ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879064 全員に公開 ハイキング京都・北摂

北摂 高岳(721m)

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー Mameta7jp
天候
アクセス
利用交通機関
自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
10分
合計
7時間0分
S川西能勢口駅09:3013:40高岳13:5016:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下りに使用した緩い沢状は踏み跡すらほとんど見られず、乗車率ほぼ無し。
尾根はしっかりした関電管理道があるが分岐多く、間違いやすい。
地形図、コンパス必須、GPSある方は持参を推奨。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

奥猪名健康の郷を過ぎたところで沢状に沿った集落を上がります(12:00)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥猪名健康の郷を過ぎたところで沢状に沿った集落を上がります(12:00)。
1
ここが436m沢の分岐でしょう。ここから山に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが436m沢の分岐でしょう。ここから山に入ります。
2
すぐに堰堤。少し探すと右岸に巻き道がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに堰堤。少し探すと右岸に巻き道がありました。
1
関電の標識あり。ラッキー。尾根まで間違いなく道があるってこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関電の標識あり。ラッキー。尾根まで間違いなく道があるってこと。
1
分かりにくいところもありますが目を凝らすとどこかにテープとかあります♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分かりにくいところもありますが目を凝らすとどこかにテープとかあります♪
1
ここで沢を離れ右の急斜面を自転車をかついでヨチヨチ登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで沢を離れ右の急斜面を自転車をかついでヨチヨチ登ります。
1
尾根に出ました。いい天気!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ました。いい天気!
1
送電線が2本あるので分岐が沢山あります。2択でどちらかはハズレ。地形図とにらめっこ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線が2本あるので分岐が沢山あります。2択でどちらかはハズレ。地形図とにらめっこ。
1
暑さのあまり水分不足で脚が攣りそうになりながら山頂着(13:40)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑さのあまり水分不足で脚が攣りそうになりながら山頂着(13:40)。
2
往路を途中まで戻ります。快適な尾根道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路を途中まで戻ります。快適な尾根道。
2
ネットの記録を見て665P手前より緩い沢状に入ったのが失敗。廃道じゃん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネットの記録を見て665P手前より緩い沢状に入ったのが失敗。廃道じゃん。
2
ほとんど乗車できないまま、ため池着。ここからはダブルトラックでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんど乗車できないまま、ため池着。ここからはダブルトラックでした。
2

感想/記録

 先週自転車で淡路島走った勢いで今週はMTBで数年ぶりに山へ。最近の状況が分からないので少なくともハイカーがあまり入っていないと思われる高岳を選択。コースはネットで検索した「ヤマあそさん」の記録を逆周りでトレースすることに。

 川西の自宅からMTB自走で猪名川渓谷ラインを北上し、杉生北から籠坊温泉に抜ける抜け道のところで、東の沢に沿った小さな集落を登り、436m沢分岐より山道に入ります。久しぶりなのと暑かったこともあり、登山口につくころには結構へたばっていました。すぐに関電の鉄塔番号を表記した赤い矢印がありました。これがあると尾根まで乗り上がれることが確実であるため一安心です。

 鉄の小さな橋がかかるところで関電道は左右に分かれてます。右の急斜面のプラ階段を上がるのが正解。自転車をかついでヨチヨチ尾根に登り、山頂を目指し南下します。

 送電線は2本あるため、尾根上の道は分岐が数多くあり、2択でどちらかはハズレ。数回のルートミスに加えアップダウンもあり、消耗しましたが尾根は乗車率も高く、また高原状や樹林帯などバリエーションがあり楽しめました。

 暑さのあまり水分を相当失い、脚が攣りそうになりながらも13:40山頂着。パンをかじってしばし休息後、往路を戻ります。

 楽しみにしていた下りは665P南から西に緩い沢状を下る予定だったのが、うっかり通り過ぎてしまいました。少し戻ってみると、分岐があると思っていたところは、踏み跡すらなく、廃道と化している様子。緩い地形なのでおかまいなく踏み込んでいきましたが、ガレ場、倒木、ヌタ場の連続で自転車はボッカトレの単なる重しでした。ほとんど乗れず。。。
 往路通過した集落には田んぼが少なく、水源の管理が放棄され、人があまり通行していないのだと思われます。やはりここでも里山の荒廃が進んでいました、ということ?

 本日山中で、出会った人なし、鹿は3頭。

 色々寄道に発見もあって、ようやく16:30自宅に帰り着きました。近場でも自宅から自走だと運動量がありました。完全燃焼できたような気がします。面白かったです。
訪問者数:250人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ