思っていたら、先に来ていた上手そうな人が教えてくれた(以下ムーブの記述があるので要注意)。
なるほど〜、言われてみれば目から鱗の正対登り。
アンダーを持って左手で縦フレークを持ち、両足をいいスタンスに揃えて立ち上がれば、ガバフレークの下に右手が届くのであった。

NSさんはその後の核心デッドも決めて、上部のスラブを探り探り登って、さて自分の番。
ムーブは分かったけんねーとほくそ笑んで取りついたものの、2ピン目をクリップしようとしたところで足を滑らせてあわあわ。
ちょうど足を置く辺りの岩質がやたらと滑りやすく、しっかり圧力をかけないとスメアが効かない。
何とか手で耐えて体勢を整え、クリップしてからリップのガバをデッドで取りに行ったが、狙いどころが違っていたようで、全く届かず撃沈。
真上ではなく右端じゃないと届かないのね、さすがに(^^;。

下部核心を越え、上部の気の抜けないスラブをこなし、ほうほうの体でトップアウト。
鋭い岩のエッジで指皮が剥がれて、あちこちから血が出てきたので、登りながら今日はもうやらない宣言をしたが、NSさんが休んでからまたトライするというので、やっぱり自分もやることにして長期レストに入る。

レスト中に何度もムーブをイメージし、意識すべきポイントを優先順に絞り込む。
結果のことは考えず、決めたことを迷いなく実行することだけに気持ちを集中させる。
自分にとっては厳しいトライをもう一度するということに、とてもストレスを感じる。
だがその一方、木漏れ日を浴びながらこうも思う。
こんなに真剣に何かに向きあえるなんて、何て幸せなことなのだろうと。
できれば前腕に浮き出た血管が見えなくなるまで休みたかったが、どうやらそれは難しそうなので、決めておいた時間に2便目をスタート。

ただ目の前のことだけに集中する。
2ピン目をクリップしたら慎重に足位置を決め、壁に押しつける。
左腕を引き付けてロックし、正対のまま腰を入れて、右手をデッドで飛ばす。
素早く左手を取り、左足をスタンスに上げて右腕を負担から解放させる。
マントルを返すときに一瞬足が滑ってひやっとしたが、何とか持ちこたえた。

短いレストののち、上部のスラブを慎重かつスピーディにこなして、終了点にクリップ。
ストレスから一気に解放される。
終了点を越え、岩茸だらけの頂上までトップアウトした。
心地よい風が吹き、眺めがいい。
数年前の自分をようやく越えられた。
クライミング力が上がったとは思えないが、何かが変わったのだろう。

その後NSさんも2便目に無事RPし、お互い満足して帰途についた。
グレード云々は別にして、ボルダーチックな薄被りと快適なフェイスを一度に楽しめる面白いルートだった。

レール・デュ・タンとはどういう意味なのだろうと思って後で調べてみたら、「時の流れ」という意味だった…。
実は初めてトライしたときも調べていたようだが、すっかり忘れてしまうほど時は流れていた。

うーむ、また10台のショートルートを1本登っただけで、ドラマを書いてしまった…^^。
おばさんはようやく許してくれたので、次回は妹かシンデレラに会いに行こう。
訪問者数:261人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/21
投稿数: 243
2016/5/23 13:07
 おばさん岩
おばさん岩に惹かれてやってきました。大阪のおばさんです。
それにしても小川山行きたいです。伊豆の城山に瑞垣山は行ってますが、
色々あって、初めて小川山に行ってから26年も経ってしましました。
登録日: 2011/6/5
投稿数: 1023
2016/5/23 17:43
 アタタ…
おばさん岩に反応されましたか(^^;。

26年前ですかー。
それはまた、ずいぶん経ってしまいましたね。

廻り目平は何度出かけても、気持ちのいいところです。
ぜひ再訪してくださいませ。
登録日: 2010/7/13
投稿数: 1059
2016/5/23 20:50
 レール・デュ・タン
数年前の自分を越えたルートが「時の流れ」という名前だったってのは出来すぎでは?
もしかして、ずいぶん前から構想を練っていたとか?
とはいえ、ドラマチックな描写にうっかり引き込まれてしまいました。
geraさんがカッコよく感じられてしまいましたよ。たぶん錯覚ですけど
文章力って大事ですね〜

クライミング力が上がってないってことはないだろうけど、たぶんクライミング「術」に磨きがかかってるんじゃないでしょうか。
ほら、ベテランのピッチャーが全盛期の球威はなくなっても技術で打ち取るみたいな。クライミング界の山本昌とでもいいましょうか。
NSさんに先に登らせて参考にするという狡猾さもそのうちのひとつですね

次は妹やシンデレラよりもイメージ的にはマラ岩とか妾岩のような気が...
登録日: 2011/6/5
投稿数: 1023
2016/5/23 21:40
 クライミング術?
なるほど!それは上がっているかもしれません。

登っているとき以外も含めた総合力ということですね!
うまいこと言って先に登らせたりとかねー…ってそうじゃなくて、2便目に向けたレストの取り方とか、イメージの仕方とか、メンタルコントロールなどのことですよね。

山本昌は全盛期はエースでしたから、ちょっと違うんじゃないかしら?
元々球威のない中継ぎが、さらに変化球の切れまで悪くなったので、バッターを焦らす作戦を取るようになったとか、そういう感じじゃないでしょうか。
kanosukeさんも似たようなものですから、真似していいですよ。

あっ、そうそう。
ワタシをカッチョよく感じたのは錯覚ではありませんよ。
ご自分の感性に自信を持ってくださいませ。

関連する山の用語

道迷い テン クリ 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ