ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 878447 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

サス沢山

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー issan2013
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:JRホリデー快速おくたま3号→9:17奥多摩10:00→西東京バス→10:20奥多摩湖
復路:神戸岩入口18:13→西東京バス→18:43武蔵五日市19:01→JR五日市線
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
35分
合計
7時間20分
S奥多摩湖バス停10:3011:50サス沢山11:5513:05惣岳山13:2013:35御前山13:4514:40クロノ尾山15:00鞘口山(太郎指ノ峰・大平ノ峰)15:0515:30大ダワ17:10神戸岩17:50神戸岩入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
岩場、やせ尾根、滑りそうな道等、若干要注意。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 サブザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス 筆記用具 保険証 携帯 時計 カメラ

写真

小河内ダム
2016年05月21日 10:46撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小河内ダム
サス沢山への登山道
2016年05月21日 10:47撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サス沢山への登山道
奥多摩湖
2016年05月21日 11:52撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩湖
2
惣岳山への登山道
2016年05月21日 12:55撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惣岳山への登山道
惣岳山頂上(標高1341m)
2016年05月21日 13:18撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惣岳山頂上(標高1341m)
御前山(標高1405m)
2016年05月21日 13:37撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山(標高1405m)
1
御前山にて
2016年05月21日 14:05撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山にて
鞘口山頂上(標高1142m)
2016年05月21日 15:02撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞘口山頂上(標高1142m)
大ダワ(標高994m)
2016年05月21日 15:33撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワ(標高994m)
1
水源かん養保安林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水源かん養保安林
鋸山林道
2016年05月21日 17:08撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山林道
神戸隧道
2016年05月21日 17:09撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸隧道
神戸岩
2016年05月21日 17:11撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸岩
猛禽類の何か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猛禽類の何か
神戸岩入口
2016年05月21日 17:53撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸岩入口

感想/記録

小河内ダムの南東の「サス沢山」に興味を持ちました。2016年5月21日(土)、出掛けました。どのようにルートを辿ろうかあまり決めませんでした。
奥多摩駅からの西東京バスに乗るのに、しばらく待ちました。
小河内ダムの南岸の園地の奥に登山口が有ります。わりとのんびりの登山で、AM10時30分頃、登り始めました。
すぐに分岐が有り、標識の一方が「頂上広場」となっていました。行ってみました。まだまだサス沢山の頂上ではありません。かつては良い展望だったと思います。今は植物が育っており、あまり眺望が良くなかった。
分岐に戻り、サス沢山へ向かいました。分岐の先が岩場で、急傾斜であり、ヤセ尾根となっています。さらに、風が強かった。慎重に登りました。このヤセ尾根は眺望が良く、奥多摩湖等が見えました。
標高940mのサス沢山頂上は標識が見当たりませんでした。アンテナが立っており、ここかなと思いました。ここが眺望が抜群でした。小河内ダムから奥多摩湖の奥の方まで見えました。大寺山の仏塔が正面に見えました。
次に標高1341mの惣岳山(そうがくさん)へ向かいました。頂上に近付いたかなと思う頃、急傾斜の登りでした。この登山は急傾斜の登りがしばしば有りましたが、それらはあまり長くないと感じました。
惣岳山頂上は樹木に囲まれ、眺望が有りません。ポピュラーなルートであり、登山者はちらほら見掛けました。
次に御前山へ向かいました。惣岳山から御前山までは短かった。標高1405mの御前山頂上も眺望が有りませんでした。
この先、時間に余裕無さそうと思いました。大ダワへ行き、鋸山林道を檜原村へ下ることにしました。林道が安全であろうと考えました。
御前山からの下り始めは木の階段が続きました。傾斜は大きくないのですが、階段の1つ1つの段差が大きかった。
下りが延々と続きました。ヤセ尾根や滑りそうな所が頻繁に有りました。慎重に歩きました。
だいぶ下った頃、所々に登りが有りました。小さなピークでした。標高1179mのクロノ尾山や標高1142mの鞘口山も同様の小ピークでした。
ようやく標高994mの大ダワに着きました。サス沢山から大ダワまでの尾根はいずれも樹木に覆われ、どこも眺望が無かったなと思いました。新緑が綺麗でした。
ここに消防車、救急車、パトカー等の多数の緊急用車両が駐車されていました。山火事や事故やサミットのテロに備えているのでしょう。
鋸山林道を下りはじめました。舗装された道で、登山に相応しくありませんが。この林道にはなぜか興味が有りました。
自転車が下っていきました。全く扱ぐ必要が無さそうで、羨ましかった。ここまでの登りがタイヘンだったでしょうけど。
この林道からがむしろ良い景色でした。鋸山や御前山等、良い景色でした。
ヘアピンカーブが続き、遠回りが辛かった。
沢を渡りました。赤井沢です。ヘアピンカーブではなくなり、沢沿いの道となりました。綺麗な沢でした。この沢にいくつもの沢が合流していました。水が豊富のようです。この辺りは東京都の水源かん養保安林に指定されているそうです。「かん養」、「涵養」は水を地下に浸透させ、地下水とすることだそうです。
ゲートらしき所を過ぎました。ここからは檜原村の村道だそうです。
なんとなく不気味なトンネルに着きました。中に照明が無く、真っ暗でした。私も照明を持っていませんでした。長いトンネルではありません。すぐに出口が見えました。足下が見えませんので、躓かないよう慎重に歩きました。
トンネルを出ると、他の人が居ました。ここが「神戸岩」でした。「神戸」は「かのと」と読みます。パワースポットとされているようで、観光客がちらほら来ていました。
洞窟のような所から水が流れていました。洞窟ではありません。幅僅か4mの谷底だそうです。両岸に約100mの岩が切り立っています。「神戸」は神域の入口を意味するのではと考えられているそうです。あたしゃ神様じゃありません。
この辺りがちょっと大規模なキャンプ場となっています。家族連れが大勢来ており、楽しそうでした。
しばらく、檜原村の集落を歩きました。春日神社辺りで何かの猛禽類が羽ばたきました。とっさにデジカメで撮りましたが、イマイチの写りでした。
西東京バスのバス停は分かりやすかった。神戸沢が北秋川に合流する所に神大橋というアーチの鉄橋が架かっています。この道路が檜原街道であり、ここに「神戸岩入口」のバス停が有ります。
18:13のバスで武蔵五日市へ向かいました。
充実した登山とハイキングでした。
訪問者数:154人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 ヤセ尾根 キャンプ場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ