ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 878898 全員に公開 ハイキング富士・御坂

釈迦ヶ岳【鳥坂トンネルBS→釈迦ヶ岳→すずらん群生地→すずらんの里入口BS】

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー SuSE
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
■富士急山梨バス 鶯宿発〜芦川〜御坂〜石和温泉駅
http://www.yamanashibus.com/pdf/rosen/kofu-ousyuku.pdf

■富士急山梨バス 芦川農産物直売所〜大石プチペンション村〜河口湖駅〜富士山駅
http://bus.fujikyu.co.jp/rosen/detail/id/2/#d_h01
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
1時間59分
合計
7時間29分
S鳥坂トンネル08:1608:31鳥坂峠08:3908:45鳥坂山10:24金岩10:3810:58神座山11:0112:11釈迦ヶ岳12:5913:25府駒山13:53スズラン群生地駐車場14:3815:43すずらんの里入口バス停15:4415:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

■写真1 - 鳥坂トンネルBS
旧芦川村の方にバス停があります。
バス停に掲載の時刻表は古いままなので、参考にしないように。
2016年05月22日 08:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真1 - 鳥坂トンネルBS
旧芦川村の方にバス停があります。
バス停に掲載の時刻表は古いままなので、参考にしないように。
■写真2
旧道には今なお芦川村の表記が残ります。
舗装はしっかり残っていて歩きやすかったです。
2016年05月22日 08:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真2
旧道には今なお芦川村の表記が残ります。
舗装はしっかり残っていて歩きやすかったです。
■写真3
鬱蒼と取り付くのは覚悟のうえの登山口。
先行者が居てくれたら…とは儚い夢と散りました。
2016年05月22日 08:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真3
鬱蒼と取り付くのは覚悟のうえの登山口。
先行者が居てくれたら…とは儚い夢と散りました。
■写真4
旧鳥坂トンネルはコンクリートで塞がれています。
20年前まで現役で使われていました。
2016年05月22日 08:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真4
旧鳥坂トンネルはコンクリートで塞がれています。
20年前まで現役で使われていました。
1
■写真5
トンネル上の鞍部に出ました。
縦走路の踏み跡は明瞭で安心しました。
2016年05月22日 08:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真5
トンネル上の鞍部に出ました。
縦走路の踏み跡は明瞭で安心しました。
■写真6 - 鳥坂山
山頂の建造物は防災無線の中継所か。
山頂標識もなく、ただ通り過ぎるのみ。
2016年05月22日 08:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真6 - 鳥坂山
山頂の建造物は防災無線の中継所か。
山頂標識もなく、ただ通り過ぎるのみ。
■写真7
稜線伝いには通せんぼ。
右へと下る踏み跡も明瞭だったので下りてみます。
2016年05月22日 08:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真7
稜線伝いには通せんぼ。
右へと下る踏み跡も明瞭だったので下りてみます。
■写真8
下りきった登り返しにも…通せんぼ?
他にルートは見当たらなかったので踏み越えます。
2016年05月22日 08:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真8
下りきった登り返しにも…通せんぼ?
他にルートは見当たらなかったので踏み越えます。
■写真9
開けた名も無きピーク。
こちらはテレビ局の中継所のようでした。
2016年05月22日 09:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真9
開けた名も無きピーク。
こちらはテレビ局の中継所のようでした。
■写真10
この界隈で唯一、見つけられた指導標。
歩く人は少ないでしょうね。マイカー主体ですし。
2016年05月22日 09:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真10
この界隈で唯一、見つけられた指導標。
歩く人は少ないでしょうね。マイカー主体ですし。
■写真11
木漏れ日が気持ちいいブナの原生林。
行き会う人など、当然のように皆無でした。
2016年05月22日 09:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真11
木漏れ日が気持ちいいブナの原生林。
行き会う人など、当然のように皆無でした。
■写真12
ゴミが落ちてる…と思ったらギンリョウソウでした。
キノコ?花?不思議な植物です。
2016年05月22日 09:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真12
ゴミが落ちてる…と思ったらギンリョウソウでした。
キノコ?花?不思議な植物です。
1
■写真13
稜線はツツジが最盛期を迎えます。
展望がないなら、せめて花を愛でたいですよね。
2016年05月22日 09:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真13
稜線はツツジが最盛期を迎えます。
展望がないなら、せめて花を愛でたいですよね。
■写真14
ブナ林は陽に照らされた葉も綺麗です。
この稜線は紅葉の時期も良さそうな気がしますね。
2016年05月22日 10:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真14
ブナ林は陽に照らされた葉も綺麗です。
この稜線は紅葉の時期も良さそうな気がしますね。
■写真15
金岩の手前は地図にもある岩石帯。
三点支持も不要なほどで、危険はありません。
2016年05月22日 10:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真15
金岩の手前は地図にもある岩石帯。
三点支持も不要なほどで、危険はありません。
■写真16 - 神座山
開けた視界の先には、美しきピラミダルな釈迦ヶ岳。
ここで、やっと蜘蛛の巣との戦いが終わりました。
2016年05月22日 11:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真16 - 神座山
開けた視界の先には、美しきピラミダルな釈迦ヶ岳。
ここで、やっと蜘蛛の巣との戦いが終わりました。
■写真17
さり気なく切り開かれた展望地。
この日、初めての富士山を仰げました。
2016年05月22日 11:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真17
さり気なく切り開かれた展望地。
この日、初めての富士山を仰げました。
■写真18
檜峰神社へは、神座山寄りのルートを使うとよい。
車だとアクセスが良いのか、明瞭な踏み跡がありました。
2016年05月22日 11:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真18
檜峰神社へは、神座山寄りのルートを使うとよい。
車だとアクセスが良いのか、明瞭な踏み跡がありました。
■写真19
釈迦ヶ岳への急登が徐ろに始まります。
遠くから眺めるだけで覚悟はできていましたが。
2016年05月22日 11:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真19
釈迦ヶ岳への急登が徐ろに始まります。
遠くから眺めるだけで覚悟はできていましたが。
■写真20
直登とトラバースを繰り返しながら標高を稼ぎます。
次第に展望が良くなるので、休憩がてら富士山を眺めましょう。
2016年05月22日 12:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真20
直登とトラバースを繰り返しながら標高を稼ぎます。
次第に展望が良くなるので、休憩がてら富士山を眺めましょう。
■写真21
ロープは垂れていますが、ホールドが潤沢なので使いません。
不安定なロープよりも岩や木を掴んだほうが安定します。
2016年05月22日 12:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真21
ロープは垂れていますが、ホールドが潤沢なので使いません。
不安定なロープよりも岩や木を掴んだほうが安定します。
■写真22 - 釈迦ヶ岳
無造作に岩稜が積まれた、荒々しい山頂に飛び出てきます。
陽を遮る木もなく、灼熱の山頂でした。
2016年05月22日 12:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真22 - 釈迦ヶ岳
無造作に岩稜が積まれた、荒々しい山頂に飛び出てきます。
陽を遮る木もなく、灼熱の山頂でした。
■写真23 - 釈迦ヶ岳
写真でよく見る夫婦地蔵?は富士山を背景に。
まだ冬仕様のままなのか、ニット帽を召されていました。
2016年05月22日 12:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真23 - 釈迦ヶ岳
写真でよく見る夫婦地蔵?は富士山を背景に。
まだ冬仕様のままなのか、ニット帽を召されていました。
2
■写真24 - 釈迦ヶ岳
まだ今から咲くツツジもあるようでした。
広くない山頂、ランチの場所取りにも気を遣います。
2016年05月22日 12:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真24 - 釈迦ヶ岳
まだ今から咲くツツジもあるようでした。
広くない山頂、ランチの場所取りにも気を遣います。
■写真25 - 釈迦ヶ岳
御坂山塊は眺望の良い山が多い気がします。
訪れる人も少なく、静かなハイキングが楽しめますね。
2016年05月22日 12:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真25 - 釈迦ヶ岳
御坂山塊は眺望の良い山が多い気がします。
訪れる人も少なく、静かなハイキングが楽しめますね。
■写真26
府駒山方面へと下山して行きましょう。
ツツジがピークを迎えて、アーチを作り出していました。
2016年05月22日 13:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真26
府駒山方面へと下山して行きましょう。
ツツジがピークを迎えて、アーチを作り出していました。
■写真27
こちら側もトラロープが垂れています。
大したことないですけどね。
2016年05月22日 13:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真27
こちら側もトラロープが垂れています。
大したことないですけどね。
■写真28 - 府駒山
丘のように、なだらかな山頂一帯。
三角点がなければ気付かなさそうです。
2016年05月22日 13:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真28 - 府駒山
丘のように、なだらかな山頂一帯。
三角点がなければ気付かなさそうです。
■写真29
緩やかに下りていく、気持ちのいいブナ林。
いつまでも歩いていたい気分になります。
2016年05月22日 13:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真29
緩やかに下りていく、気持ちのいいブナ林。
いつまでも歩いていたい気分になります。
■写真30
駐車場にサクっと下山完了。
マイカー組はお手軽ハイキングだなぁ。
2016年05月22日 13:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真30
駐車場にサクっと下山完了。
マイカー組はお手軽ハイキングだなぁ。
■写真31 - すずらん群生地
もう一つのお目当てに立ち寄ります。
祭りの雑踏を避けるべく1週間ほど前倒しました。
2016年05月22日 13:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真31 - すずらん群生地
もう一つのお目当てに立ち寄ります。
祭りの雑踏を避けるべく1週間ほど前倒しました。
■写真32 - すずらん群生地
よくよく探さないと見逃してしまうほど小さな花。
花径は1cmあるかどうかといったところ。
2016年05月22日 13:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真32 - すずらん群生地
よくよく探さないと見逃してしまうほど小さな花。
花径は1cmあるかどうかといったところ。
1
■写真33 - すずらん群生地
すずらんの他にも色々な花が咲いていました。
イカリソウの自生地としては大規模では?
2016年05月22日 13:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真33 - すずらん群生地
すずらんの他にも色々な花が咲いていました。
イカリソウの自生地としては大規模では?
■写真34 - すずらん群生地
この日はAエリアのみ咲き、上の方の見頃はもう少し先か。
でも混雑もせず、ゆっくりと写真を撮れました。
2016年05月22日 14:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真34 - すずらん群生地
この日はAエリアのみ咲き、上の方の見頃はもう少し先か。
でも混雑もせず、ゆっくりと写真を撮れました。
■写真35
群生地近くの民宿では蕎麦や蒟蒻など売っていました。
それもいいけど、取り敢えずビールですよね。
2016年05月22日 14:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真35
群生地近くの民宿では蕎麦や蒟蒻など売っていました。
それもいいけど、取り敢えずビールですよね。
■写真36
芦川村は、すずらんを全面に押し出していくスタイル。
街灯だって可愛くアレンジされています。
2016年05月22日 15:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真36
芦川村は、すずらんを全面に押し出していくスタイル。
街灯だって可愛くアレンジされています。
■写真37 - すずらんの里入口BS
祭りの開催中はシャトルバスで楽々アクセスできます。
すずらん群生地を起点に、釈迦ヶ岳や黒岳の周回も出来そうですね。
2016年05月22日 15:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真37 - すずらんの里入口BS
祭りの開催中はシャトルバスで楽々アクセスできます。
すずらん群生地を起点に、釈迦ヶ岳や黒岳の周回も出来そうですね。
撮影機材:

感想/記録
by SuSE

檜洞丸のヤシオツツジが見頃を迎えたよう。
今年は当たり年なのか、花の付きが良いみたいですね。

さらに気にるトピックスは、芦川のすずらんが見頃を迎えそうということ。
檜洞丸は何度も登っているので、今年はパス。

未踏の釈迦ヶ岳を組み込んだ、すずらん鑑賞ルートを計画します。
祭りのシャトルバスを使うと楽なのですが、雑踏回避を優先しました。

すずらんの里祭り
http://www.fuefuki-kanko.jp/detail/index_221.html


■鳥坂トンネルBS→釈迦ヶ岳
案の定、1人ぼっちで降り立った新トンネル前。
ただでさえ都内からの乗り継ぎが難しい一番バスなので、尚更でしょうか。

河口湖からのバスも利用できますが、そうすると歩き出しが遅くなります。
ただ日没には余裕で間に合うので、アクセスの都合で決めてもいいでしょう。

バス停から暫く旧道を歩き、旧トンネル前から登山口へと取り付きます。
思ったよりもよく踏まれていて、すぐに稜線に至って一安心しました。

だけど、この蜘蛛の巣はどうにかならないものか…。
ストックを振り回して蜘蛛の巣を破壊する作業は、神座山まで延々と続きました。

鳥坂山から先、謎の通せんぼが幾つか敷かれているので注意です。
他にルートがあるのか付近を偵察しましたが、発見には至らなかったので踏み越えます。

鳥坂トンネルとの鞍部から神座山まで、指導標など全く現れません。そりゃ歩く人など居ないわな。
稜線の他に続くトラバース的な踏み跡は、向こうまで繋がっていない可能性があるので避けるのが無難です。

神座山から先は人通りが増えて、ハイキングらしくなります。
もう蜘蛛の巣の処理をしなくて済むのが、一番のハッピーだったのかも。

檜峰神社分岐から、一気に勾配を増して標高を稼いでいきます。
ロープが垂れた岩稜登りも増えるので、ストックは仕舞った方が安全です。

釈迦ヶ岳の山頂は決して広くないものの、眺望が良く山座同定盤まで設置されています。
マスコットの夫婦地蔵は、富士山と合わせて撮るように計算ずくの配置のようでした。


■釈迦ヶ岳→すずらん群生地→すずらんの里入口BS
下山は、あっという間なので特記することもありませんでした。
すずらん群生地に立ち寄るために駐車場へと下山します。

すずらんは時期尚早だったのか、目立った開花は入口付近のAエリアのみでした。
周回してもなお時間が余ってしまい、茶屋の缶ビールで一息つきます。

この日は、すずらんの里入口バス停まで気合の徒歩でしたが、すずらんの里祭りの期間中は直通バスが運行します。
釈迦ヶ岳や御坂黒岳へのハイキングも格段に楽になるので、直通バスを利用した計画も良さそうです。

帰路は河口湖駅経由にしました。石和温泉駅行きは夜まで無いので。
いつの間にか外国人観光客に占領された河口湖駅は、売店も改札も一々対応が挟まるので長蛇の列。
標高4,000m弱の山くらい母国にもあるだろうに。何故わざわざ見にくるし。
訪問者数:171人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ