ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879085 全員に公開 ハイキング東北

大嵐山・湯ノ倉山 山開き

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー YamaOnsen
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場 : 山開きで湯の花温泉交流センター付近の路上に駐車 通常は温泉街の登山口手前にある駐車場、または林道の舗装路の終点のスペースに止められます。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
6分
合計
4時間49分
Sスタート地点06:2306:45大嵐山登山口08:32大嵐山08:3809:35湯ノ倉山10:09大嵐山登山口11:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道は登山口を過ぎ、大嵐山と湯ノ倉山の分岐手前まで続きます。
大嵐山へのルートは沢沿いの右岸と左岸を入れ替え登って行きます。
一部斜面の崩れた所は、整備され道が作られていました。
大嵐山の本体はやや急登です。山開きで刈払いもされていました。
稜線上は一部崩れているところもありますが、特に狭い所などはありません。
湯ノ倉山のルートは国土地理院の地図には載っていませんが、良く整備されておりピンクテープも付けられており迷う事はありません。
湯ノ倉山の山頂からは湯の花温泉へ戻るルートの他、しらかば公園へ下るルートもありました。
その他周辺情報温泉 : 湯の花温泉 石湯(混浴) 山開きで入浴券を頂きました。他に弘法の湯、湯端の湯、天神湯
バッジ : 大嵐山・湯ノ倉山 山開きバッジ、スタンプラリー缶バッジ
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 携帯 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

湯の花温泉交流センター前で山開きの受付です。
2016年05月22日 06:20撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の花温泉交流センター前で山開きの受付です。
1
温泉街から橋を渡って登山口へと向かいます。
2016年05月22日 06:23撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉街から橋を渡って登山口へと向かいます。
道の脇にはラショウモンカズラがたくさん咲いています。
2016年05月22日 06:33撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の脇にはラショウモンカズラがたくさん咲いています。
2
林道終点にある大嵐山、湯ノ倉山の登山口です。
2016年05月22日 06:38撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点にある大嵐山、湯ノ倉山の登山口です。
大嵐山と湯ノ倉山コースの分岐です。
2016年05月22日 06:47撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大嵐山と湯ノ倉山コースの分岐です。
登山道の脇に開きかけのニリンソウがありました。
2016年05月22日 07:00撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の脇に開きかけのニリンソウがありました。
大嵐山へは沢沿いを登って行きます。
2016年05月22日 07:02撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大嵐山へは沢沿いを登って行きます。
登山道脇にはサワハコベがたくさん咲いていました。
2016年05月22日 07:04撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇にはサワハコベがたくさん咲いていました。
3
湯ノ倉山への分岐です。帰路はこちらから湯ノ倉山へ向かいます。
2016年05月22日 07:42撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ倉山への分岐です。帰路はこちらから湯ノ倉山へ向かいます。
東側には七ヶ岳も見えます。
2016年05月22日 08:00撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側には七ヶ岳も見えます。
1
遠くに白く大きな山塊が見えます。飯豊連峰です。
2016年05月22日 08:00撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに白く大きな山塊が見えます。飯豊連峰です。
3
稜線にはムラサキヤシオが少し残っていました。
2016年05月22日 08:02撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線にはムラサキヤシオが少し残っていました。
1
稜線上にはトウゴクシャクナゲが咲いていました。
2016年05月22日 08:16撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上にはトウゴクシャクナゲが咲いていました。
2
まだ白い利用の会津駒ヶ岳ですが、例年より白い部分が少ないです。
2016年05月22日 08:20撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ白い利用の会津駒ヶ岳ですが、例年より白い部分が少ないです。
1
普段と違った双耳峰でない燧ヶ岳が見えます。雪はほとんど無いです。
2016年05月22日 08:20撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普段と違った双耳峰でない燧ヶ岳が見えます。雪はほとんど無いです。
1
大嵐山の山頂まで後少しです。
2016年05月22日 08:26撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大嵐山の山頂まで後少しです。
大嵐山の山頂です。標識と三角点があります。
2016年05月22日 08:27撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大嵐山の山頂です。標識と三角点があります。
2
南側にも山塊が見えます。どこでしょう?
2016年05月22日 08:31撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側にも山塊が見えます。どこでしょう?
1
大嵐山の山頂からの会津駒ヶ岳です。
2016年05月22日 08:32撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大嵐山の山頂からの会津駒ヶ岳です。
2
眼下には鱒沢渓谷が見えます。
2016年05月22日 08:33撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には鱒沢渓谷が見えます。
1
ブナ林の尾根を湯ノ倉山に向けて歩きます。
2016年05月22日 09:10撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林の尾根を湯ノ倉山に向けて歩きます。
ギンリョウソウが出てきていました。
2016年05月22日 09:13撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウが出てきていました。
2
湯ノ倉山の山頂が見えてきました。
2016年05月22日 09:26撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ倉山の山頂が見えてきました。
1
湯ノ倉山の山頂です。大嵐山が見えました。
2016年05月22日 09:30撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ倉山の山頂です。大嵐山が見えました。
2
標高の低い所にクルマムグラがたくさん咲いていました。
2016年05月22日 09:57撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高の低い所にクルマムグラがたくさん咲いていました。
2
湯の花温泉の温泉街に戻ってきました。渓流が流れています。
2016年05月22日 10:19撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の花温泉の温泉街に戻ってきました。渓流が流れています。
4
下山後は、いただいた入浴券で石湯に入りました。
2016年05月22日 10:54撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は、いただいた入浴券で石湯に入りました。
3
山開きのふるまいで、山菜入りのすいとんを頂きました。
2016年05月22日 11:14撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山開きのふるまいで、山菜入りのすいとんを頂きました。
3

感想/記録

大嵐山と湯ノ倉山の山開きに参加しました。
朝7時から受付とありましたが、6時過ぎに湯の花温泉交流センターに到着すると既に駐車場はいっぱいで、誘導されて路上に駐車しました。
登山準備をして会場に行くと、既に受付をしていたので、登山者カードを書いてバッジと温泉の入浴券をいただいて、フライングスタートしました。
初めは調子良く歩いていましたが、大嵐山の本体に取り付くとやや急登になり足が上がってしまいました。
大嵐山の山頂で抽選会が行われますが、混雑を避けて早く下りますが、それ程早く登ったわけではなかったので、タイミングが悪く湯ノ倉山への分岐まで登りの人とすれ違いになってしまいました。
今年は雪が少なかったため雪渓は皆無でした。
下山後は、すいとん汁の振るまいが11時からだったので、いただいた入浴券で湯の花温泉の共同浴場石湯で汗を流し、すいとん汁をいただいて帰路につきました。
訪問者数:238人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/10
投稿数: 219
2016/5/25 14:34
 おっ バッジに戻ったんですね!
大嵐山はチラシにはバッジと書いてあるのに
実際には地元の人たちが作った人形だったり
5年くらいはバッジ以外だったんですよ。。。
まだバッジはもらってないので来年かな。

会津の山開きは受付7時でも5時くらいから
みなさん来てますよね(笑)
登録日: 2015/3/12
投稿数: 68
2016/5/25 19:34
 Re: おっ バッジに戻ったんですね!
バッジがもらえると思って行って、違うものだとショックですね。限定数量切れで、貰えないよりガッカリかも。
山開きは、みなさん朝早いですよね。歩くのも速いですし。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ