ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 878822 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲山系荒地山迷宮(^^♪芦屋川〜高座谷〜アカシヤ尾根経由で岡本へ

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山lagrange, その他メンバー2人
天候晴れ。死ぬほど暑かった・・・
アクセス
利用交通機関
電車
行き:阪急芦屋川駅
帰り:阪急岡本駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間49分
休憩
28分
合計
5時間17分
S芦屋川駅08:5709:05芦屋川、高座の滝方面分岐09:0609:11城山・荒地山方面分岐点09:1209:27高座の滝09:3310:26奥高座の滝11:53荒地山への分岐11:5412:09横ノ池12:1312:18横池(雌池)12:2112:42打越峠12:5113:55八幡滝13:5814:06岡本八幡神社14:14阪急電車岡本駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
バリエーションルートですので下調べ無しに突入は止めた方がいいと思います。道に危険個所はありません。ただ、迷いやすい分岐が多数あります。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ストック

写真

いつもの芦屋川駅から出発(^^)vすっごいハイカーの数です。
2016年05月22日 08:57撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの芦屋川駅から出発(^^)vすっごいハイカーの数です。
3
ロックガーデン入口。すでに汗まみれの私。
2016年05月22日 09:23撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロックガーデン入口。すでに汗まみれの私。
3
高座の滝。さすがに暑くて暫くクールダウン。
2016年05月22日 09:30撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高座の滝。さすがに暑くて暫くクールダウン。
5
登山道は渋滞中(笑)どうなる事かと思ったのですが、団体さんのようで地獄谷の方へ向かわれていました。
2016年05月22日 09:31撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は渋滞中(笑)どうなる事かと思ったのですが、団体さんのようで地獄谷の方へ向かわれていました。
3
中央尾根と高座谷の分岐。今日も右の高座谷に向かいます。
2016年05月22日 09:36撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央尾根と高座谷の分岐。今日も右の高座谷に向かいます。
1
高座谷の猫にゃん。他のハイカーにしきりにオネダリしてましたw
2016年05月22日 09:38撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高座谷の猫にゃん。他のハイカーにしきりにオネダリしてましたw
3
高座谷を登っていきます。この後、風吹き岩方面に進みいよいよバリエーションルートのアカシヤ尾根へ。
2016年05月22日 10:11撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高座谷を登っていきます。この後、風吹き岩方面に進みいよいよバリエーションルートのアカシヤ尾根へ。
1
アカシヤ尾根への分岐に入り、いよいよ尾根に取りつくところ。ここだけが若干踏み跡が不明瞭。
2016年05月22日 10:35撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカシヤ尾根への分岐に入り、いよいよ尾根に取りつくところ。ここだけが若干踏み跡が不明瞭。
1
尾根を登り詰めると眺望が開けます♪右下にはキャッスルウォール。左上には岩梯子や七右衛門嵒あたりが見えますねー
2016年05月22日 10:40撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を登り詰めると眺望が開けます♪右下にはキャッスルウォール。左上には岩梯子や七右衛門嵒あたりが見えますねー
1
ハイチーズ!
この後、うちの子はちょっと苦戦する岩がありました。尾根に出てしまうと踏み跡は明瞭で五差路に着くまでわかりやすい一本道です。
2016年05月22日 10:45撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイチーズ!
この後、うちの子はちょっと苦戦する岩がありました。尾根に出てしまうと踏み跡は明瞭で五差路に着くまでわかりやすい一本道です。
4
五差路到着写真では右。北に進路をとります。
2016年05月22日 11:07撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五差路到着写真では右。北に進路をとります。
1
荒地山迷宮を家族で楽しく・・・ってのは嘘。なんか私の体調が悪くて宝寿水までは最悪の山行でした。
2016年05月22日 11:18撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒地山迷宮を家族で楽しく・・・ってのは嘘。なんか私の体調が悪くて宝寿水までは最悪の山行でした。
2
宝寿水で昼ご飯後、横池へ向かいました。スイレンが咲き始めていました♪
2016年05月22日 12:06撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝寿水で昼ご飯後、横池へ向かいました。スイレンが咲き始めていました♪
2
横池に着くと嫁様が何かを発見。ずーっと地中から泡が出ています。これ、何なんでしょうか・・・・。
2016年05月22日 12:07撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横池に着くと嫁様が何かを発見。ずーっと地中から泡が出ています。これ、何なんでしょうか・・・・。
2
横池には超ミニミニの蛙君達が無数に!!
2016年05月22日 12:12撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横池には超ミニミニの蛙君達が無数に!!
5
この写真にもうじゃうじゃ写ってます。分かりますか?(笑)
2016年05月22日 12:13撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真にもうじゃうじゃ写ってます。分かりますか?(笑)
1
横池から雌池へ
2016年05月22日 12:17撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横池から雌池へ
3
木漏れ日と新緑に心が和みます・・・・
2016年05月22日 12:25撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日と新緑に心が和みます・・・・
打越峠に向けて下山中〜
2016年05月22日 12:26撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
打越峠に向けて下山中〜
1
打越峠到着。本来は七兵衛山に寄る予定でしたが、諸々の都合により今回は見送りました。
2016年05月22日 12:42撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
打越峠到着。本来は七兵衛山に寄る予定でしたが、諸々の都合により今回は見送りました。
2
ツツジがまだ咲いています。
2016年05月22日 12:51撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジがまだ咲いています。
1
八幡谷を目指し杉林を降りていきます。
2016年05月22日 12:54撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷を目指し杉林を降りていきます。
3
若干お疲れの息子(^^;
2016年05月22日 12:56撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干お疲れの息子(^^;
森林管理道との分岐。左側が登山道です。
2016年05月22日 13:01撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林管理道との分岐。左側が登山道です。
1
おっと、この倒木は初めて見ました。潜るのか跨ぐのか微妙な倒木です(笑)
2016年05月22日 13:06撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっと、この倒木は初めて見ました。潜るのか跨ぐのか微妙な倒木です(笑)
山の神様到着。今日の山行の無事と家族の健康を祈ります。
2016年05月22日 13:26撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神様到着。今日の山行の無事と家族の健康を祈ります。
2
八幡谷。ここまでくるとあと少し!
2016年05月22日 13:57撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷。ここまでくるとあと少し!
1
岡本駅到着!お疲れ様でした。
2016年05月22日 14:14撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岡本駅到着!お疲れ様でした。
3
いつものご褒美(^^♪
2016年05月22日 14:17撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものご褒美(^^♪
3

感想/記録

本日は荒地山のバリエーションルート、アカシヤ尾根へ家族を連れて挑戦です。
前回はこともあろうに、完全に名前を間違えて「細井道」を「アカシヤ尾根」と思い込んで登ってしまいました。尾根とい名前なのに谷筋の道だったのでおかしいなぁと思い帰ってから調べてみたら実は細井道だったという情けない結果のリベンジです(;^ω^)

前回も間違えてはいたのですが、結果名前が違っただけ。今回も事前にとるべきルートをしっかり頭に入れて。地理院地図とコンパスをぶら下げて迷宮に入ります。実は前回、細井道と間違えてアカシヤ尾根の分岐に入っていったので、分岐はしっかり覚えていたので問題なく入れました。その後、尾根への取りつき部分に着きます。尾根へ取りつく道は今回のルートで唯一踏み跡が不明瞭。ただ、「尾根へ登る」とさえ頭に入れていれば迷う事はありません。やや急峻な斜面を登っていくとパッと視界の開けた頂きにたどり着きました。そこからは荒地山のボルダー群と芦屋市・西宮市方面が一望できます。

あとは尾根伝いで踏み跡明瞭な道をトレースしていきます。途中少し子供がてこずる急な岩が何か所かありましたが、なんとか降りることができました。細井道とは違い、眺望の良い場所が複数あるのでなかなか良い道です。何より、これだけ人の多い六甲山で一切人とすれ違わないんですから、山気分が満喫できました♪

その後、前回細井道から来た五差路に到着。北に進路をとって、宝寿水を目指します。宝寿水に着くとベテランハイカーの人たちが大勢(;^ω^)。賑やかで雰囲気は楽しいのですが、皆さんお知り合いのようで、新参者の私たち家族が肩身が狭い(^^;それでも、うちの子に声をかけてくれたりと優しい方ばかりです。

宝寿水の水場で昼食後は横池〜打越峠経由で岡本へ下山します。横池経由にしたのはnorisukeさんの山行記録で横池のオタマジャクシが気になったのでぜひ見てみたかったから。魚屋路から横池に着くと、ここにも大勢のハイカーが。横池がこんなににぎわってるのは珍しいぐらいです。早速湖面を見てみたのですが・・・・オタマジャクシも蛙も居ません。あれー?全滅したのかなー?と思って対岸に行くと、居ました!!!最初はアメンボウ?とか思ったのですが、無数の極小蛙が水草に群がっています。すごい数です(笑)蛙の体調は3mm程度でしょうか。この蛙の名前なんというのかわかりません(^^;

一通りミニ蛙と戯れた後は雌池、打越峠、八幡谷経由で阪急岡本駅へ下山。高度はないのですが、そこそこ運動になった山行でした。(^^)
荒地山迷宮、歩いていると解るのですが、まだまだ通ってないルート・分岐がありそうで奥が深いです・・・
訪問者数:229人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

コンパス 水場 一本 倒木 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ