ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 878581 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中国山地西部

三瓶山(西の原コース環状縦走)

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー yoskimu
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宿泊した西出雲からは1時間程度。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間52分
休憩
33分
合計
4時間25分
S西の原登山口07:4408:00男三瓶・扇谷分岐08:31鞍部分岐08:49子三瓶山08:5608:57子三瓶分岐09:10風越09:20孫三瓶山09:32奥の湯峠09:47大平山10:07女三瓶山10:1510:24兜山10:34ユートピア10:52三瓶山11:1011:59男三瓶・扇谷分岐12:09西の原登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備された道だが、一部岩場の稜線やガレ場もある。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

西の原駐車場に到着。車は少ない。
2016年05月21日 07:44撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の原駐車場に到着。車は少ない。
1
左が主峰の男三瓶山、右が子三瓶山。
2016年05月21日 07:44撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が主峰の男三瓶山、右が子三瓶山。
2
三瓶山周辺図。
2016年05月21日 07:45撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三瓶山周辺図。
1
登山口に立派な松が並んでいる。
2016年05月21日 07:47撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に立派な松が並んでいる。
西の原登山口をスタート。
2016年05月21日 07:48撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の原登山口をスタート。
まずは草原の間の道を進む。
2016年05月21日 07:52撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは草原の間の道を進む。
中国自然歩道の分岐に到達。
2016年05月21日 07:59撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中国自然歩道の分岐に到達。
すぐに男三瓶山への分岐。右にとり子三瓶山に向かう。
2016年05月21日 08:00撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに男三瓶山への分岐。右にとり子三瓶山に向かう。
樹林帯を抜け笹が目立ってきた。
2016年05月21日 08:29撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜け笹が目立ってきた。
扇沢分岐に到着。右に曲がり子三瓶山を目指す。
2016年05月21日 08:31撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇沢分岐に到着。右に曲がり子三瓶山を目指す。
左手の火口原。火口湖の室内池も見える。
2016年05月21日 08:33撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の火口原。火口湖の室内池も見える。
子三瓶山の山容が見えてきた。
2016年05月21日 08:35撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子三瓶山の山容が見えてきた。
1
階段状の道を登る。
2016年05月21日 08:38撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段状の道を登る。
これは何だったかな。
2016年05月21日 08:45撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは何だったかな。
一つ目のピーク子三瓶山頂961m
2016年05月21日 08:49撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ目のピーク子三瓶山頂961m
子三瓶山から見た男三瓶山。
2016年05月21日 08:49撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子三瓶山から見た男三瓶山。
南西側の山々
2016年05月21日 08:54撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西側の山々
一旦下って次の孫三瓶山を目指す。
2016年05月21日 08:58撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下って次の孫三瓶山を目指す。
左は女三瓶山。稜線上を周回する。
2016年05月21日 09:01撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は女三瓶山。稜線上を周回する。
孫三瓶山の山容。
2016年05月21日 09:10撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫三瓶山の山容。
鞍部の風越。
2016年05月21日 09:10撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部の風越。
二つ目のピーク孫三瓶山頂907m
2016年05月21日 09:20撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目のピーク孫三瓶山頂907m
孫三瓶山より子三瓶山。
2016年05月21日 09:21撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫三瓶山より子三瓶山。
孫三瓶山より男三瓶山。
2016年05月21日 09:21撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫三瓶山より男三瓶山。
一旦下り奥の湯峠を通過。
2016年05月21日 09:32撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下り奥の湯峠を通過。
カシワの樹の下の緩やかな登り。
2016年05月21日 09:40撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カシワの樹の下の緩やかな登り。
三つ目のピーク大平山854mに到着。
2016年05月21日 09:47撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ目のピーク大平山854mに到着。
大平山からの孫三瓶、子三瓶
2016年05月21日 09:49撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平山からの孫三瓶、子三瓶
大平山からの男三瓶山。
2016年05月21日 09:49撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平山からの男三瓶山。
これから向かう女三瓶山。
2016年05月21日 09:49撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう女三瓶山。
タニウツギはいたるところに。
2016年05月21日 09:50撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タニウツギはいたるところに。
何の花か白い花が咲いている。
2016年05月21日 09:51撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の花か白い花が咲いている。
鞍部の十字路。リフトからの道につながっている。
2016年05月21日 09:52撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部の十字路。リフトからの道につながっている。
女三瓶山までは石畳の道を行く。
2016年05月21日 09:55撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女三瓶山までは石畳の道を行く。
山頂のテレビ局アンテナが近付いてきた。
2016年05月21日 10:05撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のテレビ局アンテナが近付いてきた。
四つ目のピーク女三瓶山頂957m
2016年05月21日 10:07撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四つ目のピーク女三瓶山頂957m
三瓶山東側の光景。
2016年05月21日 10:07撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三瓶山東側の光景。
いよいよ主峰の男三瓶山を目指す。
2016年05月21日 10:07撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ主峰の男三瓶山を目指す。
分岐を右に行く。
2016年05月21日 10:16撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を右に行く。
岩場の道も現れてきた。
2016年05月21日 10:23撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の道も現れてきた。
兜山を通過。
2016年05月21日 10:24撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兜山を通過。
砂礫が崩れている。右に回避の道がある。
2016年05月21日 10:31撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂礫が崩れている。右に回避の道がある。
ユートピアを通過。
2016年05月21日 10:34撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユートピアを通過。
結構危うい砂礫の稜線。
2016年05月21日 10:43撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構危うい砂礫の稜線。
男三瓶山頂の展望台が見えてきた。
2016年05月21日 10:46撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男三瓶山頂の展望台が見えてきた。
広場に人が集まっている。山頂が近付いてきたようだ。
2016年05月21日 10:49撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場に人が集まっている。山頂が近付いてきたようだ。
三瓶山主峰の男三瓶山1126mに登頂。
2016年05月21日 10:52撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三瓶山主峰の男三瓶山1126mに登頂。
1
一等三角点がある。
2016年05月21日 10:52撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一等三角点がある。
三瓶山頂神社。
2016年05月21日 10:53撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三瓶山頂神社。
火口原の展望。
2016年05月21日 11:02撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口原の展望。
少し休憩後、下山を開始。
2016年05月21日 11:11撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し休憩後、下山を開始。
分岐を右に行き、直に下るコースをとる。
2016年05月21日 11:13撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を右に行き、直に下るコースをとる。
少し行くともう西の原が見えてきた。
2016年05月21日 11:18撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し行くともう西の原が見えてきた。
ガレ場の道になった。足元注意。
2016年05月21日 11:26撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場の道になった。足元注意。
樹林帯に入る。
2016年05月21日 11:44撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に入る。
男三瓶山分岐に戻ってきた。周回完了。
2016年05月21日 11:59撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男三瓶山分岐に戻ってきた。周回完了。
西の原の草原に出た。
2016年05月21日 12:04撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の原の草原に出た。
西ノ原駐車場に帰ってきた。
2016年05月21日 12:09撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西ノ原駐車場に帰ってきた。
駐車場近くの定めの松。
2016年05月21日 12:27撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場近くの定めの松。
男三瓶山と子三瓶山を再び振り返る。
2016年05月21日 12:29撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男三瓶山と子三瓶山を再び振り返る。
おまけ。ついでとは言えない距離を走って、コインレストランかわもとに寄った。
2016年05月21日 13:11撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ。ついでとは言えない距離を走って、コインレストランかわもとに寄った。
1
おそらく日本唯一?のかしわうどん自販機がある。
2016年05月21日 13:25撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おそらく日本唯一?のかしわうどん自販機がある。
1
演歌を聴きながらのんびり昼食。
2016年05月21日 13:17撮影 by DMC-FX77, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
演歌を聴きながらのんびり昼食。
2

感想/記録

三瓶山は中国地方には珍しい火山の痕跡が残っている山であり、火口原の中に火口湖も存在している。今回は火口原を囲む山を環状縦走するコースを歩いてみた。
主峰の男三瓶山までの標高差は650mほどで大したことはないが、周回をすると火口を取り囲む山を何回か超えるので、累積標高差は1000mを超えており、低山でありながらそれなりの行程にはなったようだ。
この辺りの土地には初めて来たが、爽やかな草原が広がっておりなかなか気持ちのいいところだった。
訪問者数:292人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ