ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 878437 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

川又-雁坂小屋-黒岩尾根

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー qwg
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
豆焼橋出会いの丘駐車場に自転車をデポ。水洗トイレあり。工事関係者のプレハブ横に自販機あり。
川又バス停近くの空き地に車を駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間4分
休憩
2分
合計
5時間6分
S川又バス停07:3209:43樺避難小屋09:4411:01雁坂小屋11:0212:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
07:31 川又−−−−−−−- [ 0:14 (0:25) 56%]-
07:45 登山口−−−−−−- [ 1:03 (1:40) 63%]-
08:48 岩道場(雁道場)−- [ 0:32 (0:50) 64%]-
09:20 突出峠−−−−−−- [ 0:21 (0:50) 42%]-
09:41 樺避難小屋 1分休憩- [ 1:09 (2:30) 46%]-
10:51 雁坂小屋 10分休憩− [ 0:14 (0:25) 56%]-
11:15 黒岩分岐−−−−−- [ 0:52 (1:50) 47%]-
12:07 あせみ峠−−−−−- [ 0:18 (0:45) 40%]-
12:25 林道終点−−−−−- [ 0:14 (0:25) 56%]-
12:39 豆焼橋
※ ( )は山と高原地図のコースタイム。【 】はGoogleマップのタイム。〔 〕はガイドブック等のコースタイム。〈 〉は手計算等。
歩行時間 4:57 +休憩時間 0:11 =全行程 5:08
標準コースタイム 9:40 、短縮率 53.1% (休憩込み)、 51.2% (休憩のぞく)
沿面距離(GPS): 19.3 km
累積標高差(高度計):+ 1,570 m、- 1,150 m
ルート定数: 40 、体力度: 4 、難易度: B
コース状況/
危険箇所等
全て整備された一般道ですが、突出コース、黒岩尾根ともに、トラバース部分の斜面がザレているところがあります。滑落すると結構下まで落ちそうです。
ファイル 2016-05-21 豆焼橋-川又.gpx 自転車区間GPSログ (更新時刻:2016/05/22 18:58)
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

川又バス停は、地元の方と思われる車がそこそこ駐車してあったので、もう少し下った路肩に駐車
2016年05月21日 07:31撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川又バス停は、地元の方と思われる車がそこそこ駐車してあったので、もう少し下った路肩に駐車
川又バス停。立派なトイレがあります
2016年05月21日 07:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川又バス停。立派なトイレがあります
車道を1.3Kmほど歩いてやっと登山口。
歩道が無く、大型トラックが頻繁に通る道です。
2016年05月21日 07:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を1.3Kmほど歩いてやっと登山口。
歩道が無く、大型トラックが頻繁に通る道です。
1
秩父往還の歴史
2016年05月21日 07:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父往還の歴史
1
雁坂小屋まで9.5Km
2016年05月21日 07:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂小屋まで9.5Km
ちょっと登ると、国土地理院地形図の破線と合流。
道は、ほぼ消失してました
2016年05月21日 07:48撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと登ると、国土地理院地形図の破線と合流。
道は、ほぼ消失してました
1
立派な標柱。
右、甲州旧道xxxx
後、栃本ヲ経テ三峯山乃秩父方面xxx
と書いてありました。
2016年05月21日 07:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な標柱。
右、甲州旧道xxxx
後、栃本ヲ経テ三峯山乃秩父方面xxx
と書いてありました。
1
大正11年1月大滝村青年團(団)分會(会)建設だそうです
2016年05月21日 07:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大正11年1月大滝村青年團(団)分會(会)建設だそうです
杉林をゆるゆると登っていきます
2016年05月21日 08:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林をゆるゆると登っていきます
途中平地にお地蔵さん
2016年05月21日 08:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中平地にお地蔵さん
水の本という場所のようです。
チョロチョロと水も流れてました
2016年05月21日 08:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水の本という場所のようです。
チョロチョロと水も流れてました
雁道場。山と高原地図には「岩道場」と書かれてます
2016年05月21日 08:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁道場。山と高原地図には「岩道場」と書かれてます
1
こちらは、山と高原地図上の雁道場。
先ほどの所から100mくらい
2016年05月21日 08:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは、山と高原地図上の雁道場。
先ほどの所から100mくらい
雁道場には黒文字橋方面に下山する分岐があります
2016年05月21日 08:48撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁道場には黒文字橋方面に下山する分岐があります
見事な植栽となってきました。
2016年05月21日 09:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事な植栽となってきました。
突出(つんだし)峠。
ここからしばらく緩やか
2016年05月21日 09:20撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突出(つんだし)峠。
ここからしばらく緩やか
樺(かば)小屋
2016年05月21日 09:41撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樺(かば)小屋
水場は枯れることがあるそうです
2016年05月21日 09:41撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場は枯れることがあるそうです
ストーブもあって清楚な避難小屋です
寝具類はありませんでした
2016年05月21日 09:41撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ストーブもあって清楚な避難小屋です
寝具類はありませんでした
水場の案内標識
2016年05月21日 09:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場の案内標識
水場への踏み跡
2016年05月21日 09:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場への踏み跡
急登途中にだるま坂の案内板
2016年05月21日 10:03撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登途中にだるま坂の案内板
地蔵岩展望台分岐
2016年05月21日 10:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岩展望台分岐
寄ってみます
2016年05月21日 10:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄ってみます
地蔵岩展望台
2016年05月21日 10:11撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岩展望台
霞んでますが眺めが良いです。
180度くらいのパノラマ。
北西方面。甲武信岳から伸びる埼玉県と長野県の県境尾根方面
2016年05月21日 10:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞んでますが眺めが良いです。
180度くらいのパノラマ。
北西方面。甲武信岳から伸びる埼玉県と長野県の県境尾根方面
2
左にパン。
左のなだらかな山頂が破風山。
その右向こうが木賊山。
中央やや右が甲武信ヶ岳。
右に三宝山。
さらに右が白岩山
2016年05月21日 10:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左にパン。
左のなだらかな山頂が破風山。
その右向こうが木賊山。
中央やや右が甲武信ヶ岳。
右に三宝山。
さらに右が白岩山
2
さらに左にパンすると、雁坂嶺と地蔵岩に続く尾根
2016年05月21日 10:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに左にパンすると、雁坂嶺と地蔵岩に続く尾根
2
地蔵岩から見下ろすと高度感あります
2016年05月21日 10:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岩から見下ろすと高度感あります
1
本日お目当てのシャクナゲ。
地蔵岩周辺からずーと咲いてました
2016年05月21日 10:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日お目当てのシャクナゲ。
地蔵岩周辺からずーと咲いてました
8
登山道に戻り、途中の展望の開けたところから、黒岩尾根。
本日の最高峰は地蔵岩だったことが後から分かりました。
なんとなく、雁坂小屋が縦走路に一番近いから標高もあると思ってました
2016年05月21日 10:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に戻り、途中の展望の開けたところから、黒岩尾根。
本日の最高峰は地蔵岩だったことが後から分かりました。
なんとなく、雁坂小屋が縦走路に一番近いから標高もあると思ってました
昇竜の滝
2016年05月21日 10:36撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昇竜の滝
水量豊富です
2016年05月21日 10:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量豊富です
雁坂小屋の取水口
2016年05月21日 10:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂小屋の取水口
1
なかなか落差のある滝です
2016年05月21日 10:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか落差のある滝です
1
小屋に近い水場
2016年05月21日 10:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に近い水場
もうすぐ枯れます
2016年05月21日 10:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ枯れます
雁坂トンネルができる前は、枯れることがなかったそうです
2016年05月21日 10:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂トンネルができる前は、枯れることがなかったそうです
1
雁坂小屋到着。
コーラ(小) 200円にて休憩。
小屋のかたが気軽に話しかけてくださいました。
シャクナゲは、今がピーク。来週末には白くなってしまうそうです。
毎年5月下旬から6月上旬がピークなので1週間以上早いそうです
2016年05月21日 10:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂小屋到着。
コーラ(小) 200円にて休憩。
小屋のかたが気軽に話しかけてくださいました。
シャクナゲは、今がピーク。来週末には白くなってしまうそうです。
毎年5月下旬から6月上旬がピークなので1週間以上早いそうです
2
テン場は、黒岩尾根の稜線上。眺めが良いです
2016年05月21日 11:02撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場は、黒岩尾根の稜線上。眺めが良いです
2
黒岩尾根の途中にある黒岩に寄ってみます
2016年05月21日 11:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岩尾根の途中にある黒岩に寄ってみます
地蔵岩に比べてこっちのほうが狭くてスリリング
2016年05月21日 11:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岩に比べてこっちのほうが狭くてスリリング
1
雁坂小屋方面。
小屋は目視できませんでした。
2016年05月21日 11:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂小屋方面。
小屋は目視できませんでした。
中央やや左が笠取山。
左端が唐松尾山
2016年05月21日 11:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央やや左が笠取山。
左端が唐松尾山
1
中央うっすらと写ってるのが両神山かな
2016年05月21日 11:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央うっすらと写ってるのが両神山かな
対岸の突出コース。
尾根の少し下をトラバースするようにルートがあります
2016年05月21日 11:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸の突出コース。
尾根の少し下をトラバースするようにルートがあります
下は切れ落ちてます。
高所恐怖症の人は、多分ビビると思います
2016年05月21日 11:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下は切れ落ちてます。
高所恐怖症の人は、多分ビビると思います
1
ここらもシャクナゲロード
2016年05月21日 11:21撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここらもシャクナゲロード
2
蕾は真っ赤できれいでした
2016年05月21日 11:21撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕾は真っ赤できれいでした
5
私のドコモは圏外でした
2016年05月21日 11:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私のドコモは圏外でした
1
標高を落としてくると、つつじが咲いてました
2016年05月21日 11:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を落としてくると、つつじが咲いてました
2
ふくろ久保
2016年05月21日 11:44撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふくろ久保
唐松が多い場所でした
2016年05月21日 11:44撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松が多い場所でした
かつら久保。
石がゴロゴロしてて走りにくい
2016年05月21日 11:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かつら久保。
石がゴロゴロしてて走りにくい
境界(けいかい)尾根
植林の管理がここで変わるところのようです
2016年05月21日 11:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境界(けいかい)尾根
植林の管理がここで変わるところのようです
境界尾根を回り込むとドコモが通じます
2016年05月21日 11:55撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境界尾根を回り込むとドコモが通じます
おー、こんな山奥なのにLTEですよ!
2016年05月21日 11:55撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おー、こんな山奥なのにLTEですよ!
火打石尾根
2016年05月21日 12:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火打石尾根
ここまで右下がりの片斜面で足首がだいぶヨレました
2016年05月21日 12:01撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで右下がりの片斜面で足首がだいぶヨレました
あせみ峠。
林相が次々と変わっていき、木の好きな人は飽きないでしょう。
私は単調なトラバースにちょっと疲労感が・・・
2016年05月21日 12:06撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あせみ峠。
林相が次々と変わっていき、木の好きな人は飽きないでしょう。
私は単調なトラバースにちょっと疲労感が・・・
ここから一気に高度を下げます
2016年05月21日 12:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから一気に高度を下げます
急斜面のつづら折りにヒートアップ
2016年05月21日 12:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面のつづら折りにヒートアップ
分岐のような所がありました
2016年05月21日 12:21撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐のような所がありました
振り返る。
地形図にはないので作業道か何かですかね
2016年05月21日 12:21撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る。
地形図にはないので作業道か何かですかね
林道に出ました
2016年05月21日 12:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました
豆焼橋まで1.5Km
2016年05月21日 12:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豆焼橋まで1.5Km
林道終点は広場ですが、入口で閉鎖されているのでここまで車両は来られません
2016年05月21日 12:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点は広場ですが、入口で閉鎖されているのでここまで車両は来られません
ゲートその1
2016年05月21日 12:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートその1
ゲート(クサリ)その2
2016年05月21日 12:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート(クサリ)その2
国道411に出ました
2016年05月21日 12:35撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道411に出ました
橋の途中から
2016年05月21日 12:35撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の途中から
1
出会いの丘は、ちょっと登ったとこ
2016年05月21日 12:35撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出会いの丘は、ちょっと登ったとこ
出会いの丘到着。
ここからチャリで川又までダウンヒル
2016年05月21日 12:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出会いの丘到着。
ここからチャリで川又までダウンヒル
あっという間に到着。
防寒を用意してましたが、ペラペラ1枚で十分でした
2016年05月21日 13:05撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に到着。
防寒を用意してましたが、ペラペラ1枚で十分でした

感想/記録
by qwg

シャクナゲが見頃なので、歩いた事のない秩父往還の埼玉県側へ。
展望はほぼないし、尾根上を歩かないトラバース道なので単調でしたが、良く整備された歩きやすい道でした。
黒岩尾根も、終始巻き道なので、右下がりのトレースに足首が良い感じに鍛えられました。

最後、折りたたみ自転車を車に積み込むとき背筋を痛めたようで、歩くのが辛い。
翌日に腱引師に痛めた部分を施術してもらってだいぶ回復しました。
訪問者数:256人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/4/29
投稿数: 308
2016/5/22 19:38
 こんばんは。
近くで熱中症になってました。登りのコースを下山用に使おうと思っていたので参考になりました。ありがとうございます
qwg
登録日: 2011/8/19
投稿数: 697
2016/5/23 9:59
 Re: こんばんは。(patagonianさん)
暑かったですねぇ〜。
体がまだ慣れてないので、異常に汗かきました。往路も復路も尾根の巻き道なので風が通らないんですよ

登りのコース(突出コース)は、下山に使うと雁坂小屋から天狗岩までは緩やかな登りですが、その後は登り返しのない快適な下りです。歩くところが少ないのでトレランするには最高ですが、逆に歩けないのでしんどいかも・・・
登録日: 2013/7/28
投稿数: 330
2016/5/23 19:14
 わ、こんなに看板写してもらっちゃって
先日は雁坂へようこそ。
突出をあがって黒岩を降りる、これってすごいです。
昔は突出コースしかなかったから、上り下りしましたが
いまは黒岩を登ることはあっても、突出コースは歩くとしても下りだけです。
あちこちの看板もたくさんな入れていただきありがとうございました。
また、お立ち寄りください。
qwg
登録日: 2011/8/19
投稿数: 697
2016/5/24 8:55
 Re: わ、こんなに看板写してもらっちゃって(isisanさん)
雁坂小屋のご主人からコメントをいただけるとは光栄です。
要所要所にある看板楽しく拝見しました。

6月に野辺山から奥多摩駅まで縦走予定ですので雁坂小屋に寄るかもしれませんが、多分深夜の通過になるってしまうので残念です。
登録日: 2011/2/5
投稿数: 2275
2016/5/26 18:47
 とっても渋いですね
qwgさん、こんばんは。

山頂にも峠にもよらない、あまりにも渋すぎるコースに思わず笑ってしまいました

どちらのコースも数年前に別々に歩きましたが、そのころはこんな丁寧な看板はなかったような・・・

雁坂小屋は地元の有志の方々が宿泊予約のある時だけ交代で入っていると聞きました。よく手入れされていて古いながらもいい小屋ですよね。稜線から外れているので縦走時に立ち寄りにくいのが玉にきずですが
qwg
登録日: 2011/8/19
投稿数: 697
2016/5/27 19:19
 Re: とっても渋いですね(shigetoshiさん)
kaikaireiさんは(夜の? )ピストン大好きなんですが、私は山のピストンがあんまり好きではないので、雁坂小屋から先に行くつもりがなかったんです。
歩いた事がなければ行ったかもしれないですが、3年前に歩いてるので。

案内板に年月が書いたものがあり、だいたい2013年くらいからでした。3年前から設置し始めたのではないでしょうか。

近くの甲武信小屋で水の補給とかしてしまうので、雁坂小屋には寄る機会少ないですよね。
3年前の縦走時は、遭難した人の救助依頼を頼まれたので雁坂小屋に寄ることになりましたが、それがなければ、今回初でした。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ